ブログ

事例525『桁行筋交い切断』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
昨日、出張で宿泊したホテル。
夜寝ていたら部屋のチャイムが連続して鳴った。
何かあったのかと不安になったが、
どうやら、酔っ払った宿泊客が鍵を持たずに部屋を出て、
自分の部屋がわからなくなり、適当にチャイムを押していたようです。
迷惑な話ですが、同様のことは過去にも1回ありました。
■(1)今回の事例________
「桁行筋交い切断」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-雲筋切断
 
◆写真解説
桁行き筋交いを途中で切断している。
屋根の変形を防ぐために必要な部材ですが、
大工さんが要らないと勝手に判断したようです。
◆内容説明
屋根組の筋交いは、必要部材でありながら
図面などで位置を指示されることはなく、
大工さん任せであることが多い。
必要以上に多く取り付ける大工さんもいれば
全く付けない大工さんもいるなど
現場によって統一されていないのが現状。
今回は、完成だけの検査に行って指摘。
社内検査などでは発見できなかったようです。
◆対策
ある大手ハウスメーカーは、図面で指示している。
図面で指示するか、構造検査時に確認をする。
===============
■(2)編集後記
明日は職人さんを対象にセミナーを行います。
内容はミスを犯しやすい、間違って認識されている
ケースが多い事項等を説明します。
その資料づくりをギリギリになってやっています。
監理者などは四六時中、現場に張り付いているわけではありません。
やはり重要なのは、職人の知識、理解だと思います。
安くても品質はよくて当たり前の時代。
品質を重要視している業者さんからの依頼です。

事例520『木が真っ二つに割れた』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日、午前中は車で豊川市へ、
その後、スタッフと別れ新幹線で静岡市へ行きます。
夕方バタバタしそうなので、出かける前に書いています。
■(1)今回の事例________
「木が真っ二つに割れた」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-束割れ 
 
◆写真解説
写真ではわかりにくいが、小屋束が乾燥により
真っ二つに割れている。
無垢の木にヒビは付きものですが、貫通割れはNG。
◆内容説明
躯体組立後、乾燥によりヒビが進行し割れてしまった。
木は乾燥するほど強度が増すと言われ、
多少のひび割れは問題がない。
ただ、このように完全に分離してしまうと問題です。
◆対策
小屋組(屋根構成部)は未だに未乾燥材を使用するケースが多い。
希な例ですが、乾燥材を使いましょう。
===============
■(2)編集後記
雨漏りで根本的な修理を行わず
雨が漏るたび小手先の修理でその場を取り繕うケース。
気づいたら10年経過し、保証が切れていたということもあります。
問題解決は、先延ばしにしないことが重要です。
また、築10年に近づいたら保証切れを意識しましょう。

事例517『火打ち梁 穴あけ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日から東名の集中工事。
磐田市まで行くのに早めに家を出ました。
車線規制はありましたが渋滞はなく、早めに現場に到着。
今年は新東名があるので
それほど混まないのでしょうか。
■(1)今回の事例________
「火打ち梁 穴あけ」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-火打ち破損
 
 
◆写真解説
表しの火打ち梁に穴を開け、電線を通し照明器具を付けた。
水平方向の変形を防ぐ構造材、耐力が落ちる穴を開けてはいけない。
◆内容説明
照明器具の取り付け下地に火打ち梁を指定。
電気屋さんも仕方なしに穴をあけてしまったのでしょう。
このような問題は構造材を表しにした場合に多い。
電気配線等の経路が限られるからです。
◆対策
構造材を照明器具の取り付け下地にしない。
何かを優先すると、何かが犠牲になる。
行き当たりばったりでなく、
おさまりを検討していれば問題は起きにくい。
===============
■(2)編集後記
3連休のうち1日を完全OFFにして、
山梨、長野をバイクで走破してきました。
この季節は雲が少なく、間近に富士山、八ヶ岳、南アルプス、
遠くは乗鞍岳、焼岳、槍ヶ岳、御獄山を見ることができました。
途中通過した長野県の麦草峠は標高2120M。
国道では2番目の高さらしく、気温は昼間でも9℃。
一足早い紅葉も見れました。

事例513『2×4、柱の切り欠き』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日、最後の現場は16時半から入りました。
予定検査時間が1時間だったので
暗くなる前に検査を終えました。
これからの時期、夕方から現場に入るときは
日没時間を気にしないといけません。
■(1)今回の事例________
「2×4、柱の切り欠き」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-縦枠欠損
◆写真解説
2×4縦枠(柱)の切断。
換気扇開口を開けるために切断した。
荷重支えると共に水平耐力を受け持つ部材、
大きな切り欠きはNGです。
◆内容説明
電気屋さんの判断で開口を開けた。
構造より設備の位置が優先なんでしょう。
住宅の現場に現場監督は常駐しない。
いちいち指示を仰ぐことなく、職人は仕事をします。
せっかく大工さんがきちんと仕事をしたのに
電気屋さんが台無しにするケースが多いです。
◆対策
電気屋さんの仕事もチェックする。
構造躯体を傷めるときは
監督又は監理者の許可を得るような決まりにする。
===============
■(2)編集後記
建築士が当社へ相談してくることも多い。
ここ最近続けて相手にしたのは、自分勝手な人ばかり。
名前も名乗らず電話やメールをしてきて、面識もないのに
知りたいことを即時に無料で聞こうとする。
そんな人たちだから、仕事でトラブルが起きるんでしょう。
不快な気分になると共に、無駄な時間を取られるので、
そんな人たちは今後相手にしません。

事例507『梁下端の破損』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
午前中、積水ハウスの現場へ行ってきました。
業界最大手のプライドがあり、毎回検査に入ると
指摘が出ないよう、かなり気を使って頂いています。
精度や仕事の綺麗さが印象的な現場でした。
■(1)今回の事例________
「梁下端の破損」
________________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-梁破損
 
◆写真解説
梁中央部の下が破損している。
組立時に何かに当たり破損したようです。
この部分は特に大きな力がかるため、切り欠きなどがあってはいけない。
◆内容説明
ある大手ハウスメーカーの現場。
躯体の構造検査時の写真です。
2階の荷重を受ける梁、
荷重が掛かると中央部が一番たわみ、下部が引っ張られる。
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-梁の図
「世界で一番やさしい木構造」 ㈱エクスナレッジ社より
傷など欠損があれば、弱くなることは確実です。
こういった傷類は、よくあることだとか
仕方がないという発想で、プロは見過ごすケースがある。
◆対策
構造部の大きな欠損なども、隠れてしまう前にチェックする。
===============
■(2)編集後記
最近、消費者が家を買うときに読む本を
新しいものから5冊程、買って読みました。
内容として、ハウスメーカーなどライバルを批判し、
著者の手がける工法の良さを紹介するセールス本が
相変わらず多い印象を受けました。
中には、題名と中身が伴わない上、セールスが半分以上ある悪書もあり、
何冊か読むことが騙されないポイントです。
現在、糖質カットダイエットが流行る一方、
それは危険だという言う医者もいるように、
科学的な根拠、実績を判断することは難しい。
偏った情報に惑わされない事が大事ですね。

事例502『筋交いの割れ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日の名古屋の予想最高気温は35度。
この猛暑日の午後、屋根裏に入ります。
慣れているとはいえ、辛い作業です。
■(1)今回の事例________
「筋交いの割れ」
________________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-筋交い割れ
 
◆写真解説
筋交いの割れ。裏側にある金物のビス施工により割れた。
これでは金物による固定が充分ではない。
◆内容説明
今回の写真は、金物施工時に割れたもの。
施工時以外に納材時からの割れや欠け、
死節による欠損などの存在も珍しくない。
これら筋交いの耐力を低下するものがあっても
自主的に交換するようなことはない。
法的に義務つけられている検査では、
これらはチェックされないし、
筋交いが壁の中に隠れ、見えなくなるからです。
◆対策
施工後に交換することは手間がかかるため、
不良材を事前にチェックする。
===============
■(2)編集後記
昨日検査に行った全国区のメーカー
「省令準耐火構造」の施工が間違ってました。
お客さんは追加代金を払い、この仕様を選択。
手抜きされていては、納得がいきません。
また防火性能を信じ、火災保険を割り引いている保険会社は
詐欺にあったようなもの。
防火の施工で細部が間違っている現場が多い。
関連団体などが施工マニュアルを整備するなどしないと
防火性能が不十分な現場が増えていきます。
アキュラホームの防火違反報道が、住友林業へ飛び火しましたね。
行政やマスコミが大手を見せしめに使うことも
欠陥抑制に効果があるかも知れません。

普通と違う基礎

今日の午前中検査に行った現場、基礎の高さが高い。
一般的にはスラブからの高さ35CM程度が多いが、
この現場は55CMもある。
わずか20CMのことですが、点検は非常にしやすいし、
基礎の強度も上がる。
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-高い基礎
(床断熱材は板の上にあります)
コストUPになりますが、これから家を建てる人は
検討の余地はあると思います。
風がよく抜けてましたが、床下に長い時間いると、
汗びっしょりになりました。

事例497『基礎の高さ不足』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日の午前中、検査に行った現場。
ソーラーパネルの職人が、暑さでバテていた。
屋根の上は、日陰がない。
また、屋根材の照り返しがあるので相当暑い。
また休んでいると思われるくらい
まめに休憩を取らないと熱中症になるようです。
■(1)今回の事例________
「基礎の高さ不足」
________________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-基礎高さ
 
◆写真解説
地面からの基礎高さ不足。
長期優良住宅、フラット35は40CM、その他は30CM必要。
写真は約24CM。
◆内容説明
地面から高いほど、シロアリ被害が軽減されるなど
劣化対策から基礎の高さが決められている。
基準(告示1347号など)を無視してか、知らずか、
基礎を低く設計しているケースが過去に3件あった。
高さ不足は、当然裁判でも瑕疵として認定される。
地面に基礎が深く埋まっていれば、
周囲を掘る工事で対応できるが、
掘れない場合は、建物を持ち上げ基礎を造りかえるしかない。
◆対策
設計図書をチェック。
また、外構工事で基礎の周囲を高くしすぎない。
===============
■(2)編集後記
「うちは昔からこのやり方です。ダメだと言われたことはない」
これは、現在調停中の物件で、
基準法に違反している瑕疵に対する業者からの反論。
修補が困難で、認めてしまうと費用が高額になるため
何とか逃れようとして記載したようです。
明らかな瑕疵である以上、
品質レベルが低く、今まで建てた家全てが欠陥だと
自分から言っているようなもの。
今までこの業者に建ててもらった人がかわいそうです。

事例487『2階床の不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
天気予報が、ころころ変わり
現場の関係者は大変な時期です。
当社も基礎や、躯体の検査は影響を受けます。
梅雨が明けるまで仕方がないです。
■(1)今回の事例________
「2階床の不備」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-床合板抜き
 
◆写真解説
2階床、床鳴りがひどく、調査をしたら、合板施工がない事を発見。
床剛性も不足するなど構造的な影響もある。
(写真は1階天井裏から2階床断面を鏡で確認)
◆内容説明
本例は、長期優良住宅や性能評価を選択しない限り
違法ではない。
ただし、床鳴りが全般にひどい。風が強い時家が揺れるなど
合板を省略した影響が出ている。
設計者が指示したものではなく、現場の判断でこうなったようです。
材料費を浮かしたかったのでしょうか。
◆対策
稀な例ですが、現場や設計図書を確認する。
===================
■(2)編集後記
業者に全て任せることは危険です。
昨日大雨の中、木組をしている現場がありました。
朝方は雨が降ってなかったため、作業を始めたようですが、
天気予報を見れば、確実に大雨の予報。
業者に、普段雨でも工事を強行するか聞くと
「お客さんがダメだと言えば止める」とのこと。
つまり、お客さんからの申し出がない限り
木を濡らして作業する。
このような業者は、他にも多くいます。
かなり濡れたようなので、
「含水率が高い木に大きな荷重をかけてはいけない」
という建築学会の記載をもとに、乾くまで工事中止を指示しました。

事例479『筋交い端部の不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
昨日、三重県まで行った帰り
ガソリンの残量が少ないことに気づいた。
事務所までの距離は、ナビの表示で58KM。
車に表示されるガス欠までの距離は83KM。
御在所SAで給油しなくても帰れると判断し、走っていたら、
桑名を過ぎた付近から、ガス欠までの距離表示が早く減りだし、
名古屋西ICでついに、残りの距離を抜いた。
そして、甚目寺北ICで表示が0になり
慌てて高速を降りて、近くのガソリンスタンドへ入った。
給油をしたら燃料タンクは、ほぼ空だったことが分かり、
危うく高速でガス欠するところでした。
車の表示、正確なものだと信じ込んでましたが
精度はまだまだのようです。
■(1)今回の事例________
「筋交い端部の不備」
________________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-筋交い端部不備
 
 
◆写真解説
 
筋交いの傷、欠損と、ホールダウン金物のナット、ねじ山の出不足。
共に構造的な影響がある不備。
◆内容説明
大地震時、筋交いには大きな力がかかる。
切欠きがあると、その箇所で破壊する可能性が高い。
建築基準法でも筋交いの欠き込みは禁止されている。
もう一つは、ねじ山の出不足。
ナットを入れやすくするため、ねじ山の先端部分は形状が少し違う。
その部分にナットを固定しないように
二山程度、ねじ山を出さないとダメです。
◆対策
筋交いや金物、全箇所検査すれば
今回のようなミスは発見できます。
昨日行った構造検査でも、ねじ山の出不足を
3ヶ所ほど指示しました。
====================
■(2)編集後記
 不機嫌でイライラしながら仕事をする職人。
 楽しそうにニコニコしながら仕事をする職人。
自分の家を造ってもらうなら、どちらがいいですか?
これは聞くまでもないですね。
今週検査に行った現場でイライラした職人がいた。
ぶつぶつ文句を言いながら仕事をしている。
検査をしながら仕事ぶりを見ていたら、
材料の扱いなども荒かった。
これを見たのは大手ハウスメーカーの現場。
単価や労働環境などに不満があるのか、
ワンパターンの仕事に嫌気がさしているのか
どんな理由か分かりません。
中小工務店の現場にいる職人に比べ、
楽しそうに仕事をしている人が少ないような気がします。
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!

人気ブログランキングへ

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る