ブログ

事例229(軒先金物 釘の間違い)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日行った現場。
 
 結構現場が大きく。職人さんが6名くらいいました。
 
 
 上棟なので大工さんとは初対面。
 親方は誰か、最初に挨拶し認識しましたが
 他の大工さんはわからずまま検査していました。
 
 
 指摘がいろいろあって
 たまたま近くにいた人に
 「ここビス抜けてますよ」と指示したら
 
 
 
  「施主の親」です。という返事が。
 
 初対面でもあり、
 大工さんと見間違えてしまいました。
 
 
 こういうことが年に数回、あります。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「軒先金物 釘の間違い」
 ________________________
 
 229
  
 

 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 屋根軒先を緊結する金物。
 
 打たれている釘が
 規定のものより弱いものを使用。

 
 
 ◆内容説明
 
 構造金物類は釘の種類が決まっていますが
 安くて在庫で持っている「普通の釘」が
 打たれるケースが多い。
 
 規定ではこの部分
 ZN40(太め釘)という釘を打ちます。
 
 写真の釘に比べ頭の大きく、胴部も太い。
 
 
 最近ではかなり間違いが無くなりましたが
 数年前までは多くの現場で見られた事例。
 
 
 今でも地方へ行くと
 まだ間違っている現場があります。
 
 
 
 ◆対策
 
 釘の間違いは
 JISに規定するN釘という構造上主要な部分に使う釘と
 普通の釘を間違うケースが多い。
 
 大工さんが気にしていないと
 間違いは起きます。
 
 このあたりは大工さんを指導しないと
 間違いは無くなりません。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 年内に「きり」を付けたいためでしょうか?
 
 この慌しい時になっても
 いろんな相談がきます。
 
 
  CMではイメージがいい『あの会社』
 
   なんだか今年はここの相談が多いです。
    
    
  裏では非常に汚いことやっています。
  社員はそれで仕事が楽しいのでしょうか?
 
 きっと本心じゃないんでしょう。
 
 転職が厳しいこの時代だから
 家族のためにも会社の命令に逆らえない?
 
  なんだか
   とっても「気の毒」です。
   
   
 
 
 CMに騙されてはダメです。
 
 あくまで つくられたもの ですから

事例228(床づかの位置)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今年も残りわずか
 
 仕事できる日を数えると
 焦りがでます。
 
 年内は28日まで現場に出ますが
 すでにこの日は予定が一杯。
 
 29日にも1件、過去検査したお客さんからの紹介で
 何とか来てくれないかと言われて調整中。
 
 すっきり新年を迎えるために
 仕事整理したいです。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「床づかの位置」
 ________________________

 228
 

 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 木造の床組。
 床づかが大引きジョイント直下にある。
 規定ではこの位置にあるのはNG。
 
 
 ◆内容説明
 
 一見、問題なさそうなことですが
 
 公庫仕様書には束の位置は
 「継ぎ手から150mm内外持ち出した位置」とある。
 
 継ぎ手はN75の釘2本打ちなどでしっかり固定し
 床づかは所定の位置でしっかり緊結します。
 
 大引き以外、梁なども柱上で継ぎませんね。
 
 
 束や柱の位置で継ぐと
 継ぎ手や束、柱端部の固定が十分出来ないためです。
 
 写真をよく見ると不安定に見えます。
 (写真左の木が大きいのは土台が延長している)
 
 
 
 今回の例、釘の種類も「プラ束」の製造メーカーが
 指定しているものと違います。
 
 
 規定を知らないために起きる事例です。
 
 
 
 ◆対策
 
 基準、規定を理解している大工さんも大勢いますが、
 中には自己流の方もいます。
 
 
 基準を教えたり、現場検査をすることが大事です。
 
 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 年末のこの時期ですが準備が完了し
 
 当社の3番目の仲間
 
 「住宅検査 関西」がオープン
  http://aoyama.la/
  
 
 住宅の検査はもちろん全て出来ますが
 特に強いのは中古住宅検査や雨漏り調査。
 
 
 雨漏りに関しては
 今後、いろいろ私も相談できそうです。
 
 
 最初に依頼を受けた完成1回だけの検査
 (中古、建売完成、欠陥調査など)
 
 では私が出張し一緒に検査行う予定です。
 

事例227(基礎のクラック(ヒビ))

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 屋根の上に午後から長時間
 
 風が冷たく体が冷えました。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「基礎のクラック(ヒビ)」
 ________________________
 
 227

  
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 基礎スラブ 幅0.7mmのクラック。
 コンクリートの押さえが
 悪いために発生した「沈みこみヒビ」
 
 
 ◆内容説明
 
 「ベタ基礎」スラブ面のクラック
 
 コンクリートを流し込んだ時
 ある程度固まってから「コテ」などで
 押さえる作業がきちんとされていないために
 
 コンクリートが沈み「ヒビ割れ」が発生。
 
 
 コンクリートは硬化するときに
 少し沈下をする。
 
 沈下後に抑えていないため
 鉄筋の上で割れてしまった。
 
 
 ヒビ割れてしまったら補修が必要です。
 
 
 最近はいろいろな補修材が発売されていて
 比較的容易に補修できます。
 
 
 
 ◆対策
 
 
 ヒビ割れの起きない基礎をつくるには
 
 
 ・スラブは余分に押さえる。(最低2回押さえ)
 ・立ち上がりは間隔をあけて
  2回バイブレーターをかけるなど
 
 コンクリート打設時に
 いかに手を掛けるかが重要です。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 住宅購入のエコポイントとか
 金利優遇1%などの法案が出ています。
 
 
 これは昨年に比べかなり落ち込むであろう
  「新築住宅着工数」を回復させ
  
  景気向上を狙うものです。
 
 
 1%の金利優遇は購入者にとって
 かなりのメリットがあります。
 
 数字ではたった1%ですが
 借りる額の大きさ、期間の長さがあるので
 
  例えば3000万円を35年借りた場合
   ボーナスなしの月々の支払いは
   元利均等返済で1万5千円は違うでしょう。
   
  総支払いでは約600万円得します。

 
 でも、予算がぎりぎりで
 この優遇で何とか買えるという人は
 
  業者に踊らされて「買ってはいけません」
 
 
 誰でも簡単に借りれるローン・・・
 
 サブプライムローン問題が
 アメリカで起きたばかり
 
 
 無理して飛びついても
 将来的に収入の保証がないと危険です。
 
 
 自分で試算できない人は
 ファイナンシャルプランナーなどに
 相談してみるのもいいですね。

事例226(防水テープ施工不良)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日は雨で2つ予定がずれたので
 昼間、少し事務所にいました。
 
 あと2日ほどスケジュールがきついです。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「防水テープ施工不良」
 ________________________

 226
 

 

 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 窓まわりの防水テープ(両面)。
 施工してあるが上の防水紙を押さえていない。
 これでは隙間があり雨が入る。
 
 
 ◆内容説明
 
 「ただ付いていれば施工はどうであれOK」
 
 あるよその検査員から聞いた言葉を思い出しました。
 
 
 防水テープの役割を
 
 職人さんが理解していないのでしょう。
 
 きっちり防水するためと考えて施工したら
 写真のようにはならないでしょう。
 
 あとから自然にくっつくものではなく
 この段階できちんと密着させないとダメです。
 
 
 ◆対策
 
 防水下地の検査を行いましょう。
 
 
 瑕疵保険があると安心していませんか?
 
 施工ミスを重過失と判断された場合
 保険が下りません。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 まもなく、この検査業務を始めて
 10年目に突入します。

 この間、
  姉歯マンション偽装事件があったり
  住宅瑕疵担保履行法開始、
  建築基準法や建築士法改正もありました。
 
 業界はもちろん
 私も常に変化してきましたが
 
 たぶん変わらないのが
 
  「欠陥住宅の数」
  
 私、今年は
 昨年の2倍はかかわっています。
  
 
 家の品質自体は確実に10年前より
 よくなっていると断言できますし、
 
 住宅着工数は減少。
 
 ・・なのになぜ減らないか?
 
 
 
 それは過去に
 
  ・あえて問題とならない又は思わなかったこと
  ・知らずに通っていたこと
  
 などが今、
 問題になるからでしょう。
 
 
 供給する側がこれまでのやり方のままでは
 いつ大きな問題に直面するかわかりません。
 
 品質を瑕疵保証検査などだけに頼っているだけでは
 対策として十分ではありません
 
 というかぜんぜんダメです。
 
 
 今、検査などで私がかかわっている現場
 
 完璧に近い現場もあれば
 全くダメな現場  もあります。
 
 完璧な現場、業者さんは
 きちんと品質やトラブル防止の要所を
 押さえています。

事例225(基礎が一部低い)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 毎年12月は忙しい月の一つ。
 
 今週が忙しいピークです。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「基礎が一部低い」
 ________________________
 
 225
 

 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 基礎パッキン工法ではありません。
 基礎の低い部分に木をかましている。
 
 
 ◆内容説明
 
 基礎施工時、
 計測ミスか計測機械の故障?
 
 原因はわかりませんが
 水平が出ていない基礎の上に
 躯体を乗せた例。
 
 基礎パッキンのように
 安全が確かめられたものなら良いが
 ただ木をかっただけでは不安がある。
 
 
 ◆対策
 
 今回のミスが起きる頻度としては低い。
 
 しかし、計測機械が突然狂うこともあり
 基礎完成時、レベル検査は重要です。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 最近、新築の検査で
 
 当社が業者さんから図面をいただくのが
 ほぼ全ての現場で直前です。
 
 
 最終図面をもらうためかもしれませんが
 昨日始まった検査は配筋検査前日にいただいています。
 
 
 時間的な余裕がなくなっているのでしょうか
 
 
 図面の間違いは
  あとあとトラブルの元
 
 施主、設計者、施工者それぞれが
 よく図面を確認してから工事開始して欲しいです。
 

事例224(筋交いの切断)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日は暖かいですね。
 窓を開けて、午前中書類作成しています。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「筋交いの切断」
 ________________________
 
 224
 

 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 筋交いの切断。
 階段下で筋交いが付くには最初から無理があった。
 設計ミスによるもの。
 
 
 ◆内容説明
 
 階段と筋交いが干渉。
 
 筋交いの上部を切断し階段をつけた。
 
 
 図面を書くとき、
 立体的に考えないとこのようなミスは起きる。
 
 大工さんが階段をつけるまで
 筋交いが付いていたところ見ると
 
 だれも事前に
 間違いに気が付かなかったようです。
 

 
 ◆対策
 
 間違えても別の場所へ筋交いを移すなど
 リカバーできればよいが
 
 事前に図面の段階で気が付くほうが当然よいです。
 
 階段周りは頭の中で立体的に考えてチェックすべきです。
 
 
 
===========================

■(2)編集後記

 
 先月末くらいから問題処理の仕事が
 急増しています。
 
 簡単に解決するものもあれば
 かなりの難問もあります。
 
 
 私自身、問題の大小にかかわらず
 なぜ、問題が起きたのか
 分析してみるようにしています。
 
 それをまとめると
 
 一番の原因は「予見」ができていない。
 
 
 予見は簡単ではありません。
 私も元々は設計や施工する立場でしたが
 当事者になるとなかなか気が付かないと思います。
 
 これからもデータを集め
 予防に有効な方法をもっと分析したいです。
 

事例223(FRP防水 トップコート剥離)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 午前中、中央高速の春日井ICから多治見IC間で
 
 運転しながらですが
 きれいな紅葉を見ることができました。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「FRP防水 トップコート剥離」
 ________________________
 
 223

 

 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 バルコニーFRP防水、
 トップコート(表面塗料)の剥がれ。
 築数年での剥がれで施工不良が原因?

 
 ◆内容説明
 
 木造住宅のバルコニー防水で主流のFRP
 
 ※FRP=繊維強化プラスチック
  (Fiber Reinforced Plastic) の略
 
 
 その表面に保護や色付け、滑り止めの役割で
 塗られる「トップコート」の剥離。
 
 
 防水面は10年保証が義務付けられている部分
 数年で写真のような広範囲の剥離は
 明らかに施工不良でしょう。
 

 
 ◆対策
 
 重要な防水作業。
 検査で作業に一部始終立ち会うと
 かなりの時間になります。
 
 通常は下地か作業中、
 又は完成後しか検査はしません。
 そのため、施工技術の高い業者選びが重要です。
 
 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 不動産(自分の家含め)を買うか借りるか
 
 そんな論議を先週、雑談の中で、
 ファイナンシャルプランナーとしました。
 
 考えは全く正反対でしたが、
 いろいろな意見があっていいと思います。
 
 
 週末読んだ本で、
 私と同じ考えのことがかいてありました。
 
 その本は「サラリーマンのためのお金のサバイバル術」
  朝日新書  岡本史郎著  777円
   
 
 ・損か得かは「不動産の値上がりが期待できるか」
 ・無理してまで買わない など
 
 
 この他に私が仕事柄感じることは
 家を買うと以下2つのリスクを負う可能性がある。
 
 ・家にいろんな意味で縛られる。
 ・家が人生の重荷になる。
 
 具体的な状況としては
 
 ・売りたくても安い値段でしか売れない。
 ・補修費の捻出が不可能・・劣化して地震で潰れる不安。
 ・欠陥住宅を掴んだ。
 
 
 など、どちらにしても
 チラシに飛びつくなどの衝動買いは避け
 よく考えて買うことが大事です。

事例222(筋交い金物切断)

 こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日も暖かいですね。
 現場へ出るにはちょうどいい気温です。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「筋交い金物切断」
 ________________________
 
 222
 

 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 筋交い金物の切断。
 アンカーボルトと干渉したことが原因。
 写真では見えないが土台接合部のビス穴も
 切断されていてビスも不足している。

 
 ◆内容説明
 
 筋交い金物などの「構造金物」
 
 付いていればとりあえずOKという
 感覚があるようです。
 
 今回のように金物同士が干渉するケースは多い。
 
 その場合は金物の種類を変えたりすれば
 おさまるはずですが、
 現場にある金物で済ませたいのでしょう。
 
 大地震時以外には役に立つものではありませんが
 万が一の時の安全のため
 構造金物は規定どうりの施工が重要です。
 
 
 ◆対策
 
 ・使いやすい金物の選定
 
 ・おさまらないときに無理な施工をしないように
  大工さんを教育する
 
 ・現場検査
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 当社のような第三者検査が初めての
 建築業者さんや大工さんにとって
 一番気になることが
 
     「検査の基準」
 
 簡単に言えば
 
 建築基準法、公庫(フラット35)仕様を中心に
 
 建築学会発行の書物、
 製造メーカーの施工マニュアルを
 参考に基準としています。
 
 
 「その基準よりこうしたほうがいい」
 などの意見をたまにいただきます。
 
 家に関しては人によって
 いろいろな考え方があり、
 大工さんなどは経験上たくさんあると思います。
 
 
 ただ、それが本当に安全か確かめることは
 実験など出来ない立場では不可能であるため、
 
 上記に書いたような基準を最低限守り
 これ以上のものを求めることが大切だと思います。

事例221(基礎、横方向のクラック)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 現場2件まわって帰ってきました。
 
 雨が降る前に帰って来れてよかったです。
 
 
■(1)今回の事例_______________

 ・「基礎、横方向のクラック」
 ______________________
 
 221 
 

 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 木造住宅基礎、横方向の連続したクラック。
 私の推測ですが、打設時の締め固めが悪く、
 下部が下がった。
 
 
 ◆内容説明
 
 縦に入るクラックはよくありますが
 このような横方向に連続したクラックは
 あまり見かけません。
 
 
 先にも書きましたように私の推測では、
 固くなってから入ったクラックではなく、
 
 コンクリート打設時の締め固めが悪く
 まだ固まらないうちに下部が下がり
 上部は鉄筋などで動かずにこの位置に
 クラックが入ったと思われる。
 
 コンクリートの締め固め不足は
 ジャンカ(空洞)や、あとからの収縮クラックが
 発生しやすいためきちんと施工させたいです。
 
 
 ◆対策
 
 簡単にバイブレーターをかけて終わりではなく
 打設時の作業基準を作り、監督さん立会いで守らせる。
 
 
 
 
===========================

■(2)編集後記

 
 昨日、徳島県で仕事関係の友人の結婚式に参列。
 
 披露宴、2次会
 そして一緒に参列した仲間と「徳島ラーメン」を食べて
 徳島を出たのが午後10時。
 
 移動手段は車で、
 家に帰って来たのは今朝2時半。
 
 
 遠方の出張が多かった11月もまもなく終わり。
 
 来月は事務所に腰をすえたいとこですが
 近距離の出張は多い予定です。

事例220(けた行き筋交い未固定)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 明日から3連休ですね。
 私は、この連休もゆっくり出来そうにありません。
 
 
■(1)今回の事例__________________

 ・「けた行き筋交い未固定」
 _________________________
 
 220
 

 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 屋根裏に付く構造上主要な部材
 「けた行き筋交い」の釘打ちによる固定忘れ。
 これでは付けた意味がない。
 
 
 ◆内容説明
 
 屋根部分の筋交いがこの部材で
 「雲筋交い」と言うこともあります。
 
 全くこの部材が付いていない現場は
 最近見ませんが、釘の打ち忘れはよくあります。
 
 数が多いので忘れやすいのかもしれません。
 
 
 N50の釘を2本打ちするのが正しい施工。
 
 
 ◆対策
 
 躯体検査時に小屋部分の金物を全数検査する。
 
 2階床からでも結構見えます。
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 今週、気になったニュース
 
 「ローン破綻急増 
  愛知競売数 前年同月比 9月5.6倍」
  
 愛知県は製造業が多く
 不況の影響が大きい県の一つです。
 
 ボーナス、給料減による理由が一番だと思いますが
 負担の大きいローンを組んでしまう原因も
 かなりあるでしょう。
 
 せっかく買ったマイホームが原因で
 破綻していては、夢が悪夢になってしまいます。
 
 
 家を大金を使って買い
 それが競売になり、業者が落札しまた転売される。
 
 自分は破綻するか、負債が残り
 誰かは確実に儲かるしくみ。
 
 生きていく上で「大損」しないため
 お金の知識を習得することも大事です。
 
 
 ローン支払いが危なくなったとき
 すぐに専門家に相談すれば
 最悪の事態を回避できる可能性は高いです。
 
 自分でわからない場合は
 やはり専門家を頼りましょう。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る