ブログ

欠陥住宅事例120(内部壁のビスピッチ不備)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 今日は検査4件
 雨降りでもあり非常にハードでした。
 
 検査が多い時、移動の間に余裕があると
 ファミレスなどで書類整理しています。
 
 
■ 今回の事例_________________
 
 ・「2×4のビスピッチ不備」
  ______________________
 
 120

   
  ↑クリックすると拡大します。
 写真解説:赤外線カメラで仕上に隠れた壁をとめる
      ビスを映し出し、違法なピッチを発見。
 
 2×4は内部の壁でも地震、風の水平力に対する
 「耐力壁」を取ります。
 
 規定は認定の釘又はビスで
 外周は100mm、中間は200mmピッチで施工。
 
 
 これを確認するには通常、クロスなどの
 仕上げをする前しか見れません。
 
 今回は完成済みの建物で
 赤外線カメラで映し出しました。
 
 
 これ以外の方法では
 
 金属探知機でも可能ですが、電線が近くにあると
 これに反応し、区別付かなくなります。
 
 X線という方法もありますが
 撮影箇所が限られたり、外壁部など他の釘と
 重なると判断は出来ません。
 
 
 
 ◆対策
 
 赤外線カメラも万能ではなく
 下駄箱の裏など
 物がある場所などは映りません。
 
 工事中にきちんと検査することがやはり大事です

欠陥住宅事例119(壁断熱材空洞)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 今週もそこそこ忙しいですが
 9月に比べると余裕出ています。
 
 
■ 今回の事例_________________
 
 ・「壁断熱材の大きな隙間」
  ______________________
 119

 

 
 写真解説:赤外線カメラの画像。エアコン下と横の壁、
      黄色の部分で断熱材が抜けて紫部分は
      入っている。

 壁断熱材の「未施工部分」 一番気が付く人は?
 
 
 
 
     エアコン屋さんです。
     
     
  壁に穴をあけるからですね。
  
   
 もし、最初からエアコン配管を入れていたり
 配管を通す「スリーブ」を入れていれば
 誰も気が付かないでしょう。
 
 今回、赤外線カメラで発見できましたが
 通常は壁を取らない限りわかりません。
 
 写真の例は
 追加代金を払って性能の良い断熱材を選んだのに
 家の壁30~40%に空洞があった。
 
 施工ミスもここまでくると
 かなり悪質です。
 
 高断熱を希望したのに
 これでは冬寒く、夏暑いでしょう。
 
 
 ◆対策
 
 断熱材の自主検査を行なっている
 会社は少ないです。
 
 断熱材はあとから見ることは出来ません
 隠れてしまう前にチェックしましょう。
 

欠陥住宅事例118(防湿シートめくれ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 今日も検査3件と相談2件
 メルマガ書く暇がない・・
 と言いつつ週2発行確保してます。
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「基礎防湿シートのめくれ」
  _______________________
 118

 写真解説:基礎防湿シートのめくれ。 
 
 基礎の下で地面からの湿気を止める
 
  「防湿シート」  
 (見た目はただのビニールのシート)
 
 ジョイント部をテープなどで固定しないと
 風でめくれることあり。
 
 
 めくれはシート未施工部が出て防湿の役割を
 果たさずダメですが
 
 もっと大きな影響として
 コンクリートを流し込む時に
 シート下へコンクリートが入り
 上下に分断される可能性が高くなります。
 
 
 最近、コンクリートの立会い検査を多く
 やっていますが
 多くの職人さんは無頓着にコンクリートを
 流し込んでいると感じました。
 
 
 
 ◆対策
 
 防湿シートの不備はこの「めくれ」よりは
 破れの方が多いです。
 
 シートの破れ,めくれは専門家でなくとも
 わかります。
 
 
 気にして検査してみてください。
 
  
 

欠陥住宅事例117(アンカーボルト抜け)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。

 3連休いい天気でしたね
 私は検査が多く休めなかったです
 
 
 
■ 今回の事例_________________
 
 ・「土台端部にアンカーボルトがない」
  ______________________
 
 117

 写真解説:土台の端部(赤丸部)にボルトがない。
      端は釘だけの固定では緊結とは言えません。

 先回に続き
 アンカーボルトの不備です。
 
 土台の木材は長さ3m、4mものが主で、
 これ以上長い場合はジョイントが出ます。
 
 ジョイント部はそれぞれ端部を固定しないと
 緊結出来ませんね。
 
 
 今回、図面は間違っていませんでした。
 現場でのアンカーボルトの入れ忘れです。
 
 
 端部が止まっていないと
 地震時などに浮き上がる原因になる。
 
 
 
 ◆対策
 
 先回と同じです。
 
 職人さんは図面を基に施工します。
 図面の間違いがない事が一番。
 
 あとは、基礎のコンクリートを打つ前に
 アンカーボルトを設置し
 その時点で監督さんなどがチェックすること
 

欠陥住宅事例116(アンカーボルトピッチ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 先週無理しすぎて、
 日曜から昨日まで体調不良でしたが
 寝込まず本日、体調戻りました。
 
 
 
■ 今回の事例_________________
 
 ・「アンカーボルトのピッチが広い」
  ______________________
 
 116

 

 

 写真解説:2×4のアンカーボルト
      (赤矢印)間隔が2m40cm。
  
 アンカーボルトは基礎と躯体をつなぐ重要な部材
 
 2×4の場合は
 2m間隔以内と土台端部に入れる
 基準があります。
 
 
 間隔が遠いと
 地震時に躯体が基礎から浮き上がる
 可能性が高いです。
 
 
 写真のようにアンカーボルトが見える期間は短いです。
 1階の床組みが終わると見えない。
 
 重要な部分だけに対策をきちんとしましょう。
 木造住宅は抜けが多いです。
 
  
 
 
 ◆対策
 
 職人さんは図面を基に施工します。
 図面の間違いがない事が一番。
 
 あとは、基礎のコンクリートを打つ前に
 アンカーボルトを設置し
 その時点で監督さんなどがチェックすること
 
  
 

欠陥住宅事例115(シャブコン)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 今日は仙台にいます。昨日は東京。
 共に人前でのプレゼン、セミナー。
 最近、やっていないのでぎこちなかったです。
 
 
 
■ 今回の事例_________________
 
 ・「シャブコン」
  ______________________
 
 115

 

 写真解説:最初は柔らかいコンクリートをポンプ
      のホースへ通す。写真は基礎の中に
      入れようとして外へ捨てさせている状況。

 
 生コン※を現場で生コン車から基礎内に運ぶのに
 
 「ポンプ車」で圧送します。
 
 (※生コンはまだ固まっていないコンクリートのこと)
 
 
 このポンプ車 
 最初に圧送するホース内を湿らせる
 ために現場で水を混ぜてやわらかくした
 コンクリートを少量通します。
 
 
 これ自体は問題ないのですが
 
 この水が大量に混ざったコンクリート
     ・・いわゆる「シャブコン」
     
 捨て場が無く基礎内に入れられる
 ケースがほとんどです。
 
 少量だから問題ない
 捨て場がないという言い訳を良く聞きますが
  
 やはりNGです。
  
 
 少量だから大丈夫という言い訳は通じない時代です。
 
 消費者の意識が「偽装事件」の連発で変わってきました。
 
 食品で賞味期限を1日過ぎても大丈夫、まだ腐らない
 と思うのが造る側の本音。
 
 1日でも過ぎたらダメというのが消費者の意識。
 
 
 何事も余裕がなくなってきている。
 「だいたい」でなくきちんと線引きする時代。
 
 業者側も、今起きている偽装事件を
 ひと事と考えていると
 明日は我が身に降りかかるでしょう。
 
  
 
 ◆対策
 
 これは結構、当たり前の行為になっている。
 
 前もって注意するか
 現場で監視するしかありません。
 

欠陥住宅事例114(規格外生コン)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 久しぶりに晴れたましたね。
 今日も朝早くから、現場3件廻りました。
 
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「規格外コンクリート使用」
  _______________________
 114

 
 写真解説:基礎の生コン伝票。(生コン車が
      現場に持ってくる品質などが記載
      されたもの)JISマークが消されて
      いる規格外製品
 
 建築基準法第37条では使用材料の規格を
 定めている。
 
 生コン=レディーミクストコンクリートは
 JIS A5308で材料や配合が決められている
 
  工業製品
  
 駐車場のコンクリートならこれでもいいのですが
 建物の基礎、躯体の場合はJIS規格は外せません。
 
 
 以前にも何度か検査で指摘した事
 ありますが、
 
 「ただ、JISマークを消しただけで中身は同じ」
 といういい訳が必ず返ってきます。
 
 法律にあるのですし、なぜこうするのか
 理解できません。
 
 
 
 ◆対策
 
 施主としての対策はまず、
 
 「配合報告書」という書類の提出をさせる事
 
 あらかじめ生コンのこの書類を作れば
 JIS規格が外されることはないです。
 
 現場で生コン伝票を見てからでは
 遅いです。
 
 
 
===========================
■(2)編集後記(普段はメルマガのみに掲載)
 
 
 昨日、マンション偽装事件関連で
 来月、建築士法が改正される影響の
 管理建築士資格取得講習に行ってきました。
 
 管理建築士とは
 「設計事務所全体を管理する建築士、
  いわゆる設計事務所の責任者である建築士のこと」
 
 
 そこでの印象深い内容をテキストから1つ紹介します。
 
  ↓
 「建築基準法の建築確認制度は、資格者である建築士が
 法令を遵守した設計・工事監理業務を行うことを前提に
 一定の範囲で法適合性を確認するものであり
 違法な設計を行なった建築士及び建築士設計事務所の
 責任は、確認済証が交付されたという事実をもって
 回避されることはない」
 
 
 つまり、私も検査をしていて相手業者から聞く
 
  「確認申請がおりているから、問題ない」
  
  は通用しないということ
 
 確認申請は「許可」ではなく「確認」である
 と県の担当者も言い切りました。
 
 
 もう少し辛口のコメントをすると
 「行政は何があっても責任取りませんよ
 建築士の全責任です」
 
 という解釈です。
 

欠陥住宅事例113(ヘアクラック)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 急に寒くなりましたね。
 東京のホテルから深夜、メルマガ書いています。
 (配信は翌日ですが)
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「基礎のヘアクラック」
  _______________________
 
 113

 写真解説:先回との比較でヘアクラック
      の掲載です。
 
 先回は地盤沈下の影響による
 基礎のクラックを掲載しました。
 
 
 今回は比較しやすいように
 欠陥とは言えませんが
 「ヘアクラック」
 いわゆる収縮クラックの紹介です。
 
 ヘアクラックの場合
 ひび割れの幅が細いですね。
 だいたい0.2mm程度でしょうか。
 
 
 コンクリートは乾燥過程の中で
 水分が蒸発します。
 
 急激な乾燥や
 水分の蒸発が多いと
 ひび割れが起き易い。
 
 
 起きてしまったひび割れは
 内部の鉄筋が錆びないように
 ひびの幅に応じた補修をしましょう。
 
 
 
 ◆対策
 
 手をかければクラック発生の確率は減ります。
 
 ・固いコンクリートを打つ
   水分量の調整
   
 ・打設時、遊離水など余分な水分、空気を排出
  
 
 職人任せにしないことが一番重要です。

欠陥住宅事例112(基礎のひび割れ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 今日は朝、涼しかったですが
 昼間、外は暑かったです。
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「基礎のクラック」
  _______________________
 112

 写真解説:基礎のクラック。写真は収縮クラック
      ではなく地盤沈下によるもの。
  
 基礎のヒビ割れ=クラック。
 相談があるとほぼ99%は
 コンクリートが乾燥する過程で起きる
 「収縮クラック」
 
 いわゆる・・ヘアクラックです。
 
 程度によりますが構造的には影響ない
 とされています。
 
 
 今回写真に載せたものは、地盤沈下によって
 発生したもので幅は太く約1mm。
 
 
 床も最大8CM傾き、サッシもきちんと閉まりません。
 
 
 クラックを見つけた場合
 自分自身で悩むよりは
 専門家に判断を求めましょう
 
 原因特定は非常に困難だからです。
 
 
 
 ◆対策
 
 今回の写真のようなクラックは
 地盤沈下が原因で起きます。
 
 特に造成地では
 慎重な基礎補強検討が必要です。

===========================
■(2)編集後記(普段はメルマガのみで読めます)
 
 
 週末、Human21の民事再生のニュースに
 驚きました。
 
 また、上場企業の倒産です。
 
 
 分譲戸建てよりもマンションの影響が大きかったようですが
 業界の不況を感じます。
 
 
 今後人口減の影響で
 住宅着工数も年々減っていく予想です。
 
 競争激化でいい業者が残れば良いですが
 必ずしもそうではありません。
 
 
 
 資材高騰、仕事減による競争激化、購入者の給料ダウン
    ↓
 
 価格競争激化
    ↓
    
 会社の利益を圧迫する
    ↓
 
 社員、職人の人件費を削る
    ↓
 
 品質ダウン
 
 
 今後、業者の見極めが
 ますます重要になりそうです。
 
 しかし、偽装米などの事件にしましても
 素人で見極めは困難です。
 
 
 どうしたら家を安心して建てられるか・・
 
 依頼先選びと工事中の検査が
 
 重要になるでしょう。

欠陥住宅事例111(梁接合部 未緊結)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 工事現場にとって
 ありがたくない 「台風」
 
 私の予定もかなり動いてます。
 週末の予定・台風が原因で変動中です。
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「梁接合部の未緊結」
  _______________________
 
 161

 
 写真解説:梁接合部、緊結のための
      金物接合(赤印)なし。
 
 木造住宅の「梁」の接合部
 
 接合がただ、はめ込んだだけですと
 地震時などに抜けやすいので
 
 建築基準法施行令47条にあるように
 
 構造上主要な部分である梁の継ぎ手は
 緊結しないといけません。
 
 
 ただ、この例は90%以上の業者さんは
 理解していて指摘率は低いです。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 上棟時の検査で構造金物の一種として
 全数検査する事です。
 
 取り付け方法ですが、
 片面だけの現場がほとんどですが
 たまに両面取り付けている現場を見ます。
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る