ブログ

事例441『ユニットバス断熱材の手抜き』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 年明け早々、膨大な量の鑑定書作成に追われています。
 そのため、昨日ようやく、届いた年賀状をじっくり見ました。
 その中に悪徳業者からの年賀状があった。
 
 裏側には、「今年もよろしくお願いします」と
 印刷されていました。
 
 
 一瞬、改心でもしたかと思いましたが、
 きっと、事務員さんが脅迫文を郵送するとき、
 パソコンへ住所を登録したために、
 自動的に送られて来たのでしょう。
 
 
 
■(1)今回の事例___________
  「ユニットバス断熱材の手抜き」
 __________________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-ユニットバス断熱
 
 ◆写真解説
 
 省エネ対策等級4への対応のため、
 ユニットバスの洗い場床裏に断熱材が吹き付けてある。
 
 ただし、施工がいい加減なため、未施工箇所が点在する。
 
 
 ◆内容説明
 
 大手ハウスメーカーの現場。
 この件を指摘したところ、メーカーの回答は
 
 「断熱材が必要な箇所であるが、
  厚さなど詳細な基準がないので、現状でも問題はない」
 
 いろいろなパターンがある建築では、
 基準に対し「完全一致」は難しく、
 「部分一致でもOK」は、逃げ口実によく使われる。
 
 
 これを見て、きちんとした仕事だと、思う人はいないでしょう。
 床下で、バレることが、まずないから
 職人は、いい加減に施工していると思います。
 
 
 この施工で、問題がないと開き直るハウスメーカーには
 呆れます。
 
 一件認めてしまうと、他への波及が怖いからでしょうか。
 
 
 ◆対策
 
 目につかない箇所に、手抜きが存在する可能性が高い。
 
 隠蔽前に、主要部をチェックする。
 
 
====================
■(2)編集後記
 工事が始まってから、欠陥が発覚して
 相談に来る方が本当に多い。
 
 それは、仕方がないと思いますが、
 業者が悪徳ですと、処理が大変です。
 
 
 契約前に相談してくれれば、
 それなりの予防をはることができます。例えば、
 明らかな悪徳業者との契約を排除することや、
 契約約款などの差し替えを、指示することもできます。
 
 ただし、大手ハウスメーカーなどでは
 いくら施主に不利な内容であっても
 一人の例外は認めないとの理由で、約款の差し替えは不可能です。
 
 
 一般的に、多く使われる契約約款は、
 「民間(旧四会)連合協定 工事請負契約約款」
 
 名前から公的な感じで、中立に思えます。
 ただし、全国建設業協会など、7つの業界側の団体から
 構成される委員会で検討されているものであり、
 消費者側の団体は含まれていない。
 
 過去の裁判から、業者側のずるい逃げを断ち切ることなど、
 消費者保護を配慮した「日弁連の契約約款」と比べてみると
 業者に有利な内容です。
 
 いくつかある中で、ひとつだけ具体的な例を紹介します。
 工事内容等に不備があり、施主が完成時にお金の支払いを
 止めた場合で、実際には瑕疵ではないとの結論になったときに
 支払う金利。
 
 民間連合協定の約款は年10%(昨年改訂前は14.6%)
 日弁連の約款は年6%
 
 これは、反対に業者が工期を遅らせた時の遅延延滞金も
 同金利であるため、お互い様の感じもします。
 ただし、契約工期に余裕を持たせるなど、
 業者側にとっては、延滞金の発生は予防できる。
 
 
 その他、日弁連の契約約款は、
 施工の技術基準が、きちんと表記されているし、
 瑕疵が発覚した場合、中途半端な補修も禁じています。
 
 ですから、品質に自信がない業者は、
 日弁連の契約約款を拒むでしょう。
 (拒むような業者とは、契約しなければよいです)
 
 
 ただし、この約款、理想的すぎるがゆえに、
 現実的に難しいと思われる内容も含まれています。
 
 それは、主任(現場)技術者は、
 同時に3棟を超える現場を担当してはいけない。
 という内容と、監理者をきちんと立て、業務を遂行させる。
 
 
 多くの工務店は、現場技術者1人が3棟の受け持ちでは、赤字になる。
 多くの建築士は、通常の監理報酬では、約款通りの監理はできない。
 
 施主自身が、この2つの追加費用を負担できればよいが、
 100万円超の金額であることは確実で、大半は難しいと思います。
 
 その場合、15から30万円ほどの費用で
 品質管理面をカバーするのが、第三者検査。
 
 当然ですが、業者側と関係がなく、
 甘い検査をしない会社を選ぶことが大事です。
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
  人気ブログランキングへ 
 

事例426『勾配天井 断熱材の隙間』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 夏頃、着工が多かった影響なのか、
 今月も、完成する現場が多いようです。
 
 当社も今月は、完成物件が多い。
 
 新築検査の手持ち数が、一気に減る感じです。
 
 
■(1)今回の事例___________
  「勾配天井 断熱材の隙間」
 __________________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-勾配天井
 
 ◆写真解説
 
 勾配天井断熱材。施工がずさんで、隙間だらけ。
 夏場の暑さ、冬場の結露の懸念がある。
 
 
 ◆内容説明
 
 勾配天井の断熱材は、あとからでは見えない。
 
 写真は、赤外線サーモグラフィーカメラで隙間を発見。
 やりかえ工事の時の写真です。
 
 
 断熱材は隙間なく施工することが基本です。
 中には「隙間は仕方がない」と、開き直る業者もいます。
 
 それは、直したくないための言い訳に過ぎません。
 丁寧に施工すれば、隙間は必要最小限で済みます。
 
 
 ◆対策
 
 パック式のロックウールやグラスウールの場合、
 天井下地が邪魔して、隙間が出やすいケースもある。
 
 設計の時に、納まり、施工方法を検討するとよい。
 
 
====================
■(2)編集後記
 寒くなってきました。
 
 今年、断熱を意識して家を購入された方は、
 どれだけ家が暖かいか、楽しみですね。
 
 
 「省エネルギー対策等級」が断熱、省エネ性能の
 目安になりますが、これに騙されてはいけません。
 
 最高等級4だと言っても、性能は同じではありません。
 
 中には、この家は、昔の家とそう変わらないだろうと
 いう家もあります。
 有名メーカーでは、S社など。
 
 
 「省エネルギー対策等級」の基準は、言葉では
 厳しい事が書かれていますが、
 緩和措置のような抜け道がたくさんあり、
 何とでもなるのが現状です。
 
 さらに、現場のチェックはない。
 
 
 そのあたりをきちんと見分けられないと
 買ってから後悔します。
 
 
 断熱を、あとから改善することは、非常に困難です。
 
 
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
  http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 

事例419『床下点検口の断熱』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 昨日、健康診断を受けました。
 
 忙しいと、つい先送りしそうになりますが、
 身近で、ガンになった人がいたので、
 今年は意識が違いました。
 
 それにしても、バリウムは、あとの始末が悪い。
 お腹の調子が夜まで悪かったです。
 
 ガンになった人のブログ
 http://blog.livedoor.jp/aoyamaburogu/
 
 
 
■(1)今回の事例___________
  「床下点検口の断熱」
 __________________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-床下点検口
 
 ◆写真解説
 
 高断熱仕様の家なのに、床下点検口蓋に断熱材がない。
 
 断熱材は、隙間なく施工することが基本です。
 
 
 ◆内容説明
 
 長期優良住宅、フラット35Sの仕様で当たり前になった
 「省エネルギー対策等級4」
 
 ある有名メーカーの現場で、
 この仕様を選択しているにもかかわらず、
 床下点検口に断熱材がなかったり、
 その他、床下断熱材の隙間も多数あった。
 
 
 検査で指摘すると、「当社はこれで認定を受けている」とか、
 「計算値で問題がないことを確認した」などという
 答えが返ってきて、修理する気はない。
 
 
 検査で見ていると、
 ローコストメーカーほど、基準を忠実に守ろうとし、
 大手ほど、勝手な解釈で仕様を落とす。
 
 知識があるわけですが、、買う側からすれば、
 そんなことに、知恵を働かせて欲しくないですね。
 
 
 このメーカーは、営業的なブランドづくりに一生懸命。
 
 些細な品質をいい加減にしているようでは
 所詮、本物のブランドではない。
 
 
 ◆対策
 
 断熱性能への影響からすれば、わずかなもの。
 と割り切れない場合は、
 あらかじめ設計図書で、仕様を確認すべきです。
 
 
 
==================
■(2)編集後記
 
 
 先日、確認申請の完成検査と一緒になった。
 
 たまたま、施主さんも居て、
 興味があるということで、施主さんは完成検査員に付いて歩いた。
 
 検査員は図面を開きながら、各部屋を見ただけ。
 時間にしたら、約5分で完了。
 
 
 施主さんの感想は
 「あんなに簡単な検査だとは思わなかった。
  完成検査料32.000円の価値はない」
 
 
 法律で決められた制度で、施主さんにしてみたら、
 きちんとしているというイメージが、強かったようです。
 
 昔、このあたりの事情をよく知っているお客さんが居ました。
 その方が言うには、
 やってもやらなくても、同じ検査。
 検査済証の紙切れが要らないなら、お金の無駄だからやらない。
 
 
 皆が、そのように思い始めたら、
 確認検査制度は、良くなる方へ改善されるでしょう。
 
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
  人気ブログランキングへ
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
  http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 

事例394『床下断熱材の落下』

こんにちは住宅検査カノム の長井です。
 
 
 最近、急な依頼が殺到しています。
 
 ・今日、明日来て欲しい。
 ・今日中に回答が欲しいなど、
 
 トラブルは突然起きるので、仕方がないですね。
 できるだけ、希望に沿っていきたいと思います。
 
 
■(1)今回の事例________

  「床下断熱材の落下」
 _______________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-床下断熱材
  
 
 ◆写真解説
 
 断熱材を、釘で支える簡易な留め方をしていたため
 
 完成後、木の痩せや、振動によって多くが落下。

 
 ◆内容説明
 
 何度か紹介している事例。
 
 固定方法が簡易すぎたため、
 完成後に、ほとんどが落下した。
 
 
 これは、繊維系より、板状の断熱材で起きやすい。
 
 断熱材に、専用の受け金具が付いている場合もあるが、
 それでも、落ちているケースは多い。
 
 
 工事中の検査で異常が無くても
 経年変化で落下することがある。
 
 完成後の初期に起きやすく、
 1年点検などで確認するとよいです。
 
 
 
 ◆対策
 
 受けを頑丈にすることで、
 これは大幅に改善される。
 
 
 
=====================

■(2)編集後記
 
 
 「業者が開き直っている。説得して欲しい」
 
 このところ、この手の相談が増えています。
 
 
 明らかな瑕疵があれば、それも可能です。
 ただし、明らかな瑕疵でも、素直に認めないのが悪徳業者。
 
 大金を払うお客の言うことも聞かない悪徳業者が
 契約関係のない、私の言うことなんて
 素直に聞くわけがないです。
 
 検査や裁判となれば、とことんお付き合いできます。
 
 
 この手の業者とは、契約しないことが一番。
 でも、それが最初から見抜けたら、皆苦労しません。
 
 予防策として、トラブルに備え、
 契約内容を、きちんとしておくことが大事です。
 
 特に
 ・施工基準
 ・瑕疵担保の内容、期間
 ・瑕疵補修方法

 などを、しっかり約款の内容に盛り込みましょう。
 
 
 工事途中からでもいいので、
 おかしいと思ったら、諦めないことが大事です。
 
 
 諦めたらそれ以上の進展は、絶対にありません。
 
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 人気ブログランキングへ  
  
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

事例386『断熱材のごまかし』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 先週から非常に暑くなりました。
 これから3ヶ月、現場へ出る者にとっては辛い季節です。
 
 現在、アシスタント的なスタッフの増員を考えています。
 
 採用の際、意外とハードルになるのが
 夏場の暑さ。
 
 現場へも行ってもらうので、暑さ、寒さに弱い人、
 日焼けや汗だくになるのが嫌な人は、当社に向きません。
 
 
■(1)今回の事例___________
  「断熱材のごまかし」
 __________________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-断熱材
 
 ◆写真解説
 
 天井断熱材。図面では2重敷を指示。
 検査で1枚目をめくったら2枚目がなかった。
 
 ◆内容説明
 
 省エネルギー対策等級4仕様が増え、
 高断熱仕様の家が増えています。
 
 最上階の断熱材の厚さが100mm2重
 という仕様も、多く見かけます。
 
 
 写真は、高性能グラスウール16K100mm2重の仕様
 のところ、現場は1重しか敷かれていなかった。
 
 
 うっかりミスなのか、故意かは不明。
 
 
 
 ◆対策
 
 2重敷の場合は、下から見るだけではわからない。
 
 実際にさわって確かめる必要がある。
 
 
====================
■(2)編集後記
 
 
 エコポイント終了の影響か、震災の影響か、
 わかりませんけど、現在、注文住宅の着工が多いようです。
 
 景気がいい話しは、今の日本にとっては、良いことで
 うれしく思えます。
 
 
 私もこの影響で、新築検査が忙しくなると思っていたら
 今月は、紛争関係の仕事が集中し、
 現在もまだ、かなりの仕事を溜めています。
 
 
 紛争は、すぐに解決すれば手離れは早い。
 しかし、何割かは裁判などへ発展するため、
 期間が長いお付き合いになり、件数も累積します。
 
 最近の紛争になった時の業者の対応として
 下記のように2極化していると感じます。
 
 
 ・過剰でも、施主が納得するまで補修に応じる業者
 
 ・欠陥が明らかでも、弁護士を代理人に立て、責任回避する業者
 
 
 業者を選ぶときに、
 どっちの業者なんだろうと、考えてみると良いでしょう。
 
 
 大手や名古屋の会社で、知っている範囲でしたら
 業者がどちらに属するか、お教えできます。
 
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
  人気ブログランキングへ
 
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影