ブログ

欠陥住宅事例2

 「欠陥」とは1、契約違反、
       2、基準法等建築関係法令に抵触、
       3、一般に使用している技術基準に抵触
                    することです。

 広い意味で捕らえると現在90%以上の家は欠陥住宅です。
 
 
==========================
■(1)今回のニュース、事例

 こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今回は断熱材検査に行った木造現場の例です
 
 
■今回の不備_____________________
 
 ・窓廻り防水テープ張り方間違い(雨漏り対策不備)
   窓の四方に下→横→上の順で施工するもの
 
 ・壁断熱材の隙間、浮き(隙間が多いと効果激減します)
   隙間なく施工することが大切
   
 ・ボルト締め忘れ(耐震性に影響することも)
   木造軸組は梁部にボルトが多く使われる
 
 ・下地材の木が濡れている
       (乾燥すると反ってクロスが切れる)
   乾燥材を使うのが基本
 __________________________
 
 
 この中から今日は「外壁の防水についてお話し」
 
 完成後自分の家でこれだけは起きて欲しくない事例は
 何でしょう?・・・・・・
 
 
 
 「雨漏りと地盤沈下」どちらかではないでしょうか
 
 私自身も両方絶対に嫌です。
 
 
 
 屋根で雨漏りしやすいのはフラットな屋根や
 入り組んだ屋根
 
 外壁は屋根の軒が出てない家や通気層のない家が
 漏りやすいです。
 
 
 これを読むと原因の多くは設計にありそうです。
 
 
 
 しかし、現場の施工部分でも雨漏りの原因はあります。
 
 一番漏る原因になりやすいのは開口部
 つまり「窓廻り」です。
 
 
 説明に行く前にこれだけは覚えて欲しいのですが・・
 
 
 屋根も壁も表面の仕上材だけで防水しているわけでなく
 下地でも防水処理をしています。
 つまり最低2重の防水処置を行なっているのです。
 
 
 
 現在下地の窓廻りは防水テープという粘着の強いテープで
 防水処置をします。
 
 下地防水は防水紙がどうしても目立ちますが開口部の
 防水テープの重要性を忘れてはいけません。
 
 
 しかし、最近のサイディング工法は雨が漏りにくいため
 下地の防水を安易に考える職人さんが多く
 検査に行ってもかなりずさんな工事を目にします。
 
 今後異常気象で大雨が降る確率も多くなり
 雨漏り対策は重要視されるでしょう。
 
 
 ちなみに当社の検査では上棟後の断熱材検査時に
 この検査を行なう事が多いです。
 

 
===========================
■(2)編集後記

 今回この現場は、監督の発言に怒ると言うかあきれました。
 こんなこと言ってました
 
 「当社のマニュアルに載ってないことは建築業界の基準や常識
  であってもやりません」
  
 「指摘はありがたく受け止めますが、御社とのやり取りは経費
  がかかるため是正の確認は当社監督はできません」
  
  
  
 こんな事依頼先の業者に言われたらどう思います?
 
 「依頼先を間違えた」と思うでしょう。
 
 
 お客のことを全く考えていません。
  
 
 コムスンやNOVAのような利益しか考えていない会社が今
 ニュースになっていますが全く似たような会社です。
 急成長した会社の共通点でしょうか?
 
 ライブドアの件も記憶に新しいですがどこかにしわ寄せが
 必ずあります。
 最近は人手不足で急成長している会社にいい人材が集まる
 とは限りません。
 人が足らないから採用のハードルが下がるはずです。
 
 依頼先が倒産しては困りますが、
 確実に成長している会社を選ぶべきでしょう。
 
 
 家は造るほうも楽しく完成を楽しみにして造って
 欲しいものです。
 大工さんたち職人さんはそんな気持ちの方が多いですよ。
 
 監督という仕事は確かに「ハード」ですが楽しく
 やって欲しいです。
 

欠陥住宅事例1

いよいよ変更版になります。
今日はまぐまぐ審査のために書いた1回目を載せます

■(1)今日のニュース、事例

 こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 新しくテーマ立ち上げ1回目です。
 目標1000号目指しがんばりますのでよろしくお願いします。
 
 
 今日伺った現場は木造2階建てで
 
 ___________________________
 構造の金物が3ヶ抜け
 
 床や壁の構造上重要な釘の間隔も遠く、
 
 建築基準法を守られていない地震、風に弱い建物
 ___________________________
 
 
 この現場はが検査をする前に
 業者が依頼した第三者検査が入っていました。
 
 「検査会社が2重で入るの?」と疑問に思いそうですが
 
 私のような施主さんからの依頼と業者からの依頼の検査・・・
 2つ入れることはよくあることです。
 
 
 質問ですが
 
 「皆さんは業者が手配している検査会社を100%信用できますか?」
  ・
  ・
  ・
 批判はしたくないですがはっきり言いますと
 
 「検査員の質によりますが信頼できません」
 
 
 見ているとチェックシートだけを頼りに検査してます。
 現場は全て同じではありません!
 
 チェックシートにないものは見ないですし
 チェックシートに「全数検査」と書かれてなければ構造的に重要でも
 全てを見ないようです。
 
 
 
 私の検査も「100%完璧か」ともし誰かから聞かれたら
 
 「100%の意識で検査していますが、小さなものは見落とす事もある」
 と答えるでしょう。ただ、見落とさない意識を持って現場を見てます。
 
 
 業者依頼の検査でも結局は見積もりのどこかに金額が含まれているでしょう
 業者がサービスでつけているような気がしますが違いますよ!
 
 
 広告などで「第三者検査機関」を入れてますとかよく宣伝してますが
 欠陥住宅を防ぐ目的ではやや弱く、業者に代わって10年間雨漏り
 保証をする方が主目的でもあります。
 
 【業者は保証は外注、料金は施主持ちでメリットだらけ】
 
 やらないよりは良いという程度で理解していると良いです。
 
 
 
 最後に
 「私がなぜ欠陥部分を良く見つけるか・・・」
 
 
 「今までの経験で大工さんなどが間違える箇所の傾向を知って
  いるからその部分を重点に意識し見るからです」
  
  この内容などはまた、少しづつ紹介しますね。
 
 
=========================
■(2)編集後記  (6月13日記載)

 明日、欠陥住宅のテレビ取材でコメントを述べます。
 
 今回の事例は、私が今まで750件以上検査に携わった中で最もひどい欠陥住宅
 と言って良いでしょう。
 
 原因は設計士のミスである事がわかっていますが、直すのに莫大な費用が
 かかりそれが解決へのネックとなっています。
 
 
 まじめにコツコツ働いてきたタイプの施主さんで
 マイホーム取得の夢を壊した業者、設計士に何とか責任を取らせ
 ようと知恵を出している最中です。
 
 このような事例はなくなって欲しい、施主さんの不安な気持ちは
 今回良く私に伝わり、私の気持ちも熱くなってます。
 
 テレビ放映はまた告知しますが、見た感想等皆様にいただきたいと思います。
 

ご報告

ブログをはじめてまだ数ヶ月ですが
メルマガとの区別が難しく

このたびいきなりですが
メルマガを新しくして
ブログはメルマガのバックナンバーをためて行こうと思います。

内容的にはメルマガが変わり
ブログは変わりません

新しいメルマガのタイトルは
■「欠陥住宅事例1000連発」■
 
1000号目指して新たなスタートを切ります。
 
 
今日、まぐまぐの承認も通り、正式スタートまで数日かかりますが
初期段階で資料ダウンロードなどの特典もつけます。
登録をよろしくお願いします。

登録先

http://www.mag2.com/m/0000238034.html

昨日、テレビ収録終えました
事前の打ち合わせはほとんどなく、
レポーターの質問に答えるという形で収録しました。
  
視聴者にわかりやすく伝えるという事の意識がディレクターさん、
レポーターさんを見ていると関心させられました。
  
私のようなプロにとってはニュアンスが???
という場面もありましたが
違う見方の勉強になりました。
  
  
今回ロケした現場は大変な状況の家で、
あまり詳しく書けませんがマスコミ取材を通じて
放映前でもいろいろなプラスな話が出てきました。
  
当社も今、重点的にバックアップしているお宅です。
  
  
 ■放映日ですが6月20日(水)
   テレビ朝日(東海地区は名古屋テレビ)
   スーパーJチャンネル 小宮悦子さん司会
   夕方5時30分頃の予定です。
   
   ニュース番組のため急な変更もありえます。
   
   

欠陥の定義

今日までいい天気で明日からは梅雨入りに
なるのでしょうか

これから基礎の検査が増えてくるため
予定がズレそうです。

私はいつも欠陥の定義は難しいと言っておりますが
欠陥住宅被害東海ネットのHPから欠陥の定義文を引用します。

「欠陥」とは、①契約違反、②基準法等建築関係法令に抵触、
③一般に使用している技術基準に抵触、することです。

皆さんが読んでおわかりになったでしょうか?

上記にはどこまでとか範囲などが書かれていません。
結局判断は難しいと言う事です。

最近また、欠陥住宅の相談が増えています。
私の判断で方針を決めていくケースが多く、責任の重さを
感じています。

依頼者によっては絶対に戦うべきなのにあきらめてしまう
方も見えて、気持ちのバックアップも積極的に行なって
います。

反対に依頼者が戦う気100%でも負けの確率が90%という
事例などは理解してもらう説明に苦労します。

最近は法改正が少し話題になってますが
構造的な図面上での欠陥は減ると思いますが
現場での事は今までの変わらないでしょう。

あるメーカーさんは当社がここ数年検査した中で
100%欠陥住宅です(構造の法律違反)
ただ、見た現場の救いは工事中の検査を依頼されているので
欠陥箇所を確実に直し完成していることです。

当社のような検査会社が入っていない現場は
構造欠陥の可能性が高いです。(延べ千棟~?)

コムスンが今叩かれていますが、この会社も似たような
体質だと思います。
「買ってはいけない」という本に載せて欲しいです。

2階建て鉄骨住宅

軽量鉄骨と言えばハウスメーカー独自の工法という
認識があります。

しかし、大阪の会社が工務店向けに軽量鉄骨の躯体
を売り出しています。

もともと、工務店は鉄骨と言えば重量鉄骨しか選択肢
がありませんでした。

今回当社で設計し採用した理由は
非常にどんなものか興味があったのと
お客様の要望が合致したからです。

本日建て方を行ないました
鉄骨

軽量鉄骨のメリットは

・柱が小さく壁内に収まる(出っ張りなし)
・鉄骨総重量が少なくコスト減
・基礎が若干小さくできるのでコスト減
(2から3階程度の建物に一番適している)

などのメリットがあります。

今回建てた建物の基礎はハウスメーカーさんに
比べるとかなり頑丈なものになっています。
躯体も十分安全率を見てあります。
(一部メーカーさんの基礎は貧弱です)

木が良いか鉄が良いか結論は難しいですが
ハウスメーカーの独壇場だった軽量鉄骨が
身近になった事は良い事だと思います。

何でも書けるペン

今日も3件検査に行ってきました。
朝は小牧で大雨が降り、予定を変えようと思いましたが
一宮では全く降られず予定どうり帰ってきました。

最近便利なものを見つけました
木、鉄、コンクリートなど何でも書けて
ごみ、埃、水の影響を関係なく書けるペンです。

今までは油性のマジックを使いすぐに埃で
かけなくなり苦労してました。

指摘が細かいときは現場に印をつけておくと職人さん
も良くわかり好評です。

ぺん

ちなみにどこで買った?

「ワークマン」です。 ・・・作業服屋です。
床下に入るためのつなぎや防塵マスク、980円の
作業ズボンなどいろいろ便利なお店です。

正しくないこと

今日は朝から直行で夕方まで検査に行ってました。
そのためまだ、検査報告書が全て完了していません、
明日も朝直行で検査のため今日中にやってしまわないと
いけません。

今日もいろいろありましたが検査の事よりこの事
をお伝えしたいと思います。

・・・・「コムスンの事件」

グッドウィルグループの社訓の一部に

「正しくないことをするな、常に正しいほうを選べ」
「原因があるから結果がある、公正に判断せよ」
「お客様の立場に立て、究極の満足を与えよ」

という言葉があります。これは折口会長の著書で見て
私のような職種に良く当てはまると思い、コピーして
机の前に小さいですが貼ってあります。
検査業務などにおいて本当に良い教訓になっています

しかし、今回立派な社訓があるのに「正しくないこと」
をして残念です。

せっかくですからそのまま貼りっ放しにしますが
今回の事件を教訓にして自分を戒めたいと思います。

◆予告

今週前半はスケジュールに少し余裕があり資料作成を
少し行いました。来週くらいのメルマガでこの資料の
ダウンロードを予定しています。
(メルマガ会員限定です、登録はHPよりできます)

火災報知機

昨年の6月から取り付けが義務付けされた
「火災報知機」ですが未だに良く理解されて
いないようです。

取り付ける部屋は確認申請に必修のため
間違いはないですが

◆問題は取り付け位置です。

私も実は法改正後2~3ヶ月後に取り付け位置の
基準がある事を知りました。
法改正自体はいろいろなもので知っていましたが
取り付け位置の基準があることは見落としていました。
(事前にナショナルさんなどから解説書を頂きましたが
よく読んでいなかったと思います)

この業界は法改正があっても細かい所まで理解され
ない事は多く、今日行った現場も1ヶ所おかしな箇所に
付いていました。

取り付け位置の基準は機械にどのくらいの影響が
あるかわかりませんが基準がある以上
検査で指摘します。

ただ、完成検査で指摘すると位置を変えるため
クロスなどの補修も出て結構大変です。

今月、20日の建築基準法改正を控えいろいろな
間違った情報が業界で伝わっています。
私は詳しいと思われているため、質問などが来ますが
正確にわかっている人は少ないです。

各地で法改正の説明会など開かれていますが
そういう場に参加しないと理解できないようでは
困ります。

早期に反映するため法改正の告知方法を変える
必要が業界にあると思います。

コンクリートのクラック

今日伺った現場は基礎のコンクリートに
クラックが結構ありました。

住宅の基礎に発生するヒビはほとんどが収縮による
もので髪の毛のような細さから「ヘアクラック」
という言い方をします

原因を特定する事は難しく
・急激なコンクリートの乾燥
・打設後の高温や風の影響
・内部の鉄筋の位置
・打設方法 など
要因はたくさんあります。

ただ、強度的な影響はないとされ補修は主に
内部の鉄筋を空気や水から保護する事が多いです。
と言いましても90%以上の現場は補修などされていません。
コンクリートのヒビと言うことで施主さんは驚きますが
現場の人は結構安易に考えています。

kisohibi

またまた構造不備

今日はいい天気でドライブ日和でした
少し遠方に検査に行きましたがこういう日は
運転が苦になりません。

今日検査に行った現場の1つは
構造面の大きな不備がありました。

故意にやっている訳ではなく基準を職人、監督
が知らないためと

構造図面が見難いからこのような事が起こると
思います。

現在の建築基準法ぎりぎりの設計では震度6は
耐えられない可能性があるという意見も一部であります
もし、この現場のように施工ミスで基準を下回れば
震度5弱くらいで倒壊する可能性もあります。

たまたま工事中の検査で発覚したため
対応は今からでも出来ますが、
これが工事完成後ですとかなり難しい問題になります。

私は構造部分は特に意識してみるようにしています
だから良く気が付くのだと思います。

工事中の構造部分の指摘は建築会社から結構感謝されます。
しかし、完成した家の場合は反対に恨まれます。

その後の対策が容易か難しいかの違いですね。
そういう意味で工事中の検査がお客さん、業者にとっても
良いです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る