ブログ

ブロック塀比較

大阪北部地震以降、ブロック塀の危険性が注目されています。

熱帯の地域では、ブロックが良く使われています。
住宅もビルも、梁、柱をコンクリートで造り、壁をブロックで積んでいきます。
(日本は壁も一緒にコンクリートで造ります)

 

 

 

 

 

 

 

↑集合住宅の2階部分。床もコンクリート。

この考えが、ブロック塀でも生かされています。
日本は控え壁ですが、こちらでは鉄筋コンクリートの柱を入れます。

 

 

 

 

 

 

 

鉄筋量は日本の基準より少なめですが、横筋を柱に通しているので
パタンと倒れることはないでしょう。

建物は危なさを感じますが、ブロック塀においては、柱を造る分、日本より手間がかかっています。

日本建築学会が危ないブロック塀の見分け方を公表しています。
近所の塀を確認してみて下さい。

http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2018/CB180629.pdf

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る