ブログ

事例590『雨漏りによる躯体の腐り』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
検査の質の向上と時間の有効利用のため
私にはアシスタントが付いています。
(検査内容によっては一人で行くこともあります)
今月から私に付くアシスタントが代わりました。
日本語より英語が得意という当社には異色な人です。
現場で英単語がいろいろ出てくるので
1日一緒にいただけで、建築建材の単語を少し覚えました。
あと1名募集していますが、思うように応募がありません。
■(1)今回の事例________
「雨漏りによる躯体の腐り」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-合板腐り
 
◆写真解説
クロスが黒くなり、壁内を確認したところ、
合板が雨漏りによって腐っていた。
ドライバーも簡単に刺さるくらい、やわらかい。
◆内容説明
壁をめくると、石膏ボードはカビていて
グラスウールの断熱材は湿っていた。
合板は腐朽菌が活動し、すでにふにゃふにゃ状態。
地震に耐える構造用合板がこれでは
かなり危険な家です。
◆対策
雨漏りを放置しない。
雨漏りを発見するには、家の小さな変化を見逃さない。
できれば、保証(築10年)が切れる前に、
我々のようなプロの点検を受ける。
===================
■(2)編集後記
昨日、準防火地域の木造3階建てを検査しました。
予想どおり、防火に関する施工がほとんど間違っていました。
防火地域で家を建てる人、
準防火地域で木造3階を建てる人は
第3者検査を入れることを強くお勧めします。
ただし、瑕疵を見逃す検査なら意味がありません。
全国展開しているある検査会社などは、防火に関することを
指摘しないようです。

樋のつまり

自宅の外壁改修も終盤。
昨日の夕方、少し早めに家に帰り職人と会話しました。
話をしていて、昨年あたりから大雨のとき、
樋がオーバーフローする原因が分かりました。
原因は、泥が溜まって、排水口がふさがれていた。
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-樋のつまり
(詰まっていた部分。泥の撤去後)
最も、ひどかったのが北側。
北側は愛知県の森林公園があり、ほとんどが森。
土の飛来は多くないと思っていました。
偏西風により、黄砂が北側の屋根に多く溜まったのかもしれません。
10年経たないうちに樋が詰まる。
確か、長期優良住宅では外部の点検は5年ごとだったと思います。
そのくらいのペースで点検する必要がありそうです。

事例581『基礎内へ雨水浸入』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
欠陥検査後、きちんと補修が出来たか、
確認へ行くことがあります。
もともとの業者のレベルが低いため
一回でOKが出るケースはあまりありません。
本当は、違う業者で直したいところですが、
コストの件もあり、それは難しいです。
■(1)今回の事例________
「基礎内へ雨水浸入」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-基礎内水
 
◆写真解説
雨水が基礎内へ入っている。床下が湿気る。
◆内容説明
外壁を伝った雨水が、基礎内へ進入している。
外壁下端の水切り施工不備が原因。
目視で外部を見ているだけでは気づかない。
たまたま、雨降りの日に床下検査したので分かった。
検査は雨の日の方がいいかもしれません。
◆対策
外壁下端の納まりをチェックする。
===============
■(2)編集後記
マンションは大規模修繕が定期的に行われる。
最初の修繕では、施工時の瑕疵も同時に直してしまうケースがほとんど。
施工のミスまで、住民負担。
これが当たり前になっています。
修繕を行う業者は、施工者や売主へ修補の請求をすると
計画自体が混乱する可能性もあるため、わざわざ波風立てません。
戸建て住宅でも何でも、瑕疵修補を要求する場合、
築年数が浅いうちに請求することが重要です。

事例578『シーリング切れ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
昼食等の時間もないくらい、今日は現場予定がぎっしり。
出かける前に自宅で書いています。
■(1)今回の事例________
「シーリング切れ」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-シーリング切れ
 
 
◆写真解説
外壁シーリングの切れ。1,2階のジョイント部。
ここはシーリングが切れやすく、水切りでおさめるべき箇所。
意匠優先でシーリング施工した。
◆内容説明
新築後、約5年でこの状況。
写真を見ればよく分かりますが、
横方向のシーリングの切れは、雨が入りやすい。
シーリングが切れても、内部に防水紙があるので
すぐに雨漏りするものではない。
ただし、防水紙の施工不備があれば、雨漏りするし、
内部の胴ぶち(木)は頻繁に濡れる。
◆対策
シーリングは劣化が早く、施工箇所によっては数年で切れる。
頻繁に外壁をメンテナンスをするか、この箇所なら
水切りを施工するなど、シーリングに頼らない施工にする。
===================
■(2)編集後記
新築検査で図面チェックを行うと、
昔の基準が書いてある図面がよくあります。
また、現場で話をしていると、監督や職人が
「そんなこと知らなかった」という内容が結構あります。
今後ブログなどで、このような事例を紹介したいと思います。
昨日は、基礎表面の気泡抜きを書きました。

事例575『雨漏りによる躯体の腐朽』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
数学が大の苦手な高校生の娘。
この夏、3つのジャニーズのコンサートや
友達とディズニーランドなどへ行くため、最近、
バイト代やコンサート代、交通費の計算ばかりしている。
計算嫌いだった過去が信じられません。
興味があればやる。実に分かりやすい。
■(1)今回の事例_________
「雨漏りによる躯体の腐朽」
_________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-腐朽
 
 
◆写真解説
雨漏りで腐った梁。
断面欠損が激しく、金物の錆びもひどいため、
補強は無理と判断。部材を交換した。
◆内容説明
雨漏りした箇所を解体。
長い間、雨漏りが続き、
腐朽菌による木の腐り。金物の錆が重症。
構造材である梁等を撤去し、新しいものに入れ替えた。
◆対策
通柱など部材によっては取りかえ困難な部材もあります。
雨漏りは放置せず、原因を徹底的に調べ、早期に処置をする。
================
■(2)編集後記
4年前、倒産した富士ハウス。
着工前、7割の前払い入金を急がせるなどが問題になった。
現在も元社長の経営責任を問う裁判が続いていたようで、
東京高等裁判所は4月25日、会社法に照らし「代表取締役としての
義務違反に当たるのは、会社が倒産必至にあると元社長が認識した後の
債権に限られる」としたうえで、元社長の認識は倒産から2週間前だった
として94人の請求を却下した。
一審判決は、元社長に原告団127人に対して約4億8000万円を支払うよう
命じたので、今回の判決で5分の1以下に金銭が減額されたようです。
現在住宅業界は、駆け込み受注などで業者の方がやや立場が強い。
支払い条件の緩和も難しいケースがあると思いますが、
この事件以降、出来高以上に支払わないなど、
請負代金の支払いに注意する人が増えています。

事例574『シーリングの穴』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日の午前中、検査に行った現場は、
監督さんが検査予定を忘れていて、現場に来なかった。
別の業者さんは、「明日の検査、予定どおりお願いします」と
電話をかけてきましたが、こちらは聞いてない。
連休を挟み、現場を段取りする人たちは、いろいろ忙しいようです。
■(1)今回の事例_________
「シーリングの穴」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-シーリング穴
 
 
◆写真解説
シーリングの穴。
経年変化ではなく、新築工事時の施工ミスによるもの。
小さな穴からでも雨は入る。
◆内容説明
サイディング目地のシーリング穴。
施工を丁寧に行わなかったために穴が開いている。
内部に雨が入ると、胴ぶちが濡れる。
また、防水紙の施工が悪いと雨漏りする。
雑な施工はシーリングが早期に切れる。
適切なシーリング幅、深さの確保。確実なプライマーの施工。
丁寧な押さえなど、施工基準を守ることが重要です。
◆対策
シーリングの施工中と完成時に検査をする。
=================
■(2)編集後記
このGW、3,4日に張り切りすぎて、5、6日は体がだるかった。
どこか病気ではないかと思うくらい、体がだるく、
今日から仕事できるか、少し心配してました。
何とか、今朝からは普通に戻りました。
体力の衰えを痛感していたら、中2の息子も同様に
2日間だるかったようです。
やや激しい運動をしましたが、ここまで体が疲れるとは
思いませんでした。
寝不足で長距離を運転したり、床下などに入り
動き回っても、ここまで疲れたことは最近ありません。
やはり、慣れの問題があるかもしれません。

事例571『サッシからの雨漏り』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
昨日は現場検査4件+雑誌記事の打ち合わせなどで
ブログを更新できないくらい、夜は時間がありませんでした。
今日も検査3件など、このところ現場予定が混みあっています。
現場予定が忙しいと、書類がたまります。
先週行った瑕疵検査、中古住宅検査などの書類は
まだ終わっていません。
ここ2,3日で集中して作成しようと思います。
■(1)今回の事例_________
「サッシからの雨漏り」
_________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-サッシ雨漏り
 
 
◆写真解説
サイディング内へ入った雨水が、サッシ上部にたまり内部へ進入。
躯体を腐らせている。
◆内容説明
サッシまわりの下地防水不備が原因。
新築検査で、防水テープの張り方が悪い。テープをしっかり
押さえていないため、粘着が悪いケース等を見かけます。
サッシの上端は、水を受けるため、
通気層内へ雨水が入った場合、雨水がたまる。
最近、幅が広いサッシの場合、水抜きをもうける場合もあるが、
防水テープなど、下地防水をしっかりやっておくことが重要。
◆対策
外壁を張る前に、防水検査をしっかり行う。
=================
■(2)編集後記
ほとんどの大工さんは、釘を機械で打ちます。
釘打ち機は大きくて、重さもあるためか、
手元が狂いやすく、いい加減に釘が打たれていることも珍しくない。
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-釘打ち
今日検査に行った現場も、適当に構造釘が打たれていた。
現場監督が、「どのあたりがNGでした」と聞いてきたので
「ほぼ全てです」と伝えました。

事例552『「防水テープ 接着不良』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今週は、紛争書類の作成に追われています。
完成のノルマは、今週あと1件でしたが、、
弁護士から急に書類を頼まれたので、計2件となりました。
週末の余裕時間がなくなってしまいました。
■(1)今回の事例________
「防水テープ 接着不良」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-防水テープ不備
 
◆写真解説
窓まわりの防水テープ。
粘着が悪く、防水紙と密着していない。
これでは防水の意味がない。
◆内容説明
両面の防水テープを施工した際、
防水紙をしっかり押さえて密着させなかった。
そのため、テープの粘着面が露出した状態となり
粘着が弱くなった。
壁裏で防水の役割を果たす防水紙。
窓などの開口部は、防水テープを施工し
雨が内部へ入らないようにしています。
写真のように、テープの粘着が弱いと
隙間が出来、雨が躯体に入り込む。
◆対策
防水紙が隠れて見えなくなる前に、全体を検査する。
==================
■(2)編集後記
昨日検査に行った現場で、大工さんがこんな事を言ってました。
「最近、自分のことしか考えない職人が増えてきた」
監督が常駐しない木造住宅で、大工さんといえば、
現場の主みたいなもの。
以前は、他の業者がいろいろ気を使ってくれたようですが、
今は、横並びの感覚があるのか、気を使う人が減ったそうです。
あとの納まりを考えすに配線、配管する設備業者。
施工が楽なのか、造作しにくいように施工していく断熱屋の話など
いろいろ愚痴を聞きました。
現場の和が乱れれば、品質も落ちるでしょう。
コスト優先で、職人を簡単に入れ替える風習から、
関係が気薄になっているようです。

事例548『壁のカビ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
検査料金が他社よりかなり安いと
お客さんから、よく言われます。
大手ハウスメーカーの家が高い理由と同じで、
経費や中間マージンの差であり、
検査員の報酬で比べると、当社が名古屋では一番高いと思います。
ある検査会社の50代の検査員(一級建築士)の年収を
聞いたことがあります。
その方には黙っていましたが、
当社の40代女性フタッフのほうが約200万円高かった。
実際に検査する検査員の報酬が低いと、
検査がいい加減になりやすいです。
表向きの値段ではなく、実質の値段に注目してください。
■(1)今回の事例________
「壁のカビ」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-壁のカビ
 
 
◆写真解説
クロスが部分的に変色。
めくってみると石膏ボードがカビていた。
雨漏りで壁内が濡れた事が原因。
◆内容説明
雨漏りで壁内が濡れ、石膏ボードが湿気てカビが生えた。
数ヶ月前の雨漏りであるが、
赤外線サーモグラフィーカメラで表面が湿気ていることを確認。
2×4など気密が高い構造では、
一旦、壁内が濡れると、なかなか乾きにくい。
◆対策
壁内に水が入った場合は、壁をあけるなどして
空気を通し乾かす。
===============
■(2)編集後記
昨日、完成検査に行って、こんなハプニングがありました。
玄関ドアの鍵が、何かに引っかかり開かない。
現場監督さんがサッシ屋さんを呼んで
ドアは開きましたが、1時間以上待たされました。
原因は建てつけの狂いだったそうですが、
入居後、この症状が再度出ても困ります。
国産メーカーの玄関ドア。
商品改良の余地がありますね。

事例541『雨漏りによる影響』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
国土交通省が既存住宅の検査に関する調査をしています。
現行の新築瑕疵保証検査は、一部の検査会社や検査員が
形だけの検査しかしていなく、消費者の期待を裏切っている。
そうならないためにも、情報は出したいのですが、
次の回答への締切が近づいているのに、
資料になかなか目を通す時間がありません。
■(1)今回の事例________
「雨漏りによる影響」
_______________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-壁腐り
 
 
◆写真解説
雨漏りで内壁が濡れ、解体してみると、
内部の木が腐り、釘が錆びていた。
◆内容説明
長期間雨漏りしていた箇所。
躯体の木が腐ってないか心配になり、壁の内部を確認。
この建物は2×4。
合板と石膏ボードで挟まれた壁内は、水分が蒸発しにくく、
不朽やサビを促進させた。
構造材が腐朽し、釘が錆びれば
構造的に弱くなることは確実です。
長期間雨漏りが止まらない場合は、
躯体の腐朽を疑った方がよいです。
◆対策
雨漏りの箇所が分からなく、修理が長期間に及ぶケースは珍しくない。
雨漏りが発生した場合は、原因特定に力をいれ
早期に修理完了することが重要です。
=================
■(2)編集後記
昨日の中日新聞にも載っていましたが、
耐震改修の目的は、大地震時に倒壊を防ぎ命を守る。
つまり、多少のねじれや損傷は起きるため
建て替えなどが必要になる可能性もある。
現在、補助金を使った木造住宅の耐震改修を1件監理しています。
予算面からぎりぎり安全となる改修を計画したため、
依頼者へそのあたりの説明は、事前にしております。
このことは、新築でも当てはまります。
基準法を守っている。耐震等級3でも安心はできません。
大地震が来ても家が無傷であるようにするには、
地盤、構造、施工の3つが重要。
特に2階建ての住宅では、掘り下げたところまでは要求されてないため
必要レベル以上に精査していかないと、安心はできません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る