ブログ

事例1091 「防水テープの不備」

今日の午後、クリニックの完成検査に行ってきました。

商業建築物は、住宅に比べ仕上げが粗いイメージ。
今日伺った現場は、突貫に近い工程だったにも関わらず、
上手に仕上がっていました。

いい職人が入れば、突貫工事でもきちんと仕上がります。

 

■(1)今回の事例______________

「防水テープの不備」
_______________________

◆写真解説

外壁の防水下地。電線貫通部に施工されているテープが防水用ではない。
粘着が弱いタイプで防水の機能を十分果たさない。

 

◆内容説明

防水テープが不足していたのか、養生用のテープを使用。

防水テープの貼り忘れ、粘着不足は、通気層内に雨が入ると雨漏りの原因となる。
粘着の確かな防水テープを使い、きちんと密着させる必要がある。

完璧に施工したつもりでも、ちょっとした穴などから雨は入る。
防水下地の施工は丁寧さが重要です。

 

◆対策

正しく施工されているか、施工時に確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

日本ガイシは名古屋が本社。小牧や知多にも事業所があり、
社員の方から検査依頼を頂くことも多いです。

今回のような製品検査不正は信じられないニュースでした。
しかし、考え方によっては、どんな企業でもこのようなことが起きる可能性はゼロではない。

住宅現場の社内検査は、目が届きにくい分、不正をやりやすい環境にあります。
そう考えますと、社内検査だけに品質管理を任せてしまう事は危険です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る