ブログ

欠陥住宅事例81

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 柱の引抜き防止金物
 
 ~ビスの施工不良
 
 
■今回の事例___________________

 ・「構造金物のビスの施工不備」
  _______________________
 
 81

 写真は2階の柱下で
 床下地合板の上から金物を取り付けたが
 一部、合板のない空洞箇所にビスを打ち、
 ビスの途中に空間がある。

 製造メーカーは強度認定を取る際に
 合板をスペーサーとして金物下全面に入れており
 強度上の問題は軽微かないかもしれないが
 施工形態に問題がある。
 
 合板の上から留めるタイプは、直接土台や梁へ
 留めるタイプとビスの長さが違う場合があり
 これも注意が必要です。
 
 
 上記のように、木造在来工法では
 耐力壁が地震や風の大きな力を受けた際、
 柱が抜けないように
 柱端部を金物で緊結します。
 
 
 平成12年から法律で規定されていますが
 金物の種類の多さから現場での間違いが
 未だに多いです。
 
 間違いや不備は大地震時などに倒壊などの
 原因になることもあり、非常に重要な部分です。
 
 
 
 ◆対策
 
 これは、算定(計算など)を間違いなくして
 きちんと図面を書く。
 
 そして、現場での全数検査が重要です。
 
 
 この部分、確認の中間検査では
 金物図面チェックはおろか
 全数のチェックもありません。
 
 

欠陥住宅事例80

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 床下に潜ったら・・・
 
 ~束石の “役” 不足
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・「束石に空洞ブロックを使った」
  _______________________
 
 80

 写真解説: 1階床の荷重を受ける 床束の下に
        空洞のブロックが使われている。
       

 ベタ基礎が増えて必要性がなくなり
 最近、ウッドデッキなどでしか見なくなった
 「束石」・・写真のブロックの部分
 
 束石の図解説は下記(建築用語大辞典 HP)
 http://www.fukuicompu.co.jp/trendweb/daijiten/result.asp?id=175
 
 
 
 昔、床下が土の時代には字のごとく
 大きな石が使われていたこともあります。
 
 
 この部分には床の荷重がかかり、
 多少の衝撃荷重も受ける。
 
 
 空洞ブロックは空手の試し割りでも
 使われるくらいで
 十分な強度とは言えません。
 
 

 今回の原因として
 
 ・安いのでブロックを買ってきた。
 ・ブロックしか売ってなかった。
 
 どちらかではないでしょうか
 これでよいと思ってやっているのでしょう。
 
 
 
 ◆対策
 
 これは建築士のチェックがあれば気が付くことです。
 床下の部分で、見るタイミングが難しいですが
 最終完成時にでも床下点検口をのぞけばわかります。
 

欠陥住宅事例79

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 先回に続き「手抜き・・PART2」
 
 ~断熱材の厚さ減らし
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・「壁断熱材・・図面の半分の厚さの施工!」
  _______________________
 
 79

 

 
 写真解説:壁に穴をあけて断熱材の厚さを計測している

 写真は硬質ウレタン吹付けの断熱材
 
 鉄筋コンクリート造や最近では木造でもよく見かけます。
 
 
 吹付けの際に膨らむので厚さをミリ単位で
 一定にするのは難しいですが
 指示以上の厚さで施工することは常識です。
 
 
 今回は図面で厚さ15mmのところ7mmくらいで
 施工されていました。
 
 
 
 故意に薄くしたのか 
 
 勘違いしたのか
 
 はわかりません。
 
 
 今回は完成後、結露がひどく、
 私が調査に入ったためにわかったことで
 結露がなければ気づかなかったでしょう。
 
 
 
 
 
 ◆対策
 
 断熱材はグラスウールにしても厚さの違いは
 一見しただけではわかりにくいです。
 
 施工忘れや隙間など含め
 断熱材の検査は重要です。

欠陥住宅事例78

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 壁に亀裂が出てきた・・原因は「手抜き」
 
 ~壁の沈下
 
 
■今回の事例__________________
 
 ・「地盤が沈下し、壁が傾いた」
  ______________________
 
 78

 

 
 
 写真解説:鉄骨造の1階部分コンクリート床の
       上に建てた壁が床の沈下が原因
       で沈下、亀裂が入った。
 
 
 なぜ沈下したのか?
 
 盛り土した場合、機械でいくら固めても
 土が下がるケースは良くあります。
 
 今回、土の沈下もわずかですがありました。
 
 ただ、一番の原因は
 
  「コンクリートの厚さ不足」と
 
  「鉄筋が入っていない」事でした。
 
 無筋の薄いコンクリート(厚さ7~8CM)では
 壁を支えるには無理があります。
 
 
 材料を故意に抜いた結果でしょうか?
 
 
 
 ◆対策
 
 建築の工事は材料もほとんどが業者持ちです。
 
 材料高騰、人件費抑制のしわ寄せで
 業者が利益を出すには
 
 時間の節約(短時間で仕事を終わらす)、
 材料の節約しかありません。
 
 
 今週も断熱材が図面の半分の厚さしか
 ない現場もあり、どこでも起きる可能性がある
 話です。
 
 
 自分で現場を見に行けるなら
 チェックシートでも作って、材料の検査をすれば
 良いですが、不可能な場合は監理を重視しましょう。
 

欠陥住宅事例77

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 こんな仕組みがあったの?
 
 ~確認申請の特例
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・「構造関係規定の審査省略」
  _______________________
 
 
 今回 写真はありません。
  
 建物の外観をお見せすると
 どこの建物か特定できる恐れがあり
 載せる事ができないです。
 
 
 最近、木造住宅の耐力壁量が基準法規準をかなり
 不足してる現場が3件ほどありました。
 
 昨年、分譲住宅大手の会社でも
 何百棟という壁量不足が発覚しニュースに
 なっています。
 
 
 なぜ?建築基準法・・それも重要な構造関係規定が
 守れないのか?
 確認申請や現場検査はどうなっているのか?
 
 
 マンション偽装事件のような
 耐震偽装なのか・・・??
 
  
  
 今回の原因を簡単に説明しますと
 
 木造2階建ての建物は確認申請時に
 
 建築基準法施行令第46条4にある
 地震力、風圧力に対する構造検討(通称 壁量計算)
 の審査を省略できる。
 
 
 もちろん審査の省略はできても
 基準法は守らなければいけません。
 
  ~つまりは建築士を信用しましょうという事
 
 
 
 これをいいことに
 全く構造検討しない建築士がいたようです。
 
 
 壁量だけでなく
 平成12年の告示1352号で壁のバランス(釣り合い)、
 
 同1460号で仕口の金物検討
 
 も義務化されましたがこれらも同様です。
 
 
 先週、壁量不足が発覚した現場の場合、
 
 図面や計算書を見なくても現場を見れば
 
   「明らかに」壁が足らない
 
 
  建築士なら気付くだろうという現場でした。
 
 
 しかし、現実は確認検査機関が検査をして
 合格を出しています。
 
 
   どうなっているんでしょうか。
 
 
 そこで、この検査機関へ電話で質問をしましたが
 
 「すでに終わって処理が済んだもの」
 答えることはできませんと
 
 強く、かなり威張って言われてしまいました。
 
 
 
 実はこの特例も今年12月
 構造設計一級建築士(今年からできます)の
 設計監理物件だけに範囲は狭められる予定です。
 
 
 構造設計一級建築士はビルなどの仕事が主で
 木造住宅などはほとんど手掛けないです。
 
 ですからほとんどの現場で審査がされるように
 なります。
 

 ◆対策
 
 当社で木造住宅の検査をする場合は
 必ず、壁量計算書、金物算定など構造図面をもらい
 計算のチェックをします。
 
 普通は構造関係の図面は施主に出しませんが
 これらの図面をもらいチェックする事でしょう。
 ご自身でやった人います。
 
 壁量計算は数字に強い方なら建築士でなくても
 理解は簡単です。

欠陥住宅事例76

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 誰でも驚き不安になります。
 
 ~地盤の沈下
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・「造成地の沈下」
  _______________________
 
 76

 

 
 写真解説:造成した地盤が下がり土が陥没した。

 造成地で盛土の上に建てられた住宅
 
 埋立ての際、締固め不良のためか
 地盤が下がってしまった。
 
 
 建てる際に地盤調査をして
 杭は打ってあったので、
 
 建物自体の沈下は免れているが、
 擁壁際などは写真のように大きな
 空洞になっている。
 
 
 現状は土は下がり杭だけで建っているようなもので
 地震が来れば杭を横で支えるものはなく
 揺れは大きくなるでしょう。
 
 また、地中に埋まっている配管にも
 勾配が変わるなどの支障が出てくるでしょう。
 
 
 地盤沈下の問題はいろいろな所で
 起きています。
 
 
 起き易いのは
 やはり、土を埋めたところです。
 
 
 
 ◆対策
 
 造成地を購入する時は慎重になりましょう。
 
 今回の例でも
 家自体が傾いていないので
 
 「地盤保証」は掛けてあるのにおりてきません。
 
 
 「保険」があるから大丈夫などという
 言葉には乗らず。
 
 造成工事の経緯、許可、検査類を詳しく
 調べるか、専門家に調べてもらいましょう。
 

欠陥住宅事例75

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 私も今までで
   初めて見ました。
 
 ~基礎を縦に削る。
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・「配管のために基礎を削る」
  _______________________
 
 75

  
 

 

 写真解説:配管を床下から床上に通すため
       基礎と土台(木部)を削った。

 水道管など設備配管が床、壁などを貫通する際、
 仕方なく構造体を痛める場合があります。
 
 
 通常は影響の少ない箇所を最小で施工しますが
 写真の例は、基礎を縦に削ってしまった。
 
 
    配管と構造体・・・どっちが大事?
    
 誰でもわかることですが
 
 
 現場管理者への相談もなく
 配管優先で勝手にやるんでしょう。
 基礎を削らなくても配管を移動させれた
 はずです。
 
 
 今回、基礎を削る事で
 かぶり厚不足や断面欠損による強度不足、
 ひび割れなども考えられる。
 
 もちろん、土台欠損も好ましくありません。
 
 
 
 ◆対策
 
 配管図など図面を作成し、
 事前に設備配管の計画をする。
 
 
 構造体を痛める場合は必ず
 管理者などの承諾を取ることを義務つける。

欠陥住宅事例74

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 昨日に続き、連発です。
 書ける時に書かないと・・・。
 
 ~金物の位置ズレ。
 
 
■今回の事例____________________
 
 ・「柱を引っ張るホールダウン金物の横ズレ」
  ________________________
 
 
 74

 
 写真解説:木造住宅のホールダウン金物の横ズレ
 
 ホールダウンやアンカーボルトなど
 基礎に埋め込まれる金物
 
 横にズレていれば「良くない」ことは
 わかりますが、
 
 横ズレの基準は
 なかなか明快なものはありません。
 
 
 書物をいろいろ読むと書かれている事項は
 
  ・基礎外側から4CM以上(かぶりの基準から)
 
  ・柱(又は土台)の真ん中1/3内にあること
 
 くらいでしょうか。
 
 
 施工時、真ん中にきちんと入れると
 鉄筋や筋交いに当たり、わざとずらす場合もあり
 全て基準内にすることはいい加減な工事
 をやっていると無理です。
 
 
 
 ◆対策
 
 事例71と同じく
 位置を良く確認し施工することです。
 
 材料も鉄筋を避けるものなど
 も使うと良いです。
 
 □ 鉄筋を避けるアンカーボルト
 http://www.tanakakanamono.com/contents/product/ancorbolto/an91ct.html
 
 躯体との兼ね合いもあり
 基礎職人だけに任せることはダメです。
 最低社内検査は必要な箇所です。
 

欠陥住宅事例73

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 瑕疵の中でも意外に気にしない・・・防火
 
 ~防火のための壁施工不良。
 
 
■今回の事例____________________
 
 ・「防火のための石膏ボード未施工部あり」
  ________________________
 
 73

 
 写真解説: 防火のための壁、
        屋根裏部で写真矢印部まで
        石膏ボードを貼る必要があるのに
        途中までしか施工されていない
 
 今回の写真はアパートの例で、隣室への
 延焼を防ぐための施工不備です。
 
 防火のための石膏ボードを施工する
 範囲が足りません。

 住宅にはいろいろな防火基準があります。
 
 
 ・ガスコンロを使う、キッチン廻りの内装材の規定
 
 ・隣地への延焼を防ぐため外壁、窓などの規制 など
 
 
 雨漏りや地盤沈下のようなものと違い
 これらの防火基準で紛争になる事を
 私は聞いたことはないです。
 
 
 それは、火災にならないと不備がわからないためと
 たとえ火災になっても、燃えてしまい証拠が
 なくなるからでしょう。
 
 
 住宅火災で亡くなる方は年間1200人以上
 (平成17年 消防庁データによる)
 のようですがこれを減らすには火災報知機のほうが
 効果もあり注目されています。
 
 費用的に見ても手っ取り早いです。
 
 
 
 ◆対策
 
 防火の基準は明快なものとそうでないものがあります。
 
 大手のハウスメーカーであれば
 標準化、マニュアル化されているので
 ミスはほぼないと思います。
 
 反対に
 現場監理者不在のような現場は要注意です。
 
 役所の検査で見ない、見えない部分については
 工事中チェックしておく必要があります。
 

欠陥住宅事例72

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 まもなくバタバタの3月が終わります。
 来月は少し、余裕が出そうです。
 
 
 ~壁パネルの固定不良です。
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・「2×4 壁パネル下端 釘打忘れ」
  _______________________
 
 72

 
 
 

 写真解説:題名の通りです。

 写真は内部の壁を構成する部分で
 固定が不十分であれば
 仕上がってから
 
    壁が動く
    
    
 なんてこともありえます。
 
 また、構造上重要な耐力壁であると
 今回のような未固定では耐力壁の機能を
 果たさず、耐震性能も落ちます。
 
 
 2×4はとにかく釘をたくさん使って木を固定し、
 組み立てる工法です。
 
 三井ホームさんの工場は一部、釘打ちを
 自動化しているような話を聞いた事はありますが
 ほとんどの会社は人間の手で(釘打ちの機械は使いますが)
 釘は打たれます。
 
 
 人間のやること
 
   打忘れはあって当然
 
 で忘れを防止することが重要です。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 躯体組み上がり時に
 複数人での検査をすること。
 
 
 釘の数が多いため、一人の検査で100%は
 無理があります。
 
 どんな工程でも言えますが・・
 
 ・職人の自主検査
 ・監督の検査
 ・検査員の検査
 
 など3重くらいにやるのが理想です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る