ブログ

事例542『基礎の結露が原因で土台がカビた』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
役所の耐震診断を行っているため、
このところ耐震改修の相談をよく受けます。
昨日は2件実施、今日は1件予定があります。
多い相談内容は
「改修と建て替え、どっちがいいか」
金銭的に見れば圧倒的に改修ですが、
改修方法や、その方の状況、居住性、耐久性などを考慮すると、
一概に改修が絶対にいいとは言えません。
当社は検査専門で施工を行っていないため
中立的にアドバイスができる。
そんな理由もあって、相談しやすいのでしょうか。
■(1)今回の事例________
「基礎の結露が原因で土台がカビた」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-床下結露
 
◆写真解説
基礎外周部が結露し、床下が湿気て、
土台、合板がカビた。
完成時の検査で発見。
◆内容説明
基礎断熱仕様の家。(内側の断熱)
1ヶ所室内へ空気抜きの穴がある程度で換気はなく、
床下はほぼ密閉空間。
結露した原因は2つ考えられます。
・基礎コンクリートからの水分蒸発。換気が無いため湿気が溜まった。
・基礎に張り付けられた断熱材が基礎に密着していなく、
 基礎表面に空気がまわり結露した。
床下を密閉した現場で、今まで何度も結露やカビを見ています。
換気など計画を間違うと、このようになります。
また、換気があっても工事中は機械が止まっているため
結露してしまうこともあります。
設計者、施工者の経験や知識が少なくても起きやすい。
◆対策
基礎断熱仕様で床下を密閉する場合、
工事中の湿気抜き、入居後の換気計画を確認する。
新しい工法はリスクが高い。実績のあるものを選ぶと安心です。
===============
■(2)編集後記
今日紹介しました基礎の結露は、各所で起きています。
今週、完成検査に行った現場でも結露していました。
完成時、床下を検査しない会社がほとんど。
今回も、結露していると教えてあげても
監督が自ら確認をしようとはしなかった。
たぶん、床下に入るのに抵抗があるようです。
冬以外に実施する完成検査では、結露は確認できません。
定期的に床下を点検することが重要です。

カラカラ

強烈な冬型の天気。
室内の湿度もかなり低い。 28%
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-湿度計
今日のような昼間に湿度が高い家は、湿気がこもりやすい家です。
除湿や換気などを気をつけてみてください。
住宅検査カノムの
スマートフォンサイト→こちら
 
PCサイト→こちら

事例531『屋根の結露』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今朝は寒かったです。
それなのに朝一番の現場は業者が40分も遅刻。
その間、外で待っていました。
午前中の予定の遅延は、そのあとの予定が狂います。
合間の余裕時間が無くなり、1日バタバタしました。
■(1)今回の事例________
「屋根の結露」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-屋根結露
 
 
 
◆写真解説
天井が濡れるという相談を受け、屋根裏を確認したら
結露が原因だった。小屋裏換気の欠落が原因。
◆内容説明
部屋の湿気た空気が小屋裏にこもり、
冬場、冷たい屋根面で結露を起こした。
一見雨漏りと区別がつきにくいですが、
詳しく見ていくと判別できます。
早期の発見だったため、構造的な被害には至りませんでした。
◆対策
フラット35等の基準を守り、小屋裏換気を取る。
気流止めや気密工事で、小屋裏へ湿気を上げない。
===============
■(2)編集後記
自宅が築10年目を迎えるため、床下くらいは点検しておこうと思っています。
普段、入り慣れている私から、
床下に自分で入るときの注意点を3点教えます。
1、閉所恐怖症の人はやめたほうが良いです。
  暗い、狭い。戻れなくなったらどうしようという恐怖心が出ます。
2、防塵マスクは必要です。
  普通のマスクですと隙間がありますし、移動で息が荒くなると苦しくなります。
  安い防塵マスクも同様なので、数千円する高価なものをお薦めします。
3、服装
  使い捨てのつなぎ、もしくはこの時期でしたらカッパでもOK。(夏は蒸れる)
  頭はタオルなどで保護。
  意外と痛いのが「肘」。下がコンクリートの場合、
  服があっても皮膚が擦り切れることがあります。
  ローラースケートの肘あてなどがあると良いです。
  
やはり、いろいろ面倒ですね。

今日多かった相談

今日、結露に関する相談が2件あった。
・高断熱、高気密にしたのに結露がひどい。
・断熱性能がいいサッシを付たけど、窓の結露がひどい。
断熱性能が高いのに結露を起こす。
原因は室内の湿度が高いことが多い。
業者に相談すると「換気をきちんとしてください」と言うでしょう。
しかし、換気だけでは結露は無くならない。
強制的に湿度を下げないと、、
結露を無くすことは不可能です。
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!
 

人気ブログランキングへ 

事例470『屋根合板の結露』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
ここ数日、瑕疵調査や裁判関連の書類作成に追われています。
よくある瑕疵なら書くのは簡単ですが
稀な例が次から次へと出てくるため、時間を取られています。
 
■(1)今回の事例________
「屋根合板の結露」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-屋根合板結露
 
◆写真解説
 
屋根裏側の結露。
屋根裏空間は換気がなく密閉状態。
室内から上がった湿気がこもり、結露した。
 
◆内容説明
今回の原因を詳しく書きますと、
床下で水漏れが発生。
床下の湿気が、間仕切壁の隙間から
下屋(2階建ての平屋部分)屋根裏へ進入。
屋根裏に換気ガラリを付け忘れ、
換気が無いために湿気がこもり、
冬場、冷えた屋根面で結露を起こした。
◆対策
水漏れを起こさない。
水漏れを早期に発見。
間仕切壁に気流止めを施工。
屋根裏を十分換気する。(屋根断熱の場合を除く)
====================
■(2)編集後記
昼間ほとんど現場に出ているため
INFOと私宛のメールを全てGmailへ転送し、
スマートフォンでチェックできるようにしています。
ただし、普段から仕事と仕事の合間に余裕がないため
スマートフォンを見る暇があまりありません。
フェイスブックなどにも登録をしていますが、
合間にGmailをチェックするだけで精一杯です。
最近、INFOのメールがGmailではじかれるのか
Gmailで見れません。
ゴミ箱や迷惑メールフォルダにもありません。
改善方法もいろいろ試しまたが不明ですし、
リアルタイムにメールをチェックできるのが
いいとも限らないので、そのまま放置しています。
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!
 

人気ブログランキングへ

結露に対する24H換気の効果

紛争の話し合いに、技術的なアドバイザーとして同席。
話がまとまるまでに5時間半。
覚悟はしてましたが、長時間かかりました。
----------------------------------------
先回に続き、結露のお話。
「結露がひどい」と申し出ると、ハウスメーカーの担当者の多くは、
「24H換気を動かしてください」と言う。
本当に効果があるのかを説明します。
例えば、居室から外気を取り入れ、
トイレの換気扇で排気するような24H換気。(通称 第3種換気)
排気の換気扇近くで、サッシなどの隙間から空気を吸い、
居室の空気を引っ張らないケースが多い。
つまり、換気扇近くで空気がまわっているだけで
居室の空気は、滞留したまま。
これでは、湿度は減らない。
また、コンセントなどから乾燥した外気が入る家でも
湿気は滞留しやすく、湿度はあまり下がらない。
ガラスや壁表面の温度にもよりますが
名古屋の冬場で、湿度が~45%くらいでは結露は起きません。
24H換気で効果がなければ、先回記載したような内容で
除湿するしかありません。
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!
 
 
人気ブログランキングへ

結露を防ぐ壁仕上げ材

今日も車での移動距離400km。
景色が単調な東名高速。海を見ながら走る伊勢湾岸道路。
車が少ない伊勢道など、いろいろな道を走りました。
無事帰ってくると、ほっとします。
----------------------------------------
昨日瑕疵検査に行った現場。
内壁の仕上げが「しっくい」でした。
しっくいは、湿気を吸うので結露対策になります。
普通の家なら、結露で窓がべたべたになる寝室も
結露している形跡はありませんでした。
現代の家はクロス壁がほとんど。ですから、
結露を無くすには、エアコンや除湿機能がある換気扇で
湿気を取るしかありません。
機械で除湿すると過乾燥になりやすい。
あるハウスメーカーの家に住む方が
冬の室内の湿度は15%だと言ってました。
これだと、結露はしなくても、
風邪をひきやすいなど、かえって体には悪い。
結露で困っている家の方、調湿機能がある自然素材等で、
壁、天井をリフォームするのも、一つの有効な方法です。
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!
 
人気ブログランキングへ 
 

事例425『壁内の湿気』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 しばらく休みが無い状態が続き、
 少しでも気分転換できないか、考えていたところ
 先日、急に検査のキャンセルが出て、半日時間が空きました。
 
 この時間、書類を処理する時間にあてると、あとが楽ですが、
 思い切って、愛車の大型オフロードバイクで、長野県の山へ出かけました。
 
 
 服装は、防寒ウエアの下に、さらにダウンを着込むなど、
 真冬の装備で出かけました。それでも、
 標高1000M付近は寒く、体が芯から冷えきってしまい、
 現在も、風邪気味です。
 
 途中は、ほとんど紅葉していませんが、
 2000Mを超える山の紅葉は、綺麗でした。
 
 
 
■(1)今回の事例___________
  「壁内の湿気」
 __________________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-壁内の湿気
 
 
 ◆写真解説
 
 コンセントBOX、ビスのサビ。
 壁内が湿気ているために発生した。
 
 木が腐る恐れがある事例。
 
 
 ◆内容説明
 
 壁内の湿気は、木を腐らせたり
 鉄部をサビさせる。
 
 ビスのねじ山部分は、サビやすく、
 壁内結露などの有無を、確認する方法の一つです。
 
 
 昔のスカスカの家なら、湿気は滞留しない。
 
 最近は、長期優良住宅やフラット35Sの普及により
 気密が高くなる傾向にある。
 
 湿気を取り込んでしまい、逃げ場がない構造になっていると
 壁内が湿気る。
 
 
 ◆対策
 
 結露やカビの問題は、現在でも多く発生しています。
 
 設計に問題があることが多く、
 我が家が、実績のない、新しいものの実験台に
 ならないように注意したい。
 
 
 
=====================
■(2)編集後記
 今週は、欠陥住宅で紛争中の方からの
 相談電話が多かった。
 
 原則、紛争に関する電話無料相談は、お断りしています。
 
 料金を取り、相談で儲けたい、わけでありません。
 いきなりの電話では、状況を把握できていなく、
 間違って内容を捉えられると、困るからです。
 
 
 それでも、助けを求めてきた人に
 冷たい対応はできないので、少しは話を聞くようにしています。
 
 
 また、電話相談だけでなく、新築、入居後問わず、
 何かあってからの依頼が多い。
 
 
 最近、20代前半の方が、新築検査を申し込んできた。
 働き始めてまだ数年、予算的に余裕があるわけではないのに、
 多めの回数を申し込まれました。
 
 
 話を聞くと、この方は身内が欠陥住宅を掴んでしまった経験があり
 
 ・あてにならない、業者寄りの第三者機関
 ・まったく機能していない建築士の監理
 ・完成してからでは手遅れ
 
 など、業界をよく理解されている。
 
 
 こんな方たちばかりなら、欠陥住宅をつかむ人は減るでしょう。
 
 
 情報発信の一つとして
 
 社団法人AJIAのHPで、欠陥住宅の動画が見れます。
 http://www.ajia.or.jp/tv.html
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
  http://archive.mag2.com/0000238034/index.html

事例411『屋根の結露』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今週火曜日の豪雨で
 事務所のある名古屋市守山区の一部地域が、浸水しました。
 
 今朝、現場を通りました。
 すでに水は引き、道路は泥だらけですが、
 建物の被害状況は、車で通るだけでは、よくわかりません。
 
 床下、床上浸水した方へ、心よりお見舞い申し上げます。
 
 
 
■(1)今回の事例_______
  「屋根の結露」
 ______________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-屋根結露
 ◆写真解説
 
 屋根合板の結露。
 合板にカビが生え、腐食が進んでいる。
 
 放置すれば、屋根が崩れる。
 
 ◆内容説明
 
 結露の一番の原因は、室内の湿気た空気が
 大量に屋根裏へ入っていること。
 
 屋根合板面が冷たく、結露を起こした。
 
 
 この事例は決して、珍しいものではない。
 
 2階の天井、壁面が隙間だらけなら
 室内の空気が小屋裏へ入る。
 
 
 
 ◆対策
 
 気流対策(気密施工)をするか
 しない場合は、小屋裏の換気を十分に取る。
 
 
===================
■(2)編集後記
 
 
 欠陥住宅を掴んでしまうと、金銭損失の大きさから
 普通は、平常心ではいられなくなる。
 
 さらに、業者が嘘をついたり、逃げたりすると
 いろいろ疑い深くなるのは仕方がないと思う。
 
 今週も、欠陥検査の依頼があり、こう聞かれた
 「最初に依頼したNPOの会員が適当な検査をし、
 さらに業者の味方している。おたくは信用できますか」
 
 投資で、「絶対に儲かります」という営業文句のようなもので、
 自分から「うちは信頼できます」と言うこと自体、
 怪しく思えませんかと、答えました。
 
 
 顧客の期待と一致しないと、
 信頼できない業者になってしまいます。
 
 例えば、業者から値引きを引き出すために、
 法律、基準で白のものも、黒と言って欲しいという期待には
 当然プロとして、私は添えません。
 
 
 ドラッガーの著書にありますが
 「プロたるものは、顧客に対して、必ず良い結果を
 もたらすと約束することはできない。
 最善をつくすことしかできない」
 
 自分に言い換えれば、
 今までの経験の蓄積から、知識を生かして、最善をつくし、
 期待以上と思っていただくように仕事をする。
 
 
 最善をつくすにも、知識や経験が少ないと
 最善のレベルが変わります。
 
 検査会社を選ぶポイントは、
 難しい事案の経験数だと思います。
 
 
 これも、依頼者に聞いた話ですが、
 雨漏り調査を検査会社(個人の設計士)に依頼をしたら
 現場に来て、「雨が漏ってますね」と状況を見ただけ。
 報告書は「施工業者が原因を調べ、修理しなさい」とだけ書かれていた。
 
 この程度だったら、依頼する意味がない。
 
 いろいろと出てくる、検査会社への不満
 あまりに多すぎるのと、NPOなどに比べたら当社は100%民間会社。
 うちも同類だと思われても、仕方がないですね。
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
  人気ブログランキングへ
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
  http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

事例409『基礎の結露』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 求人誌を出すと、急激に営業電話が増える。
 電話番号データを、そこから集めているんですね。
 
 どんなしつこい相手でも、上手く断れますが、
 相手も必死なのか、なかなか引き下がらない人もいる。
 
 
 こちらも、忙しいので
 つい、口調が荒くなってしまう。
 
 余分なことで、怒りたくないですね。
 
 
 
■(1)今回の事例___________
  「基礎の結露」
 __________________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-基礎結露
 
 
 
 ◆写真解説
 
 基礎の表面で、結露がおきている。
 床下の通気が悪く、湿気がこもったことが原因。
 
 
 ◆内容説明
 
 写真を撮影したのは冬。
 基礎の表面が冷めたく、床下が湿気ていたため結露が起きた。
 
 結露がおきるくらい、床下が湿気ていると、
 木にカビが生えたりすることがある。
 
 何らかの対策が必要です。
 
 
 私は床下によく入ります。
 
 今主流の基礎パッキン。
 特に連続タイプは、通気が悪い気がします。
 やはり、「換気孔」が一番空気が通ります。
 
 
 ◆対策
 
 地域によっては、湿気やすい場所もある。
 
 そのような場所では、あらかじめ、
 設計段階で配慮することが大事です。
 
 
===================
■(2)編集後記
 
 前回までと少し違った意味の
 呆れる監督さんを紹介します。
 
 上場はしていませんが、
 ほぼ全国に展開しているメーカーのCさん。
 
 
 瑕疵調査結果を見て、瑕疵の全てを認めた。
 そこまでは良かったのですが、
 
 補修工事について、自分で考える意思が全くない。
 「どのように工事するか、お任せします」と私に言ってきた。
 
 「こんな方法でどうですか」と聞かれることはあるが
 丸投げされるのは珍しい。
 
 
 現場の数が多く、多忙のため、普段から、
 職人任せ、人任せで仕事を乗り切っているのでしょう。
 
 
 自分で考えないと、仕事の質が上がらないと
 言ってあげました。
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
  人気ブログランキングへ
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
  http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る