ブログ

欠陥住宅事例65

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 今回の事例は
 気密シートの不備です。
 
 気密シートとは「透明のビニール」そのものです。
 部屋内の空気が隙間などから壁内など外へ逃げない
 ように封じ込めるために使われます。
 
 何のため?
 
 ・壁内の結露防止・・水蒸気を多く含んだ部屋の空気を壁内へ
           入れない。
 
 ・気流による空気移動の防止・・冷暖房した空気を逃がさない。
 
 などが主な理由です。
 
 
 
■今回の事例______________________
 
 ・「天井面の気密シート」・・壁との隙間まで施工がない
  __________________________
 
 65

 
 

 写真解説:天井面に気密シート(矢印部)を施工する
 仕様ですが壁との取り合いまでシートは伸びていなく、
 その部分(丸印)で気密は取れずシートを施工した効果が薄い。

 
 今回の写真の事例は
 2階の天井だけに気密シートを施工した例です。
 
 
 理由は特に聞いていませんが
 この冬場など部屋を暖房しても、
 最上階の天井部分に隙間があれば
 「煙突効果」で温まった空気が隙間から屋根裏へ逃げてしまう
 対策だと思います。
 
 
 気密、断熱については、
 施主さん自身が勉強され非常に詳しい方が増えています。
 
 逆に業界の関係者は、気密住宅を売りにしている会社を除けば
 気密については無頓着です。
 
 
 今回、施主さんから「天井面」だけの
 気密シートの追加オーダーを受け、
 施工した結果、
  ・
  ・
 確かに天井面は施工されていますが
 肝心な壁と天井面の隙間の施工がされていません。
 
 天井面の気密シートを壁との取り合いで折り曲げ
 垂れ下げる(20~30CMくらい)施工方法が正解です。
 
 
 
 ◆対策
 
 高気密を標準で行なっている建築会社なら
 任せても良いでしょう。
 
 そうでない場合は、ご自身でチェックするか、
 事前に施工詳細図面を書いてもらう事を
 お薦めします。
 

欠陥住宅事例64

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 今回の事例は
 木の構造体の端部に金物による固定がない例です。
  
 
■今回の事例_________________
 
 ・「梁」接合部の金物緊結なし
  _____________________
 
  64

 

 建築基準法施行令 第四十七条 に
  
 構造耐力上主要な部分である継手又は仕口は、
 ボルト締、かすがい打、込み栓打その他の国土交通大臣が
 定める構造方法によりその部分の存在応力を伝えるように
 緊結しなければならない。
 
 とあります。
 
 構造体の接合部などは金物などできちんと固定しないと
 地震時などに外れて倒壊する可能性があります。
 
 
 なぜこのような事例が起きるのか?
 
 端部の金物類は設計者が細かい指示することはほとんどなく
 木を加工する「プレカット工場」に
 任せてしまうケースが大半です。
 
 プロの工場はきちんと間違いなく計画しますが
 問題は今回のような事例で
 工場で加工しない・・・
 
 いわゆる大工さんの手加工の場合です。
 
 今現在も手加工しているような大工さんは
 法律など知らない、興味がない方が大半です。
 
 
 
 ◆対策
 
 上棟後(建て前)の躯体検査で
 全数検査が必要です。
 
 
=========================
■(2)編集後記(普段はメルマガでした読めません)
     メルマガ登録はホームページより

 
 このところ、欠陥住宅調査をたくさんこなしています。
 
 調査をして報告書を書き、お客様から業者へ報告書が
 渡り、しばらくすると業者の意見が出てきます。
 
 
 ここ最近続けてあった業者からの回答で
 
 今回のような明らかな建築基準法違反を指摘している
 のにかかわらず
 
 「それはやらなくていい」
 
 という回答です。
 
 
 私にはこのような回答は理解できません。
 
 建築基準法は国が作った法律です。
 それを根拠なしに勝手な解釈する・・・
 法律というものを
 わかっているのでしょうか?
 
 大手のハウスメーカーさんなどは基準法をきちんと
 抑えていますが、ほとんどの業者は勘違いが多いです。
 
 裁判でもやればこのような件に関しては
 勝てますが、数ヶ所金物がない程度で裁判起こしても
 時間とお金の無駄です。
 
 
 くれぐれも業者選びは慎重に
 
 私からのアドバイスです。
 
 
 毎日、毎日検査に明け暮れていますが
 いい現場と悪い現場の2極化を感じます。
 
 家を建てる際にどちらになるかは
 最初の業者選びが肝心です。
 
 選ぶ前に業者の事いろいろ調べましょう

「号外7」結露 

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今回はいつもの欠陥事例紹介とは違った内容を
 お伝えします。
 
 
 このところの寒さ厳しいですね
 基礎など外の検査はもちろん
 完成検査では部屋内を素足で歩くため
 足がとても冷たいです。
 
 ところで
 最近、「結露」の相談が多いです。
 
 
 気温が低いと屋内との温度差が大きくなり
 結露はおきやすいです。
 
 
 新しい最近の家は結露しないという考えは
 間違いです。
 
 
 結露発生の原理を知れば、納得できるものの
 
 「結露」に関する書物などは非常にわかりにくい
 
 私もいろいろ結露に関する本を読みましたが
 空気中でおきる現象を言葉で理解する事は難しいです。
 
 
 
 そこで
 まず、結露が嫌なら
 
 1、家を計画の際、サッシ選びを考慮しましょう
 
  温度差は結露の一番の原因です。
  最近は2重ガラスが増えましたが枠がアルミのままでは
  外気がそのまま伝わるため結露は防げません。
  
  思い切って「樹脂サッシ・・枠が100%樹脂製」、
  にすればサッシの結露からは開放されます。
  (洗面所など湿度が一時的に多くなる場所は樹脂でも
   結露することあります)
  
  (参考)樹脂サッシメーカーのHP
  http://www.shanon.jp/index.html
  
  
 すでに建てられた方はサッシを替えることは困難です
 結露のおきにくい条件として
 
 
 2、湿度管理をする
 
  車のガラスがくもるのは雨の日ですね
  湿度が高ければ結露もしやすくなります。
  
  一般的に湿度40%以下は風邪をひきやすいと言われ
  加湿器を使う人が多いです。
  
  部屋の湿度に関係なく加湿すれば水蒸気量が増えて
  結露を起こしやすくするだけです。
  人の息からも水蒸気が出ますし、料理をしても
  水蒸気が出るため、湿度管理をしながら加湿器を使いましょう。
  
  換気自体も有効ですが換気しても加湿していれば
  湿度は高くなります。
  
  あと、お風呂は蓋をして、
  蒸気は必ず換気で外へ出しましょう。
  
 
 
 3、調湿できる内装材を使う
 
  湿度管理と言ってもなかなかこれは面倒です。
  
  内装で湿度をコントロールする材料を使うとよく、
  内装なのでリフォームでも十分可能です。
  
  ビニールクロスだけの部屋は水蒸気の逃げ場もありません。
  水蒸気を吸収する内装材を使うと調湿(湿度を安定させる)
  をするので結露がおきにくくなります。
  
  代表的なのは天然木、紙、INAXのエコカラット
  などがあります。
  
  
  
  幸い、築5年目の我が家も結露とは無縁です。
  
  サッシは国産ですが、
  アルミ枠の中間に樹脂をはさんだタイプの
  ガラスは2重ガラスです。
  
  上記の2,3番の効果も大きいです。

欠陥住宅事例63

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 今回の事例は
 写真を見れば誰でも「おかしい」とわかることです。
  
 
■今回の事例____________________
 
 ・「土台」の大きな欠損
  ________________________
 
 63

 写真解説:土台に配管を貫通させている。
 
 今回はあまり解説するまでもないでしょう。
 
 ここまで穴をあけてしまったら
 
 構造材としての機能はありません。
 
 
 
 土台については前にも何度か説明していると
 思いますが
 
 基礎と木躯体をつなぐ重要な部分で
 もちろん、地震時には大きな力がかかります。
 こんな穴が開いていれば、大地震時には
 その部分は破壊されるでしょう。
 
 
 
 今回、穴を開けたのは「水道屋」です。
 
 私の想像では
 
 水道屋は悪いと知っていながら、
 配管を通す場所を他に考えられず、
 
 監督に連絡し、相談する手間を省き
 土台に穴をあけたと想像します。
 
 
 当然上からは見えないため
 現場にいる大工さん、監督、施主さんも気が付きません。
 
 暗い、埃まみれの床下を「ほふく前進」しないと
 この部分を見ることはできません。
 
 きっと「ばれない」と思ったのでしょう。

 
 ◆対策
 
 住宅においては特に設備設計を細かく行なう事は
 通常、ありません。
 
 細かい配管経路などは設備屋任せの場合が大半です。
 
 良い設備屋に当たれば心配ありませんが
 自分で選ぶ事は不可能です。
 
 監督さんや設計者はあまり気にしていないため
 配管の経路など、事前に確認すると良いでしょう。
 そうすれば多少でも監督が考え、
 ミスを防げる確率大です。

欠陥住宅事例62

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 今週2度目の送信です。
 
  週2で書いても事例がどんどんたまる一方で
  週3でちょうどいいくらいの現状です。
  
   内容が内容だけにあまり嬉しくない事です。
   
  すぐにネタ切れしたらどうしようとスタートしました
  が100号くらいまでの事例はすでにあります。
  
 
■今回の事例______________________
 
 ・「間柱下部が梁まで届いていない」
  __________________________
 
62

 写真解説:間柱が短く梁まで届いていない
    (写真は小屋部分で写真上は外壁裏側になる)
 
 通常、木造住宅の柱のピッチは910mmか1000mmです。
 
 このピッチで内部は石膏ボード、外部はサイディングなど
 を柱へはりますと、中間がたわみます。
 
 
 そこで、柱と柱の間に入れるのが間柱です。
 
 
 間柱は普通、柱を3~4等分した大きさのものです。
 
 
 公庫仕様書 5.1.4 間柱に下部の釘打ちの記載あります
 石膏ボードやサイディングなどをきちんと留める役割は
 もちろんですが、間柱が耐力壁や準耐力壁を構成する事も
 あり、間柱端部の固定は必要です。
 
 間柱自体が固定されていなければ、そこの壁の
 強度低下は明らかです。
 
 
 今回の例は、材料長さのカットミスです。
 
 ただ、間違えた材料をそのまま故意につけた
 大工は悪質です。
 
 この部分も通常見える箇所でないため
 どうせ「ばれない」と思ったのでしょう。
 
 
 
 ◆対策
 
 上棟時(構造体組み立て)にきちんと検査していれば
 防げるものです。
 
 役所の検査だけに頼らず、きちんと第三者検査などを
 入れるべきでしょう。

欠陥住宅事例61

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『床下断熱材の不備』を紹介します。
 
 
■今回の事例_____________________
 
 ・「床下断熱材の一部未施工」
  _________________________
 
 61

 

 写真解説:床下断熱材の未施工部分。

 冬は部屋を暖房しても暖かい空気は上に行くため
 どうしても床が冷たく感じますね。
 
 床の断熱をきちんとしても畳やカーペットの上
 以外はどうしても寒いです。
 
 床の寒さ対策は床暖房が一番ですが
 オール電化住宅の増加で最近あまり見かけません。
 床暖房といえばやはりガス、石油の選択が一般的です。
 
 
 家を断熱することは当たり前のように思えますが、
 耐震診断で昭和56年以前の家を見ると
 床下に断熱材なんて入ってないです。
 
 最近でも、押入れや階段下はいらないとか
 思っている大工さんは多いです。
 
 
 ですから、多少隙間や忘れがあっても大丈夫だと
 大工さん自身が勝手に判断すると
 監督などが見ない箇所であるため
 不備は減りません。
 
 
 完成後の検査で床下に潜ると
 床下点検口廻りに断熱材がない確率は
 50%くらいです。
 
 なぜか?
 床下点検口は床組のあとに穴を開けるため
 あらかじめ断熱材をその部分付近で入れ
 なかったりして、施工後もそのままの状態で
 完成するからでしょう。
 
 
 断熱の隙間にこだわる事も大事ですが
 基礎で断熱、気密を取らない場合はこの
 1階床部での気密にこだわってください。
 
 いくら断熱材を良くしても気密がスカスカで
 冷気が室内に上がれば意味がありません。
 
 
 
 ◆対策
 
 床を張ってしまうと裏側(床下)からしか見えません
 
 施工中のチェックか完成時などに床下を見る。
 

欠陥住宅事例60

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『雨漏りかもしれない』を紹介します。
 
 
■今回の事例_____________________
 
 ・「表面に出てこない雨漏り」
  _________________________
 
 60

 

  写真解説:サーモグラフィーカメラで天井を
        撮影した写真。左側の「青い丸」
        の部分は表面ではわからない
        雨漏りの疑い。

 雨漏りでもほんの少ししか漏っていない場合
 建材や木が水を吸って表面に出ません。
 
 昨年夏、処理した現場も雨漏りが表面に出てきたのは
 完成してから3年後でした。
 別の現場で6年後の発覚という例もありました。
 
 
 また、雨漏りで壁のクロスにカビが発生したのが
 完成後10年過ぎていて、内部を見ると木が完全に
 腐っていた例もあります。
 
 
 発覚が遅ければ遅いほど木が腐る可能性は高い
 
 なぜか?
 
 木は水分を保有すると腐朽菌の活動が活発になり
 時間が経てば腐りが進行するからです。
 
 腐った木は燃えたように黒くなり、手で触ると
 ボロボロと削れます。
 
 
 木造だけでなく他構造でも
 この表面に見えない
 雨漏りの危険性はあります。
 
 10年保証があるうちに発見しないと自費補修に
 なるので保証のまもなく切れる方注意して
 家を点検しましょう。

 
 
 ◆対策
 
 雨漏りに100%の対策はありません
 設計上、施工上の問題要因が多いからです。
 
 ・漏りやすい屋根形状、プランにしない。
 ・軒を出す。(軒のない家の雨漏り確率は高いそうです)
 ・防水下地をきちんと施工
 
 
 新築の場合10年間の瑕疵担保責任期間が
 あるので内外壁の変位に早く気が付くことです。
 
 サーモグラフィーカメラも発見に有効ですが
 これも状況によって映らないこともあります。
 
 

欠陥住宅事例59

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『コンクリートかぶり不足』を紹介します。
 
 
■今回の事例__________________

 ・「基礎立上がりコンクリートかぶり不足」
  ______________________
 
 59

 
 
 写真解説:基礎の立上がり かぶりが2.5CMしかない
      (基準は4CM以上)

 最近、ものすごく指摘の多い事例のため
 過去に11発目で同じような事を紹介してますが、
 再度取り上げ、違う切り口で説明しましょう。
 
 (用語解説)
 「鉄筋のかぶり厚さ」・・・
 鉄筋廻りに付くコンクリートの厚さのこと
 
 
 かぶりは建築基準法施行例に第79条に記載があります。
 
 
 (鉄筋のかぶり厚さ)
 第七十九条  
 鉄筋に対するコンクリートのかぶり厚さは、
 耐力壁以外の壁又は床にあつては二センチメートル以上、
 耐力壁、柱又ははりにあつては三センチメートル以上、
 直接土に接する壁、柱、床若しくははり又は布基礎の
 立上り部分にあつては四センチメートル以上、
 基礎(布基礎の立上り部分を除く。)
 にあつては捨コンクリートの部分を除いて
 六センチメートル以上としなければならない
 
 
 木造住宅などでは基礎部分のみが鉄筋コンクリートです。
 
 法律文を簡単にすると 
 住宅の基礎のかぶりは
 基礎の下部が6CM、その他4CMと覚えればよいです。
 
 
 かぶりが守られないと
 ・強度
 ・耐久性  に影響します。
 
 
 簡単ですから覚えて
 時間があれば現場チェックしましょう。
 
 検査指摘率はかなり高い事項で、当社が発行している
 検査マニュアルにも「重要」表示しています。
 
 

 
 ◆対策
 
 コンクリートを流し込む前にチェック
 (スラブ、立ち上がりの各直前に)
 
 
 ▽業者の方へ・・・
 
 最近は鉄筋探査の精度が良くなり
 コンクリートを打ってしまえばかぶりはわからなくなる
 という考えは通用しません。
 
 鉄筋探査でかぶりは比較的正確に測れます。
 
 
 
============================
■(2)編集後記 (通常はメルマガにしか記載しません)

 
 昨年、私が設計した家のお客様からメールを頂きました。
 
 ---------------------------------------------------
 長井さま
お忙しい中、どうもありがとうございます。

とても寒い日が続いていますが、高断熱と薪ストーブのおかげで、
暖かく過ごしています。

薪ストーブを1日おきに(僕の非番だけ)
17時から23時頃までしか焚いていませんが、
翌日の朝は室温が24度前後、その次の日の朝も20度ありますよ。

それで、今日の夕方から再度、
薪ストーブを焚いて・・・の繰り返しです。

2日焚かないと、室温も20度を切るかもしれません。
家の中に果物など置いておくと、痛みやすいかもしれません。
友達は、信じられないと言ってました。

 --------------------------------------------------–
 
 
 この家の断熱仕様はお客様が決めました。
 かなり情報収集し、勉強されて、それを私に伝えて
 設計が完成しました。
 
 過剰ではと思っていましたがこのような結果となり
 私自身もびっくりです

欠陥住宅事例58

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『柱の固定(緊結)不良』を紹介します。
 
 
■今回の事例____________________
 
 ・「柱固定金具のピン入忘れ」
  ________________________
 
 58

 

 写真解説:金物接合部のピン抜け
 
 木造住宅のジョイント部分、昔は大工さんが
 ノミなどで加工し、はめ込んでました。
 
 近年は工場で機械が加工してくれます。
 
 平成12年の告示で耐力壁の柱には
 引抜き防止用の金物が義務化され
 現場では選定、種類の多さなどから混乱しました。
 
 柱以外でも梁の接合部には金物による
 「緊結」が必要でこれらを省力化したものが
 
 金物ジョイントです。
 
 
 積水ハウスさんの「シャーウッド」が発売されて
 から一般化した記憶が私にはあります。
 (私の記憶です、詳しくはわかりません)
 
 
 この金具工法は強さや現場での省力化、間違い防止
 にはものすごく良いです。お薦めですが、
 
 今回の例のように
 接合をピンに頼り、大工さんの入忘れが目立ちます。
 
 ピンを入忘れると全く意味がなくなります。
 
 
 ピン自体を支障がなければ目立つ色にするなど
 メーカーさんで忘れ防止を改良して欲しいです。
 
 
 
 ◆対策
 
 これは全数チェックしかありません。
 
 建築会社さんの方で検査を標準化する。
 
 第三者に任せるケースもあるようですが
 まずは社内検査が大事です。

欠陥住宅事例57

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『壁の倒れ』を紹介します。
 
 
■今回の事例______________________

 ・「建て方検査」で壁の倒れが大きい箇所発見
  __________________________
 
 57

 写真解説:赤矢印の5の位置で傾斜ゼロ
        9mm左へ傾斜している(1.5Mあたり)

 どんな構造でも建物は誤差ゼロで建つ事はありません
 
 床にしろ、壁にしろ多少の傾斜は出ます。
 
 
 ただ、木や鉄等、近年は工場での加工精度も上がり
 基礎のレベルが良く、大工などの組み立て時の確認
 がきちんとしていれば誤差も本当に少なく建ちます。
 
 
 検査の経験上、指摘を出すほどの現場は100件で5件
 くらいでしょうか?
 
 
 指摘を出す基準ですがこれが結構難しいです。
 
 
 最近は傾斜について良く用いられるのは
 「品確法」という平成12年に作られた法律の中の
 「住宅紛争の参考となるべき技術的基準」です。
 
 これに書いてある柱、壁の傾斜の事は
 
 「2M以上の距離程度において6/1000以上の傾斜は
 構造耐力上主要な部分に瑕疵が存する可能性が高い」
 
 同じく「3/1000以上6/1000未満の傾斜の場合、
 構造耐力上主要な部分に瑕疵が存する可能性が
 一定程度存ずる」
 
 と良く読んでも???です。
 
 
 はっきりしない文章なので6/1000を基準として
 私は判断するようにしています。
 
 6/1000ほどになれば
 そのままドアを付けたり、家具をそこに置けば
 隙間の違いが目立つなど影響は大きいです。
 
 
 
 ◆対策
 
 工事の精度がやはり重要で
 基礎の水平、躯体部材の精度。
 
 あとは、組み立て時の確認です。
 
 構造別で一番傾斜が出やすいのは2×4です。
 理由は職人が壁の通りだけに気を取られる
 傾向にあるからです。ただ、きちんと施工すれば
 精度良く建ちます。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る