ブログ

事例631『偽 2×4』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
当社が検査に入る予定があると、
業者は、どんな会社だろうと
隅々までホームページやブログを見るようです。
きちんと普段から施工していれば
検査を恐れることはありません。
検査で大きな指摘が出ない現場もあります。
■(1)今回の事例________
「偽 2×4」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-まぐさなし
 
◆写真解説
2×4の窓上に必要な構造材(まぐさ)が入っていない。
基準を無視し、業者の自己流で建てられた家。
安全性の保証はない。
◆内容説明
小屋裏、床下など、目視できる部分で
基準を無視した構造を確認。
赤外線サーモグラフィーカメラで壁の骨組みを
確認すると、やはり必要なまぐさが入っていなかった。
2×4工法(枠組壁工法)は使う材料をはじめ、
あらゆる構造の規定が告示で決められている。
しかし、2階建ては構造審査がないので
告示を無視しても家は完成する。
専門の躯体工場へ発注すれば、このような事は起きない。
コストダウンのため、自己流で組んだのでしょう。
◆対策
確認申請制度を信用しない。
複数のチェック体制が必要です。
=======================
■(2)編集後記
今回記載した「なんちゃって2×4」を見たときは
何でこんな家を造るのか不思議でたまりませんでした。
家は仕上げてしまえば、「内部のアラ」を隠せるので
骨組はなんでもいいと思ったのでしょうか。
今回の例も、いろいろ目に見える不具合が出て
最終的に手抜きがバレました。
修理は無理なレベル。
家をぶっ壊さないと直らない事例です。

事例626『基礎断面寸法の不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
風邪をひいてしまいました。
熱は無いのですが、のどが痛く、ややだるい。
昨日は腰も痛かった。
今日は、昨日よりもよくなりました。
さっさと、仕事を片付け早めに寝ようと思います。
■(1)今回の事例________
「基礎断面寸法の不備」
________________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-基礎高さ
 
◆写真解説
基礎の高さが図面より低い。
基準では誤差は-10mmまで許されるが、15mm低い。
高さが低いほど、基礎の強度は下がる。
◆内容説明
基礎を施工するとき、天端を決め、
土を掘ったり、コンクリートを打ったりする。
全体の高さが低いということは、土が高かったと思われる。
わずかな数字ですが、誰でもマイナス側の誤差に敏感です。
強度に対する影響はなくても、気をつけるべき事項です。
大手メーカーなどを見ていますと、
プラス側に誤差が出るように、基礎を造っています。
◆対策
あらかじめ注意しておくと
気をつけて施工をしてくれます。
==================
■(2)編集後記
昨日、構造検査に行った現場。
大工さんに金物取り付けの指示をしたところ、
瑕疵保険検査のJIOの検査員が施工しなくていいと言った
と主張してきた。
その場にJIOの検査員がいたので、聞いてみると
「弊社は図面どおりかを見ている。
図面に記載が無ければ、指摘をしない」という回答でした。
構造金物の未施工は、建築基準法に抵触します。
保険の検査が、業者が手を抜くための口実に使われていては
意味がありません。
大工が手を抜きたい理由は、請負単価の安さにあるようです。
現場監督が何か言っても、二言目には
「単価が安いからやってられない」
このような大工は故意に手抜きをするでしょう。
経営者が現場に目を配り、職人を厳しく指導すべきです。

基礎の開口

床下点検のため、基礎の立ち上がりに開口をあけます。
その開口の位置や鉄筋がおかしな現場が多い。
理由は、設計者が無知、または指示しない。
あと、木造2階建ては構造計算を行わないからです。
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-人通口
(柱の間隔が4Mの箇所に、2つ連続した人通口)
大地震時に弱点となります。
きちんと、構造的な配慮をしましょう。
(新築検査の図面チェックで、おかしければ意見します)
施工業者さんに広く知ってもらうため、
日経BPさんへお願いし、ホームyビルダー12月号で
人通口についての記事が出ます。
業者の方は、読んで勉強してください。

事例623『床剛性の不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
事務所の周囲は今、解体ラッシュ。
すぐ近くで3件も解体しています。
1軒は終わり、今日地鎮祭をやってました。
瀬戸街道は古い建物が多いため、
建て替えできれいになることを期待しています。
■(1)今回の事例________
「床剛性の不備」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-床剛性
 
◆写真解説
バルコニーの床組。耐震等級計算内容と違う床組がされている。
(現場は根太+12mm合板。設計は28mm合板直貼り)
耐震等級2が取れず、長期優良住宅でなくなる。
◆内容説明
写真の例は、耐震等級計算内容と現場が不整合。
躯体加工の指示をプレカット工場へ全て任せ、
図面チェックで見落としたことが原因。
床の耐力について、ほとんどの会社が気にしていません。
木造2階建てでは通常、耐震等級2や3を取得するなどしないと、
床剛性の計算を行なわないからです。
下請けの建築士が床剛性を計算で考慮しても
計算書の中身を見ることなく、施工されるケースが多い。
◆対策
今回のような構造部は、プロでないとチェックが難しい。
構造計算を行った場合は計算書との整合を工事中に行う。
==================
■(2)編集後記
先日、ある大手メーカーの欠陥検査を行いました。
メーカーのホームページ上で、安全が強調されているものが
規定どおりでないことを発見。
規定どおりでなければ、性能は出ないはず。
そうなると、ホームページの内容は「不当表示」です。
証拠はしっかり押さえました。
メーカーが改善しなければ、消費者庁に通知しましょうか。

事例622『溶接不良』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
台風の影響による大雨で、雨漏り調査がまた増えそうです。
現在、雨漏り調査は対応しきれていない状態です。
(時間がかかるため、予定を組みにくい)
当社だけでなく、他のところも同じようで、
それだけ、原因の分からない雨漏りが多いようです。
■(1)今回の事例_______
「溶接不良」
_______________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-溶接不良
 
◆写真解説
鉄骨の溶接不良。工事中の変更で、
現場溶接した箇所が過度に凸凹しているなど粗悪。
大きな力に耐えられない恐れがある。
◆内容説明
写真は職人が施工したようには思えない
かなり粗悪な溶接。
構造で重要な接合部に、溶接不備はダメです。
鉄骨系のハウスメーカーは、現場溶接を禁止しています。
理由は、溶接の品質確保ができないからです。
製作ミスや変更がないようにすることが重要です。
◆対策
溶接の不良を素人が見分けることは難しい。
ただ、現場溶接したかどうかは、
建て方時に現場をよく見ていれば分かります。
=======================
■(2)編集後記
米産地偽装。
レストランメニュー表示偽装のニュースが
毎日取り上げられています。
消費者をひきつけるため、
企業側は広告や売り文句を研究してます。
最近は、ホームページやネット通販など、
写真と共に、文字を読んで商品を判断することが多くなり、
その傾向は増しています。
品質を置き去りにして、言葉の表現が過大になっている。
例は他にもあります。
弊社の業種で言うなら、社名。
「住宅検査カノム」よりは「建築○メン」の方が検査が厳しそうです。
また、プラスNPOなんて付けば、
儲けを考えず仕事しているようで信頼してしまいます。
彼らのあと、2件目の検査会社として何度か入っています。
再検査の理由を聞くと、道具もろくに持たずにきて、
簡単な検査で済まされてしまったと言う回答が多いです。
まじめに取り組んでいると思うのですが
登録している建築士のばらつきが大きいのでしょう。
「○メン」ではなく、「爺面」、「痔MEN」だと、
怒っている人もいました。
偽装や誇大表示に
騙されないようにしないといけません。

事例620『屋根壁の傾斜』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
現場で足を捻挫しました。
やった瞬間は、重傷かと思いましたが、
たいしたことなく、ほっとしています。
よく見ると、地面がかなり凸凹。
足元をよく見て歩かなかったことを
反省しています。
■(1)今回の事例_______
「屋根壁の傾斜」
_______________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-壁傾斜
 
◆写真解説
屋根部分の壁の傾斜。
美観上の問題で、構造に影響はない。
高さ80CMで3CM弱傾いている。
◆内容説明
木造住宅で外観デザイン上、屋根を隠す壁。
傾いたまま、外壁が仕上げられた。
途中の検査で、下から見上げた時に
傾斜に気がつきました。
足場を解体する前だったので、外壁をめくり
やり直していただきました。
ここ最近、同様な事例として
・片流れ屋根の壁の傾斜
・小屋束の傾斜
など、屋根部分の傾斜をいくつか発見しています。
1、2階壁の傾斜は自主的に確認しても
屋根部になるとあまり気にしないようです。
◆対策
計測機材を使い、屋根面の壁の垂直を測る。
======================
■(2)編集後記
現場で大工さんと話をしました。
その大工さんは「腕が悪い」と建築業者に
たびたび注意を受けているようで、
私に改善のアドバイスを求めてきました。
大工仕事のノウハウはないので、
どこを重点に気をつけるべきかなどを教えました。
今の職人さんは、親方から早めに独立するので
人から意見を求めることも大事かもしれません。

事例613『鋼製束のずれ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
昨日、慣れないことをしたせいか、
朝から背中が痛く、車に乗っているのが苦痛でした。
何とか、今は自然に痛みが引き、
書類作成など集中できそうです。
■(1)今回の事例________
「鋼製束のずれ」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-鋼製束
 
◆写真解説
1階床を支える鋼製束。
写真には写っていませんが、下に障害物があり、
横にずれて取り付けられている。
ビス固定もなく、不安定な状態。
◆内容説明
束を置く位置に、先に水道配管を置かれてしまった。
十分に固定ができていなく、大地震時などにずれる恐れがある。
本来、躯体構造が設備より優先しなければいけない。
配管をやりかえる手間を惜しんだ施工です。
◆対策
床下など普段、目に見えない箇所は
いい加減な施工が放置されていることが多い。
一度は床下を確認してみることが重要です。
===================
■(2)編集後記
今日午後からの検査に行った現場。
検査を全て終わらせることができずに帰ってきました。
理由は、隣地に入らないと確認できない箇所があり、
隣の人が不在で、敷地に入る承諾を取れなかったためです。
家がぎりぎりに建っている場合など、
稀に隣地へ入る必要があります。
下見をすれば良いのですが、
費用のアップにつながるため、今までは提案したことがありません。
数年に1度あるかないかの事ですが、
検査の内容によりましては、検査前の下見が必要になるかもしれません。

事例612『土台の不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
明日からまた3連休。
このところ、時間に余裕が無いので、
現場予定をできるだけ入れないで、
書類など、まとめて片付けようと思います。
■(1)今回の事例________
「土台の不備」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-土台不備
 
 
◆写真解説
120mmの材料が入るところ、90mmを入れてしまった。
上端をそろえたため、基礎との間に隙間が出来、
アンカーボルトで緊結できずに浮いてしまっている。
◆内容説明
木造の躯体は、プレカット業者が構造図を書き、
部材を決め、現場へ納めるケースがほとんど。
図面が間違っていれば、現場に余分な材料はない。
仕事を止めたくない大工さんがそのまま施工した。
似たような材料ですが、
基礎の上に載って柱などを受けるのが土台。
束に支えられ、床を受けるのが大引きです。
◆対策
図面をミスらないことが一番。
ただ、これは担当者の仕事。
1階床を施工するときにチェックをする。
=====================
■(2)編集後記
現在、AIR断震(http://www.airdanshin.jp/)装置付きの家を
検査しています。
ホームページなどを見てもよく分からなかった詳細が
検査の毎に分かってきました。
地震のときに家を浮かす。
誰でも思い付きそうなものですが、
これを現実に開発した人はすごいなと思います。
13階建てのビルを持ち上げる工法など、
他にも知られていないだけで、すごい技術はたくさんあります。
いろんな情報をこれからも得ていきたいですね。

事例611『鉄筋相互のあき不足』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今回の台風は、突風、浸水など
多くの家屋に被害が出ました。
浸水しそうになったら家が持ち上がる装置。
竜巻でも壊れない屋根、壁、雨戸などの
自然災害対策が今後、いろいろ出てくることを願います。
■(1)今回の事例________
「鉄筋相互のあき不足」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-鉄筋あき
 
◆写真解説
基礎の主筋。相互の間隔が規定より狭い。
鉄筋のあきが確保されていないと、
鉄筋とコンクリートの付着による応力の伝達が
十分に行われない。
また、生コンが分離する可能性がある。
◆内容説明
鉄筋のあきの基準は次のうち最大のものとする。
・粗骨材の最大寸法の1.25倍
・25mm
・隣り合う鉄筋の平均径の1.5倍
鉄筋がD13、粗骨材が25mmだとすると、
25mm×1.25=31.25mmが最大になる。
つまり32mm以上あけないといけないところ
20mmしかあいていない。
基礎の立ち上がり、人通口の位置、
又は配筋内容によって、鉄筋が集中してしまうことがあります。
この規定を守りたくても守れない場合、仕方がないと放置せず、
一番強度的に良い改善方法を考える事が重要です。
◆対策
工場で組み立てる「組鉄筋」を使うか、
配筋検査時にチェックをする。
===================
■(2)編集後記
欠陥住宅検査の書類作成に追われています。
欠陥検査を依頼するきっかけは、
少し気になる箇所があり、私が根拠を付けて書類を書き
業者に直させたいという意向がほとんど。
しかし実際に検査に行くと、いろいろ重大な指摘が出て
気にしていたことが小さいことに思え
どうでもよくなってしまう方が多いです。
今、書いている現場も、信じられないような
重大な構造欠陥を発見しています。
重大な構造欠陥は、大地震が来るか、
きちんとした検査を入れない限り、知ることはできません。
昭和56年以降の建物は安全だと
テレビや雑誌などで言っていますが、
重大な手抜きをされていては、そうとは言えません。

事例609『基礎のズレ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今朝、羽島市IC近くの市道を走っていたら
鳩がフロントガラスにぶつかった。
高速道路の走行が多いので、1年に1回は
飛び石でフロントガラスが割れます。
鳩がどうなったか分かりませんが
今回ガラスが割れず、良かったです。
■(1)今回の事例______
「基礎のズレ」
_____________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-基礎のズレ
 
◆写真解説
土台が基礎にのっていない。基礎の位置を間違えたのが原因。
床下で目に付かないため、
ズレたまま、補強なしで放置されるケースが多い。
◆内容説明
今回の例は、今まで何度も見ています。
原因は、図面自体が間違っているか、
職人が間違えて施工したのどちらかです。
間違いが発覚しても、直していると
次の予定が狂うので、そのまま隠されてしまうケースが多い。
◆対策
床下はあとからの確認が大変。
ふさがれる前に各所チェックする。
==================
■(2)編集後記
今日検査に行った現場。
外壁下地の防水施工が、あまり見たことがない
方法で行われ、不備になっていた。
現場監督に「ミスが起きやすい施工ですね」というと
「社内基準なんです」という答えが返ってきた。
不備が出やすい、確認しにくい施工方法を
あえて社内基準としている。
おかしいと現場から声が上がらないのでしょうか。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る