ブログ

事例1102 「天井断熱材、施工忘れ」

猛烈に暑い日が続きます。

昨日は屋根の上に2時間半ほどいましたが、
体が慣れてきたせいもあり、体の調子が悪くなることはありませんでした。

今日からも暑い日が続きます。
外へ出たくありませんが、
来週にかけて、現場予定がたくさん入っています。

 

■(1)今回の事例______________

「天井断熱材、施工忘れ」
_______________________

◆写真解説

天井断熱材の一部施工忘れ(黄色の箇所)。
天井面の温度が高く、部屋が暑い原因となる。

 

◆内容説明

設計だけ断熱仕様を高めても、施工がいい加減であれば意味がない。
このところ、壁や天井の断熱材抜けを多く発見しています。

完成後であっても、赤外線サーモグラフィーカメラを使えば、
断熱材の抜けは、壁などを壊さなくても確認できます。

今回の写真は、部分的に天井断熱材が未施工。
故意的というよりは、大工のうっかりミスが原因だと思います。

 

◆対策

石膏ボードを張る前に断熱材をチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

最近、結露、雨漏りの調査依頼が多いです。
この2つは、室内へ出る症状が似ているため、判断が難しいケースがあります。

結露は、起きる時期が限定されます。
大きく分けると、夏か冬。
細かいことを言えば、春や秋でも条件や場所によっては発生する。

雨漏りは、6月から9月頃が多い。
(昨年は秋に台風が来たため、その時の雨漏りも多かった)

原因を突き止めるには、データ取りをしていくと、分かりやすいです。

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る