ブログ

建売住宅の職人事情

名古屋も大雨です。日曜日まで雨の予報。
今日はニュースをチェックできていませんが、災害が起きてないとよいです。

この前、現場で大工さんに言われたことを書きます。

断熱材の検査で伺い、いくつか指示を出したところ、

「隣の大工がうらやましい。(工事中の分譲住宅)
検査が入らないから、手抜きができる。

俺は、あんたが来るから、手寧に仕事している。
そのため、手間がかかりすぎるのと、余分に材料を買うため、
1日5千円くらいにしかならない。やってられないよ!」

一瞬、ブチ切れそうになりましたが、冷静になりこう言い返しました。

「この会社の仕事、辞めたらどうですか。
行くところが無ければ、紹介しますよ」

職人不足でも、この状況。
時間給に直すと、愛知県の最低時給(確か871円)を下回ります。
請負なので問題になりませんが。

建売業者の競争が激化しています。
地元業者だけでなく、大手メーカーの建売も目立つ。
供給過剰な感じを受けます。

競争が激化すれば、価格競争も起きる。
結局、しわ寄せが来るのが、末端の人たち。

昔に比べ建売のイメージは悪くありませんが、
手抜きをしないといけないほど、単価が下げられると
悪いイメージが復活するかもしれません。

土地が気に入ったからと言って、安易に契約してはいけません。
欠陥住宅は、未だに数多くあります。
建物の品質を確認しましょう。

今日は1件、瑕疵検査の書類を完成させる予定。
修理に応じるか分かりませんが、高額な補修費用が掛かります。
現場監督や職人に知識があれば、起きなかった事例です。

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る