ブログ

事例478『鉄筋継ぎ手の不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
午前中は書類作成。
午後は裁判、現場検査、私用。
現在21時過ぎ、ようやく一息つきました。
■(1)今回の事例________
「鉄筋継ぎ手の不備」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-鉄筋継ぎ手
  
 
◆写真解説
 
基礎の角部、鉄筋がつながっていない。
大地震時に破壊しやすい。
◆内容説明
鉄筋の長さに限りがあるため、
コーナー部などは、必ず継ぎます。
作業しているうちに、継ぐための鉄筋を入れ忘れたようです。
規定の施工方法を行わないと
解説に記載したように、その箇所が弱点になります。
◆対策
職人さんのうっかりミスは、検査でカバーするしかありません。
細かい配筋検査が重要です。
====================
■(2)編集後記
裁判官と調停委員の現場確認に立ち会いました。
重大な瑕疵の存在が、現場を見ればはっきり分かる事例。
それでも、なんだかんだ理由を付けて
相手は、責任逃れをはかるようだ。
言い訳が付かない瑕疵は、「施主が合意した」と言っている。
本当にあきれてしまう。
業者だけが追求されていますが、
現場監理と確認申請の検査が機能していれば、
未然に欠陥を防げたでしょう。
他人事のように立ち会っていた監理者の建築士。
現在は業者だけ訴えていますが、今後の態度によっては、
施主さんはあなたを許さないでしょう。
同じく業者側の人たち。
施主さんは欠陥住宅を造ったあなたたちを見て
必死に怒りをこらえていました。
つらい時間だったと思います。
早期に解決したいものです。
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!

人気ブログランキングへ

事例477『基礎連続貫通』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日は朝一番で三重県南部まで行ってきました。
高速を走っていると、トラックが風であおられ
ふらふらしている状況を何度か見ました。
今月は風が強い日が多い気がします。
■(1)今回の事例________
「基礎連続貫通」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-基礎配管
 
◆写真解説
 
基礎の連続穴あけ。
ここまで連続しているケースは初めて見た。
事例474同様、集中した穴あけは耐力低下につながる。
◆内容説明
配管を通すため、基礎に穴をあけることはある。
ただし、連続してあければ、コンクリートの空洞部が多くなり
大地震時にその部分が破壊しやすくなる。
水道職人が良いと思ってやった事だと思います。
監理者などがチェックをすれば防げた事項です。
◆対策
コンクリートを打設する前に
配管スリーブの位置をチェックする。
====================
■(2)編集後記
昨日の裁判での尋問。
重要な質疑に対し、一番言いたい事を言おうとしたら、
裁判官に「YESかNOかだけ言え」と発言を制限された。
さっさと済ませたいのは分かるし、
片方に有利な発言しかしないだろうと思っているのでしょう。
しかし、YESかNOだけでは伝わらないこともある。
例えば、今日の車での移動、制限速度を守ったかと聞かれ、
・Aさんは2,3km/h時々オーバーしてしまった。
・Bさんは時々20km/hオーバーした。
YESとだけ答えれば内容は全く伝わらない。
最後に、一つだけどうしても聞いて欲しいことがあると嘆願し、
何とか発言できたので良かったですが、
言葉で伝える難しさを改めて実感しました。
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!

人気ブログランキングへ

事例473『床束の浮き』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
道路が混んでると思い、早めに現場へ出ましたが
普段より空いていました。
観光地以外の道路は空いているようです。
■(1)今回の事例________
「床束の浮き」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-床束
 
◆写真解説
 
1階床の荷重を受ける床束の浮き。
下部が宙ぶらりんになっていて、役目を果たしていない。
 
◆内容説明
急いでいたのか、1ヶ所忘れたようです。
場所によっては、床がたわむなどの支障が出る。
◆対策
床組施工時に確認。
又は完成時に床下にもぐり確認する。
====================
■(2)編集後記
GW前半は、28日(土)の午後だけ休みでした。
今日、明日は仕事で、3日~6日は休みです。
この休み中は、パソコンを置いて出かけ、
ネットに一切接続しない予定。
スマートフォンのGmail等もOFFにします。
ネットから遮断した生活を何年かぶりに実行します。
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!
 

人気ブログランキングへ

事例469『床束の欠落』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
仕事疲れか、暖かいためか
最近は夜、眠くて集中が切れることが良くあります。
そんな状況の今、今週締め切りの書類がたくさんある。
全て書けるか、少し不安です。
 
■(1)今回の事例________
「床束の欠落」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-床束
 
 
◆写真解説
 
床束の欠落。原因は入忘れ。
上部では、床のたわみを感じた。
 
◆内容説明
あとから施工しようと思っていたが
入忘れ、床を塞いでしまったようです。
この例は稀なので、床がたわむ場合は
他に原因があるかもしれません。
1階の床下に人が入れれば、補修は容易です。
◆対策
普段見えない場所は、ミスがあっても気づかない。
工事中、要所でチェックすることが大事です。
====================
■(2)編集後記
お客さんが検査を入れて、業者に検査報告書を突きつけ、
大掛かりな補修を要求する例が、あとをたたない。
大手でもどこでも、正しいと信じ込んでいる設計や施工が
間違っていることは良くある。
確認や保険の検査が甘い。
法律、基準が難解である。
他を見る機会がない。
だから間違いに気づかず施工している。
「いいと思ってやっているが、
実は欠陥を造っているのかもしれない」
業者の方で、こんな不安を感じるなら、
一度だけでもいいので、
自ら検査を受けてみるべきだと思います。
個々の家を1件1件正していくよりは、
造る側=元から正したほうが、欠陥住宅は確実に減ります。
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!
 

人気ブログランキングへ

事例468『ダイアフラムの欠落』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今週から暖かくなり
現場で検査するには良い季節になりました。
暑くなるまでのわずかな間、検査がしやすいです。
 
■(1)今回の事例_______
「ダイアフラムの間隔」
_______________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-ダイアフラム
◆写真解説
 
先回同様、鉄骨接合部の不備。
丸印部の距離が近く、溶接不良である可能性が高い。
 
◆内容説明
先回より写真が分かりやすいので
同事例を紹介します。
言葉で説明しにくいので写真を付けます。
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-ダイアフラム
  建築知識 エクスナレッジ社より抜粋の図
高さの違う梁が同じ柱に取り付く場合、
溶接作業上、離れが15CM以上必要になる。
15CMない箇所は、溶接不良が確実で、
大地震時に破壊する恐れがある。
◆対策
先回同様、見えるうちに検査することが大事です。
===================
■(2)編集後記
欠陥調査の書類作成が少し溜まっています。
内容が難しくなる場合がほとんどで、
気がのらないと、集中できず書けません。
また、相手からの反論を予想し、良い証拠があれば
資料や本を取り寄せるので、その待ち時間もあり
作成に時間がかかります。
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!
 

人気ブログランキングへ

事例467『ダイアフラムの欠落』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
名古屋は桜が満開。
有名な名所付近では、平日でも車が多く渋滞しています。
頭では分かっているのに、普通どおり通ってしまい
渋滞にはまっています。
 
■(1)今回の事例________
「ダイアフラムの欠落」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-ダイアフラム
 
 
◆写真解説
 
上部にあるダイアフラム(赤線部)が下部にはない。
また、交差する梁の下部の位置が15CM以上離れていない。
これらの不備は大地震時に、梁と柱の接合部を破壊する恐れがある。
 
◆内容説明
できる限り簡単に書きます。
ダイアフラムの図はこちらが見やすいです。
http://www.sasst.jp/qa/q1/q1-1.html
ダイアフラムの役割は、
鉄骨造の柱と梁の剛接合部の応力伝達を補い、
仕口の剛性を高めるために設ける鋼板。
何箇所か調査した結果、1ヶ所欠落を発見。
柱の内側に付ける場合もあるが、
他の箇所を見る限り、その可能性は低い。
また、高さの違う梁が同じ柱に取り付く場合、
溶接作業上、離れが15CM以上必要になる。
これより短い箇所は、溶接不良の可能性が高い。
◆対策
築15年ほどの現場の写真です。
現在は、溶接の管理が厳しくなり、このような事例は減っています。
ミスを防ぐ意味では、見えるうちに検査することが大事です。
====================
■(2)編集後記
中古住宅の流通や、リフォームを今後、国が推進するのに伴い
リフォームトラブルの対策案も検討されています。
例えば、建設業の無許可業者は、1円の工事もできないなど。
小さな業者にトラブルが多いのは確かですが、
大手でも問題が多く発生しています。
リフォーム工事中の検査を頼んでこられる方は、ほとんどいません。
工事中や工事が終わってから、騙されたなどと言ってくる方が大半。
今まで処理した事件のほとんどは、超大手やガス会社の提携会社、
地元でも有名な会社ばかり。
零細リフォーム業者だけを取り締まっても、トラブルは無くなりません。
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!
 

人気ブログランキングへ

事例466『鉄筋切断 隠し』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
午前、躯体構造検査1.5H。
午後、瑕疵調査4.5H。
一日検査していると疲れます。
 
■(1)今回の事例________
「鉄筋切断 隠し」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-鉄筋切断
 
◆写真解説
 
基礎立ち上がりの鉄筋。位置がずれたため、
下部を切断し、正規の位置へ穴を開けて挿していた。
見た目はOKですが、構造耐力上の効果はない。
 
◆内容説明
一見、問題なく見えるため
検査で危うく見落とすところでした。
よく見ていたら、不自然に思えたので
手で触ったら持ち上がってしまった。
最低でも、あと施工のアンカーで是正すればよいところ、
ただ挿しただけと言うのは完全な手抜きです。
この検査だけ通って、コンクリートを打ってしまえば
バレないと思ったのでしょう。
◆対策
当社の新築検査で4,5回検査の場合は
このタイミングの検査は通常行いません。
基礎を重視する場合は、
各コンクリートを打設する前の検査は重要です。
====================
■(2)編集後記
業者に騙されると、いろんなことが信じられなくなります。
当社に紛争処理を依頼してくる人の中にも
検査をして、あとから追加で多額の請求がくるなど
騙されたらどうしようという不安がある方もいます。
初対面だから、信用できないのは当然だと思います。
検査前に納得いただくまで、お話等いたします。
追加の業務が必要になるのは
裁判などに発展した場合です。
その場合でも、きちんと業務内容に応じて清算させていただきます。
瑕疵が明らかで、費用が適正であれば、
当社へ支払った費用を相手方へ請求できます。
先月終了した調停でも、
当社にかかった費用は100%認めてもらいました。
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!
 

人気ブログランキングへ

事例459『耐力壁 受材が薄い』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
3月の年度末、道路工事があちこちで行われています。
今日も工事の影響で2ヶ所ほど渋滞にはまり、
多少余裕を持って出たのに、到着がぎりぎりになりました。
 
■(1)今回の事例________
「耐力壁 受材が薄い」
________________
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-耐力壁受材
 
◆写真解説
 
ダイライトなどの耐力壁は長さ50mmの釘で固定する。
写真は入隅部の受材が薄く、釘の先が抜けている。
これでは50mmの釘を打つ意味がなく、耐力低下につながる。
 
 
◆内容説明
面材の厚さが9mm。
50mmの釘に対し、受材は40mm以上必要です。
ダイライトの施工マニュアルや公庫仕様書には
受材は40×30mm以上を使うと書いてある。
本例は、材の断面は合っているが、取り付ける向きが間違っている。
(マニュアルにイラストが載ってます)
このような、反対に付ける間違いが多い。
大工さんが、意味を考えすに取り付けるからでしょう。
◆対策
 
この件は、保険の検査員などは指摘しないようです。
断熱材施工前に確認しないと、見えなくなります。
================
■(2)編集後記
親戚で家を建てる人がいて、相談を受けた。
契約前の複数社の図面をチェックし、
・敷地環境を配慮していない図面。
・2階建て木造住宅、基準法上、構造はOK。
 ただし、構造計算すると確実にNGが出る間取り。
 
などのアドバイスをしました。
設計して欲しいと、知人などから頼まれることがありますが、
現在は、検査専門で設計は行いません。
検査だけで多忙な今、兼業をすると仕事がおろそかになり
依頼者を裏切ることになります。
建築士にとって、欠陥住宅を造らないことは難しいです。
もちろん、小さな欠陥も含めてのことです。
細かく図面を書けば書くほど、不整合やミスは増える。
職人が現場で造るもの、ミスがないとは言えない。
また、完璧を求めるお客さんの現場ほど、なぜか職人がミスをする。
「欠陥住宅を絶対に造らない設計士です」と自分で言う人がいたら
年間1、2棟だけに集中して設計監理する人か、ただの嘘つきでしょう。
また、「欠陥住宅」というネガティブな言葉で不安を煽り
裏側の営利な部分を隠した、工務店、設計事務所の組織もあるようです。
何にしても、きちんと見極めることが大切です。
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!
 

人気ブログランキングへ

事例454『鉄筋のあき』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
法律強化によって、悪質な欠陥住宅は減っている。
しかし、基準、仕様が変わっていく中で、無知型の欠陥が増えている。
今週検査した家。使用材料のランクが図面と違いすぎる。
業者も、設計士も私が指摘するまで気づいていなかった。
高性能をうたいながら、低性能な家がたくさんあります。
 
■(1)今回の事例_____
「鉄筋のあき」
_____________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-鉄筋のあき
 
◆写真解説
 
鉄筋の間隔が狭いと、ジャンカなどコンクリート打ち込み不良
が起きやすく、付着力を弱める原因となる。
約31mmあきが必要なところ、22mmしかない。
 
◆内容説明
必要な、あきの基準は、
・鉄筋の呼び名数字の1.5倍。(13×1.5=19.5mm)
・粗骨材最大寸法の1.25倍。(25×1.25=31.25mm)
・25mm
のうち、最も大きい数値。
つまり、本例では31.25mmあきが必要です。
写真はわかりにくいですが、22mmしかあいていない。
 
◆対策
 
細かな基準は、基礎屋さんが知らないことが多い。
図面に寸法が書いてあると、間違いは起き難い。
 
===============
■(2)編集後記
先週のニュース。
「首都直下で起こる東京湾北部地震で、これまで想定していなかった
震度7の揺れが都心部を襲う可能性があることが分かった」
震度7と言っても、揺れ方や地盤によって建物への影響が違う。
耐えられる建物を造ろうと思えば、ぎりぎりの耐震性能ではなく
安全を見て、震度8とかを想定しないとダメでしょう。
この予想が当たれば、建築基準法をぎりぎりクリアしている建物は
危険である可能性が高い。つまり、新耐震基準(81年)以降の建物でも
半壊などで多額の補修費が必要になる可能性がある。
81年以前の建物は、安くて購入しやすいが、
大地震が来たときに倒壊して、命や金銭を落とす可能性が高い。
地震予知に関し、いつ来るかが分かれば、買い控えもできる。
しかし、現実は無理なので、地盤含め、建物の安全を確かめて買うしかありません。
 
 
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!
 
人気ブログランキングへ 
 

事例451『鉄骨柱の錆び』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
先週土曜日の夕方、腰を痛めてしまった。
この日の午後は、欠陥調査の報告書を
集中して、休憩もなしで書いていた。
そのため、座りっぱなしが続き、
筋肉が固まった状態で、重いものを持ち、腰を痛めた。
寝込むほどでもなく、生活に支障はありませんでした。
今日は、3日目。ほぼ回復しました。
車の運転など、座り仕事が多いため、
腰の筋肉が凝り固まっているようです。
運動不足を解消しないといけません。
 
■(1)今回の事例_____
「鉄骨柱の錆び」
_____________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-鉄骨柱さび
 
◆写真解説
 
鉄骨柱の錆び。1階床下が湿気ていたため、
厚みの1/4が錆びに侵された。
耐力的に弱くなっていることは確実です。
 
 
◆内容説明
 
築15年超の中古住宅。
鉄骨造で、1階床は木で組んである。
床下へもぐったら、シロアリの被害を発見。
さらにこの鉄骨柱の錆を発見した。
原因は床下の換気量が足らず、
地面からの湿気で床下全体が湿気ていた。
柱の根元が錆びて細くなれば、大地震に耐えられない。
 
◆対策
 
普段から床下の点検は重要です。
また、中古住宅を購入する時は、専門家に床下の隅々を見てもらう。
「隠れた瑕疵=故意に隠された瑕疵」であることが多い。
床下の隅々までチェックするとは、相手は思いません。
だから、隠された瑕疵を自分側で見つけることが大事です。
 
==============
■(2)編集後記
費用面で弁護士を頼めない理由から
自力で欠陥住宅紛争を解決しようとしている人は意外と多い。
自力でやるにしても、建築の基準は難しいため
協力してくれる建築士を探さないといけないが、
これに苦労するようです。
特に地方では、建築関係者同士のつながりが強い。
裁判などで、業者を叩けば、仲間はずれになる可能性もある。
だから、名前を出して協力してくれる人がいないようです。
ネットで検索し、私のところに協力依頼をしてくる人は多い。
1回くらいは無料で電話相談を受けても、安請負はしません。
一見ひどいように思えますが、
多忙のため、安請負した事件は必ず後回しになるし、時間をかけられない。
そうなると、いい加減な業務しか出来なくなり、迷惑をかけてしまう。
証人尋問だけ出て欲しいという依頼もありますが、
それも安価では受けられません。
相手の弁護士のシナリオに乗らないためには、万全の準備も必要です。
事件の内容をすべて頭に入れようと思うと、何時間もかかるため、
準備費用だけでも高くなります。
先回も書きましたが、欠陥住宅のあと処理は大変です。。
買う前、工事中の検査を重視してください。
 
 
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!
 
人気ブログランキングへ  

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る