ブログ

事例1067 「梁の継手不良」

今日から仕事初めの方も多いためか、受信するメールの量も急に増えました。

移動中でもスマホでメールをチェックできますが、
返信はパソコンからするようにしています。

 

■(1)今回の事例______________

「梁の継手不良」
_______________________

◆写真解説

梁の接合部。寸足らずで継手が、かみ合っていない。

 

◆内容説明

素人さんが見ても分かる施工不良。
屋根裏で隠れるため、補強されないまま隠蔽された。

継手の部分は構造の弱点となる。
この状態では、全く強度がない。大きな力がかかれば確実に破壊するでしょう。

 

◆対策

この現場は中間検査の検査員がこれを見逃した。
行政や業者任せにせず、自分でも現場を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

年末にかけて非常に忙しく、体のあちこちに不調を感じました。
美容院では首の固さが異常だと言われ、
整体では腰と首がやばいと言われました。

普段、ストレッチや軽い筋トレをしていますが、
予定が詰まりすぎると、出来ない日々が続いてしまいます。

例年1,2回、体をひどく痛めるため、今年は忙しくなっても継続できるように心がけます。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る