ブログ

海外現場の改善指示

雨のピークは過ぎたようです。
山崩れなどに対しては、家の中は安全ではありません。
大雨の際は、早めの非難を心がけてください。

海外の現場で、改善を強く求めたものは、鉄筋の結束線。
日本より2~3倍太いものを使っている。

 

 

 

 

 

 

 

太くて固いため、1箇所縛るのに、日本の5倍くらい時間がかかっている。
また、張り出しやすく、コンクリート打設の際、引っ掛かり、空洞ができやすくなる。

職人のリーダーと話をしたところ、これしか売っていないとの回答。
実際に私も手に取り、試しに縛ってみた。番線を縛っている感じでした。

現場のあと、建材店に直行。
店内を見せてもらうと、やはりこの1種類しかなかった。
そのあと、マンションの現場を見たが、やはり同じ太さの結束線が使われていた。

日本では、もっと細いものを使っていて、早く作業できると説明したが、
それでは、強度が弱くなると反論された。

どうやら、太い結束線で鉄筋を固め、強度を確保するという考えが浸透している。

結束線を日本と同じものにかえさせるのは、かなり難しい。
その国の標準施工になっているため、誰も私の言うことを信用しない。

逆の立場でも、海外から来たエンジニアが、日本のやり方を否定したら
そう簡単には信じないと思います。

工期も遅れることが多いようです。
結束を改善するだけで、工期は確実に短縮できると思います。
次回、行く機会があれば、たくさんの証拠を持っていこうと思います。

 

 

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る