ブログ

基礎の検査

基礎の検査は何をするか少し説明します

ちなみに今日行った現場の写真ですが
これは高基礎部で高低差のある現場で
一部高さの高い基礎を造ります。

murakamikiso

見るポイントは
1、図面どうりか
2、配置、地盤高さ
3、鉄筋の重なる部分
4、地面からの離れ
5、設備配管など

基礎は後から見えなくなる部分が多いです
技術の進歩でいろいろな計測器が出てきましたが
費用も高額ですし、限界があります。
この部分での写真の保存は重要です。

先日まで基礎のチェックマニュアルをメルマガで
無料配布してました。
興味のある方はメルマガ登録すると送付いたします
(本日メルマガ 【雨漏りがテーマ】 発送しています)

ある雑誌に住宅特集が組んでありまして
その中にメーカーや業者から出入り禁止になっている
信頼できない検査会社が結構存在するという記事
がありました。

このような業者へ仕事の依頼すると依頼した施主が
一番被害を被るとありました。

当社はもちろんそのような事は0です。

偽健康住宅

今日検査に行った現場の中で

自然素材を売りにしている住宅がありました

ここは本日、完成の検査でホルムアルデヒドを測定したら
基準値ぎりぎりの数字が出ました。

ちなみに今日は室温22度です
これから気温が上がれば確実に基準値を大きく超えます

タマホームさん、サンヨーハウジング名古屋さん、
一建設さんなど合板フロアー、ビニールクロスの家でも
測定するとまず夏場でもほとんど0に近いです。

自然素材使用を売りにしてこれでは
まさしく消費者を裏切っています。

原因は中国製の材料だと思います
昨年も別のメーカーでありましたが
中国製は偽表示されている事があります。

家の性能は目に見えないものが多いです
これは一例にすぎません

一体何を信用すれば良いのでしょうか?

業者選びのポイント

中古住宅の検査が最近増えてきました
検査に行って「大丈夫です」と言える
物件が少ないのが現状です。

原因の一番は今の法律に適合しないという事です。

特に耐震性の面で不安があり
数百万円のリフォームをしないと安心して
住めないのが現状です。

最近は見た目だけきれいにして売り出す中古住宅
がありますが構造体をチェックしないで買うのは
危険です。

今日は業者選びについて少しお話します

どこにでも良く書かれていますが
自分自身にとってきちんと対応してくれて
専門知識があることが条件です。

工務店などに依頼し担当者が営業、設計、現場を
全て把握している会社は非常にわかりやすいですが

設計、現場が外注だったりすると
こだわる方はトラブルになりやすいです。

やはり契約前に設計担当者や現場監督に会ったり
現場を見ることが必要ではないでしょうか
設計にこだわる方は是非設計担当者に会い、
設計打ち合わせは営業だけとしない事です。

全てお任せで細かい事は気にしないという方以外は
是非実行してください。

現場を廻っていい大工さんが居れば指名するのも
良いでしょう。

あとは業者との相性も大切です
自分自身が非常に細かいと思う方ほど
安易に業者を決めてはいけません

大手メーカーでもこの手のお客さんに対して
冷たく接する場合もあります。
最終的には担当者によります。
打ち合わせを何度かして相性を確かめてください。

テレビに出ます

6月の初旬、テレビ朝日のニュース番組に
出る予定です。日曜日打ち合わせに行ってきました

何をするかですが
欠陥住宅の現場のコメントをします。

欠陥住宅の被害者の方は解決に向けなかなか
積極的に動けない方が多いです。

いろいろ考え自分自身でブレーキをかけてしまって
いるためです。

私などは毎日、新しい現場が出てくるため
さかのぼって自分から解決の催促する事は難しいです。
やはり被害者自身が私を急かしたりしないと
誰も動いてはくれません。

今回のようにマスコミに出る事は被害者にとりましては
心のブレーキを外し、解決へ向け踏み出すきっかけに
なり悪い事ではありません。

全国ネットの番組に出る勇気は必要だと思いますが

視聴者から貴重な意見を頂く事もあり
良い結果を望みたいと思います。

撮影はこれからで放送日は一応聞いておりますが
また、ご報告いたします。

こんな人に建ててもらいたくない

今日配筋検査へ行った現場で
図面の間違いに気が付きました

ただ、その事を担当者へ指摘すると
「図面どうりで良い」の一点張りで
変更を受け入れません。

最終的には余裕があり影響はほとんどありませんが
何だか担当者が面倒なだけという感じを受けました

施主は一生懸命だけど工務店が冷めているという
事多いですね。

今日別の現場では大工さんのいい加減さが目立ちました
写真はホームページにアップするかもしれませんが
どうしてこんな事するのだろうと言う事がたくさん
ありました。昨日の1件も悲惨な仕事で2日連続で
大工仕事の悪い例を見ました。

業者選びは大事だと言いますが
営業以外は最初はわからないものです。

これも運だと言えばそうかもしれませんが
いい人たちに家を造ってもらいたいです。

と言っても何か事前に見分ける秘策はないか・・・?

あります!
近くまとめてメルマガかブログにて教えます。

今日の検査報告

今日は雨でしたが、昨日最終で暗くなり行けなかった現場
含め3件行ってきました。

1件目は完成検査

悲惨なくらい仕上の出来の悪い現場でした
少々の傷、汚れは建築には付き物ですが
あまりにも大工の腕が悪い。

2件目は構造検査

構造面で釘の打ち忘れを多数指摘。
大工さんは基準を勘違いしてました。

3件目は基礎配筋

自社の設計物件です。
主要な主筋が数本抜けていました。

2,3件目は構造的に重要ですがよく間違いを
起こしやすい事です。職人さんの故意ではありません。
職人さんも一度指摘を受けると次の現場からは気を
付けると思います。

今日は雨だったため3件目の基礎の現場は服までずぶ濡れ
雨の日はできるだけ検査は避けたいものです。

危ない建築材料

今日は暑い一日でした
知多半島まで検査に行きましたが
ここ最近はびっくりするような瑕疵は出てきません
比較的平和に過ごしています。
(これが一番ですが)

検査の数をこなしていますと
いろいろ詳しくなるのは当然ですが

疑問もたくさん生じます。

ここ半年くらい1つ納得できない事項があり
自分なりに製造会社に問い合わせしたりして
調べていました。

製造会社にとっては製品の弱点をズバリ
突っ込まれるため質問してもうまくごまかされます。
もちろんカタログ、マニュアルにはこのことは記載
されていません。

あの手この手といろいろ方法を考え、
ついに昨日、弱点が決定的である証拠を掴みました。

今はメーカーから訴えられる恐れがあり
公表は出来ませんが住宅の現場、ほとんど全てに
使われています。

私にとってグレーゾーンでしたがこれではっきり
しました。検査では厳しくダメとジャッジします。

はっきり公表できなくてすいませんが
数ヶ月先にはメルマガなどで公表したいと思います。

ミッドタウン

週末、東京へ出張で不在だったため
今朝からメール返送、書類に追われています。

今日は検査に関係ない話を1つ

今回の出張でせっかくの機会ですから
東京ミッドタウンと表参道の建物をついでに
見てきました。写真は東京ミッドタウンです。
東京ミッドタウンは店舗ディスプレイがすばらしいです。

midtown

表参道は表参道ヒルズが有名ですがアウディなど非常に優れた
デザインのビルが点在します。

買い物しなくても歩いているだけで楽しいです。
近くには国立新美術館や六本木ヒルズもあり
私のような名古屋の人間からすると見るところ
ばかりです。

機会があれば是非ぶらついていただきたいと思います。

ジャッジ

今日検査に伺った現場はきちんと施工がされて
いました。

最近、検査に行って心がけている事は

「いい、悪い」をはっきり言う事です

「・・・と思う」とか言う表現を昔は良く
使っていましたが、これはジャッジではありません

それでも基準の境界線で判断に迷う事もあります
その場合は良く考え判断を下しています。

断言する事と言う事は慣れるとそんなに難しく
ありません。

ここ2年以上、セミナーをやっていませんが
今年に入り3回くらいセミナー依頼があり講演してます

来週も1つ頼まれています
今回の講演内容を音声データで
メルマガ読者にだけダウンロードで渡したいと思います。
「欠陥住宅を掴まない簡単なコツ」を話します。

私はセミナーで原稿など読みません。
テーマの順だけ決めその場の思いつきで話しをします。
その方が聞いている人が集中して聞いてくれます。

原稿を読まないと思わぬ展開になる事があります。
それは・・そこでしか話せない裏話が飛び出します
もし、そのようになったらダウンロードは中止です

なるべく意識して話をしてきます。

最後にお知らせ

明日、明後日 出張でメールを見る時間が限られます
質問など返事が月曜日になる可能性が高いです。
ご迷惑おかけしますがよろしくお願いします。

言い訳上手

住宅メーカーの休みはだいたい水曜です。

ですから一番電話が少ない曜日です。
仕事に集中できます。

スタッフも土日出勤した場合は水曜日に
出来るだけ代休を取ってもらいます。

今日伺った現場の1つで
基礎のコンクリート流し込み前の現場で

鉄筋に油が付いてピカピカ光っていました。
職人に除去するように指示しましたら

「すぐに乾く」、「影響はない」
と言い訳し出しました。

私が嘘でしょ と言うと

施主さんに向かい

「鉄筋は最初から つや がある」
と言いはじめました。

私がそんなこと言っていると
ボイスレコーダーに録音しますよと言うと
やっと観念し洗い落とし作業をしてくれました

感じのいい職人さんで憎めるタイプではないですが
素人騙しは良くないです。

是正していただき事なきを得ましたが
本当に毎日、いろんな事があります。

ボイスレコーダーは携帯電話にも付いていますし
最近、音声データをもらう機会が多く
MP3プレーヤーを持ち歩いています。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る