ブログ

事例181(筋交い端部の隙間)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今週はGW明けから続いたバタバタが
 ようやく一段落しました。
 
 業務以外何もできなかったので
 今回、時間の余裕はうれしいです。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「筋交い端部の隙間」
 ________________________
 
 181
 

 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 筋交い端部の隙間。
 圧縮、引張り力の両方がかかる筋交い。
 隙間は圧縮力に対しNG。

 
 ◆内容説明
 
 筋交いの端部。
 斜めであり、ぴったりはまるように材料を
 切るのは難しいですが
 
 プロの大工さんなら
 きちんと出来て当たり前。
 
 
 平成12年以降 筋交いの端部は
 金物固定が必要になりました。
 
 大工さんは材料カットをミスしても
 金物固定があるから多少の隙間は大丈夫と
 思うかもしれませんが
 
 金物は主に引抜き力に対し有効です。
 
 
 隙間が大きいと壁の変形が大きくなり危険です。
 
 
 
 ◆対策
 
 現場での検査。
 
 もしくは工場での材料カットがよいです。
 
  
============================

■(2)編集後記

 
 事務所のすぐ前に 「王将」があります。
 
 不況の今、好業績の企業として
 テレビなどに取り上げられる影響でしょうか
 最近、とても混んでいます。
 
 土日の夜などは外に行列が出来るほど。
 
 
 立地はそんなに良くなく
 駐車場もやや離れている。
 
 ただの中華料理の店だったら
 こんなに繁盛しないはず。
 
 マスコミの影響はすごいですね。
 
 
 次回7月3日(金)はまぐまぐさんのシステムメンテナンスのため
 配信ができません。次回発行は4日(土)になると思います。

事例180(防火規制違反)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日の午前中は書類作成。
 午後からは2件検査予定があり
 最終は日没ぎりぎりの予定。
 
 日が長いので7時過ぎまで検査可能です。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「防火規制違反」
 ________________________
 
 180
 

 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 防火構造とするべき外壁の内側に、
 必要な石膏ボードの施工がない。
(断熱材もない)

 
 ◆内容説明
 
 準防火地域 木造2階建ての外壁
 
 外側 サイディング
 内側 石膏ボード(9.5mm)などで
 
 「防火構造」とすべき箇所の内側の石膏ボードの施工がない。
   建築基準法第2条8号改正(告示1359号)
 
 私が検査している経験上
 岐阜県は行政の中間検査で指導を受けるため
 守られている確率は高い。
 
 
 ◆対策
 
 ハウスメーカーさんなどは標準で
 全ての現場に対応済み。
 
 図面で明記されている例が少なく
 現場サイドで判断が難しい場合は
 標準施工にするとよいです。
 
  
============================

■(2)編集後記

 
 今回紹介した例もそうですが
 無知型の欠陥住宅が多い。
 
 ・改正省エネ法
 ・長期優良住宅法 など
 
 最近また、法改正が続き、
 より現場は混乱するのではないでしょうか?
 
 
 完成済みの欠陥住宅を処理するのは
 購入者、施工者など皆に負担がかかります。
 
 製造側への情報発信を増やして
 元の原因削減に努める必要もあるのでは
 
 と最近、思っています。

事例179(あと施工アンカー不備)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日は久しぶりに
 昼間事務所にいる時間が長かったです。。
 
 暑い日は事務所にいるほうがいいですね。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「あと施工アンカー不備」
 ________________________
 
 179

  
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 あと施工アンカー。
 コンクリートに穴をあけた時の粉があり、
 吸引など掃除をしないまま接着材を入れたと思われる。
 強度的に疑問です。

 
 ◆内容説明
 
 あと施工アンカー(ケミカルアンカー)の
 説明、施工要領はこちら↓を参考。
 http://www.kfc-net.co.jp/chemicalanchor.htm
 
 
 場所は土台の接合部
 
 アンカーボルトが必要な箇所なのに
 ないことをあとから気がつき
 ケミカルアンカーを施工したと思います。
 
 ケミカルアンカーは
 接着材で引張り強度を持たせます。
 
 接着面を清掃しないまま
 接着剤を入れたらダメなことはわかりそうですが。
 
 
 ◆対策
 
 ケミカルアンカーは誰でも施工することができます。
 
 ただ、清掃道具をこれ専門に
 用意することは難しいです。
 
 できれば専門職による施工をお薦めします。
 
  
============================

■(2)編集後記

 
 建築業者さんで
 下請けにサービスで何でもやらせるみたいに
 
 当社へ対し「タダ」で何か頼もうとする人が最近多いです。
 
 先週あったことですが、 
 電話で相談してきて最終的に
 
   「一度、現場見てくれませんか?」と言われました。
   
  そこで、費用がかかると言うと・・
  
   「じゃあ結構です」と断ってきました。
   
   
 他にも特に面識のない人から
 ・○○の資料が欲しい
 ・話を聞いて欲しい  などの話は多いです。
 
 
 悪気はないかもしれませんが
 当社は物を造ったり、売る会社ではありません。
 
 時間で動いて、書類を書いて報酬を得る会社です。
 
 
 相手の専門分野のことは
 相手はプロということを意識して
 報酬体系を尊重していただきたいと思います。
 
 
 例外として
 不特定多数の方へ恩恵があるような内容の場合は
 無償対応いたします。

事例178(基礎パッキンの不備)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 梅雨に入り、雨と言うと
 雷を伴った豪雨。
 
 昨日も高速道路を走っていてこの豪雨にあい
 前があまり見えなかったです。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「基礎パッキンの不備」
 ________________________
 
 178
 

 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 基礎と土台を緊結するアンカーボルト部分に
 基礎パッキンがない。
 締め付け力のかかる箇所であり必要です。
 
 基礎パッキン↓
 http://www.joto.com/kp_a/kp_top.php
 
 ◆内容説明
 
 建築基準法第42条の2に
 「土台は、基礎に緊結しなければならない」とある。
 
 緊結の方法ですが
 アンカーボルトで締め付けます。
 
 しっかり締め付けるためには
 土台と基礎の間に空間があってはダメです。
 土台に余分な負荷がかかります。
 
 基礎パッキンの製造メーカーの施工マニュアルにも
 アンカーボルト部、柱下など力のかかる箇所は
 必ず入れることになっています。
 
 
 
 ◆対策
 
 あとから入れる施工はイレギュラーであり
 施工時に位置をきちんと確認すべきです。
 
  
============================

■(2)編集後記

 
 先週あったこと。
 
 完成検査でキッチン収納扉が壁に当たるので
 「涙目・・・ソフトクッション」
   参考 http://www.exseal.co.jp/product/soft-cushion.html
  
 をつけてとお願いしたら、担当者が
 
  「コストと手間がかかるのでダメです」と言った。
 
 
 だいたいこのようなことを言う社員がいる会社は
 
 家を造りその結果、利益を生み出すというよりは
 お金を造る事が一番、その手段が家を造るという会社。
 
 担当者は会社のためにいい事したと思っているでしょう。
 
 反対に、お客さんからすれば数千万の家を建てて
 1ヶ10円ほどの貼るだけの部品を断る
 嫌な会社としか思わないでしょう。
 
 
 不況ですし、利益を稼ぐことは大事ですが
 
 今の時代、消費者は安い、高いで購入先を決めるだけでなく
 その会社(担当)が好きか、嫌いかも大きな選択理由でしょう。
 
 こんなことしていると
 将来的に選ばれない会社になるでしょう。
 
 
 以前、パフォーマーの監督さんを見たことがあります。
 
 普段はとてもいい加減な人なんですが
 完成引渡し時、お客さんが来る前に家を一生懸命掃除しているんです。
 
 前日に掃除の業者が入ってきれいだったかも知れませんが、
 腕まくりをして、玄関先に水をまいたり、タイルを拭いたり
 見せ方が上手なんです。
 
 これを見たお客さんは感動してました。
 
 
 時間、コストの効率化も大事ですが
 かけないといけない時間、コストもあると思います。
 
 
 今回の「涙目」
 営業さんでも誰でもいいから
 
 「ここの扉、壁に当たるので付けておきます」
 とお客さんの前で言えば
 
 10円以上の価値を生み出すと思います。
 
 
 家は高いものだけに
 お互いが気持ちよく完成させたいですね。
 

事例177(シーリング幅の不足)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日は検査3件。
 明日朝から木曜午前中まで東京で
 今日中に完成する書類もたくさん。
 
 メルマガ、今日はやめようと思いながら
 火、金の発行を守っています。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「シーリング目地幅不足」
 ________________________
 
 177

  
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 外壁シーリングの幅不足。
 施工前の写真で下の方は幅ほぼ0mm。
 これではシーリングが充填できない。
 
 
 ◆内容説明
 
 外壁メーカーの施工マニュアルには
 
 幅10mm深さ6mm以上の目地に
 シーリングを充填してくださいとある。
 
 写真の例は幅がぜんぜん足りません。
 
 
 シーリングは紫外線や雨を受ける状況によっては
 早いと5年以内に切れることもあります。
 
 当初の施工をきちんとやっておくことが
 重要です。
 
 
 ◆対策
 
 シーリングを施工されてしまうと
 あとから幅の確認は難しいです。
 
 シーリングを施工する前に確認しましょう。

===========================

■(2)編集後記

 
 先週土曜日、予定を空けて
 夜回り先生 水谷修氏の講演に行きました。
 
 以前何冊か本を読んだことがあり
 興味があったからです。
 
 印象に残ったことは
 
 ・水谷氏の生き方、行動はすごい。
 
 ・世の中、大人が「ぎくしゃく」しすぎていて
  結果、子供達を追い詰めているという話。
  
 
 
 水谷氏の話は中学生から高齢者と対象が広いので
 一度機会があれば聴いてみてください。
 
 あっという間の2時間でした。

事例176(防蟻処理)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日も朝から夕方まで現場。
 約150KM 移動し、先ほど戻りました。
 
 やや、溜まり気味の書類を早めに
 片付けたいです。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「防蟻処理剤」
 ________________________
 
 176

 
 
 
 ◆写真解説 クリックすると拡大します
 
 1階床の防蟻処理(オレンジ色が薬剤)。
 大引き裏側の未施工部(丸印)を指摘したら
 裏側は塗らないという回答が返ってきた。
 実際はむらなく塗るのが正しい。
 
 
 ◆内容説明
 
 防蟻処理ですが
 建築基準法で記載されているのは
 土台、柱、筋交いなどの外壁部のみで
 写真のような大引きに規定はない。
 
 公庫仕様書には
 薬剤は処理むらが生じることがないよう・・(以下省略)
 との記載がある。
 
 
 下面は塗りにくいから塗らないだけで
 施工するならきちんとやって欲しいのは
 誰でも思うこと。
 
 
 
 ◆対策
 
 薬剤はあくまで予防
 完全ではありません。
 
 床下の定期的な点検をお薦めします。
 
  
============================

■(2)編集後記

 
 昨日、検査した新築分譲住宅。
 久しぶりにいい物件だと思いました。
 
  細かな設計図面
 
  要所はきちんと施工
 
  設計も分譲らしくない
 
 
 細かな指摘はありましたが
 十分合格点でした。
 
 
 ただ、この物件施工業者が破綻しています。
 いいものを造っているだけに
 
 残念と思いました。

事例175(帯金物釘)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日の午前中は事務所。
 午後からはやや遠方へ検査。
 この1週間、移動距離が多くなっています。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「帯金物、釘の打ち忘れ」
 ________________________
 
 175

 
 

 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 2×4で1,2階の壁などを緊結する帯金物の
 釘の抜け。

 
 ◆内容説明
 
 この帯金物、2×4外壁パネルの
 上下ジョイント部に引き抜き防止の役割で付きます。
 
 躯体検査において重要な項目ですが
 躯体検査時は金物が取り付いているだけで
 全て釘は打ちません。
 
 全て釘を打つタイミングは
 ジョイント部が沈む可能性があり
 屋根を葺いたり、中に石膏ボードを搬入し
 重みをかけてからです。
 
 
 そのため ↓↓
 
 ◆対策
 
 施工のタイミング的に
 帯金物の釘だけを検査することは難しいです。
 
 当社でも躯体の次の検査では
 上に防水紙が張られている事が大半です。
 
 大工さん自身の確認、又は現場監督さんの
 確認が重要です。
 
  
============================

■(2)編集後記

 
 最近、既設住宅の検査時間が以前より
 平均1時間は長くなっています。
 
 2名で伺うので単純に合計2時間長くなっている。
 
 原因は?
 
 1、指摘が多い
 2、しっかり見ている
 3、床下が低いと移動に時間がかかる
 
 など理由はいろいろだと思います。
 
 
 新築の家でも床下が低い家があります。
 
 シロアリの点検など床下のメンテナンスを考えますと
 基準法の基礎高さGL+300mmでは低いです。
 体の下にスケボーのような台車を使えません。
 
 公庫基準のGL+400mmは最低欲しいです。
 欲を言えばプラス50mm・・・450mmあると
 かなり動きやすいです。

事例174(床下断熱材の落下)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日は曇りだと思っていたら
  一日 雨。
 
 朝から出て
 ようやく夕方、事務所に戻りました。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「床下断熱材の落下」
 ________________________
 
 174
  
 

 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 床下断熱材。
 設備配管、配線時に落下した?
 
 この部分断熱欠損になる。

 
 ◆内容説明
 
 電気の線か、お湯の配管(ピンク色)を施工した時に
 断熱材を乱してしまった例。
 
 昔は床下に断熱材を施工しませんでした。
 そのため、あまり重要と思っていない職人さんが多いかも。
 
 職人さんが断熱材の重要性を理解していないと
 落ちようが、垂れようが
 そのままになってしまいます。
 
 
 ◆対策
 
 設備の配管がある
 キッチン、洗面の下は最終検査したほうが良いです。
 
 この部分にはだいたい床下点検口があります。
 
  
============================

■(2)編集後記

 
 長期優良住宅普及促進法が昨日施行されました。
 
 内容は
 構造躯体の劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、
 可変性、バリアフリー性、省エネルギー性の考慮など。
 
 これにプラスして
  いろいろな税制の優遇。
 
 税制優遇がやや物足らない感じがしますが
 良い制度だと思います。
 
 性能確保には新築時のきちんとした施工と
 建ててからのメンテナンスが重要ですね。
 

事例173(けた行筋交い未固定)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日は移動が多く、バタバタしたためか
 
 すっかり「メルマガ」のことが
 頭から抜けていました。
 
 時間はすでに午後9時を過ぎています。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「けた行筋交い未固定」
 ________________________
 
 173

  

 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 木造小屋組(屋根裏部)のけた行筋交い。
 釘の固定が全くなく、役割を果たしていない。

 
 ◆内容説明
 
 小屋組(屋根部を構成している部分)が
 けた行き※に倒れるのを防ぐため、
 小屋束(小屋の柱)をつなぐ筋交いを施工します。
 
 ※けた行きとは・・
 屋根の頂部の「棟(むね)」と平行方向のこと。
 
 
 本来はN50の釘、2本で留める。
 
 釘の種類がさまざまだったり
 今回のように釘留めを忘れてしまう
 ケースは意外に多いです。
 
 
 
 ◆対策
 
 あとからでも見つけることは可能であり
 是正も容易ですが
 
 工事中、小屋組の検査で
 全数確認することです。
 
  
============================

■(2)編集後記

 
 愛知県の4月の住宅着工数
 
  前年比51%減
 
 10%、20%ではなく・・・51%減
 かなり強烈な数字です。
 
 今後、どのようになっていくかわかりませんが
 住宅業界は苦しい状況にあります。
 
 当然この数字は
 私のような仕事でも影響を受けます。
 
 毎日、忙しく仕事の数はありますが
 新築の検査が減るなど、昨年と内容の変化を感じます。
 
 時代、業界が変わりつつある今
 変化は今後も続きそうです。

事例172(壁内結露)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 昨日、結露した水筒のキャップを見て
 結露発生の要因をあらためて体感しました。
 
 空気中の水蒸気量と温度差
 条件がそろえば発生します。
 
 
■(1)今回の事例________________

 ・「壁内結露」
 _______________________
 
 172

  
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 壁内結露。
 壁をあけてみたら結露で内部はベタベタ。
 水滴(矢印部)やカビもあった。
 原因は断熱材の薄さ。

 
 ◆内容説明
 
 写真は冬に撮ったもの。
 
 壁の断熱材が非常に薄く、
 外の冷気を遮断できない壁に
 床下から壁内に湿度の高い空気が入り込み
 結露を起こしている。
 
 
 結露発生のメカニズムを数字的に考えると
 難しく混乱します。
 
 これからの季節
 氷を入れた飲み物が入ったグラスに付く
 水滴も同じ仕組みです。
 
 
 ◆対策
 
 壁内結露は知らずに進行している病気のように
 目に見えないだけに怖いです。
 
 
  断熱材の施工を確実に行う。
  (断熱性のあるカップは水滴が付かない)
  
  湿気た空気を壁内へ入れない。
  (空気が乾燥しているときはグラスに付く水滴が少ない)
 
 設計の段階からチェックすることが大事です。
 
  
================================

■(2)編集後記

 
 今週末のセミナー
 
 31日(日)13時から15時 
 
 岐阜県県民ふれあい会館
   岐阜市藪田南5丁目14-53
   
   
 この会場で5年ほど前に
 当社主催で行ったセミナー。
 
 当日、予約なしで来た人が20名ほどいて
 会場の定員を超えてしまい、
 非常に慌てたことを思い出しました。
 
 
 今回はまだ10名ほどは入れるようです。
 (30日の高山市はかなり余裕あり)
 
 直前でもOKですのでご希望の方は
 メール info@ie-kensa.comか
 
 電話 0561-54-9988又は
    090-6614-1376(ソフトバンク)で受け付けます。
 
 
 ・覚えて欲しい2つのこと、
 ・ダメ業者を見極める質問とは
 
 これを知りたい家を建てる予定のある方、
 時間があれば是非来てください。
 
 
 参加費は無料。
 
 
 主催:NPO岐阜・楽しい家づくり研究所
 後援:岐阜新聞

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る