ブログ

事例1079 「シーリング不備」

たくさんの相談依頼を頂いております。

昼間は現場、夜は書類作成業務があるため、対応できるのは夕方の1時間か2時間。
枠が少ないため、お希望いただいてもすぐに対応できないこともあります。

 

■(1)今回の事例______________

「シーリング不備」
_______________________

◆写真解説

窓まわりのシーリング不備。
下地の木が出すぎて厚さが確保できていない。切れやすくなる。

 

◆内容説明

木造住宅用のサッシを鉄筋コンクリート造や鉄骨造に付けることがある。
理由は値段が安いから。(写真は鉄筋コンクリート造に取り付け)

当然、納まりが悪くなり、おかしな下地を組むと
写真のように、シーリング目地などにしわ寄せがくる。

シーリングをいい加減に施工すると、耐久性に影響する。
早期に切れてしまえば、雨漏りする恐れがある。

 

◆対策

シーリングを施工する前に目地のチェックを行う。

 

==============================

■(2)編集後記

先日、検査に伺った現場。
依頼を受けたときは、施工者の雰囲気から品質を期待していなかった。

実際、検査をしてみると、非常に品質が良かった。

品質が良い現場の条件は、現場監督、職人が良い。
瑕疵が多い家は、両方が悪い。

契約時に良し悪しが分かるとよいですが、一般的には分かりません。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る