ブログ

欠陥修理

今年春に完成した集合住宅で、重大な瑕疵が発覚。
今現在、入居者に退去していただき、修理を行っています。

修理をしている職人は、当時施工した人とは別の人たち。
手抜きを目の当たりにして驚いています。

この現場、瑕疵検査に入った際、壁を壊す提案をしました。
建てた人たちは無知。構造で手を抜いていると確信したためです。
壁を壊した結果、予想以上の手抜きが出てきました。

今回、現場に関わる方たちに欠陥修理の現場を見せることは良いことだと感じました。
職人は、壁まで壊して検査すると思っていないからです。
隠れても発覚するということを学んだと思います。

大きな瑕疵が出ると、双方の負担は大きいです。
また、直接関係がない入居者にも多大な迷惑をかけています。

大規模な修理しないといけない現場、建て替えないといけない現場が
次から次に出てきます。今年だけでも5件関わりました。

確率的はわずかですが、ゼロにすべきものだと思います。

 

 

是正工事が不十分

瑕疵検査や完成1回だけの検査後、是正確認の依頼を受けることが多い。

業者側から是正写真が出てきた場合は、無駄かなと思いますが、
確認に行ってみると、修理が出来ていなかったり、不十分な個所があったりします。

昨日確認に行った現場は、是正写真を確認済で、
会社も上場企業だから大丈夫だろうと思い伺いました。

確認した結果、2割くらい未施工がありました。
職人任せで、管理者が見ていないのでしょう。

職人からすれば、面倒な作業。手を抜きたくなるかもしれません。

写真は差し替えや他の現場の写真を出したりもできるため、
なるべく直接見たほうが良いと思いました。

 

 

1日で2件の雨漏り検査

今日は朝7時から配筋検査。そのあと雨漏り検査を続けて2件。
事務所に戻ってから相談1件。ハードな日でした。

雨漏り検査は、赤外線サーモグラフィーカメラを持っているために始めた検査。
最近は、結構な数の依頼を受けています。

今日の現場も、原因が分かりにくい雨漏りでした。
(原因が簡単に分かれば、弊社に依頼してきません)

壁の表面を赤外線サーモグラフィーで撮影すると、
濡れている位置がはっきり分かります。
(紫色が濡れている箇所)

どれだけ高性能な赤外線サーモグラフィーカメラがあっても、
構造や仕上げの納まりが分かっていないと、原因の特定は難しいです。

あと、水かけもコツがあります。
疑わしき箇所の状況に応じて、時間やかけ方をかえます。

ダメ業者情報

ある成長中の会社。品質がひどすぎる。
急成長する過程で、品質が後回しになるのはお決まりパターン。
成長が一段落し、上場すると、品質も大事だと気付く。

今日もその会社の現場へ行きました。
予想どおり、ひどい。
業界内で良いうわさは聞かない。業界以外の人はそんな情報を知らないから買ってしまう。

社内検査はない。検査は瑕疵保険、中間検査任せ。
保険の検査員は、厄介な現場に来たという顔をしてた。
現場をうろうろしたあと、ろくに建物内へ入らず帰った。

私の方は、指摘がありすぎて、通常の2倍以上時間がかかりました。
今度からこの会社だけ、検査価格を割り増ししようと思います。

出来たら・・、いや、絶対に買わないほうがいい。
家と土地欲しさに、急成長の犠牲になる必要はない。

この会社、体制を変えないと文春砲を浴びるかもしれませんね。

 

木曜日

木曜日は現場予定が混みやすい傾向にあります。
理由は、水曜日休みの会社が多いからです。
本当は水曜日で良い予定が監督が休みのため、スライドします。

明日も早朝から現場予定がぎっしり。
木曜日は、新築検査のためになるべく他の予定を入れないようにしています。

近いうちに建築現場も週休2日(当面は隔週)になると思います。
土日休みで固定されれば、月曜、金曜が混むようになるでしょう。

 

 

喧嘩を売られる

工事中の現場で、ミスをどうカバーするか、いろいろ案を出していたところ、
私の意見にいちいち「そんなの不要だ」と横やりを入れる人がいた。

面識がなかったので、誰ですかと聞くと「設計事務所」の人だった。

自分たちがミスを犯して、何とかそのままで逃げ切ろうとする態度に腹が立った。
こちらは手間やお金のかかるやり替えではなく、今最大限できることで
元の状態以上にしようと考えていた。

喧嘩腰の態度に、途中、ブチ切れました。
根拠がない反論に、資格はあるのかと聞くと「ない」と言った。

技術的な討論で私に喧嘩を売るのは、決まって無資格者だ。
知識があれば、良い悪いの分別が付くため、喧嘩にはならない。
捨て台詞で「一級建築士を取ってから喧嘩を売れ」と余計なことを言ってしまった。

自分の身を守るために喧嘩を仕掛けたと思われるが、喧嘩を売った相手が悪い。
弁護士との討論など日常茶飯事、建築の技術討論で簡単に負けるわけがない。

普段から怒らないように心がけているため、ここまでブチ切れたのはプライベート含め、
かなり久しぶりと思っていたら、今年初め、現場監督と大工相手にブチ切れ、
相手が泣くまで追い込んだでしょうとスタッフに言われた。

今日の相手も私に一方的にきついことを言われ、1日気分が悪かったでしょう。
私も気分が悪い。喧嘩をしてお互い良いことはありません。
自分たちの仕事、責任をきちんと果たし、もめ事がないようにしたいですね。

 

既存住宅状況調査講習に参加

朝9時半から夕方6時まで講習を受けてきました。
よくよく考えると、この制度の発足に向け
国土交通省からのヒアリングに何度か協力しました。

建築士が家の状況を見て、表面的ではあるが、家の具合を判断する。
良い制度だと思います。
ケースによっては鉄筋探査が必要であり、機材をそろえている弊社に
その依頼が寄せられるかもしれないと思いました。

今回、講習テキストを初めて拝見し、不十分だと思った箇所は
質疑応答にびっしり記入し、帰ってきました。

1日潰しましたが、国土交通省が制定した検査制度のしくみについて
参考になる箇所が多かったです。

講習後、弁護士との打ち合わせなどで、事務所に戻ったのは今。
連絡業務も丸1日行う時間がありませんでした。

 

ローコスト分譲の検査

この3連休。長距離移動や検査、その他であっと言う間に終わりました。
今週も移動が多く、さらに金曜日にはセミナーが控えているため、
予約のない対応などはお断りさせていただく予定です。
新築検査は工程が遅れないように、最優先で対応します。

ローコスト分譲住宅の検査で指摘をしたところ、
「自社施工基準どおりであり、間違っていない」と営業が反論してきた。

私が指摘をしたのは「フラット35Sの基準違反」
それが本当であれば、今まで間違えて施工した家をリコールして欲しいですね。

この会社、1年前に本社まで巻き込み、瑕疵を修理した家がある。
会社内では有名な現場だと思う。そこで指摘した内容と同じミスをしている。

経営者の考えが品質軽視なんでしょう。

ローコスト分譲住宅は値段が安く買いやすいです。
安易に飛びつかず、安い分何かあるかもと疑うくらいがちょうどよいです。

 

 

 

早朝出発

明日はセントレア、朝6時発の飛行機に乗ります。

事務所からセントレアは約45分。
3時すぎに起きて、4時過ぎには事務所を出ないといけません。
今日は早く寝ます。

スーツケースに検査機材を詰め込みました。今回は30KGくらい。
機材代の合計は500万円を超えるため、出張時は置き引きなどに気を付けています。
また、精密機械が多いため、取り扱いも注意しないといけません。

3連休で混雑する中、荷物に気を使いながら、検査に行ってきます。

かなりひどい欠陥住宅

来週末くらいまで、スケジュールがかなり混んでおります。
そんな中、急遽、1件の現場を見てきました。

あまりにも無知すぎる施工、手抜きに驚きました。
欠陥のレベルからすると、最上級。
写真は後日、アップします。

今時、こんな手抜きをするのかというものが多数。。
確認申請などのシステムが、欠陥防止になっていないことを実感しました。

カーテンレール、エアコンの下地がないことを不審に思ったことが
依頼者が欠陥を知るきっかけでした。

ここを施工した業者は、年に何件か家を建てている。
隣でも現在、新築工事中。
知らずに生活している方がほとんどだと思います。

明日は業者からどう対応するか、返事が出る予定。
素直に非を認めるとよいですが。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る