ブログ

事例1098 「耐力壁下の人通口」

名古屋はしばらく、気温35度越えが続きます。

こういう時に限って、外の検査、小屋裏の検査が多いです。
この仕事も長くやっているので、暑さ対策は万全です。

 

■(1)今回の事例______________

「耐力壁下の人通口」
_______________________

◆写真解説

耐力壁下の基礎人通口。
柱下すぐ近くに開口があると、基礎に力が伝達されにくい。

 

◆内容説明

基礎に設けられる人通口。
床下点検で人が通るために設けられる。

木造の2階建ては、構造計算をする必要はない。
計算を任意に行ったとしても、基礎の計算を省略することがある。
また、明快な基準もないため、構造を考慮せず、位置が決められることが多い。

私が検査で見る限り、構造をきちんと配慮して設計されている基礎は50%くらい。

 

◆対策

構造建築士に、基礎の図面を作成させるなど。

 

==============================

■(2)編集後記

近年、毎年豪雨の被害が出ているように思います。

地震対策ばかりに目が向けられていますが、
豪雨対策も立地によっては考えていく必要があると思います。

水浸かっても、すぐ乾く家。
土砂崩れに耐える家。

実現できそうですが、地震対策より、かなりの費用がかかりそうです。

あまりTVを見る時間がなく、西日本豪雨の被害状況を詳しく見ていません。
専門誌などで情報を得ようと思います。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る