ブログ

事例600『床合板固定不良』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。

このところ、裁判関係の依頼が殺到しています。

新規以外は、裁判の進行によって業務が出るため、
いきなり依頼が来ることがほとんど。

来週のお盆休みを多少減らさないと
期限までにやりきれない感じです。

■(1)今回の事例_______

「床合板固定不良」
_______________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ 

◆写真解説

2階の床合板の一部が梁に固定できない。
合板の四方釘打ちで床の計算をしているため
耐震等級が不適合になる。

◆内容説明

2階の壁で受けた力を、1階の壁へスムーズに伝えるため
床の剛性は重要です。

写真は、バルコニー部分で合板が梁に届いていなく
端が釘で固定できていない。

構造検査が要らない木造2階建てでは
法違反にはなりませんが、
耐震等級を取得していると、床剛性を計算によって
確認するので、指摘対象となります。

◆対策

バルコニー部分の床剛性のミスは意外と多い。
構造検査時によく見る。

================

■(2)編集後記

1000号目指してはじめた欠陥事例の紹介が、
今回で600号になりました。

1年で約100発行するので、1000号まであと4年。
これからも、火、金の日課として続けていきます。

事例599『基礎パッキンのズレ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日、財布を事務所に置いて出かけてしまいました。
幸い今日はアシスタントが1日一緒だったので
免許不携帯の心配はなかったです。
出かけるときに、持ち物が多かったので
忘れてしまったようです。
■(1)今回の事例________
「基礎パッキンのズレ」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-基礎パッキン
 
 
◆写真解説
施工が雑なため基礎パッキンが横にズレている。
建物の荷重を支える重要な部材。
雑な施工が許される箇所ではありません。
◆内容説明
現在、床下の換気を基礎パッキンでとる家がほとんど。
施工に慣れてしまっているため
あまり気を使わなくなっているのかも知れません。
現場は2×4。土台幅約90mm。基礎パッキン幅約100mm。
多少基礎パッキンの方が広く、少々の施工誤差は
カバーできるようになっています。
◆対策
建物がのってしまうと動かない。
土台伏せ時にチェックをする。
====================
■(2)編集後記
来週あたり、検査の予定が入らない日があれば、
夏休みを取ろうと思っていますが、
依頼を受けている検査予定を見ると、やや難しそう。
現場が動かない13~15日くらいしか休めそうにありません。

事例598『基礎と躯体のズレ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日の午前中は、家を不安に思う方の話を聞き、
午後からは弁護士との打ち合わせ2つ。
冷房のきいた部屋にいたせいか
夕方検査に行った現場で体がだるかった。
明日は検査が4件。早めに今日は寝ようと思います。
■(1)今回の事例________
「基礎と躯体のズレ」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-基礎のズレ
 
◆写真解説
躯体と基礎が約10CMずれている。
アンカーボルトも外れているため、基礎と緊結されていない。
◆内容説明
図面の不整合から基礎と壁の位置がずれた。
壁は3CMくらいしか基礎にのっていないし
アンカーボルトによる固定もされていない。
検査で指摘しなければ
そのまま隠してしまった事例。
◆対策
構造図チェックは素人では困難。
工事途中に現場をチェックする。
==================
■(2)編集後記
先日欠陥検査に行った家。
欠陥住宅になる現場の特徴が揃っていました。
 業者に建築知識がなく、下請任せで工事。
 図面が少ない。
 契約書類が簡素。
 建築士が監理した形跡がない。
この条件が揃う現場は危険です。

事例596『コンクリートの付着を阻害』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日の暑さは少し参りました。
現場内に居ても、湿度が高く
特に最上階は不快でした。
1日居る職人さんは慣れているのでしょうか。
■(1)今回の事例_________
「コンクリートの付着を阻害」
_________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-鉄筋テープ
 
◆写真解説
鉄筋にガムテープが付いている。
納入時に付けたものを取り忘れている。
コンクリートとの付着を阻害する。
◆内容説明
表示のためのラベル。取りまとめるためのテープなど
出荷時、鉄筋に付けられたステッカー類が
付いたままの現場をよく見かけます。
テープ類をはがすことは簡単。
気を配って丁寧に施工していれば、起きない現象です。
◆対策
コンクリートを打つ前に確認する。
=====================
■(2)編集後記
先日検査に行った現場、
性能評価の検査員が、床の構造仕様の違いを見落としていた。
私が指摘しなければ耐震等級3でない家になっていた。
その他、指定検査機関で基本的なミスが出ているようで、
国土交通省が指定確認検査機関等の処分を昨日発表しました。
内容を見ると面積、高さなどの間違いによるもので、
構造の見落としは処分されていません。
マンション偽装事件の判決の影響もあるのでしょうか。
構造に関しては、責任を問わない傾向が今後も続くでしょう。

事例593『くも筋交いの欠落』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
明日も現場の予定が5件。
3連休の行楽の渋滞にはまらないように、朝5時に出かける予定です。
■(1)今回の事例_______
「くも筋交いの欠落」
_______________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-くも筋交い
 
◆写真解説
屋根部の変形を止める筋交いがない。
大地震や大きな台風が来たら、屋根が壊れる恐れがある。
◆内容説明
中古住宅の検査や耐震診断をすると、
ほとんど昔の家は施工されていない。
ここ数年は、中間検査や保険の検査で指示を受けるためか
いちいち図面指示しなくても大工さんが施工してくれます。
◆対策
躯体検査時にチェックをするか、図面に記載しておく。
===================
■(2)編集後記
2010年、岐阜県の解体工事現場で外壁が倒壊し、
女子高生が下敷きになって死亡した事故の判決公判のニュースの記事に
こんなことが書いてありました。
「人手や工費の不足、短い工期などが原因で
安全対策がおろそかになる業者が多い」
昨日、自宅付近の住宅建築現場で死亡事故がありました。
現場に「安全第一」の旗を掲げながら、実際は工期と利益が第一、二。
多くの現場で安全と品質が軽視されています。

事例592『鉄筋の分断』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
梅雨があけ、急に暑くなりました。
この時期になると、あせもがよくできます。
一番できる箇所は、パンツのゴム部分。
毎日、薬を塗るのが日課です。
■(1)今回の事例________
「鉄筋の分断」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-鉄筋分断
 
◆写真解説
基礎の下端筋だけT字型の交差部で分断されている。
基礎の耐力に影響する重大な施工ミス。
◆内容説明
ベタ基礎の立ち上がり。T字型の交差部。
鉄筋を所定の長さで折り曲げ、つなぎ
一体化しないといけない箇所。
ベタ基礎が流行り始めた頃は、下端筋が不用と考える
職人が多かった。
今回のような継ぎ手がない。
下端筋自体がない現場が多かった。
◆対策
これでも保険の検査は合格しています。
検査する建築士を選びましょう。
===================
■(2)編集後記
ある大手ハウスメーカーの違反を発見しました。
現在、逃げられないように、いろいろ準備をしています。
ただ、この違反がニュースになるかどうかは、わかりません。
揉み消される可能性もあります。
受注が止まる。
莫大な補修費がかかる。
その他のメーカーへ波及する。
マスコミも国も慎重になるでしょう。
今日検査した中堅メーカーの現場は、未だに防火違反を犯している。
指摘をすると監督がこう言いました。
「自社の基準では問題ない」
この会社は自社基準が優先で、建築基準法は守らなくていいそうです。
揚げ足を取るつもりはありませんが、安易な発言ですね。

事例588『主筋が切れている』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
昨日は新築検査を6件実施。
5件は、現場の距離が比較的近かったため
この数をこなせました。
日が長いこの時期ですから、夕方は遅くまで検査できます。
■(1)今回の事例_________
「主筋が切れている」
_________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-鉄筋切断
 
◆写真解説
全箇所、基礎の主筋が切れている。
通常は規定の長さを重ねてつなぎ、連続させる。
◆内容説明
上下の主筋のうち、下の主筋が全箇所つながっていない。
施工忘れではなく、職人がこれでいいと思い施工した事例。
鉄筋は主に引張応力を受けもつ。
鉄筋が切れていれば、当然負担できない。
◆対策
今回の事例は見難いため、細かく見ないと
見落としてしまうこともあります。
基礎の配筋検査で細かく見る。
======================
■(2)編集後記
新築検査では現場監督と連絡を取り合い検査をします。
そのため、今まで多くの現場監督と知り合いました。
現在の職人不足の状況は、現場監督を苦しめている。
職人が確保できないと、現場が遅れる。
遅れると、契約の期日までに完成ができない。
上司や社長から、早く工事を進めろと怒られる。
職人不足は、職人の方が強くなることもある。
遅れを取り戻そうと、急いで工事を行うと職人がミスする確率が上がる
など、いろいろ大変なようです。
現在新築検査をしている現場の監督さんが
つきに開き直りました。
「間に合わない。できないものは仕方がない」
それほど一部で、職人不足は深刻です。

雨の躯体組み立て

今日、名古屋はたくさん雨が降るみたいです。
この時期になると、施主さんが気にすることが「工事中の雨」。
「鉄骨だから濡れても大丈夫」
「断熱材はシートに覆われているので、中まで濡れない」
などと理由つけて、
大手ハウスメーカーは、雨でも躯体を組み立てることが多い。
たぶん、工場やトラック、組みたて職人のローテーションを
狂わせたくないから、強行すると思います。
雨の建て方で、断熱材が濡れないのは嘘です。
覆っているシートは完全防水ではありません。
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-GW濡れ
(大手メーカーの濡れた断熱材。シートに水滴が付いている)
グラスウールの繊維自体は水を吸いませんが、
ガラス繊維に水が付くと、なかなか蒸発しません。
ですから、濡らしてはダメなんです。
積水ハウスだけは、工場から断熱材が付いてきません。
雨じまいが終わってから、断熱材を施工しています。
断熱材が濡れたかどうか、不透明なシートで覆い隠され
目視できないメーカーもあり、注意が必要です。
住宅検査カノムの
スマートフォンサイト→こちら
 
PCサイト→こちら

適当な基礎の人通口

基礎には人が通るための「人通口」がある。
人通口は基礎の大きな開口であり、構造的な弱点となる。
2階建ての住宅の基礎は構造計算が不要。
瑕疵保証会社も、人通口までは審査していない様子。
つまり、業者任せであり、きちんとした基準がうたわれていないため、
適当に設けられ、鉄筋の補強もずさんに施工されていることが多い。
フラットの仕様書には、少し基準が書かれています。
・人通口の下部は、D13補強筋で補強する。
・幅は600mm以下
・柱間隔が91cmを超える下部に人通口を設ける場合は、構造計算を行い
 適切な補強を行う。
これを守っている現場は一部の大手を除き、ほとんどない。
↓写真は幅約1Mの人通口
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-人通口
大地震が来て、人通口部の破損が大量に発生するまでは
基準の明快化や審査の義務付けは期待できません。
現状では、私たちのような施主側の建築士が
チェック、指導していくしか改善方法はありません。

事例569『パンチング アウト』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今週、新たな楽しみができました。
それはこのブログの面白い写真を見ること。
http://ameblo.jp/tosboistudio/ 
写真だけ見ていると、ふざけているように見えますが
記事の内容は時々深いです。
坪井さんは今年2月に上場した「買取王国」の元副社長。
今月、会社を辞めてフリーとなり新たなブログが始まりました。
坪井さんと出会ったのは数年前。
ある勉強する塾で同期でした。そのあと、違う内容の塾でも同期で
いろいろアドバイスをいただきました。
今後、どんな事業を起こしていくのか
ブログを読んで応援しようと思います。
■(1)今回の事例_________
「パンチング アウト」
_________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-パンチングアウト
 
◆写真解説
構造用合板の釘が端に打たれている。両隣の釘はOK。
端過ぎると、大きな力がかかった時に合板の縁が割れ、
釘が合板を保持できない。
◆内容説明
パンチングアウトを防ぐため、建築学会などの基準では、
端から10mm以上離して釘を打つ記載がある。
この現場は釘を打つ位置に鉄板が張られ、さらに赤丸で印までしてある。
それなのに、部分的に釘が端へ外れて打たれている。
考えられる原因は、急いで仕事を終わらせたい気持ちから
一本、一本丁寧に釘を打たなかった。
釘を打つ部分にある薄い鉄板は、釘を打つ位置を印す以外に、
釘頭のめり込みを防止するために付いています。
釘頭がめり込むと、耐力低下につながります。
◆対策
大工さんにあらかじめ注意しておく。
釘の全数検査を行う。
===================
■(2)編集後記
一建設、アーネストワン、飯田産業など
パワービルダーの勢いが名古屋でもすごい。
株価もここ最近で約2倍。株式市場でも評価を受けている。
これらの一番の売りは価格の安さ。
当然、職人の単価も安いです。
価格が安いと心配になるのは欠陥。
欠陥住宅を大量に造って、それが発覚すれば、
有名な会社は国土交通省が処分をし、マスコミ報道されるため、
経営が途端に悪くなる恐れがある。
検査で見る限り、これらのリスクは当然抑えているようで、
関連法規の遵守を施工マニュアルに反映させています。
家の仕様もワンパターン。
腕の上手い下手はあっても、現場で法令違反はおきにくい。
これらとは反対に小さな工務店では、
法令を専門で調べる人を置くことができない。
私が検査に入り「そんな基準知らなかった」みたいな話が多いです。
大手や有名メーカーは、職人の腕のばらつきに注意し、
中小工務店はプラス、法令違反に注意が必要です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る