ブログ

欠陥住宅事例77

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 こんな仕組みがあったの?
 
 ~確認申請の特例
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・「構造関係規定の審査省略」
  _______________________
 
 
 今回 写真はありません。
  
 建物の外観をお見せすると
 どこの建物か特定できる恐れがあり
 載せる事ができないです。
 
 
 最近、木造住宅の耐力壁量が基準法規準をかなり
 不足してる現場が3件ほどありました。
 
 昨年、分譲住宅大手の会社でも
 何百棟という壁量不足が発覚しニュースに
 なっています。
 
 
 なぜ?建築基準法・・それも重要な構造関係規定が
 守れないのか?
 確認申請や現場検査はどうなっているのか?
 
 
 マンション偽装事件のような
 耐震偽装なのか・・・??
 
  
  
 今回の原因を簡単に説明しますと
 
 木造2階建ての建物は確認申請時に
 
 建築基準法施行令第46条4にある
 地震力、風圧力に対する構造検討(通称 壁量計算)
 の審査を省略できる。
 
 
 もちろん審査の省略はできても
 基準法は守らなければいけません。
 
  ~つまりは建築士を信用しましょうという事
 
 
 
 これをいいことに
 全く構造検討しない建築士がいたようです。
 
 
 壁量だけでなく
 平成12年の告示1352号で壁のバランス(釣り合い)、
 
 同1460号で仕口の金物検討
 
 も義務化されましたがこれらも同様です。
 
 
 先週、壁量不足が発覚した現場の場合、
 
 図面や計算書を見なくても現場を見れば
 
   「明らかに」壁が足らない
 
 
  建築士なら気付くだろうという現場でした。
 
 
 しかし、現実は確認検査機関が検査をして
 合格を出しています。
 
 
   どうなっているんでしょうか。
 
 
 そこで、この検査機関へ電話で質問をしましたが
 
 「すでに終わって処理が済んだもの」
 答えることはできませんと
 
 強く、かなり威張って言われてしまいました。
 
 
 
 実はこの特例も今年12月
 構造設計一級建築士(今年からできます)の
 設計監理物件だけに範囲は狭められる予定です。
 
 
 構造設計一級建築士はビルなどの仕事が主で
 木造住宅などはほとんど手掛けないです。
 
 ですからほとんどの現場で審査がされるように
 なります。
 

 ◆対策
 
 当社で木造住宅の検査をする場合は
 必ず、壁量計算書、金物算定など構造図面をもらい
 計算のチェックをします。
 
 普通は構造関係の図面は施主に出しませんが
 これらの図面をもらいチェックする事でしょう。
 ご自身でやった人います。
 
 壁量計算は数字に強い方なら建築士でなくても
 理解は簡単です。

欠陥住宅事例76

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 誰でも驚き不安になります。
 
 ~地盤の沈下
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・「造成地の沈下」
  _______________________
 
 76

 

 
 写真解説:造成した地盤が下がり土が陥没した。

 造成地で盛土の上に建てられた住宅
 
 埋立ての際、締固め不良のためか
 地盤が下がってしまった。
 
 
 建てる際に地盤調査をして
 杭は打ってあったので、
 
 建物自体の沈下は免れているが、
 擁壁際などは写真のように大きな
 空洞になっている。
 
 
 現状は土は下がり杭だけで建っているようなもので
 地震が来れば杭を横で支えるものはなく
 揺れは大きくなるでしょう。
 
 また、地中に埋まっている配管にも
 勾配が変わるなどの支障が出てくるでしょう。
 
 
 地盤沈下の問題はいろいろな所で
 起きています。
 
 
 起き易いのは
 やはり、土を埋めたところです。
 
 
 
 ◆対策
 
 造成地を購入する時は慎重になりましょう。
 
 今回の例でも
 家自体が傾いていないので
 
 「地盤保証」は掛けてあるのにおりてきません。
 
 
 「保険」があるから大丈夫などという
 言葉には乗らず。
 
 造成工事の経緯、許可、検査類を詳しく
 調べるか、専門家に調べてもらいましょう。
 

欠陥住宅事例75

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 私も今までで
   初めて見ました。
 
 ~基礎を縦に削る。
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・「配管のために基礎を削る」
  _______________________
 
 75

  
 

 

 写真解説:配管を床下から床上に通すため
       基礎と土台(木部)を削った。

 水道管など設備配管が床、壁などを貫通する際、
 仕方なく構造体を痛める場合があります。
 
 
 通常は影響の少ない箇所を最小で施工しますが
 写真の例は、基礎を縦に削ってしまった。
 
 
    配管と構造体・・・どっちが大事?
    
 誰でもわかることですが
 
 
 現場管理者への相談もなく
 配管優先で勝手にやるんでしょう。
 基礎を削らなくても配管を移動させれた
 はずです。
 
 
 今回、基礎を削る事で
 かぶり厚不足や断面欠損による強度不足、
 ひび割れなども考えられる。
 
 もちろん、土台欠損も好ましくありません。
 
 
 
 ◆対策
 
 配管図など図面を作成し、
 事前に設備配管の計画をする。
 
 
 構造体を痛める場合は必ず
 管理者などの承諾を取ることを義務つける。

欠陥住宅事例74

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 昨日に続き、連発です。
 書ける時に書かないと・・・。
 
 ~金物の位置ズレ。
 
 
■今回の事例____________________
 
 ・「柱を引っ張るホールダウン金物の横ズレ」
  ________________________
 
 
 74

 
 写真解説:木造住宅のホールダウン金物の横ズレ
 
 ホールダウンやアンカーボルトなど
 基礎に埋め込まれる金物
 
 横にズレていれば「良くない」ことは
 わかりますが、
 
 横ズレの基準は
 なかなか明快なものはありません。
 
 
 書物をいろいろ読むと書かれている事項は
 
  ・基礎外側から4CM以上(かぶりの基準から)
 
  ・柱(又は土台)の真ん中1/3内にあること
 
 くらいでしょうか。
 
 
 施工時、真ん中にきちんと入れると
 鉄筋や筋交いに当たり、わざとずらす場合もあり
 全て基準内にすることはいい加減な工事
 をやっていると無理です。
 
 
 
 ◆対策
 
 事例71と同じく
 位置を良く確認し施工することです。
 
 材料も鉄筋を避けるものなど
 も使うと良いです。
 
 □ 鉄筋を避けるアンカーボルト
 http://www.tanakakanamono.com/contents/product/ancorbolto/an91ct.html
 
 躯体との兼ね合いもあり
 基礎職人だけに任せることはダメです。
 最低社内検査は必要な箇所です。
 

欠陥住宅事例73

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 瑕疵の中でも意外に気にしない・・・防火
 
 ~防火のための壁施工不良。
 
 
■今回の事例____________________
 
 ・「防火のための石膏ボード未施工部あり」
  ________________________
 
 73

 
 写真解説: 防火のための壁、
        屋根裏部で写真矢印部まで
        石膏ボードを貼る必要があるのに
        途中までしか施工されていない
 
 今回の写真はアパートの例で、隣室への
 延焼を防ぐための施工不備です。
 
 防火のための石膏ボードを施工する
 範囲が足りません。

 住宅にはいろいろな防火基準があります。
 
 
 ・ガスコンロを使う、キッチン廻りの内装材の規定
 
 ・隣地への延焼を防ぐため外壁、窓などの規制 など
 
 
 雨漏りや地盤沈下のようなものと違い
 これらの防火基準で紛争になる事を
 私は聞いたことはないです。
 
 
 それは、火災にならないと不備がわからないためと
 たとえ火災になっても、燃えてしまい証拠が
 なくなるからでしょう。
 
 
 住宅火災で亡くなる方は年間1200人以上
 (平成17年 消防庁データによる)
 のようですがこれを減らすには火災報知機のほうが
 効果もあり注目されています。
 
 費用的に見ても手っ取り早いです。
 
 
 
 ◆対策
 
 防火の基準は明快なものとそうでないものがあります。
 
 大手のハウスメーカーであれば
 標準化、マニュアル化されているので
 ミスはほぼないと思います。
 
 反対に
 現場監理者不在のような現場は要注意です。
 
 役所の検査で見ない、見えない部分については
 工事中チェックしておく必要があります。
 

欠陥住宅事例72

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 まもなくバタバタの3月が終わります。
 来月は少し、余裕が出そうです。
 
 
 ~壁パネルの固定不良です。
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・「2×4 壁パネル下端 釘打忘れ」
  _______________________
 
 72

 
 
 

 写真解説:題名の通りです。

 写真は内部の壁を構成する部分で
 固定が不十分であれば
 仕上がってから
 
    壁が動く
    
    
 なんてこともありえます。
 
 また、構造上重要な耐力壁であると
 今回のような未固定では耐力壁の機能を
 果たさず、耐震性能も落ちます。
 
 
 2×4はとにかく釘をたくさん使って木を固定し、
 組み立てる工法です。
 
 三井ホームさんの工場は一部、釘打ちを
 自動化しているような話を聞いた事はありますが
 ほとんどの会社は人間の手で(釘打ちの機械は使いますが)
 釘は打たれます。
 
 
 人間のやること
 
   打忘れはあって当然
 
 で忘れを防止することが重要です。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 躯体組み上がり時に
 複数人での検査をすること。
 
 
 釘の数が多いため、一人の検査で100%は
 無理があります。
 
 どんな工程でも言えますが・・
 
 ・職人の自主検査
 ・監督の検査
 ・検査員の検査
 
 など3重くらいにやるのが理想です。

欠陥住宅事例71

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 3月末は昼間、検査ばかりの毎日。
 
 
 ~今回は基礎の破損です。
 
 
■今回の事例______________________
 
 ・「アンカーボルト部、基礎の破損」
  __________________________
 
 71

 写真解説:アンカーボルトのある部分の基礎が
      一部破損している。
 
 
 躯体と基礎をつなぐ「アンカーボルト」
 施工が悪く位置がずれてしまう事は
 
   木造ではよくあります。
 
 
 ズレが軽微であれば
 上部を曲げて正規の位置へ直すことはできますが、
 
 
 コンクリートの強度が養生初期で不十分だったり
 
 アンカー自身のかぶり(アンカー廻りのコンクリートの厚み)
 が少ない等の場合
 
 
 強く叩いたり、無理に曲げると
 
   コンクリートが破損します。
 
 
 コンクリートが破損すれば、アンカーボルト自体の
 埋め込み深さやかぶりの確保はできず
 強度不足は明らかです。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 事前に位置を確認してきちんと施工すること
 
 最近の鉄骨系、プレハブメーカーは
 アンカー位置の管理は徹底しててすばらしいです。
 
 
 位置の確認以外では
 コンクリートの養生期間をきちんと取り
 コンクリートの強度がきちんと出てから
 アンカーボルトを直す。
 
 気温5度以上で5日、15度以上で3日
 型枠を置きましょう。
 
 
 型枠設置期間は現場で短縮されがちです。
 基準があるものは守らせましょう。
 
 
 
 
==========================
■(2)編集後記 (普段はメルマガでのみ掲載してます)
 
 
 よく検査を依頼する際に依頼者が迷われる事で
 
  「業者との人間関係が崩れないか?」・・と
  
 
 確かに業者にとったら、施主側から検査を入れることは
 
  「信用されていない」と思うでしょう。
  
 
 ただ、担当してくれた人、特に営業が
 
 工事中もずっと関わってくれるとは限りません。
 
 
 
 
 ここのところ、当社へたくさんの
 
   『もめごと相談』がきます。
 
 信じられない事例ばかり・・・
 
 
 
 もめれば人間関係は崩れるどころではありません。
 
 
 
 業者と良い信頼関係を工事中から完成後も保つためには
 きちんと工事して、完成する事が一番大切です。
 

欠陥住宅事例70

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 ホームページの欠陥写真がパート3へ以降しました。
 
 今回は透湿防水シートの重ね不足です。
 
 
 
■今回の事例______________________
 
 ・「透湿防水シートの貼り重ね寸法不足」
  __________________________
 
 70

  
 写真解説:透湿防水シートの重ね不足、
        写真の青矢印巾が規定で
        赤矢印の重ねしかない。
 
 ほとんどの住宅において外壁材の下に施工される
 
   「透湿防水シート」
 
 材質は簡単に言えば紙で
 雨を通さず、湿気だけを通します。
 
 
 仕上げの外装・・
  サイディングでも
  モルタル壁でも
 
 
 それ自体の防水は100%ではありません。
 
 仕上面から入ってしまった雨を
 最終守るのが「透湿防水シート」です。
 
 
 
 ここから説明を・・と思いましたが
 こんな協会のHP見つけました。
 
 透湿防水シート協会  http://ntba.jp/
 
 私も今まで知らなかったです~
 わかりやすい説明、図があり、
 知りたい人は是非見て下さい。
 
 
 今回の問題は下からの貼り上げでできる
 上下のジョイントの重ねが足らないことです。
 
  (上下重ねの規定は90mm以上)
   ※メーカーで100mmとしているものもあります。

 上下、左右などのジョイントは
 ただ、重ねるだけで密着などは通常しません。
 
 ジョイント部分や窓廻りなどが不完全ですと
 防水の意味がなくなりますね。
 

 
 
 
 ◆対策
 
 この部分はあとから見えなくなる部分であり
 雨漏りという家にとって重要な事なので
 
 検査を必ずしましょう。
 
 サイディングから雨が入り
 上下の重ねが反対で雨漏りした家を
 調査したことあります。
 
 

欠陥住宅事例69

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 ホームページの欠陥写真がパート3へ以降しました。
 
 今回は筋交いの欠損です。
 
 
 
■今回の事例_____________________
 
 ・「耐震性などに重要な筋交いの欠損」
  _________________________
 
 69

 
 
 写真解説:筋交いの一部が欠損している。

 
 木造住宅で構造上非常に重要な「筋交い」
 
 柱間に斜めに付き、地震や風の力に対し
 突っ張ります。
 
 
 筋交いの耐力は、建築基準法施行令46条に
 木材の断面が45mm×90mm以上のものを
 壁倍率2.0としています。
 (壁倍率1.0=200kgf/m)
 
 
 これに壁の長さをかけて地震や風に対し
 壁の量が足りているか全体に検討します。
 
 
 
 今回、問題視するのは
 建築基準法施行令45条4にある
 「筋交いには欠き込みをしてはならない」
 
 とあることと、
 
 上記のように筋交いの断面寸法で耐力が決まっていること。
 
 
 
 つまり欠損などで一部でも断面が確保できないと
 壁倍率が確保できず
 
 図面どうりの耐力が確保できない=図面どうりでなくなる。
 
 
 
 今回は欠損の例ですが
 よくあることで、木自体の収縮の問題があります。
 
 製材時に断面が45mm×90mmでも
 現場で乾燥収縮して44mm×88mmなってしまうことは
 
 ・・・良くあります。
 
 
 これで実際に紛争になるケースもあるんです。
 
 法律的に言えばNGですが
 業界人からすれば木の収縮は当たり前であり、
 これを役所の中間検査でも指摘されることはありません。
 
 業者側が木の特性など
 しっかり事前に説明する事が大事ですね。
 
 
 
 ◆対策
 
 木はふしもあり、また、製材、搬入時に傷ついたりもします。
 
 構造検査で点検することが必要です。
 
 

欠陥住宅事例68

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 次回からホームページの欠陥写真が
 パート3へ以降します。
 
 今回は屋根を受ける柱(小屋束)が短く
 下部が不安定な例です。
 
 
 
■今回の事例______________________
 
 ・「屋根部の柱(小屋束)の寸足らずによる固定不良」
  ___________________________
 
 68

  
 写真を見れば何がおかしいか一目瞭然。
 
 この部分は公庫基準から「かずがい」を
 2本打ちして固定する方法が一般的です。
 
 しかし、「かすがい」でいくら固定しても
 今回の例のようでは、下にかった木が動けば
 固定の意味がなくなります。
 
 
 また、この部分は「かすがい」での固定では不十分で
 屋根の変形を小さくするにはしっかりした金物どめ
 が必要という一部の専門家の意見もあるくらい、
 固定(緊結)が重要な箇所です。
 
 
 法律的に今回の事例は
 建築基準法施行令 第47条(継手、仕口の緊結)
 に違反しています。
 
 
 
 ◆対策
 
 木躯体の材料を工場でカット(プレカット)してくれば
 このような問題はまず起こりません。
 
 躯体が組みあがった時点で
 きちんと検査をすれば発見できる事です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る