ブログ

事例447『NC釘とCN釘を、間違えて施工した』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 毎年、1,2回、雪の影響で交通機関が乱れ
 現場へ行けないことがあります。
 
 今シーズンは、まだありませんが、
 
 明日、明後日、もしかしたら
 雪が降るかもしれません。
 
 
 週末の予定がきついので、雪が降らないことを祈っています。
 
 
 
■(1)今回の事例___________
  「NC釘とCN釘を、間違えて施工した」
 __________________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-NC釘
 
 ◆写真解説
 
 釘の種類で、CN釘とNC釘がある。
 現在も、多くの大工さんが勘違いしている。
 
 これらの断面積比は約倍違い、性能的には別物。
 ちなみに写真のNC釘は、構造用ではない、細い方の釘。
 
 
 ◆内容説明
 
 構造部の釘は、CN釘または、N釘を使う。
 (CN釘とN釘は性能、形状がほぼ同じ)
 
 勘違いで、構造部に使えない細いNC釘が
 打たれている現場が、たまにある。
 
 耐震性能等が、著しく落ちることは確実です。
 
 
 CN釘とNC釘。文字が逆さなだけ。
 また、N釘。Cがないだけ。
 
 経験がないと、パッケージの文字だけ見たら、
 間違って購入する可能性が高い。
 
 
 今更かもしれませんが、
 名称を変えることを、検討して欲しいと思います。
 
 
 ◆対策
 
 釘の間違いは、確認申請の中間検査などで
 指摘を受けないケースが大半。
 
 重要な部分だけに、釘の種類、ピッチは確認が重要。
  
 
==============================
■(2)編集後記
 今日の午後、配信されたニュース
 「耐震不足 検査機関に賠償命令」
 
 内容を要約すると、
 2003年12月に完成した横浜市の分譲マンション(37戸)
 
 日本ERIは、耐震強度が基準の64%しかなかったのに、
 建築確認済証を発行。
 マンションは強度不足の構造計算書に基づいて建設された。
 
 「構造計算書の誤りを見逃した」として、民間の指定確認検査機関
 日本ERIなどに対し、約14億800万円の支払いを命じた。
 開発会社のヒューザーは、破綻している。
 
 
 
 民間の指定確認検査機関の賠償責任が
 認められるのは、初めてだそうです。
 
 日本ERIは、民間ではシェア首位。
 ミサワホーム 、大和ハウス工業 、パナホーム、三井ホーム、
 積水化学工業が株主に名を連ねるなど、他と違い賠償能力がある。
 
 それでも、14億800万円の賠償額は、
 日本ERIの今期の経常利益11億円(予想)を上回る金額です。
 
 
 業者が選ぶ、民間検査機関は、「甘い、安い」ところが人気がある。
 今後、検査機関が訴訟リスクを配慮し、
 いろんな「甘い」が、どう変わっていくか注目です。
 
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ
 
 

事例444『金物の干渉によるビス不足』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 昨日、東名高速の赤塚PA(豊川市)上り線で休憩したとき、
 反対車線の路肩に止まっている大型トラックから、
 煙が上がっていて、火も出ているのが見えた。
 
 この影響で、名古屋に戻るときは大渋滞。
 
 移動は電車の方が確実ですね。
 
 
 
■(1)今回の事例___________
  「金物の干渉によるビス不足」
 __________________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-金物干渉
 
 ◆写真解説
 
 筋かいを固定する金物と、柱の引き抜きを押さえる金物
 (ホールダウン金物)が干渉している。
 
 弊害として、筋かい金物はビス不足。
 
 
 ◆内容説明
 
 2つの金物が干渉する。
 大工さんが考えた結果がこれ。
 
 保険の検査などが甘いから、
 これでもOKになると思ったのでしょう。
 
 
 ホールダウン金物を優先し、
 筋交いの金物を付けた。
 
 そのために筋交い金物は、
 柱、筋かいを留めるビスが両方共、不足している。
 
 
 規定の数だけビスを施工しないと、当然NGです。
 
 
 ◆対策
 
 金物は付いていればOKだと、思っている大工さんもいます。
 ビスの全数検査が重要です。
 
  
 
====================
■(2)編集後記
 「やらせ投稿」の勧誘メールを紹介します。
 
 ヤフーの知恵袋でも、「やらせ投稿」があったというニュース。
 その翌日、当社に送られて来たものです。
 
 
 ↓以下 メールのコピー
 (相手の名前だけ削除します。内容で再度とか、
 一度打合せしたような記載がありますが、
 一斉送信しているはずですし、そのようなことはありません)
 
 
 カノム
代表取締役社長様
お世話になっております。
株式会社○○の○○でございます。
度々恐れ入ります。
先日は
「口コミサイトで貴店の良い評判を紹介させていただき、
ブランディングを向上させ、新規のお客様を大幅に増やす」
方法をご提案させていただきまして誠にありがとうございました。
再度詳細をメールにてお送りさせていただきます。
弊社が行っているサービスを一言で申しますと、
ヤフー知恵袋、lococom、教えてgooなど御業界にとって
、多大な影響力を有する口コミサイトに
貴店のよい評判を書き込みさせていただいております。
更に弊社のサービスは非常にクオリティーが高いと、
お客様からご好評いただいております。
なぜなら、書き込みメディアや内容について
事前に社長様からのご要望を伺い、
プロのライターが内容作成させていただいているだけでなく、
投稿前に「いつ、どのメディアに、どのような内容で」投稿するかを
ご確認いただけるからです。
ですので、投稿内容については社長様の
ご要望を完璧に反映させることが可能でございます。
更に弊社はクラスB以上のIPを2000以上保有しているため、
まったく違う場所からの投稿としてメディア運営者に見せることが可能です。
因みに、弊社がこのようなサービスを提供している理由は
御業界において新規のお客様を増やすために
最も有効な方法は「よい口コミを増やす」ことでだからです。
ご来店を検討されているお客様は貴店を慎重に調べられ、
その際検討材料となるのが「口コミ」でございます。
割合にすると実に7割以上の方がご来店や
サービスの利用の際、口コミによって判断されます。
※ニールセン調べ
(長いので途中は省略します)
尚、口コミが飽和しすぎることによる効果低下を避けるため
先着順となっておりますので、
競合に先手を取らせる前に是非とも一度お問い合わせ
いただければと思います。
※情報管理は徹底しております。
秘密は厳守させていただきますので
ご安心くださいませ。
ご希望に添えない場合もございますので
お早めにお問い合わせいただけますと幸いです。
ご連絡いただければ幸いです。
何卒ご検討よろしくお願いいたします。
↑ここまでがコピーした内容。
 
 
 私は、アマゾンや楽天などで買い物をするとき、書込みを参考にします。
 こんなやらせがあると、今後信憑性を疑う必要が出てきます。
 
 友人や、発信者が誰か分かるフェイスブックの情報などしか
 信用できなくなるかも知れませんね。
 
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ
 
 

事例440『鋼製火打ち梁の取り付け不良』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日、現場で会った確認申請の中間検査員。
 
 ヘルメットは被らない、
 服は普段着、靴はクロックス。
 
 現場に居る誰もが、検査員だとは気づきませんでした。
 
 たぶん検査に来る意識が低いんでしょう。
 きちんと見るつもりなら、足場の上に乗ったりするので
 クロックスにノーヘルは、ありえません。
 確認申請の民間開放は、元に戻したほうが良い。
 
 今のままですと、無駄な費用だと思います。
 
 
 
■(1)今回の事例___________
  「鋼製火打ち梁の取り付け不良」
 __________________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-火打梁
 
 ◆写真解説
 
 鋼製火打梁。
 おさまらない箇所へ無理やり取り付けた結果、
 端部が曲げられ、固定の釘3本も未施工。
 
 
 ◆内容説明
 
 一応、取り付いてはいるが、
 先が曲げられ、釘固定もない。
 
 正規の状態より、どのくらい耐力が低下するかは
 実験をしないと分からないでしょう。
 
 ですから、正規の施工を行うことが大切です。
 
 
 ◆対策
 
 この商品、確か大きさが1種類しかない。
 
 イレギュラーになる場合、
 
 梁の位置を考慮するか、
 木製で現場に合った火打ち梁をつくり、取り付ける。
 
 
 
=====================
■(2)編集後記
 食べログの「やらせ投稿」のニュースで思い出しました。
 
 当社にも昨年、変な勧誘があった。それは、
 
 「インターネットの広告順位を上げます。
 方法は、上位の会社へある仕掛けをします」
 
 というもの。つまり、不正な手段で他社を欺く。
 
 
 過去にも、「検索順位を上げます」、
 「メルマガ、ブログ読者を1000人増やします」などの
 勧誘が多くきました。
 
 方法はどれも、裏操作によるもので、
 内容が伴うものではなかったです
 
 当然、どれも相手にしませんでした。
 
 
 対策は今後、出てくるとは思いますが、
 ネット情報の信憑性が揺らぐでしょう。
 
 正しい情報の入手方法を知ることが重要ですね。
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ 
 

事例432『筋かい金物未固定』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 「建築業界は、こんなにいい加減だと思わなかった」
 
 最近聞いた、お客さん言葉が頭に残っています。
 
 
 建築士、施工業者・・・皆いい加減。
 
 確認検査機関、瑕疵保証検査会社、NPO○○の検査組織も
 全ていい加減。
 
 
 結局、職人の当たり外れが、品質を左右する。
 
 
 
■(1)今回の事例___________
  「筋かい金物未固定」
 __________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-筋かい金物
 
 ◆写真解説
 
 筋かい金物のビス、施工忘れ。
 柱と筋かいが無固定状態。
 
 
 ◆内容説明
 
 この部分の施工の手順として
 1、柱と金物をビスで固定。
 2、筋交いを設置。
 3、筋交いと金物をビスで固定。
 
 つまり、3番目の作業が抜けています。
 
 早く施工するのも「技術」だと、
 大半の職人さんは思っています。
 
 早い=自分の儲けにつながる。業者、お客さんにとっても、良い。
 
 しかし、このような単純ミスが急ぐと起きやすい。
 
 
 ◆対策
 
 「のんびり作業する」
 
 職人の性格によっては無理な話。
 
 やはり全数検査しかありません。
 
 
====================
■(2)編集後記
 
 電話がかかってきて、「○○です」と言われても
 誰かわからないことが多い。
 
 過去のお客さんなのか、初めてかけてきた人なのか
 声だけでは判断できません。
 
 特に「鈴木です」、「佐藤です」とだけ言われると
 思い出すことも諦めます。
 
 
 年間、新規に150名ほどのお客さんを受け持ち、
 今までの累計は1400名を超えています。
 さらに、業者の担当者も入れると情報の数は膨大です。
 
 
 苗字だけですと、分かりにくいですが
 「△△市の○○です」と言われると、ほぼ分かります。
 
 さらに、「□□ハウスで◎年前に建築した、△△市の○○です」
 と言われると100%分かります。
 
 こちらから「どちら様ですか」と聞くのも、気まずいので
 上記のような電話のかけ方をしていただくと、大変ありがたく思います。
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ 

事例431『金物の位置が違う』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日は500KM以上、車で移動する予定です。
 
 雨降りですし、帰りが遅くなるといけないので
 出かける前に自宅で書いています。
 
 
■(1)今回の事例___________
  「金物の位置が違う」
 __________________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-構造金物
 
 ◆写真解説
 
 柱頭と梁が、離れないように固定する金物の
 位置が間違っている。梁同士を固定している。
 (矢印位置に付くのが正解)
 
 
 ◆内容説明
 
 柱をしっかり止めてないと、
 地震など大きな水平力が加わった場合、
 土台や梁から引き抜けてします。
 
 現場は一様でないため、
 流れ作業的に大工さんが付けてしまうと
 間違うこともあるでしょう。
 
 
 ◆対策
 
 やはり、全数検査するしかありません。
 
 
====================
■(2)編集後記
 造る家、99%が欠陥住宅の有名メーカーA社。
 それでも、
 ・自社の非は正直に認める。
 ・お客への対応はいい。
 ・欠陥の補修は、しっかりお金をかける。
 
 
 稀に欠陥住宅を建ててしまう地元工務店B社。
 ・非は絶対に認めない。
 ・すぐに裁判の話をちらつかせる。
 ・当社ような会社の介入を拒否する。
 
 どちらも、実際にある会社です。
 真の悪徳業者は、どちらでしょう。
 
 やはりB社でしょうか。
 
 
 B社のホームページには、社長の社会貢献の実績が多数掲載。
 
 弱者を助ける姿が、そこにはあるのに
 本業でトラブルになったお客に対し
 やっていることは、チンピラと変わらない。
 
 
 人間だから二面性もあるのは仕方がないが、
 社会貢献が、本業の営業のための手段になっている。
 
 
 最近は、共感を呼ぶ宣伝方法が多くなってきています。
 何を買うにしても、広告の嘘を見抜く力をつける必要がありそうです。
 
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ
 
 
 
 

事例430『梁の未固定』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日の中古住宅検査。
 床下で蛇の抜け殻を発見。
 
 新しいものではなかったため
 すでに蛇は、床下にはいないようでした。
 
 ゴキブリや巨大な蜘蛛はよく見るため
 何とも思いませんが、大きな蛇は嫌ですね。
 もし、床下で蛇に遭遇しても、
 狭いので身動きが思うように取れません。
 
 今後も遭遇しないことを願います。
 
 
■(1)今回の事例___________
  「梁の未固定」
 __________________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-梁が未固定
 
 ◆写真解説
 
 通し柱に接合する梁、
 固定ボルトのナット締め付け忘れ。
 
 誰かが気づかないと、固定されないまま完成し、
 大地震時にこの部分が抜ける恐れがある。
 
 
 ◆内容説明
 
 原因は、付け+締め忘れ。
 
 役所や保険の検査では、ボルト類まで細かくは見ない。
 そのため、ナットが無くても、緩んでいても
 そのまま完成することが大半です。
 
 また、現場を眺めているだけでは、
 気がつかないものです。
 
 ◆対策
 
 梁など構造部の緊結は、非常に重要。
 
 全数検査が必要です。
 
 
 
====================
■(2)編集後記
 
 先日見た「積水ハウスの現場」。
 
 トラック1台の荷卸のために
 交通整理員が来ていた。
 
 幹線道路でもなく、駐禁でない道路ですが、
 一時的でも路上駐車の迷惑を考え、
 交通整理をさせているそうです。
 
 また、職人用に駐車場も、数多く借りていました。
 
 
 もちろんこれは、家の値段が高く、
 経費を多く使えるメーカーだからできることです。
 
 もしかしたら、「さすがは積水ハウスだ」と思わせる、
 近隣への宣伝効果も狙っているかもしれません。
 
 細部にまで気を使えるということは
 良いことだと思います。
 
 
 フェイスブックやツイッターなどのソーシャルメディアの活発化により
 住宅メーカーも今後、いろいろな人へ気を配るようになるのでしょう。
 
 
 ただしこの現場、日曜日に工事して
 騒音で近隣に迷惑をかけたそうです。
 
 末端の職人には、会社の思いが伝わってないようですね。
 
 
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ
 
 
 

事例406『軒先金物 釘打ちなし』

こんにちは住宅検査カノム の長井です。
 
 
 台風で現場に出なかった、先週土曜日。
 1日がかりでパソコンの中身を入れ替えた。
 
 新しい方は、Windows7の64btのためか、
 いくつかソフトの設定が変わってしまい
 動作に苦労をしています。
 
 
 
■(1)今回の事例_________

  「軒先金物 釘打ちなし」
 ________________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-軒先金物
 
 ◆写真解説
 
 軒先金物、釘が一本も打たれていない。
 あとから施工するつもりで、忘れたようです。

 
 ◆内容説明
 
 原因は施工忘れ。
 
 躯体組立時は、10名弱の大工さんが
 集まり、作業をする。
 
 工場生産のように、役割分担が細かく決まってないので
 このような忘れがおきやすい。
 
 構造金物は、置いてあるだけでは全くの無意味。
 正規の釘を打って、はじめて機能を果たす。
 
 
 ◆対策
 
 確認申請の中間検査や、甘い瑕疵保証検査では
 まず、このような箇所は見ない。
 
 このような第三者検査に頼らないことが大事です。

 
 
================

■(2)編集後記

 今回の台風により、雨漏りした家が相当あるようです。
 
 今日も1件、調査に行き、原因を1時間弱で特定。
 また、今日だけで4件ほどの、
 雨漏り調査の問い合わせがありました。
 
 
 最近、雨漏り以外に紛争物件の調査も多く
 多忙な毎日を送っています。
 
 
 今週、求人募集をしている最中で
 電話の状況などから、15名以上の申し込みがあると予想しています。
 
 
 選ぶポイントですが、
 「逃げない人」が第一。
 
 業者の顔色を伺う検査会社でないため、
 争いを避けることはできません。
 
 また、紛争処理案件も多く、
 依頼者自身が精神的に滅入っているため、
 とばっちりを受けることだってあります。
 
 
 来週以降、選考が楽しみです。
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
  人気ブログランキングへ  
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
  http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

事例399『屋根たるき 相互の接合金物付け忘れ』

こんにちは住宅検査カノム の長井です。
 
 明日から夏期休暇のため、
 今回は木曜日発行です。
 
 
 休み明けすぐ、
 大工さん相手にセミナーをします。
 
 過去、たくさんセミナーをしましたが、
 職人さん相手は、初めてです。
 
 私が、大工さんに伝えられることは何か
 休み中に、話をまとめたいと思います。
 
 
 (当社の夏期休暇8/12~16です)
 
 
■(1)今回の事例__________

  「屋根たるき 相互の接合金物付け忘れ」
 _________________
 
 

欠陥住宅を調査する建築士のブログ-屋根たるき
 
 
 ◆写真解説
 
 ツーバイフォー、屋根梁方式の小屋組。
 
 頂部のたるき相互の接合金物が施工されていなく、
 緊結状態が十分でない。
 
 
 ◆内容説明
 
 今回の例は、一部分だけの施工忘れ。
 
 ツーバイフォーは、金物や釘を多く使うため、
 このような忘れが生じやすい。
 
 
 構造的に重要な部分だけに
 忘れがあってはいけない。
 
 
 
 ◆対策
 
 完成済の検査で発見。
 きっと社内検査などが、ザルなんでしょう。
 
 対策はやはり、全数検査をきちんと行う。
 
 
 
=====================

■(2)編集後記
 
 
 このところの検査で、
 大修理・補修が必要な家が、多く出ている。
 
 
 施工に原因があるので、
 業者が直すのが、当たり前なんですが、
 
 完成済の家の場合、注意したい事があります。
 
 
 それは、修理、補修費が高額になると
 業者が逃げる確率が高くなる。
 
 
 特に、弁護士が代理人として出てくると
 
  ・時効です。
  ・瑕疵はない。
  
  となど主張し、責任回避します。
 
 
 
 いつも依頼者に言われることは、
 「買う前に、当社を知っていればよかった」
 
 
   宣伝不足を痛感しています。
 
 

 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
  人気ブログランキングへ
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
  http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

事例391『ドリフトピン抜け』

こんにちは住宅検査カノム の長井です。
 
 
 暑い日が続きます。
 
 事務所は意外と風が通るし、
 奥行き1.5Mくらいのバルコニーのおかげで
 日差しが中まで入らない。
 
 湿度が高い日以外は、エアコンなしでも
 扇風機だけで、なんとか過ごせます。
 
 
■(1)今回の事例____

  「接合ピン抜け」
 ___________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-ドリフトピン
  
 
 ◆写真解説
 
 屋根を構成する母屋の端部の接合ピン抜け。
 
 上の赤丸は社内検査時の印、
 下は見落とした?

 
 ◆内容説明
 
 木造住宅の金物接合部のピン抜け。
 

 金物の説明はウィキペディアに詳しく書いてあります。
 ↓
 http://ja.wikipedia.org/wiki/ ドリフトピン工法
 
 
 せっかくいい金物をつけても
 このピンが抜けていたら意味が無い。
 
 
 検査する立場からすると、
 このピンが見にくい。
 
 色をつけるなど、目立つようにすれば
 施工忘れは、激減すると思う。
 
 
 
 ◆対策
 
 全数検査したつもりでも、
 今回のような見落としもある。
 
 何重かで検査するとよい。
 
 
===================

■(2)編集後記
 
 500年住宅 という本を読みました。
 
 NPO法人 緑と水の協会編   成山堂書店
 http://www.amazon.co.jp/dp/4425982215
 
 
 本の内容を短く言うと
  高耐久・エコ・コンクリート住宅。
 
 コンクリート住宅を検討中の方は
 参考になることが書いてあります。
 
 
 100年、200年住宅などもあります。
 設計も大事ですが、
 一番重要なのは、メンテナンスだと思います。
 
 古い木造のお寺などが、いい例で、
 手入れすれば長持ちします。
 
 
 100年、200年、500年。
 こんな先まで設計、施工した人、
 もちろん自分自身も生きていません。
 
 ですから、先の保証は当然ありません。
 
 実際に500年持つかは、疑問ですが、
 今できる限りの高耐久設計をすることは
 いいことだと思います。
 
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 人気ブログランキングへ  
  
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

事例390『構造金物 ビス抜け』

こんにちは住宅検査カノム の長井です。
 
 
 書類の締め切りノルマに追われ
 休みなく、夜中まで仕事していると
 お客さんの名前を間違えるなど、単純ミスが連発。
 
 やはり2,3割の余裕を持って仕事しないと
 ダメですね。
 
 
 
■(1)今回の事例______

  「構造金物 ビス抜け」
 _____________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-構造金物390
  
 
 ◆写真解説
 
 金物ビス施工不備。
 途中で施工を中断し、そのまま忘れてしまった?

 
 ◆内容説明
 
 柱の端部を緊結するために取り付ける金物。
 
 木造住宅は、躯体組み立て時、
 大工さんが大勢集まって作業をする。
 
 このときに、筋交い、金物まで付けるケースもある。
 人手が揃っているので、その日のうちに
 仕事を終わらせようと、急いだ事が原因でしょう。
 同じような例は、たまに見かける。
 
 
 取り付ける数が多いだけに
 このような、ミスが出やすい。
 
 
 ◆対策
 
 金物を全数、社内検査しているのは
 一部の大手メーカーだけ。
 
 保険の検査も1社を除き
 ほとんど金物を見ていない。
 
 第三者検査を入れるなど
 最低、誰か1人に全数検査をさせる。
 
 
====================

■(2)編集後記
 
 
 完璧な仕事をする基礎屋さんに遭遇した。
 
 土工事、鉄筋工事、コンクリート工事
 全てにおいて、文句の付けようがない。
 つまり100点満点の仕事。
 
 
 レベルが高い基礎屋さんはたくさん居る。
 しかし、100点満点は今までいなかった。
 
 どこが違うのか?
 
 
 「単価がいいんじゃないか?」と思う人が多いでしょう。
 
 ・・違います。
 ローコストメーカーの仕事をしています。
 (アイフルホーム)
 
 
 大きな違いは、職人さん自身が基準を全て理解し、
 1mmでも違反しないように
 自主検査しながら仕事をしている。
 
 だから、ミスが出てもカバーし
 完璧な状態にしている。
 
 
 職人さんは時給ではなく、請負形態で仕事をしている。
 つまり、時間をかけない方が、お金になる。
 
 
 単価が安いと嘆き、
 手抜きをしたがる職人、監督が多い中で
 真理に沿った仕事をしているすごい基礎屋さん。
 
 
 こんな基礎屋さんばかりになれば
 基礎の欠陥は無くなるでしょう。
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 人気ブログランキングへ
  
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る