ブログ

欠陥住宅事例100(梁が短くつながっていない)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 ついに100発目達成!
 私が今までで一番驚いた事例を紹介します。
 
 
■ 今回の事例________________
 
 ・「梁が短く、つながっていない」
  _____________________
 100

 写真解説:梁が短くつながっていない(写真赤丸部)
       材料の加工ミスで起きた事例ですが、
       そのまま完成した悪徳さは考えられない
  
 発見した場所は屋根裏です。
 
 検査では、
  欠陥の出やすい箇所を疑いながら(見る意識)
  各箇所を見ていきますが、
 
 全く、予想、想像していない事で
 発見した時は非常に驚きました。
 
 
 今回の事例は後にも先にもこれ1件です。
 通常有り得ない事だけに印象深いのと、
 構造的に非常に危険ということでNo1です。
 
 
 構造上主要な梁が短くて、つながっていない
 
  普通、絶対に有り得ない事です。
 
 
 検査をしなかったら施主さんはこのまま
 地震が来るまで知らずに住んでいたでしょう。
 
 
 検査依頼のきっかけは2階の壁下に
 隙間が1CMくらい出来たことからでした。
 
 家全体を調べると欠陥が たくさん
 
 
 業者は意外と非をすんなり認め、
 間に弁護士を入れましたが、調停、裁判することなく
 補修、修理も完了済です。
 
  かかった費用は1.000万円!!
 
 
 
 ◆対策
 
 一見、素人でもわかりそうな事例ですが
 現場へ毎日行っても目に入らない事は普通です。
 
 
 疑いをもってみる事(見る意識)が大切です。
 
 どこを疑うか?
 やはりミスが起き易い箇所
 
 基礎なら かぶり厚とか
 木躯体なら 釘、金物類でしょうか
 
 検査方法マニュアルを現在発行していますが
 簡易版を造ろうかと考えています。
 
 
 
==========================
■(2)編集後記 (普段はメルマガのみに記載)
 
 
 このメルマガを始めて1年と1ヶ月、
 やっと100発目というのが今の気持ちです。
 
 こんな事あるんだと
 皆様の参考になっていれば幸いです。
 
 
 1000発を3年くらいでと思って始めましたが
 このペースですとあと10年かかりますね。
 
 
 本当は、ネタがなくなるか、
 当社のような第三者検査が必要なくなる
 健全な業界になるといいですね。
 
 
 微力ながら情報発信し続けるので
 これからもよろしくお願いします。

欠陥住宅事例99(杭の空洞)

 こんにちは住宅検査カノムの長井です。

 土、日と東京に居ました。
 1件知人が購入したいという
 中古住宅を見たのですが、土地の値段に
 びっくりしました。
 世田谷区で坪200万円!!
 名古屋では考えられないです。
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「柱状改良(杭)の内部空洞」
  _______________________
 99

 
 

 写真解説:柱状改良(杭)の攪拌不足による内部空洞。
       本来は全て詰まっているものであり、
       強度低下する。
 
 
 杭工事の一種で柱状改良工事
 (ソイルセメントコラム工法)で起きた不備。
 
 この工法は現場で杭本体を作ります。
 
 規定の長さ(支持層)まで約600mmの径で穴を掘り
 そこに特殊セメント(土:1立米あたり300KG)と
 水を混ぜて杭を作ります。
 
 
 言葉ではわかりにくいので
 解説のあるサイトを見つけました↓
 http://www.s-thing.co.jp/service/cyujyo.php 
 
 
 今回の問題は、「空洞」ができてしまったこと
 
 
 なぜ空洞ができたのか?
  ・
  ・
  ・
 
 これは現場の土が粘土のために大きな塊が
 攪拌でうまく混ざらずに内部に空洞を
 作ってしまったためです。
 
 あとで沈下して上部が窪んでしまった。
 
 
 この状況では、攪拌不足による
 セメントの混ざり不足と空洞による
 
  「強度低下!」の懸念が出てきます。
 
 
 ただ、この柱状改良工事の杭強度は
 設計強度より10倍以上余裕が通常出ます。
 少々のミスでは設計強度を下回る事がないです。
 
 
 写真のような状況で検査の結果
 通常の4割強度低下があっても
 
 「設計強度を6倍上回っているので問題ない、
 何が悪いと言われてしまいました。」
 
 
 
 ◆対策
 
 杭は地中の工事であり、
 地表に出る頭の部分も土に埋もれていたり、
 基礎工事が始まると見えなくなります。
 
 
 工事中、業者任せにしない事です。
 
 
 
========================
■(2)編集後記 (普段はメルマガのみに記載)

 
 
 今朝、受けた相談ですが
 
 「不動産の売買等で騙された・・非常に悪質な行為」
 
 担当者はなぜ違法行為を平気でするのでしょうか?
 違法行為をしなくても契約はできたのに
 
 
 それは金銭欲があるからですね。
 
 
 会社ではなく自分個人の利益(裏金による)のために
 お客さんを騙して、違法行為に走ります。
 
 公務員はこういう問題がニュースになりますが
 数の多い、民間企業はあまり騒がれません。
 
 
 賄賂や裏金
 一生懸命貯めた頭金や
 これから何十年と返していくローンを考えると
 
 許せない行為ですね。
 
 
 違法行為を行政処分してもらえるように
 早速動きましたがどうなるでしょうか・・

欠陥住宅事例98(外壁タイルの落下)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 午後一番で行った完成検査
 ものすごく暑く、バテました。
 
 今は少し、体と頭回復しました。
 
 
■ 今回の事例__________________

 ・「外壁タイルの落下」
  _______________________
 
 98

  
 

 

 写真解説:サイディングの上に張った外壁タイルが
       剥離して一度に落下(白い部分が剥がれた箇所)
       接着の施工ミスによる。

 高価ですが、外壁メンテナンスを考えると一番良い
 
  「タイル張り」
  
 ここ数年、木造住宅ではモルタル(湿式)から
 接着剤でのはりつけ=「乾式」に変わってきました。
 
 
 写真の例はサイディングに直接タイルをはったもので
 築2年くらいでいきなり、一度に落下してしまいました。
 
 
 原因は、接着剤の配合ミスによる接着不良。
 
 職人の勘まかせで施工したようです。
 
 
 ・タイルが落下したときに下に人がいたら・・・
 ・保証が切れてから落下したら・・・
 
 被害が大きい部分だけに重要です。
 
 
 
 ◆対策
 
 車でも新車は不具合出やすいように
 
 新しい工法は、失敗の可能性が高いです。
 後々の対応含め、信頼できるメーカー品を
 選ぶ事でしょうか。
 
 
 
 
==========================
■(2)編集後記(普段はメルマガのみに記載)
 
 
 ここ最近、トラブル処理の仲介を多くこなしました。
 
 ふと気づいた事ですが
 
 お客さんは
 
 ・高い基準を持ち、
 ・妥協は許さない
 ・賢い判断ができる、
 ・優れた見極める目を持っている
 
  「優れた消費者」が多くなっています。
  
 
 ただ、このような方は企業側から見て
 「クレーマー」扱いされてしまうケースがあります。
 
 
 言っている事は「あたり前」で「筋が通っている」のに
 
 業界特有の例えば住宅では
 
 ・現場の誤差
 ・職人技量や材料のばらつき
 ・コストの相対性(金額以上の品質を要求)
 
 などを超えて意見を主張したり
 
 過剰な金銭をペナルティーとして要求すると
 
 
 業者はお客様として扱わなくなります。
 
 
 トラブルは気をつけていても起きる事はあります。
 
 何も詳しい説明もなく事務的に
 
 「無理です」
 「できません」と言われたら腹立ちますね。
 
 きちんと対応してくれる業者を選ぶのと
 優れた消費者なら、相手のこと、業界の事も理解しましょう。
 本などである程度知識得られます。
 
 企業は最近、クレーム対応を良く研究してます。
 クレームを付けてかえって自分が損する事もあるのです。
 
 
 家は気に入ったけど・・・
 本当にその会社でいいのか
 契約前に良く考えましょう。
 

欠陥住宅事例97(合板の・・・・)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 3連休の2日目ですね。
 今日は休みにしました。
 
 最近、小さな書類ミス等が多く
 少し、頭切り替えないと「ヤバイ」です。
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「・・・あとで解説します」
  _______________________
 97

 

 

 
 問題です。
 
 写真の内容はどちらでしょう?
 
 1、火事で燃えた合板
 
 2、雨漏りで腐った合板
 
  ・
  ・
  ・
  ・
 
 
 答えは 2番の雨漏りで腐った合板です。
 
 
 実物を見てますが、
    まるで火事で燃えたよう。
 
 
 黒い部分のカビがそう見せるのでしょう。
 触ると柔らかく、手でボロボロに崩せます。
 
 
 
 この状況に本人が気付いたのは
 新築後8年目。
 
 部屋のクロスにカビが出て・・
 
 
 壁内部の断熱材、合板などが
 8年間保水し
 気が付かなかった結果です。
 
 
 もし,大地震が来たら・・・
 完全に倒壊したでしょう。
 
 
 写真は補修中ですが、
 
 足場を掛け、外壁を剥がし、サッシを外し
 他いろいろ、ものすごく大変な工事です。
 
 費用もたくさんかかります。
 
 
 実はこの現場、建てた業者が倒産しているんです。
 
 
  結果・・・自費補修
  
 最悪です。
 
 
 
 ◆対策
 
 壁の中の雨漏りはわかりにくいです。
 
 雨漏りしにくい設計、材料選択がまずは大事です。
 
 
 あとは外装材の仕上げ前、
 防水下地を検査することです。
 

欠陥住宅事例96(筋交い切欠き)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 珍しく、深夜のメルマガ発送です。
 週2回の発行ペースが最近、週1になっていたので
 ちょっとがんばりました。
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「筋交いの欠損」
  _______________________
 96

 
 

  写真解説:筋交いを切欠いて、金物を通している。
        違法であることはもちろん、これでは
        力がかかった際、筋交いが破損してしまう。

 
 建築基準法施行令 第45条4に
 「筋交いには、欠込みをしてはならない・・・」
 
 と記載があります。
 
 
 法律になくても、
 筋交いは耐力壁を形成するもので
 写真のような切り欠きがあれば、その部分は弱くなり
 ダメな事は判断付くと思います。
 
 
 今回は
  金物が付かないから、筋かいを切り欠いた。
 
 きっとこんな理由で施工したのでしょう。
 
 
 金物の位置や種類を変えるとかすれば
 きちんと施工できたはずです。
 
 この部分は壁の中に隠れるため
 
 「とりあえず付けておけば良い」
          と思うのでしょう。
 
 
 施工上の余裕は多少必要ですが
 
 構造部に関しては
 チョットくらい仕方がない
 は通用しません。
 
 
 
 ◆対策
 
 今回の事例は、よく見ないと
 木と金物の色が似ているため、
 気が付かない事があります。
 
 役所の検査では見落としがちです。
 
 
 構造のチェックは、重要なため
 それぞれの見落としをカバーする意味でも
 設計者など何重かで行なうべきです。
 

欠陥住宅事例95(階段高さミス)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日の午前中は書類作成に追われています。
 
 午後は検査、今日も暑そうです。
 
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「階段の高さが一定でない」
  _______________________
 
 95

 

 写真解説:玄関ポーチの階段高さ。下より1段目20cm、
       2段目13cm、差は7cm。リズムを崩し、
       使いにくく危険。
 
 今回は基準とか構造には関係ありません。
 
 玄関ポーチの階段の高さ(けあげ)が
 バラバラの事例です。
 
 
 階段の感覚として「きつい、緩い」を
 感じると思います。
 
 今回のように、段の高さが7CMも違うと
 リズムを崩し転んだりする確率が
 
 非常に 高い と思いませんか?
 
 
 普通、階段の高さは一定ですね。
 
 
 このような階段になった理由ですが
 たぶん、外回りの土の高さの設定が
 想定と違ったためでしょう。
 
 
 今回、検査で指摘すると
 一度は 「基準にないから」 
          と是正を拒否されました。
   (費用がかかるからですね)
 
 
 業者は家を引渡せば終りですが
 これから毎日、何十年と家族が通る場所、
 施主にとったらこのままでいいわけありません。
 
 
 最終的には渋々直してもらいましたが
 最初からすんなり是正して欲しかったです。
 
 
 いろんな業者がいます。
 「儲かる、損する」で判断する業者から
 
 買いたくないですね。
 
 
 
 ◆対策
 
 引渡し後に気が付いても是正してもらえない事は多いです。
 
 工事中や完成時、生活を想定して
 きちんと家を自分でもチェックする事です。
 

欠陥住宅事例94(ビスの不備)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 先週末から非常に蒸し暑いです。
 
 今日も検査行ってきましたが、
 ちょっと動いただけで汗かきます。
 
 事務所の中が涼しくていいですね~
 
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「石膏ボードビスピッチの不備」
  _______________________
 
 94

 写真解説:2×4、浴室周りの耐力壁石膏ボード
      のビスピッチが広い。
      写真は検査指摘後、ビス打増し是正中。 
 
 日本の住宅の壁下地のほとんどは
 石膏ボードです。
 
 
 高校生がイライラして壁を叩くと
 簡単に穴が開く、石膏ボードですが
 
 
 実は、耐力壁として地震や風の力を
 受ける役割を一部はたしているのです。
 
 
 耐力壁として基準を満たすには
 きちんとした釘又はビス留めが必要で
 
 意外に大工さんがこの事を理解してないのが
 現場での現状です。
 
 
 今回はたまたま、翌日にユニットバスを
 設置するという状況で検査に伺い
 ビスピッチの広さを指摘しました。
 
 
 写真のように簡単に是正ができるのも
 ユニットバスがないからで、
 
 もし、設置後であれば一度ユニットバスを解体
 しないといけないところです。
 
 
 私たちのような検査は業者側に嫌われるのが
 一般的ですが、業者側にメリットがある場合は
 
 感謝されます。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 今回の現場の例でも
 監督さんはチェックできていません。
 
 あとからユニットバスの天井裏などから
 ビスピッチをチェックできますが
 
 
 もし不備があれば
 
 補修はクロスをめくったり、設備を解体したり
 大変です。
 
 
 2×4や在来工法でも準耐力壁をみている場合は
 きちんとこの工程は検査すべきです。
 

欠陥住宅事例93(防水テープ切れ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日は明日締め切りの原稿に追われています。
 
 幸運なのか3時からの検査が1件急にキャンセルになり
 メルマガ書いて気分転換です。
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「防水テープの不備」
  _______________________
 
 93

 

 

 写真解説:外部防水シート、配管貫通部、
      防水気密テープの切れ。

 最近、梅雨ということもあって
 防水、雨漏り関係の事例を紹介しています。
 
 今回は、配管周りの防水テープ処理の不備。
 
 
 防水紙は窓周り、配管貫通部で開口ができる。
 
 その部分から雨が入る可能性は高く、
 防水の弱点となる部分です。
 
 これをカバーするのが、防水テープです。
 
 気密性もあり、気密テープとして併用する場合もある。
 
 
 ただ、写真のようにきちんと施工されていない
 場合や全く使われていない現場もあるので
 注意が必要です。
 

 
 ◆対策
 
 外装の仕事だけではないですが、
 未経験者が見習いとして入ってくる
 ケースが多く、施工のばらつきに注意が必要。
 
 あとで見えなくなる重要な部分だけに
 この工程でのチェックは必須です。
 
 
 
==========================
■(2)編集後記
 
 
 欠陥住宅・リフォーム110番
 
 被害で悩んで見える方へ建築訴訟に詳しい弁護士、
 建築士が相談に応じます。
 
 
 愛知県弁護士会の主催で
 7月5日(土)10時~16時まで行ないます。
 
   電話番号  052-953-1733
 
 http://www.aiben.jp/page/frombars/topics2/340kekkan.html
 
 
 ちなみに私は13時~15時まで担当予定です。
 
 
 一度に無料で弁護士、建築士に相談できる機会は
 まず、ありません。
 
 
 お友達、知り合いで困って見える方みえたら
 紹介してあげてください。

欠陥住宅事例92(シーリング目地幅なし)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 月曜、事務所に戻ったのは夜10時
 火曜は 夜9時30分
 
 もちろん仕事で遅くなりました。
 
 気分転換にメルマガ書きます。
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「シーリング目地幅 未確保」
  _______________________
 92

 

  
 写真解説: シーリングの目地幅がない。
        通常は1CM程度必要である。
 
 シーリング・・・あまり聞き慣れないのでは?
 
 コーキングという言葉でも呼ばれる事もある。
 
 
 ↓写真はないですが解説しているHP見つけました。
 http://www.amamori110.com/seal.htm 
 
 今回、サイディング職人が10mm程必要な目地幅を
 確保せずに施工してしまった。
 
 
 検査で指摘しなければ、
 そのまま表面のみ、見た目は同じように
 シーリングが施工されていたでしょう。
 
 私の経験上でも多い事例です。
 
 
 サイディング施工後の問題で
 比較的多いのはシーリング切れです。
 
 今回のように適切な施工ができていないと、
 15年、30年持つという
 メーカーの売りに反して
 
 1年以内に剥離などを起こし、
 目地が切れて雨漏りの原因になる事がある。
 
 

 
 ◆対策
 
 シーリングの施工は
 
 専門業者でなくても施工ができるが
 やはり、専門業者へ施工を任せることで
 安心できる。
 
 サイディングメーカーが施工マニュアルを
 出しているのでチェックする方法もある。
 
 
===========================
■(2)編集後記
 
 
 先回の編集後記に記載した内容
 
 最初直さないと言っていた業者は
 交渉の結果、直してくれる事になりました。
 

欠陥住宅事例91(防水紙切れ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 土曜の午前、
 昼間事務所に居るのは1週間以上ぶりです。
 ただ、午後からは3件検査予定が入って
 のんびりとはいきません。
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「防水紙の切れ」
  _______________________
 91

 
 

 写真解説:防水シートの切れ。上の木をカット
       した際に一緒に切れてしまった
 
 外壁材の裏側で防水の役割を果たす
 
  「防水紙」
  
 今回の事例は、胴縁(写真に写っている木)を
 取り付けたあと、のこ切りで長さをカットしたため
 防水紙が破れてしまった。
 
 
 防水紙=破れていては雨が入り、当然ダメ
 
 
 本来、胴縁はカットしてから付けるべきですが
 施工がたぶん楽なのでしょう。
 
 
 今回のような事例は
 ここ、数ヶ月で3件くらい見ました。
 
 同じ職人じゃないですよ。
 
 破れてしまったあと、何らかの措置をすれば
 まだ、良いのですが、
 全ての現場
 
 ・・・そのままでした。
 
 
 
 ◆対策
 
 今回の部分は、あとから見えなくなる
 壁の裏側で、外装では一番重要な部分でしょう。
 
 雨漏りの瑕疵保険を掛けてあっても
 今回のような瑕疵があれば保険は認められない
 可能性もあり、
 
 ここでの検査は比較的重要です。
 
 
 当社は断熱材の検査のとき、
 外部防水紙も検査してます。
 
 
 
=========================
■(2)編集後記
 
 
 建売や中古住宅購入前の検査
 
 契約前に検査をして、瑕疵があれば契約しない
 というのが理想ですが、
 ほとんどは契約後の依頼が多いです。
 
 良心的な業者から買う場合は
 それでも問題ないですが
 
 契約後、強気になる業者はタチが悪い。
 
 
 お金のかかる補修は拒否してくる。
 
 
 この前も、玄関のポーチへ上がる階段の蹴上げ(高さ)
 が一定でなく(5CMほど違う)
 うちのスタッフも検査中につまずいたりしたので
 危険だと指摘したところ
 
 「建築基準法に外部階段について
    そのような規定はなく瑕疵でない」
 
 という反論がきました。
 
 
 契約前であればきっとこんな事、
 言わないでしょう。
 これから長く住む家、あとあとの対応も
 良くはないでしょう。
 
 
 契約前に調査するか
 業者の誠意を見極めるしかありません。
 
 建物の良し悪しも大事ですが
 
 いい業者から買いましょう!

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る