ブログ

事例1065 「耐力壁下に梁がない」

今日は水曜日。
不動産、住宅関係は休みが多い曜日。

今日から休みの会社が多いためか、業者からの連絡が少ないです。

 

■(1)今回の事例______________

「耐力壁下に梁がない」
_______________________

◆写真解説

2階の耐力壁下に梁がない。耐力壁としての役割を果たさない。
1階天井裏からの写真。

 

◆内容説明

1階耐力壁直下に基礎梁がないケースも、たまにあるが、2階のケースは初めて見た。

構造計画の図面を作成せず、大工が自分の頭の中だけで構造を考えたことが原因。

2階建てまでは、木構造の図面はプレカット工場に書かせることがほとんど。
大工の手加工の場合でも、普通、手書きの図面くらいはある。

床合板だけでは耐力不足。筋交いが受ける力に耐えられない。

 

◆対策

構造検査を厳密に行う。

 

 

==============================

■(2)編集後記

工事の途中から検査会社を変えたいと依頼があった。
理由を聞くと、業者ともめ出し、業者側の弁護士が出てきたら、これ以上関われないと逃げたそうです。

検査をする立場は、相手にとって嫌なこともはっきり言わないといけません。
弁護士をビビるくらいなら、この仕事をやらなければよいと思います。

このようなことは、以前から何度かあります。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る