ブログ

事例1077 「ユニットバス基礎断熱材未施工」

子どもの大学入試、あと一つ後期日程を残しています。
前期4校・後期2校、複数の学部を受けました。
受験料だけで計40万円くらい。
合格してキープしておく費用は1校で30万円くらい。
(入学しなくてもお金は帰ってこない。)

学費と違い、受験料などは分かりにくいため、
参考になるかと思い、掲載しました。

 

■(1)今回の事例______________

「ユニットバス基礎断熱材未施工」
_______________________

◆写真解説

図面に記載がある基礎断熱材未施工。省エネ仕様の家、ユニットバス下。

 

◆内容説明

長期優良住宅等の省エネ仕様では、
ユニットバス床下からの外気の侵入を止める施工が必要。

方法は2つ。
・ユニットバスの床版を断熱仕様として、周囲を気流止めで塞ぐ。床下通気有。
・直下部分を基礎断熱にして、さらに通気も塞ぎ気密化する。

今回、その基礎断熱が未施工。

完成後の瑕疵検査で指摘。検査に入らなければ気づかず
風呂の寒い原因が分からなかった。

 

◆対策

床下の検査を行う。

 

==============================

■(2)編集後記

昨年秋、ある分譲業者の瑕疵検査に続けて入った。
ここは、今現在、買ってはいけないNO1の会社。

どの現場も施工がひどく、検査の結果、大規模な補修が必要になった。
素直に直せばよいのに、時間稼ぎをしている。
また、私から逃げている。

今現在、気づいていない人含め、相当な被害者が存在していると思われる。
それでも、営業が続けられるのが、この業界です。

今後、この会社の検査は料金を倍にしようと思います。
指摘が多く手間もかかりますし、買う人も危ないと気づくはずです。

もちろん、品質が改善できた時は、元に戻します。

 

専門書

検査以外に取材、相談、打ち合わせが多く、ハードな1週間でした。
今日も1日、県外で瑕疵検査。明日から数日は、書類作成の時間を取っております。

毎月、日経ホームビルダーの原稿を書くとき、
内容に応じて、関連する専門書をチェックします。

先月はコンクリートの内容。
建築関係のコンクリート本はかなり持っているため、
今回初めて、土木関係の本を買いました。
購入した3冊とも、参考になるところが多かったです。

土木のコンクリート関連の本は、あと何冊か買ってみようと思います。

 

 

裁判立ち合い

午後から裁判所の現場確認の立ち合い。
疲れる作業ではないのに、検査をする以上に疲労を感じました。

こんな日は、事務所に帰ってから仕事したくありませんが、
やることがたまりすぎているため、そうは言ってられません。

裁判官や専門委員等の建築士に代わり、将来はAIが
瑕疵や金額を判断する日が来るかもしれません。

そうなったほうが、いろいろメリットがありそうです。
膨大なデーターから判断するため、不公平さが少なくなるでしょうし、
金額算定もデータから算出してもらえば、より正確だと思います。
また、勝ち負けの判断が事前にしやすくなるでしょう。

建築業界においても、技術革新が急速に進むと予想しております。
今夏、テクノロジー系のイベントに登壇するため、昨日打ち合わせをしました。

また、内容は告知させていただきます。

 

 

機材を持っての移動

昨日、現場に着いてからスーツケースの大きな破損を発見。
JRやタクシーは自分で積み下ろししたため、おそらく飛行機で破損したと思います。

2年ほど使ったものなので、スーツケースは諦めがつきますが、
中に検査機材が入っているため、取扱いの雑さに気を付けないといけないと思いました。

LCCに乗る時は、危険を感じて、取り扱い注意のシールを貼ってもらいますが、
昨日のANAはシール添付の申し出を忘れました。

来月は、精密機材をフルに持ち込む飛行機移動もあります。
梱包等十分に注意したいと思います。

 

事例1076 「ユニットバス基礎部の気密切れ」

この週末も現場と打ち合わせで一杯でした。

明日は遠方への移動。いつも以上に早起きしないといけないので
早めに寝る予定です。

 

■(1)今回の事例______________

「ユニットバス基礎部の気密切れ」
_______________________

◆写真解説

基礎断熱で囲われたユニットバスの基礎人通口。
断熱蓋の上に大きな隙間がある。
ここから外気が入り、寒さの原因となる。

 

◆内容説明

長期優良住宅等の省エネ仕様でない家でも、ユニットバスの基礎から
外気が室内に上がらない対策をする家が増えています。

数年前までは、ほとんど施工されていない仕様で、目的を理解していない職人も多い。
今現在でも、紹介したような不備が目立ちます。

ここを完全に気密化しないと、冷たい空気がユニットバスまわりから
1階天井裏、2階へ上ります。冷気以外に水蒸気が上がることもある。

ユニットバスまわりの壁にあるスイッチから、強い風を感じる場合は、
気密施工不備の疑いがある。
(契約内容によっては、気密化が仕様でない家もある)

 

◆対策

職人への指示の徹底、及び完成時に検査する。

 

==============================

■(2)編集後記

先日、契約前の図面をチェックさせていただいた。
2階建ての木造住宅で、耐震等級3を取る予定の家。

木造住宅で耐震等級3を取ることは、それほど難しいことではない。
全棟、取得を目指しても良いと思います。

図面を見て改善したほうが良いと思ったのは、柱と壁の直下率が著しく悪い。
計算までしていないが、20%切るくらい。理想を言えば50~60%以上は確保したい。

これを指摘すれば、設計者は嫌がるでしょう。
せっかくのプランがダメになるかもしれません。
設計者にしてみれば、直下率が低くても違法でないから問題ないと言うでしょう。

耐震等級を取っても、絶対に安全だとは言い切れません。
熊本地震で耐震等級2の家が倒壊しています。
この直下率に関しても、壁量計算、耐震等級計算では検討されません。

2階の耐力壁を梁だけで受けると、壁や柱がある場合に比べ、壁の耐力が下がります。
直下率が悪い場合で、プランを変えられない場合は、梁を大きくするなどの検討が必要です。
どのくらい耐力が下がるか、どのくらい梁を大きくすれば良いかはデータが公表されています。

 

 

 

スケジュール決め

最近、現場予定が非常に混んでいます。また、相談業務が毎日入ります。
私の予定を早めに確保する方法は、メールが一番です。

日中や夕方は、現場や相談等の業務がほとんどで、電話に出れません。
合間に電話に出れたとしましても、時間が限られ、予定を確定するまでに至りません。

スケジュール調整は、現場へ出る前、移動時間のちょっとした合間、
全ての業務が終わってからすることが多いです。
ちなみに今日も、このあと8時に事務所を出ます。
その前に、メールをチェックし、スケジュールを調整しました。

このようにメールを処理しながら、スケジュールも同時に調整していくので、
メールの方が優先されます。

メールはパソコンあてでなくても結構です。
ホームページに記載してある携帯のへのショートメールでも構いません。

構造計算ミス

構造計算の重大なミスを発見しました。
確認検査機関も見落としておりました。

ただし、それが修理・指導対象になるのかは、行政が検討中。

間違えたのは構造計算専門の会社。
おそらく、数百件の家がすでに建築済だと思われます。
この手の会社は、入力を素人のアルバイトが行っています。
社内建築士のチェックと言っても、さらっと見る程度だと思います。

確認検査機関などは、設計に間違いがないことを前提に審査している。
そのため、間違いを探すような目で書類や現場を見ない。

行政の対応が確定しましたら、詳細をご報告いたします。

 

 

 

 

事例1075 「基礎天端から鉄筋が飛び出している」

最近、月曜日は非常に問い合わせが多いです。

現場の予定によっては、当日中にお返事できないこともあります。
土日にメールを入れていただいた方が、対応が早くできます。

 

■(1)今回の事例______________

「基礎天端から鉄筋が飛び出している」
_______________________

◆写真解説

基礎の上端から鉄筋が出ている。かぶりゼロ。縦筋が長いことが原因。

 

◆内容説明

鉄筋の加工ミス。

コンクリートを流し込む前に、ミスに気付いているはず。
それでも鉄筋加工をやりかえなかった。

一度組んだ鉄筋を加工し直すのは手間がかかる。
躯体を組めば、隠せると思ったのでしょう。

かぶりがなく、鉄筋がすぐに錆びる。耐久性に影響あり。

 

◆対策

基礎完成後、1階の床を組む前に検査する。

 

==============================

■(2)編集後記

今年は補助金などの関係で、3月完成を1月などに前倒しした現場が多く、
新築検査自体、3月は去年より予定は少なそうです。

その反面、3月前半は、紛争処理がらみの予定が多く、
空いている日があまりありません。

新築が少なく、紛争関係が多い。仕事量的には、例年どおりです。

 

遠距離移動

遠方からの依頼で、300KM以上、車移動する場合、
遠くないですかと尋ねられます。

遠方ばかり出かけていると、300KMくらいは遠いと感じません。
100KM程度の浜松市や草津市、津市くらいは近所の感覚です。

新東名は現在、豊田から御殿場まで開通していて、
開通前に比べると東方面は移動時間が短いです。
圏央道も開通し、東京西部などへの移動も楽になりました。

車は普段、軽のワゴン車を使っていますが、
距離が遠い時は、高速移動が快適な欧州車のワゴンで移動します。
今、乗っている車も高速走行はかなり快適で、200Kmくらいなら、
休憩なしで走っても疲れません。

移動のことなど気になさらずに、ご依頼ください。

 

 

 

 

 

出戻り

今日、建売の完成検査に伺ったら、玄関のタイルを貼っていた。

玄関から入れないので、リビングの掃き出しから入るように担当者に言われた。
それ自体は構わないのですが、タイル職人が、
今からリビングへまわる通路もタイルを貼るので家に入れなくなると言った。

遠い回しに、私たちに帰って行けと言っている。
お客さんも来ているのにそれはないだろう、帰るのはそっちだと言い返すと怒りだした。

結局は仕事にならないと、タイル屋さんが帰って行きました。
あらかじめ、監督が工程をずらしていないのが悪い。
タイル屋さんは気の毒です。

過去、構造検査に呼ばれて行くと、躯体が組まれてないということもありました。
現場のIT化が進めば、このような工程管理もミスが無くなると思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る