ブログ

事例563『構造金物 取り付け位置の不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
<耐震強度偽装>行政責任を認めず 最高裁判決
予想どおりの判決が今日出ました。
「建築物の安全性は一次的には建築士が確保すべきだ。
自治体は、建築士が義務に従っている前提で審査する」
業者がよく口にする
「確認申請、中間、完成検査があるから欠陥の心配はない」
という話を信用してはいけないということです。
行政でもこうですから、
民間の第三者機関、瑕疵保証も同じこと。
欠陥を防ぐには、自分側の建築士が
細かくチェックするしかないです。
■(1)今回の事例_________
「構造金物 取り付け位置の不備」
_________________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-構造金物
 
◆写真解説
柱の抜けを防止するため、柱頭と梁を固定する金物。
間違えて梁と梁を固定する位置へ施工した。
◆内容説明
筋交いなどの耐力壁は、大きな地震などの水平力に抵抗すると
柱に引き抜き力がかかる。
現在、計算などによって引き抜き力を求め、
柱が抜けないように適正な金物を取り付ける義務がある。
今回は、大工さんがうっかり位置を間違えた例。
たくさん金物を施工するため、
こういったミスは起きやすい。
◆対策
金物は全数検査が必要です。
=================
■(2)編集後記
最近、図面チェックをしていてよく気になること。
それはベタ基礎について。
人通口の位置や基礎形状に疑問を抱くことが多い。
仕様規定では、詳細なことまでは書かれていない。
ですから、「ここはおかしい」と言ったところで法違反でなければ
業者も対応する義務はありません。
ただ、大地震時にどうなるだろうと思えば、指摘をしたくなる。
2階建ての住宅では、瑕疵保証検査会社が
保証をする関係で基礎をチェックしている。
しかし、ここにも詳細な基準はなく、少し形が変わった家など
イレギュラーな場合はよく分からないみたいで、
おかしな基礎でも審査が通っている。
(公表していない特例がいろいろあるようです)
よほどの大地震が来ない限り、簡単に考えて基礎を造っても
壊れることはない。
大地震が来て基礎が壊れたら、
業者や建築士は「想定外」と言って逃げるのでしょう。

事例560『ホールダウン金物 締め付け不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
毎年3月の年度末になると、建売住宅の完成検査が
多くなるはずですが、まだ1件もありません。
分譲住宅は売れ行きがいいと、よく考えたり、
検査する間もなく、契約を急がされたりします。
そのような影響もあるのでしょうか。
■(1)今回の事例_________
「ホールダウン金物 締め付け不備」
_________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-ホールダウン
 
◆写真解説
ホールダウン金物、ビスの取り付け不備。
ボルトの埋込み位置が遠く、柱との間に隙間ができ、
ビスが完全に締まっていない。
◆内容説明
あらかじめ基礎へボルトを埋込んでおくため、
位置ずれが起きやすい。
許容以上にずれてしまうと、金物がきちんと取り付かず、
所定の耐力が期待できない。
◆対策
位置がずれた場合に、補正をする金物もあります。
基本は、コンクリート打設前にボルトの位置をきちんと確認する。
===================
■(2)編集後記
職人不足の状況を、時々お伝えしています。
検査している物件で、契約工期に間に合わない現場が出しています。
請負契約において、図面どおり、納期に間に合わせ造ることは、重要なこと。
業者は、世の中の状況を言い訳にして、
仕方がないと開き直るのでしょうか。
私がかつていたハウスメーカーでは、
あらかじめ、いろんなシュミレーションをしていました。
例えば、仕上げ工事が全く出来ていない状態で
あと2日しか工期ない。どうやって完成させるかなど。
景気が良く、職人不足が当たり前だった時代、
実際に1件、大工工事が終わった状態で、
明日引き渡しという現場が、同じ支店内にありました。
外構工事も含めての完成。誰だって無理だと思う状態。
工事課長の指示の元、工事社員、協力業者全員が協力し、
徹夜で完成させたことを覚えています。
会社が大きく、業者を動かしやすいから出来たのかも知れません。
ただ、最初から無理だと決めつけ、あきらめたり、
知恵がなければ、チャレンジはしなかったはずです。
どんな仕事でも、災害避難訓練と一緒で、万が一に備え、
シュミレーションをやっておくことは重要だと思います。

事例558『構造金物ビスの不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日は車の移動が多かったです。
暖かくて、ドライブ日和。
現場でも薄着でOKでした。
■(1)今回の事例________
「構造金物ビスの不備」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-構造金物
  
◆写真解説
節穴に施工された構造金物のビス。
これでは所定の耐力が出ません。
◆内容説明
集成材の柱でも、このような死節があることがある。
構造金物が付いていればいい、
という感覚で仕事をしていると
写真のような施工でもおかしいと思わない。
構造金物は引抜き強度を確認し、認定を得ている。
ビスをきちんと施工しないとダメです。
◆対策
構造金物類は、全数検査をする。
====================
■(2)編集後記
今朝の新聞で積水ハウスの決算が発表されていました。
積水ハウスに限らず、どこのメーカーも、しばらく業績はよいです。
仕事が増えると、やはり職人不足が問題になってきます。
例年より増えた分は、普段、品質が劣り声のかからない
職人が入る可能性が高いと予想します。
平成元年あたりに比べ約20年で半分以下に減った新築需要。
職人も引退や淘汰で減り、バブルの頃のような下手な職人を、
最近はあまり見かけなくなりました。
しかし、昨年末あたりから、
「この仕事はひどい」と思える大工さんなどを
検査で見かけるようになりました。
消費税UP前に建てる人は、品質に十分注意が必要だと思います。

事例556『梁の緊結不良』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今朝、家の近くの方からの依頼で、
打ち合わせに行きます。
難しい内容の工事のため、不安を感じ
建築士に相談してから工事をしたいという希望。
慎重に計画を進めることは良いことです。
■(1)今回の事例_______
「梁の緊結不良」
_______________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-接合金物
 
◆写真解説
梁の接合部、受金物を取り付け、ピンで固定する部分。
ピンだけで肝心な受金物がない。緊結不良。
◆内容説明
梁や柱を金物で接合する工法。
10年前に建てた自宅でも使いました。
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-接合金物
イメージ写真 (株)カネシン
主に接合面の強度UP、施工の容易さなどから
少しづつ広まっています。
あるフランチャイズメーカーも採用していますが、
検査に行くと、数ヶ所ピンが抜けていたりする。
金物の数が多いのと、目視で金物が見難いため
取り付け忘れが起きやすい。
◆対策
重要な接合面。全数検査を実施する。
全数検査は時間がかかるので、省略されやすい。
検査の実施を確認することも大事です。
=================
■(2)編集後記
今朝の朝刊、ブランド物の高級品が売れているという
ニュースが目に留まった。
特に最近の名古屋の百貨店の高額品売上高は、
全国平均をかなり上回るようです。
防犯の専門家、柴山さんが
愛知は泥棒被害日本一だと言ってました。
ブランド品購入率が関係しているのかも知れません。
交通死亡事故も常に日本一の愛知。
危険な県です。

事例547『制震装置のビス抜け』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日は午後に検査が集中。
各現場、いろいろ問題があったので、
予定より、かなり時間が食い込みました。
検査に行って指摘がないと楽ですが、
そんな現場は、わずかしかありません。
■(1)今回の事例_______
「制震装置のビス抜け」
_______________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-制震装置
 
◆写真解説
制震装置のビス抜け。
余分に費用を払い選んだものなのに、
ビスが2本も抜けていれば、性能が十分出ない。
◆内容説明
柱に取り付ける制震装置のビスが2本抜けていた。
大工さんが急いでいて、忘れてしまったのでしょう。
このところ、工期に追われている大工さんが多いです。
こういったミスも増える恐れがあります。
制震装置の性能を発揮させるために、
正しく取り付ける事が大事です。
◆対策
1件の家につける制震装置の数は、さほど多くないはずです。
全数きちんと検査をしても、時間はかからない。
===============
■(2)編集後記
某大手ハウスメーカーは嘘つきです。
この内容は残念ながら、今は詳しく書けません。
マスコミを抑える事ができる会社ですし、
社会的な影響も大きいと思うからです。
そのハウスメーカーと契約してしまった当社のお客さんへは
注意を促しています。そこを注意をすれば、他は問題がありません。
お客さん経由で、担当者にその話が伝わると
カノムがデタラメを言っていると反論してきます。
大手の社員は不勉強なのでしょう。
本社から言われることを、疑わず信じています。
また、その部分が目に見えれば、誰でも真実は分かるが
解体するまで目にする事ができない。
私は工事中の検査で証拠をいくつか押さえていますし、
最大手のメーカーは、その件をかなり前に改善済みです。
また、私だけでなく大手のブラックボックスの部分については、
欠陥を調査する何人かの建築士が疑問を述べています。
会社の効率、利益のために、
お客さんが知ったら怒るようなデメリット部を覆い隠す。
嘘も、売り方も、儲け方も上手だから、
たくさん家が売れているのでしょう。

事例546『構造金物のビスの不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
ある業者の担当者で、とてもいい加減な人がいます。
現場の工程をほとんど把握していなく
それを信用し検査に行くと、出戻ります。
スタッフには、文句を言うのではなく
自分から予定を確かめないとダメだと言っています。
自己防衛は何事においても大事です。
■(1)今回の事例_______
「構造金物のビスの不備」
_______________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-構造金物
 
 
◆写真解説
柱と梁を固定する金物のビスの先が出ている。
規定のねじ込み長さが不足するためNGです。
◆内容説明
梁と梁を固定するナットが飛び出さないように
座彫りしてある箇所にビスを打ってしまった。
取り付けた大工さんも、片側からしか見ていないと、
この状況を気づかないでしょう。
これら構造金物は、認定品を使います。
軽微な内容かもしれませんが、
ビスの長さが短ければ、認定内容と異なる瑕疵となります。
◆対策
今回のような事例は、ナットの緩みを全数検査する過程で
見つけました。構造検査では細かく見ることが重要です。
===============
■(2)編集後記
小さなミスがあると、他まで疑われるため
ナットの締りを全数検査するなど
大手は細部まで気を使うようになりました。
しかし、今回のような事例を、
許容範囲だという業者も未だにいます。
そういう業者は契約前に、見抜くように心がけましょう。
契約時にいろいろ質問や要望をぶつけると
品質に疎いかどうか分かります。
質問の内容をはぐらかし、
「創業何年、信頼を重視してやってきた。信用してくれ」とか、
「瑕疵保険の検査(一応第三者)があるから大丈夫」など
の回答をする業者は要注意です。

事例514『金物の向きが違う』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
早朝から2件現場に行ってきました。
2件とも、大工さんの仕事が上手。
ローコストメーカーで大工単価は安いはずですが
単価と腕の良さは、比例しないようです。
■(1)今回の事例_________
「金物の向きが違う」
________________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-金物誤
◆写真解説
金物が間違って付いている。
L字の長いほうが柱に付くのが正解。
(ビスから端までの距離が短いと、
大きな引き抜き力がかかった場合、木が裂けやすい)
正解はこちら↓
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-金物正
◆内容説明
柱の端部を緊結する金物。
L字型ですが、それぞれの長さが違う。
大工さんなら、引き抜き力をイメージすれば
向きの判断が付きそうなものです。
本例のような細かいことは
瑕疵保険検査では指摘されることはないでしょう。
指摘されないから、
間違ったまま認識しているケースは多いです。
◆対策
構造金物はきちんと全数検査をする。
===============
■(2)編集後記
明日の建築士会のセミナー
作り出したら資料が膨大になってしまいました。
時間に限りがあるので削る作業をしています。
内容の一部を紹介します。
(今回は満員です。当日参加は受け付けていません)
◆多い指摘
□最近最も多い指摘・・防火
□多い基礎の指摘
(1)アンカーボルトの位置
(2)アンカーボルト、ホールダウンボルト埋込み深さ
   アンカーボルト250mm以上
   ホールダウンボルト360mm以上(25KNまで)
            429mm以上(30KNまで)
            500mm以上(35KNまで)
  ※異径鉄筋型など形状によっては深さを浅くできるものもあります。
(3)コンクリート呼び強度
   設計強度+構造体強度補正値6N/mm2  現行では最低24N/mm2
その他いろいろなケースの指摘例。
◆最近の欠陥事例
 □設計ミスで修補に1500万円かかった
 □数々の手抜きや耐力壁不備がバレた。裁判で業者敗訴
 □防火違反、断熱施工不良で紛争中の鉄骨3階
 □杭施工を抜いた。裁判で業者敗訴
 □長期優良仕様を無視した施工、その他数々の手抜き・・現在裁判中
 □修補困難・・欠陥だらけのマンション
 □リフォーム済の中古住宅を購入したら、とんでもない欠陥住宅だった
その他、瑕疵保証検査員の裏側告発など
セミナーの場でしか話せない裏話がたくさんです。
※自社主催のセミナーは当面行う予定はありません。
この内容を聞くには、今回のように諸団体や企業が主催する
セミナーに限定されます。(来年度の講師依頼を受付中)

事例508『筋交い金物施工忘れ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日は一日現場。
帰りも遅くなりそうなので、早めの発信です。
■(1)今回の事例________
「筋交い金物施工忘れ」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-筋交い金物未施工
 
 
◆写真解説
事例556のような筋交い端部の固定金物がない。
建築基準法違反。
故意ではなく、計2ヶ所付け忘れたようです。
◆内容説明
写真をよく見ないとわかりにくい事例。
特に筋かいの裏側に金物があると、未施工に気づきにくい。
何度か構造金物の付け忘れを紹介してます。
付け忘れが多い理由は、施工する金物の数が多く、
大工さんがうっかり忘れてしまうのと、
全数検査をしていないためです。
◆対策
全数検査するしかありません。
===============
■(2)編集後記
気になったニュースを紹介します。
(以下http://www.zenchin.com/news/2012/09/post-1215.phpより引用)
欧州最大の研究機関であるFraunhofer(フランフォーハー、ドイツ)が、
ヨーロッパでシェアを持つ主要な太陽光パネルメーカー13社のパネルを
使って行った実証実験が、波紋を広げいる。
「温度50度、湿度50%、1000V加圧」の条件下で、出力を調べたところ、
4社をのぞく9社のパネルで、わずか48時間のうちに出力低下が発生。
なかには、2%程度の出力しか出さないパネルもあったという。以前から
太陽パネル設置後、4年足らずで出力が下がってしまう事例が報告されて
おり、この原因不明の劣化を検証するために行った実験とされている。
実験に使用されたパネルは、欧州や中国といった海外メーカーを中心と
した13社。日本国内でも採用が進む海外メーカーの名前もあったが、実験
結果については、社名を伏せた状態で発表されている。
出力低下について問題がなかったとされる4社については社名が公表されて
おり、京セラ、シャープ、Q-Cells(ドイツ)、LG電産(韓国)だったという。
13社の中にふくまれた国内メーカーは京セラとシャープだけで、日本製は
いずれも「出力低下の問題はなし」とされた。
太陽光パネルは安いだけでなく、
メーカーをきちんと選んだほうがいいということですね。

事例500『ホールダウン金物 ビス抜け』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今回で事例500回目。
週2回のペースで、約5年かかりました。
この写真を見て、自宅の欠陥に気づいたという
お礼のメールを何通も頂いています。
欠陥住宅の抑止になるなら、
今後もコツコツと続けていきます。
■(1)今回の事例________
「ホールダウン金物 ビス抜け」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-ホールダウンビス
 
◆写真解説
ホールダウン金物、ビス2本不足。
施工途中に電話がかかってきて、作業中断。
そのまま忘れてしまったらしい。
◆内容説明
ホールダウン金物は、柱の引抜きを防ぐ重要なもの。
ビスが不足していては、所定の引抜き力を発揮できない。
解説のように途中で作業を止めて、その後時間が経ち
忘れてしまうことが原因であり、故意にビスを施工しない
ことはないでしょう。
職人さんのミスは、検査で防ぐしかありませんが、
この現場は瑕疵保険の検査も、社内検査も細かく見なかったようです。
◆対策
職人のミスを防ぐには、現場の検査しかない。
誰が検査するかが重要です。
===============
■(2)編集後記
当社が検査で関わるお客様で
フラット35Sを利用している人は意外と少ない。
私自身も利用してないように、一般の銀行ローンでも
有利なものがあるからでしょう。
ローンを利用しなくても、フラット35の仕様書に沿って
施工する契約内容にすることをお薦めします。
図面や契約約款に表記してください。
住宅紛争になると建築基準法だけでは
業者に逃げられる確率が高くなる。
先日も、ある業者がこう言いました。
「フラットの仕様書に違反し、私たちも瑕疵だと思います。
ただ、基準法には抵触しないため、直さなくて良いと思います」
きちんと施工させるためにも、是非契約条件としてください。
よくわからない場合、検査依頼を前提の方は
個別にアドバイスいたします。

事例488『ねじ山の出』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
6月も下旬。今年は暑くなるのが遅いような気がします。
事務所のエアコンを1回も入れていません。
毎年この時期になれば、すでに入れているはず。
現場へ出る仕事、涼しいほうが助かります。
■(1)今回の事例________
「ねじ山の出」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-ねじ山
 
 
◆写真解説
ねじ山の出不足。
力学的な理由などから、ナットから2山以上出すことが必要。
◆内容説明
これは分かってはいるが、理由を聞かれるとよく分からないもの。
力学的な理由は、ここで記載すると難しすぎるので、
分かりやすい理由だけ説明します。
製造過程でねじ山を切る時、ボルトの端部に形が不完全なねじ部ができます。
これは端の面取り部分を含めて約2山になるようで、
ナットがこの部分に掛からないようにしなければならない。
写真は赤色のマーキングがあります。
これは社内検査でチェックしたという印。
締め付けだけをチェックしたようですね。
◆対策
ナットは締め付けだけでなく
ねじ山の出も確認する。
===================
■(2)編集後記
今春、検査した家。取り壊し、再築することが決まった。
同じ業者で建てると、また問題が起きる可能性があるため
新たに業者選びから始めないといけない。
たぶん、業者選びは難航することが予想されます。
施主さんの品質要求レベルが高い。
私の検査で、指摘をあまり受けないような施工をする。
これらを受け入れ、何事も無く完成させられる業者はかなり稀でしょう。
今までいろんな業者を見てきましたが
あまり思いつきません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る