ブログ

事例1088 「先張りシート未施工」

連休明けの今週。
かなり多くの現場に行きました。
連絡も、いつもよりかなり多かったです。

来週からは、ようやく正常に戻りそうです。

 

■(1)今回の事例______________

「先張りシート未施工」
_______________________

◆写真解説

屋根と壁の取り合い部からの雨漏り。雨漏りしやすい箇所の一つ。
下地防水に不備があった。

 

◆内容説明

屋根と壁がぶつかる箇所は雨が漏りやすい。
取り合いが複雑で、防水シートの施工だけでは不十分になりやすい。
雨漏りした個所、外壁と屋根との間に、先張り防水シートの施工があれば、
雨漏りを防げた可能性が高い。

下地防水施工は、木造住宅工事仕様書(住宅金融支援機構)等を参考に行うとよい。

 

◆対策

防水検査を厳しく行う。

 

==============================

■(2)編集後記

最近の家の断熱性能は、かなり上がっています。

ただし、中には見よう見まね、自己流でやってる会社もあり、
不十分な面を目にすることも多いです。

きちんと勉強し、細部まで取り決め、やっていくことが重要です。

広告やカタログに記載されている高断熱、高気密の表示。
これは、勝手に書くことができます。

検査で契約内容と違う性能だと指摘をすると、
自社基準では高断熱、高気密だと言い張ります。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る