ブログ

欠陥住宅事例113(ヘアクラック)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 急に寒くなりましたね。
 東京のホテルから深夜、メルマガ書いています。
 (配信は翌日ですが)
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「基礎のヘアクラック」
  _______________________
 
 113

 写真解説:先回との比較でヘアクラック
      の掲載です。
 
 先回は地盤沈下の影響による
 基礎のクラックを掲載しました。
 
 
 今回は比較しやすいように
 欠陥とは言えませんが
 「ヘアクラック」
 いわゆる収縮クラックの紹介です。
 
 ヘアクラックの場合
 ひび割れの幅が細いですね。
 だいたい0.2mm程度でしょうか。
 
 
 コンクリートは乾燥過程の中で
 水分が蒸発します。
 
 急激な乾燥や
 水分の蒸発が多いと
 ひび割れが起き易い。
 
 
 起きてしまったひび割れは
 内部の鉄筋が錆びないように
 ひびの幅に応じた補修をしましょう。
 
 
 
 ◆対策
 
 手をかければクラック発生の確率は減ります。
 
 ・固いコンクリートを打つ
   水分量の調整
   
 ・打設時、遊離水など余分な水分、空気を排出
  
 
 職人任せにしないことが一番重要です。

欠陥住宅事例112(基礎のひび割れ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 今日は朝、涼しかったですが
 昼間、外は暑かったです。
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「基礎のクラック」
  _______________________
 112

 写真解説:基礎のクラック。写真は収縮クラック
      ではなく地盤沈下によるもの。
  
 基礎のヒビ割れ=クラック。
 相談があるとほぼ99%は
 コンクリートが乾燥する過程で起きる
 「収縮クラック」
 
 いわゆる・・ヘアクラックです。
 
 程度によりますが構造的には影響ない
 とされています。
 
 
 今回写真に載せたものは、地盤沈下によって
 発生したもので幅は太く約1mm。
 
 
 床も最大8CM傾き、サッシもきちんと閉まりません。
 
 
 クラックを見つけた場合
 自分自身で悩むよりは
 専門家に判断を求めましょう
 
 原因特定は非常に困難だからです。
 
 
 
 ◆対策
 
 今回の写真のようなクラックは
 地盤沈下が原因で起きます。
 
 特に造成地では
 慎重な基礎補強検討が必要です。

===========================
■(2)編集後記(普段はメルマガのみで読めます)
 
 
 週末、Human21の民事再生のニュースに
 驚きました。
 
 また、上場企業の倒産です。
 
 
 分譲戸建てよりもマンションの影響が大きかったようですが
 業界の不況を感じます。
 
 
 今後人口減の影響で
 住宅着工数も年々減っていく予想です。
 
 競争激化でいい業者が残れば良いですが
 必ずしもそうではありません。
 
 
 
 資材高騰、仕事減による競争激化、購入者の給料ダウン
    ↓
 
 価格競争激化
    ↓
    
 会社の利益を圧迫する
    ↓
 
 社員、職人の人件費を削る
    ↓
 
 品質ダウン
 
 
 今後、業者の見極めが
 ますます重要になりそうです。
 
 しかし、偽装米などの事件にしましても
 素人で見極めは困難です。
 
 
 どうしたら家を安心して建てられるか・・
 
 依頼先選びと工事中の検査が
 
 重要になるでしょう。

欠陥住宅事例111(梁接合部 未緊結)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 工事現場にとって
 ありがたくない 「台風」
 
 私の予定もかなり動いてます。
 週末の予定・台風が原因で変動中です。
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「梁接合部の未緊結」
  _______________________
 
 161

 
 写真解説:梁接合部、緊結のための
      金物接合(赤印)なし。
 
 木造住宅の「梁」の接合部
 
 接合がただ、はめ込んだだけですと
 地震時などに抜けやすいので
 
 建築基準法施行令47条にあるように
 
 構造上主要な部分である梁の継ぎ手は
 緊結しないといけません。
 
 
 ただ、この例は90%以上の業者さんは
 理解していて指摘率は低いです。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 上棟時の検査で構造金物の一種として
 全数検査する事です。
 
 取り付け方法ですが、
 片面だけの現場がほとんどですが
 たまに両面取り付けている現場を見ます。
 

欠陥住宅事例110(基礎天端レベル不良)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 今日は現場の予定なし。
 明日、締め切りの重要書類がありまして
 それに集中するためです。
 
 仕事⇒書類⇒仕事⇒書類・・・というように
 事務所で過ごしています。
 
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「基礎の天端レベル不良」
  _______________________
 110

 
 写真解説:基礎の天端の凸凹。
      水平でないといけない部分が
      明らかに波打っている
 
 基礎の天端が「ガタガタ」な事例
 
 写真でわかりますでしょうか?
 
 
 通常、基準としまして、全体で許される誤差は
 
  4~5mm程度の高低差が一般的です。
 
 今回の現場は最大8mmの高低差がありますし
 目視でも水平が悪い事は明らか。
 
 
 基礎の水平が悪いと建物は真っ直ぐ建ちません。
 この家は
 柱の下などに「かいもの」をたくさん入れて
 水平にしてました。
 
 基礎の水平精度を確保するには
 かなり手を加えないと出ません。
 今回は目で見てわかる悪さなので
 やっている本人は気づいているはずです。
 
 
 
 ◆対策
 
 基礎は家の土台で水平は重要!
 
 当社は検査が該当すれば水平測定をしています。
 
 自主検査ではこれがなかなかめんどくさくて
 省略されているケースが大半です。
 
 検査するとわかると職人さんも
 結構気を使って施工します。
 
 やはりチェックしかありません。
 

欠陥住宅事例109(配管固定不足)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 今日も2件検査に行ってきまして
 昨日までよりは涼しく感じました。
 
 秋が近づいてますね。
 
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「床下排水管の固定不良」
  _______________________
 
 109

  
  写真解説:床下排水管の固定不良。
       「かいもの」をしているだけ
        で外れやすい。
  
 水道工事 などの設備工事
 普段、配管などを目にする事はありません。
 
 学生の頃 電気、水道の配管が
 建物内でどうなっているか不思議でした。
 
 目に見えない部分は
 あとから何かあっても気が付かない
 
 きちんと工事してもらう事が大事です。
 
 
 今回は排水管の固定不良です。
 
 専用の固定具など最近は充実していますが
 それらを省略した例です。
 (固定材料費用を惜しんでいるのでしょうか?)
 
 めったにある例ではなく、ほとんどの業者さんは
 きちんとしています。
 
 影響としましては
 何かの拍子にかってあるものが外れると
 排水勾配が確保できなくなる恐れがあります。
 
 固定方法はこちらが強く強制できる基準は
 公庫仕様くらいでしょうか。
 
 
 
 ◆対策
 
 家より確実に寿命が短いと思われる
 
 設備類
 
 まずは
 ・業者選択
 ・設計、監理者の指示
 ・現場チェック
 
      する事です。

欠陥住宅事例108(床合板釘の不備)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 昨日、今日とまた大雨ですね。
 午後から事務所で書類作成です
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「床合板釘ピッチが広い」
  _______________________
 
 108

  

  写真解説:在来工法2階床合板の釘ピッチが広い。
       火打ち梁を省略する場合水平剛性確保
       に必要な釘ピッチは@150mm。
       (写真200mm)

  「大きな吹抜けの家は弱い」 と
 
 聞いた事ないでしょうか?
 
 
 家の強度は壁ばかりに
 目がいきがちですが、
 床面(水平)の剛性も大事です。
 
 
 最近、木造在来工法で
 火打ちという斜め材を省略して
 厚さ24mm、28mmなどの合板で
 水平剛性を確保する事が多くなりました。
 
 せっかくの厚い合板
 しっかり留めないと剛性は出ません。
 
 基準ですが公庫仕様書 5.8.7に
 N50(構造用)の釘 @150mm以下で
 固定するとあります。
 
 
 大工さんたちが知らずにやっている例です。
 
 
 現在90%の家はこのような床構造です。
 耐震性もUPすると共に
 上下階の音(振動は別)も軽減します。
 
 
 
 ◆対策
 
 フローリングを張ると見えなくなり
 あとからはわかりません。
 
 上棟(建て方完了)時の検査で
 細かく見ることです。

欠陥住宅事例107(梁接合部ボルト忘れ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 事務所付近、大雨の影響はありませんでしたが
 愛知県はかなり多くの住宅が被害を受けました。
 
 岡崎市など多くの現場を今まで検査させて
 いただきましたが、どうなっているか心配です。
 
 浸水による影響の事など被害について
 何かありましたらご相談ください。
 
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「梁端部のボルト入れ忘れ」
  _______________________
 
 107

  写真解説:梁端部接合ボルトの入れ忘れ。
      (青線のようにボルトが入り緊結する)
       うっかり忘れる事がある。

 忘れにより起きた事例です。
 
 ナットの締め忘れはよくあります。
 金物が多く、材料が足らずにあとからやろうと
 思っていると案外忘れます。
 
 
 建築基準法施行令47条
 構造耐力上主要な部分である継手又は仕口は、ボルト締、
 かすがい打、込み栓打その他の国土交通大臣が定める
 構造方法によりその部分の存在応力を伝えるように
 緊結しなければならない。
 
 に違反しますが、
 
 法うんぬん というよりは
 明らかにダメな事はわかりますね。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 金物の全数検査しかないですね
 
 印を付けて検査する会社も多いようです。
 
 
 私はひたすら1つずつ目視です。

 ============================
 ■(2)編集後記

 もめごとを多く処理している立場の私が共感した
 内容のメルマガを引用させていただきます。
 
 
 
 フリーパレット集客施設研究所主宰 藤村正宏さんの
 8月7日のメルマガより一部を引用
 
 
 (ここから)
 「自分がかかわらなくてもよいことには
 
      こころを動かされないことです。

  聞こえても聞こえないふりをするくらい。

  かかわり過ぎないことです。

  求めすぎてもいけません。

  言わなくてもよいことは、言わないことです。

  これが、流れに乗って生きるということです」

 なんかボクたちは

 たいしたことないことにすぐ腹を立てたりして

 「言わなければ、気が済まない」

 「一言文句いいたい」

 「クレームをつけたい」

 ひどい場合には

 「訴えてやる」

 訴えるなんて、よほどのことがない限り
 しないはずなんです。

 流れに乗っていると

  「ま、いいか」

  「すんだことだし」

  「別にたいしたことない」

 と心の動揺が収まるんですね。

  「勝ち負け」

  「損得勘定」

 常に価値観がそういう人たちは
 どうでもいいことに対抗意識を燃やしたり

 くだらない競争意識とくだらないプライドで
 自分の価値を、どんどん落としていく。

 口ばかりで行動しない。
 結果、成果も出ないで、また不平不満。

 個人も会社も、こういうのってある。

 結局、自分の良いところを
 積極的に枯らしているんです。

 「人間ですからどうしても「欲」があります。

  それはそれで、必要なことだし、正常なことです。

  でも、度を超さないことが大切です。

  焦らずに、流れに乗っていると、必ず夢もかないます」
 (ここまで)
 
 
 どうでしょうか
 「自分の良いところを
 積極的に枯らしているんです」
 妙に私は納得しました。
 
 最近、一部のお客様やハウスメーカーさんの社員は
 度を超す人が多いですから・・
   
 

欠陥住宅事例106(下端筋入忘れ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 午後、珍しく事務所で仕事。
 でも電話が多く、書類が進みません。
 
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「基礎立上がりの下端鉄筋抜け」
  _______________________
 
 106

 写真解説:基礎立上がり、下端の鉄筋がない。
 
 
 ベタ基礎の立上がり部分
 一番下の「鉄筋を施工し忘れた例」
 
 
 基礎の鉄筋の中で一番太い鉄筋を使う箇所は
 今回の部分と同箇所の上部の鉄筋です。
 
   
 
 会社によっていろいろですが
 
 法的には最低直径13mm以上
 
 16mm、19mmなどもよく使われます。
 
 
 今回はベタ基礎でスラブ部分の鉄筋と
 混同したようですが
 
 位置が横にずれているのでNGです。
 
 
 太い鉄筋を使う=耐力的に重要箇所です。
 
 
 
 ◆対策
 
 このような事例、
 外周部では間違いにくく
 内部の立上がりで起きやすいです。
 
 
 検査する側も気にしていないと
 気が付かないと思います。
 
 細かく見るしかないですね。
 
 

欠陥住宅事例105(商品偽装)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 トラブル処理の多い1週間でした。
 新宿のホテルからメルマガお届けします。 
 
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「材料偽装・・偶然の発見」
  _______________________
 
 105

 

  写真解説:外壁仕上材、目地シーリング工事中の写真。
        ランクの低い材料の使用と下地接着材料 
        の未使用。
 
 このタイミングで検査していなかったら
 絶対にわからない衝撃の事例です。
 
 この外装材
 汚れが付きにくく、塗装の耐久性も高いことが
 売りの商品。
 
 値段もその分高額で結構な人気商品です。
 
 
 しかし、その目地部分に使われる
  
  シーリング材
 
 メーカーが外壁材に合わせ、高耐久のものを
 指定しているにもかかわらず、
 現場で施工業者が違うものを使っていました。
 
 
 私が問題にしたのは
 商品カタログで1ページ半にわたり
 シーリング材の高耐久性などを記載している
 にもかかわらず、
 
 高耐久ではない普通の性能のシーリング材を
 使ったからです。
 
 
 指摘の際、
 念のためメーカーのお客様窓口へ
 確認しました。その回答は・・・
 
 「この商品とシーリングはセットで使う事に
 なっていますが施工業者へ強制はしていません。」
 
 
 一方施工した業者の意見は・・・
 
 「メーカーから指導は受けていない、
 値段が高いから使えない」でした。
 
 
 また、メーカーの担当者から
 このシーリング材は実質、10%くらいしか
 出荷されていないとの衝撃告白もありました。
 
 
 現在、やり直しを求めていますが
 未だに非を認めません。
 
 施工業者とメーカーで責任を
 擦り合っています。
 
 
 
 消費者が、カタログやショールームで
 商品を気に入り
 高い差額を出して選んだのに
 
  肝心の目地の性能が低ければ、
  
 いくら本体の耐久性が高くても意味がないです。
 
 いろいろ、メーカー側も言い訳してますが
 
 これって単純に考えると
 
  食品偽装 と同じではないでしょうか
 
  
 完全に消費者を裏切る行為は詐欺であり
 許せません。
 
 
 私はメーカー側に
 シーリング材の集荷管理から事実を確認
 出来る立場としての責任は重いとして
 
 今まで行った現場の「リコール」を
 求めています。
 
 
 この先、どうなるかわかりませんが
 交渉を続けます。
 
 
 
 ◆対策
 
 建材では昨年、防火性能の偽装がありました。
 
 名の知れた大手メーカーでも
 製品の信憑性はわからない時代です。
 
 
 なぜ、このようなことが起きるのか?
 
 
 商品開発や広告・・・販売だけを重視するからです。
 
 これは家を売る会社でも多くは同じですね。
 
 
 現場の品質は後回しというかあまり頭にないのでしょう。
 
 
 疑いを持たないと
 騙されて当然の嫌な世の中です。
 
 何ごとも細かなチェックが必要かもしれません。
 
 
 
============================
■(2)編集後記(普段はメルマガのみに記載)
 
 
 最近また、トラブル仲裁が忙しいです。
 特に、今週は殺到しました。
 
 
 何でこんなに?というくらい多いです。
 
 
 一流と言われるメーカーでも
 ブランド意識に欠けた会社ばかりです。
 
 個人の利益
 会社の利益
 
 しか考えていません。会社ですからもちろん当然なのですが、
 
 
 施工の悪さを許容範囲内ということで逃げ
 
 客を黙らせる決めゼリフは
 
 「出るところ出ましょうか」
 
 
 
 坪単価の高いメーカーをわざわざ選ぶのは
 ブランド品を買うときと同じ感情からではないでしょうか?
 
 期待した品質や安心を裏切り
 
 選択心理を無視した対応は
 おかしいと私は強く思います。

欠陥住宅事例104(土台ジョイント不備)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日、午前中検査に伺いましたが
 いつもより涼しかったです。
 
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「アンカーボルトの位置が悪い」
  _______________________
 
 104

  
 今回から、写真を拡大できるようにしました。
 (以前のものは時間があれば対応したいと思います)

 写真解説:木造の土台ジョイント部、
       アンカーボルトの位置が悪い。
       右側が左側を押さえているが
       アンカーが左過ぎて押さえがきかない。

 基礎と躯体をつなぐ重要な部材
 「土台」のジョイント部。
 
 写真を見て頂くと
 
 右側が左側の上に一部載って
 上から抑えています。
 
 
 つまり抑え側の右側にアンカーボルトがないと
 きちんと固定できないのに
 アンカーボルトはジョイント部にあり
 抑えの効果はありません。
 
 
 押さえが悪いと地震時などに基礎から
 浮き上がる可能性がありダメです。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 土台のジョイントと基礎のアンカーボルト位置
 の計画が悪いか
 
 施工ミスがあると今回のようになります。
 
 
 計画時は口をはさみにくいので
 施工者側での図面チェックがまず一番です。
 
 施主側にしたら
  「アンカーボルトの位置大丈夫ですか?」
 などと注意を促すなどが有効でしょう
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る