ブログ

事例1115 「筋交い欠損」

先月は着手物件が多く、新築検査が忙しかった。

工程が皆、同じペースで進むと、検査も同じ時期に集中します。
来週あたり一旦、新築検査が少なくなる予定ですが、
また、今月中旬から予定が集中しそうです。

 

■(1)今回の事例______________

「筋交い欠損」
_______________________

◆写真解説

ホールダウン金物に干渉し、筋交いが削られている。
大きな力がかかった際、破損しやすくなる。

 

◆内容説明

大工なら、筋交いを切り欠いてはいけないことを知っている。
切り欠いて、知らん顔する大工は悪質です。

今回の原因は、基礎に埋め込んだボルトの位置が悪い。
本来、筋交いと干渉しない位置にボルトを埋め込む必要がある。

筋交いの切り欠きは建築基準法施行令でも禁止している行為。
切り欠きなどの欠点は、大地震時に筋交いが役に立たない恐れがある。

 

◆対策

構造検査時に、筋交いが切り欠かれていないか、全数検査をする。

 

==============================

■(2)編集後記

メインで乗っている車が、昨日で購入して丸1年。
走行距離は43,000KM。初回の車検時には13万KMになる計算です。
もう1台、遠出用の車があるので、合計年間5万KM以上、車移動しています。

ここ10日ほどは、珍しく100KM圏内で仕事してました。
明日は、久しぶりの出張。250KM先の場所に欠陥検査に行きます。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る