ブログ

事例1087 「鋼製火打ち梁、座金未施工」

連休後半、現場予定を入れなかったため、
今週は現場予定がほぼ、埋まっております。

週末も休みなしで現場へ出ます。

 

■(1)今回の事例______________

「鋼製火打ち梁、座金未施工」
_______________________

◆写真解説

鋼製火打ち梁、ボルト部の座金未施工。最近検査でよく指摘をする。

 

◆内容説明

木製に代わり、最近では鋼製火打ちが主流になってきた。
ボルト接合部で、材へのめり込みを防ぐため、座金を使用するのが一般的。
施工マニュアルを見ても座金使用がうたわれている。

また、基準法施行令にも記載がある。

建築基準法施行令 第3節木造 第47条2
・・・ボルト締には、ボルトの径に応じ有効な大きさと厚さを有する座金を使用しなければならない。

火打ち本体が鋼製のため、座金は要らないと大工さんが勝手に判断しているケースもある。

 

◆対策

構造検査時に全数チェックをする。

 

==============================

■(2)編集後記

この連休、子供のリクエストで、1日だけ春スキーに行きました。
標高2000M超にあるゲレンデはこの日、猛吹雪。
気温も低く、春スキーという雰囲気には程遠かったです。

駐車場でブーツに履き替える際、腰に違和感が出ました。
滑るには問題のない痛さのため、1日滑り切りました。

最近、腰の違和感を頻繁に感じるようになり、針治療だけに頼るのは、無理がある。
なので、腰を鍛えることにしました。

鍼灸師やスポーツトレーナーによると
私の腰痛の原因は、お尻の筋肉にあるそうです。

原因が分かれば、そこを集中して鍛えます。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る