ブログ

事例392『筋交いの抜け節』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 現在、メールはスマートフォンで読んでいます。
 
 ただし、返信は入力が面倒なので
 パソコンから行っています。
 
 
 最近、処理するメールが多いため、一部、
 スマートフォンからの返信を考えています。
 
 そうなると、モバイルキーボードが良いでしょうか。
 
 
 その他、いろいろと業務効率化を検討中です。
 
 
 
■(1)今回の事例__________

  「筋交いの抜け節」
 _________________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-筋交い抜け節
  
 
 ◆写真解説
 
 筋交いの抜け節。
 圧縮の力がかかると、材の薄い側に曲がり、
 節部分で折れやすい。

 
 ◆内容説明
 
 建築基準法施行令 第45条に
 筋かいには、欠込みをしてはならないとある。
 
 抜け節は、欠込みと同じく欠損であり、NGです。
 
 
 天然木だから仕方がないと、
 写真のような材料が、普通に出荷される。
 
 悪い材料をはねていたら価格が上がる。
 業者側の言い分もわかります。
 
 ただ、筋交いは、簡単に折れては意味がありません。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 検査をして見つけたときは、交換、穴埋めなどで対応。
 
 事前の対応として、
 節の少ない材種を指定する。
 または、筋交いのサイズを上げて多少の欠損に対応する。
 (90mmを105mmにするとか)
 
 
=====================

■(2)編集後記
 
 
 台風が近づき、時々雨が強く降る中、
 今日検査に行った現場の周囲で以下の光景を見た。
 
  建て方をしている。(2現場)
 
  擁壁のコンクリートを打設している。
  
  
 建て方をしている現場には、施主夫婦もいました。
 揉めている様子はなく、
 きっと現場監督から「濡れても大丈夫」と
 騙されているのでしょう。
 
 
 確かに壁パネルに付いている断熱材の上部は
 シートで覆われています。
 しかし、シートのジョイントからは確実に
 雨が入ります。
 
 私は何度も見ています。
 雨が上がったあと、その部分に、
 蒸発した水が、大量に付いているのを。
 
 
 擁壁のコンクリートも
 建物じゃないからいいやと、
 職人が思ってるかもしれません。
 
 
 2つ共、大手ハウスメーカーの現場。
 
 以前から思っていますが
 1件ごとの極め細やかな対応は
 このメーカーにはありません。
 
 
 名前だけは有名でも、品質は二流と三流です。
 
 

 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
  人気ブログランキングへ
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

事例387『大引きの割れ』

こんにちは住宅検査カノム の長井です。
 
 
 珍しく、深夜の発行です。
 
 今日は金曜日。急ぎの仕事がたくさんある中で、
 これを先に書き終えると、気が少し楽になります。
 
 
 
■(1)今回の事例______

  「大引きの割れ」
 _____________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-大引き割れ
  
 
 ◆写真解説
 
 床下で、大引き端部の割れを発見。
 接合ピンを打ち込んだ時に割れたようだ。

 
 ◆内容説明
 
 木造住宅の接合部を金物で受け、
 ピンで固定する工法の1階床組。
 
 大引き端部が割れ、固定が不十分な状態。
 
 やはり、あとから見えなくなる箇所は
 不備が修理されずに、そのまま放置される。
 
 
 ◆対策
 
 あとから見えなくなる、壁内、床下、基礎の鉄筋などは
 欠陥が出やすい箇所。
 
 見えなくなる前の工事中のチェックが重要です。
 
 
===============

■(2)編集後記
 
 
 「不燃木材に大臣認定違反、10社中9社が該当」

 これは、昨日の新聞に載っていたニュースです。
 
 
 サッシの防火偽装事件後、抜き打ちで
 国が認定建材を検査している。
 
 それにしても9割が違反しているとは
 消費者をバカにしています。
 
 認定制度自体を変えないと改善されないでしょう。
 
 
 原発関連はじめ、この業界でも
 第三者機関と名が付くところで、完全に独立した機関は皆無。
 
 天下る慣習が無くならない限りは
 このような偽装関係はなくならないでしょう。
 
 
 
 住宅の検査でも、業者とベタベタにつながっているのに
 「第三者検査」という表示をしている会社がある。
 
 販売や設計、施工に関わらないため、
 言葉の意味からすると、第三者かも知れませんが、
 依頼者が期待する第三者の意味からは外れています。
 
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 人気ブログランキングへ
  
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る