ブログ

欠陥住宅事例86(立上りかぶり)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
  コンクリートのかぶり
 
 ~規定より1CM不足
 
 
■今回の事例__________________

 ・「かぶり・・造る側の解釈」
  ______________________
 86

 写真解説:基礎の立上り鉄筋のかぶり厚不足。
      規定では4CM以上、写真は3CMで
      1CM不足。

 (用語解説)
 「鉄筋のかぶり厚さ」・・・
 鉄筋廻りに付くコンクリートの厚さのこと
 
 以前何度か事例として登場しているので
 詳しい説明は省略し、いつもと少し違った感じで
 いきましょう。
 
 
 かぶりは建築基準法施行令第79条に記載がある。
 
 「・・・立上り部分にあつては
    四センチメートル以上・・・・・」と
    
 
 
 今回、写真のような箇所を合計10ヶ所程
 検査で指摘したところ
 
 現場に居た、基礎職人と建築会社の検査員が
 
 「5mm、10mm程度の不足、
  それも数ヶ所程度でダメなのか」
  
 「これくらい影響ないでしょう」
 
 「施工上、どうしても起きる。是正は無理」などと
 
 いろいろ意見を言われました。
 
 
 
 
 皆さんはこの意見どう思われますか?
 
 
 建築業界の人はきっと同じ意見ではないでしょうか?
 
 私も業界20年以上居ますので言いたい事は
 良くわかります
 
 
 ただ、よく考えてください
 
 これって例えば
 食品業界の賞味期限切れなどの問題と似ていませんか?
 
 
 ・冷凍したので賞味期限は伸びて問題なし
 ・1日期限が切れたが、食べても全然OK、表示改ざんした
 ・手を付けてないので使いまわしした
 
 
 など、提供側は品質には問題ないと思っても
 消費者、世間はNOでしたね。
 
 
 業界内の常識は世間からすれば非常識で
 多少なら大丈夫だろうという勝手な判断が
 いろいろな業界で信頼を失っている。
 
 まずは、
 
 ・基準、ルールをきちんと守ること
 ・業界のフィルターではなく、世間一般のフィルターで
  物事を判断してみる。
 
  以上2点が大切ではないでしょうか。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 ・家造りを本当に楽しんでやっている人、
 ・ただの金儲け、給料のためだけにやっている人
 
 多くの偽装事件もそうでしたが
 今回は後者の人たちから起きたことでしょう。
 
 
 この人たちに基準をしっかり守らせるには、
 かなり無理がありそうですね。
 
 
 しかし、本当にきちんと取り組んでいる
 会社も多くあり、購入前に見極めるか
 
 自分でうるさくチェックする、
 自分の代理(自分側の建築士)をたて
 現場をチェックする事です。
 

欠陥住宅事例85

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
  筋交い端部の金物
 
 ~ビス数の不足
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・「筋交い金物のビス数不足」
  _______________________
 
 85

 写真解説:筋交い端部の固定金物、ビス6本留めが
      メーカーの規定だが、1本不足の5本留め
      になっている。規定の強度は確保できない。
 
 昔は釘打ちだけで付けられていた筋交いですが、
 
 現在、筋交い端部を金物付けすることは
 法律、基準を詳しく知らない大工さんでも
 かなり知られるようになりました。
 
 
 阪神淡路大震災で筋交いが外れ、
 倒壊した木造住宅が多かったのを受けて
 
 平成7年5月に当時の建設省住宅局建築指導課長が
 公庫基準を参考にして金物を適切に使うように
 通知しました。
 
 その後、
 平成12年5月 告示第1460号で法律として義務付けられた。
 
 
 筋交い端部に金物を付けると
 他の金物(特にホールダウン)と干渉して
 当初はいろいろと施工に支障が出たため
 金物自体の改良を各メーカーが施し
 
 現在出ているものはかなり施工性も良いです。
 
 ただ、メーカーによって
 打つビスが5本だったり、6本だったり
 付け方に制限があったりと紛らわしい事もある。

 私でも毎回、よく見ないとわかりません。
 
 今回の例は単なるビスの打ち忘れであるが
 現場での勘違いやミスを防ぐ工夫も
 金物メーカー自身が施して欲しいです。
 
 
 ◆対策
 
 「たとえビス1本でも全てきちんと施工して欲しい」
 
 というのが現在、多くの施主さんが思っている事である。
 
 
 これに応じるには全数検査するしかありません。
 
 

欠陥住宅事例84

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
  結露
 
 ~ひどくなりすぎた結露
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・「壁が結露でボロボロ」
  _______________________
 
 84

 

 
 写真解説:窓下の結露がひどく、
      下地の石膏ボードがダメになった

 窓だけでなく
 窓下壁の表面も濡れるほどの結露が発生し
 
 新築から7年
 ついに石膏ボードの壁がボロボロになってしまった。
 
 
 結露の原因は
 
 室内の水蒸気量
 壁などの温度差
 
 などが原因で起こりますが
 
 今回、窓廻りや床部の断熱施工、設計に不備があり
  (=温度差を生じる 断熱ミス)
  
 ひどい結露が発生しました。
 
 
 結露は主に冬場発生し
 (夏におきる結露もありますが)
 
 石膏ボードなどの壁材は今回のように
 数年の被害の蓄積でダメになるケースがあり
 被害が発覚した時に保証切れという事態も考えられる。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 壁や躯体を傷める結露は補修費がかさみますし
 ただ、直してもまた同じことの繰り返しである。
 
 
 設計時の結露対策の配慮が一番大事で、
 
 鉄筋コンクリート造や気密の高い住宅は
 特に設計時に注意しましょう。
 
 無知な設計者、施工業者が多いので
 自分で注意を促す事が一番安全である。
 
 

号外「本当に安心?住宅瑕疵担保履行法」

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今回はいつもの欠陥事例紹介とは違った内容を
 お伝えします。
 
 
  「本当に安心?住宅瑕疵担保履行法」
 
 
 住宅瑕疵担保履行法が平成21年10月1日から施行
 詳しくは下記
 http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/jutaku-kentiku.files/kashitanpocorner/index.html
 
 
 住まいを守る法律としてのうたい文句ですが、
 
 現在も一部の工務店などでは同じような
 瑕疵保険を掛けています。
 ただ、実際に瑕疵が発覚した場合、
 保険の支払いにおいてトラブルがあるのも事実です。
 
 
 本当に安心か判断していただくため懸念事項を
 列記させていただきます。
 
 
 1、故意か重過失の瑕疵は保険対象外に
 
  飲酒運転での事故は自動車保険が
  使えないのと同じ事ですが、
  
  住宅の場合、
  重大な瑕疵のほとんどは故意、又は無知か過失です。
  
  これらが保険対象外で保険の意味があるのでしょうか。
  
  
  途中に保険法人からの現場検査がありますが
  過去、トラブルになった場合の例を見てますと
  
  「検査時確認できなかった」
  「一部見るだけで全数検査していない」
  「役所の検査は合格している」など
  検査責任逃れをし、結局、保険対象としない。
  
  
  瑕疵が発覚し、原因調査の結果、
  重過失、軽過失の判断の境も微妙でしょうし、
  故意、重過失と判断されるケースがほとんどになる
  懸念がある。
  
  この保険の掛け金は業者負担が原則ですが
  実際は消費者の負担となるでしょう、
  負担が増えた上にカバー範囲が狭い保険では
  一番メリットがあるのは消費者ではなく
  指定される保険法人ですね。
  
  
  
 2、保険適用範囲
  
  瑕疵担保責任、10年保証の範囲同様で
  
  「構造上主要な部分」 と 「雨漏り」に限定。
  
  
  構造上主要な部分の瑕疵はまず、素人ではわからない。
  
  姉歯マンション偽装事件なども住民が気が付いた訳
  ではないですね
  
   ・・・ほとんどが内部告発です。
  
  構造の瑕疵は、完成後に私のような建築士が家を調べて
  発覚する事がほとんどです。
  大地震、台風で被害が出るまでわからないでしょう。
  
  
  また、雨漏りに付きましても
  最近の高気密、高断熱化の影響で壁内で起きた雨漏りが
  表面に出て来るのが遅く、10年過ぎて新築当時からの
  雨漏りがわかった例もあります。
  
  
  これ以外
  
  造成地の擁壁の倒れや
  土のみの沈下
  シックハウスなど
  
  の重大な問題には保険は適用されません。
  
  
  
 3、設計ミスの場合は?
 
  設計図面の間違い、設計監理者の指示による瑕疵は
  現行でも保険対象外(故意、重過失)である。
  
  保険を掛けるのは施工業者であり、自社設計でなく
  設計が分離していた場合は
  特に、関係のない事で済まされるでしょう。
  
 
 
 4、保険金の上限は2000万円
 
  もし、保険が認められても、
  建替えが必要な工事になった場合など
  
  これで足りないでしょう。
  
 
 5、工事中に発覚した瑕疵は?
 
  今年、相談を受けた例ですが
  工事完了前にトラブルになり正式な引渡しを
  受けないまま入居。
  その後、第三者の建築士の調査で構造的に
  建築基準法に違反している事が発覚。
  業者が無視するため保険会社へ連絡を取った所、
  「まだ、保険証を発行していない
  =工事中の問題であり保証できない」との返事が。
  
  建物が完成してからの保証であり
  工事途中は対応できないでしょう。
  
  
 他にも考えますといろいろまだ、ありそうです。
 
 
 
 
 姉歯マンション偽装事件で
 売主、施工会社の倒産から被害者が自己負担で補修を
 余儀なくされたケースから今回、作られた法律ですが
 これで安心と思った方はみえるでしょうか?
 
 
 今年に入ってからも私はいろいろなトラブルを見てきました。
 
 ・退職金をつぎ込み、耐震補強工事をお願いしたのに
  工事して逆に弱くなった家
 
 ・デザインを優先するため、建築基準法の構造を無視した
  設計の家
 
 ・確認申請の厳格化により工事が開始できないため
  無申請でさらに構造計算までも省略した家
  
 ・擁壁が沈み傾いた家 
 
 ・地盤が沈下し杭の周りが空洞になった家

 ・壁が少ないため風で揺れ、ひび割れ多数の家 など
 
 
 これらはもし、保険制度があって実際救われたかと思うと
 すべて上記のような理由で、無理だったのではと思います。
 
 
 家の購入で人生つまずかないためにも
 結局は「自己防衛」しかない
 
 
 過去の建築基準法の改正では
 改正前の家は切捨てられてきた。
 無料耐震診断、補強費補助という制度が一部あるが
 十分ではない。
 
 学校、病院、老人ホームを改革している
 居酒屋チェーンで有名なワタミの渡邉社長の著書にもありますが
 「もう、国には頼らない。」 (日経BP社)
 
 この理念を共感して「自己防衛」で家作りに望むべきでしょう。
 

欠陥住宅事例83

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
  木躯体 雨ざらし
 
 ~雨の中、材料を運搬
 
 
■今回の事例__________________
 
 ・「2×4パネルの濡れ」
  ______________________
 
 83

 
 
 
 写真解説:大雨の中2×4パネルを運搬するトラック

 10日(土)、東名阪道を走行中に撮影しました。
 時間は14時頃でしょうか?
 
 
 積んでいるのは2×4の壁パネルです。
 もちろん全て木材で構成されていて
 濡らしていいものではありません。
 
 
 なぜ、雨の中運搬しているのでしょうか?
 
 この日は雨の降りも強く
 現場作業はしていないはずです。
 
 
 
 これから梅雨時期に入りますと
 躯体木部の雨による濡れの問題が増えます。
 
 養生に限界がありますし、多少は
 仕方がないですが、
 故意に濡らすのは悪質です。
 
 
  誰もが自分の家でしたら嫌でしょう。
  
 
 業者とお客さんの意識のギャップを常に感じます。
 
 今回の例はまさにそうです。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 躯体建て方時
 雨天による 作業判断 や 養生の指示
 
 監督さんへしっかりお願いしておいた方が良いです。
 
 
 何も言わなくてもしっかりやってくれる人もいますが
 やはり性格によります。
 

欠陥住宅事例82

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 柱の引抜き防止金物
 
 ~ビスの施工不良2
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・「構造金物のビスの施工不備2」
  _______________________
 
 82

 

 
 写真は1階の柱上で
 この金物は本来、柱と梁を緊結する役割なのに
 柱にはビスが1本だけでほとんど梁どうしを留めて
 しまっている例です。
 
 
 今回の原因は
 金物が1種類しか現場になかったため起きました。
 
 引抜き力によって金物の種類が違いますが
 同じ引抜き力でも金物は何種類かあります。
 
 現場によっては梁の高さや取り付け可能位置が
 いろいろで1種類の金物ではうまく付かない
 ケースもあります。
 
 
 今回、
 
  「材料がないからただ、付けておいた」
 
 という言い訳を聞きました。
 
 
 付いていればOK?
 
 良いわけないです。
 
 
 
 ◆対策
 
 先回と同様です。
 
 これは、算定(計算など)を間違いなくして
 きちんと図面を書く。
 
 そして、現場での全数検査が重要です。
 
 
 この部分、確認の中間検査では
 金物図面チェックはおろか
 全数のチェックもありません。
 

欠陥住宅事例81

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 柱の引抜き防止金物
 
 ~ビスの施工不良
 
 
■今回の事例___________________

 ・「構造金物のビスの施工不備」
  _______________________
 
 81

 写真は2階の柱下で
 床下地合板の上から金物を取り付けたが
 一部、合板のない空洞箇所にビスを打ち、
 ビスの途中に空間がある。

 製造メーカーは強度認定を取る際に
 合板をスペーサーとして金物下全面に入れており
 強度上の問題は軽微かないかもしれないが
 施工形態に問題がある。
 
 合板の上から留めるタイプは、直接土台や梁へ
 留めるタイプとビスの長さが違う場合があり
 これも注意が必要です。
 
 
 上記のように、木造在来工法では
 耐力壁が地震や風の大きな力を受けた際、
 柱が抜けないように
 柱端部を金物で緊結します。
 
 
 平成12年から法律で規定されていますが
 金物の種類の多さから現場での間違いが
 未だに多いです。
 
 間違いや不備は大地震時などに倒壊などの
 原因になることもあり、非常に重要な部分です。
 
 
 
 ◆対策
 
 これは、算定(計算など)を間違いなくして
 きちんと図面を書く。
 
 そして、現場での全数検査が重要です。
 
 
 この部分、確認の中間検査では
 金物図面チェックはおろか
 全数のチェックもありません。
 
 

欠陥住宅事例80

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 床下に潜ったら・・・
 
 ~束石の “役” 不足
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・「束石に空洞ブロックを使った」
  _______________________
 
 80

 写真解説: 1階床の荷重を受ける 床束の下に
        空洞のブロックが使われている。
       

 ベタ基礎が増えて必要性がなくなり
 最近、ウッドデッキなどでしか見なくなった
 「束石」・・写真のブロックの部分
 
 束石の図解説は下記(建築用語大辞典 HP)
 http://www.fukuicompu.co.jp/trendweb/daijiten/result.asp?id=175
 
 
 
 昔、床下が土の時代には字のごとく
 大きな石が使われていたこともあります。
 
 
 この部分には床の荷重がかかり、
 多少の衝撃荷重も受ける。
 
 
 空洞ブロックは空手の試し割りでも
 使われるくらいで
 十分な強度とは言えません。
 
 

 今回の原因として
 
 ・安いのでブロックを買ってきた。
 ・ブロックしか売ってなかった。
 
 どちらかではないでしょうか
 これでよいと思ってやっているのでしょう。
 
 
 
 ◆対策
 
 これは建築士のチェックがあれば気が付くことです。
 床下の部分で、見るタイミングが難しいですが
 最終完成時にでも床下点検口をのぞけばわかります。
 

欠陥住宅事例79

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 先回に続き「手抜き・・PART2」
 
 ~断熱材の厚さ減らし
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・「壁断熱材・・図面の半分の厚さの施工!」
  _______________________
 
 79

 

 
 写真解説:壁に穴をあけて断熱材の厚さを計測している

 写真は硬質ウレタン吹付けの断熱材
 
 鉄筋コンクリート造や最近では木造でもよく見かけます。
 
 
 吹付けの際に膨らむので厚さをミリ単位で
 一定にするのは難しいですが
 指示以上の厚さで施工することは常識です。
 
 
 今回は図面で厚さ15mmのところ7mmくらいで
 施工されていました。
 
 
 
 故意に薄くしたのか 
 
 勘違いしたのか
 
 はわかりません。
 
 
 今回は完成後、結露がひどく、
 私が調査に入ったためにわかったことで
 結露がなければ気づかなかったでしょう。
 
 
 
 
 
 ◆対策
 
 断熱材はグラスウールにしても厚さの違いは
 一見しただけではわかりにくいです。
 
 施工忘れや隙間など含め
 断熱材の検査は重要です。

欠陥住宅事例78

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 壁に亀裂が出てきた・・原因は「手抜き」
 
 ~壁の沈下
 
 
■今回の事例__________________
 
 ・「地盤が沈下し、壁が傾いた」
  ______________________
 
 78

 

 
 
 写真解説:鉄骨造の1階部分コンクリート床の
       上に建てた壁が床の沈下が原因
       で沈下、亀裂が入った。
 
 
 なぜ沈下したのか?
 
 盛り土した場合、機械でいくら固めても
 土が下がるケースは良くあります。
 
 今回、土の沈下もわずかですがありました。
 
 ただ、一番の原因は
 
  「コンクリートの厚さ不足」と
 
  「鉄筋が入っていない」事でした。
 
 無筋の薄いコンクリート(厚さ7~8CM)では
 壁を支えるには無理があります。
 
 
 材料を故意に抜いた結果でしょうか?
 
 
 
 ◆対策
 
 建築の工事は材料もほとんどが業者持ちです。
 
 材料高騰、人件費抑制のしわ寄せで
 業者が利益を出すには
 
 時間の節約(短時間で仕事を終わらす)、
 材料の節約しかありません。
 
 
 今週も断熱材が図面の半分の厚さしか
 ない現場もあり、どこでも起きる可能性がある
 話です。
 
 
 自分で現場を見に行けるなら
 チェックシートでも作って、材料の検査をすれば
 良いですが、不可能な場合は監理を重視しましょう。
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る