ブログ

事例142(基礎打ち継ぎ部の汚れ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 昨日、基礎でストップしている現場を見ました。
 
 理由は業者の倒産。
 
 依頼した会社が倒産すると
 施主はいろいろな面で不利益をこうむります。
 
 業者の見極めはこのような事でも重要です。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「基礎打ち継ぎ面の汚れ」
 ________________________
 
 142

 
 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 基礎立ち上がり打ち継ぎ面の汚れ。
 コンクリートの小さな破片が多く散乱し
 コンクリートの一体化を妨げる。

 ◆内容説明
 
 写真の例は鉄筋の位置が悪かったため
 多少曲げて修正した際に、
 コンクリートの破片が出てしまった。
 
 この面はこれから2回目のコンクリートが
 流し込まれる面であり、汚れていれば
 一体化を妨げる。
 
 
 コンクリートの表面は一体化を妨げる
 レイタンス
 (コンクリートの打込み後に内部の微細な
 粒子が浮上しコンクリート表面に形成する
 ぜい弱な物質の層)が発生しやすく
 
 清掃してから型枠を組むことが基本です。

 
 ◆対策
 
 職人さんの教育。
 打設前のチェックが必要です。
 
 
 
===========================

■(2)編集後記
 
 
 大手の会社は安心でしょうか?
 
 
 ・・・いいえそうでもありません。
 
 現場の品質という問題より
 契約、見積もりなどのトラブルを多く耳にします。
 
 
 会社が大きければ社員も多い。
 
 営業などは販売委託というかたち 
 いわゆる「外注」で社員でないこともある。
 
 当然ですが人によってのばらつきがあります。
 
 
 ノルマに追われ無茶な契約、金銭要求が
 現実多いです。
 
 
 先日直接面会して聞いた
 
 「大手だから契約などに対し無防備でした」
 
 という被害者の言葉が頭に残ります。
 
 
 多くの人は家は一生に一度しか建て(買わ)ないし
 金額が高額なため
 次に気をつければいい
 というものではありません。
 
 
 
 これに関連する訳ではないですが
 3月7日(土)横浜市中区でセミナーを行います。
 
 私が話す内容は1時間程度で
 
   内容は 「業者の見極め方」・・偽りを見抜く
 
 日常の業務からの統計を取って
 業者を見極め、嘘を見抜くコツをまとめたものを披露します。
 
 セミナーに参加すれば
 すぐに使える「相手を見極める10の質問」などを
 知ることができます。
 
 
 セミナー時間は 13時30分~16時 私はこの中の1時間
 
 会場は 横浜技能文化会館 http://gibun.jp/gibun/index.html
 
 参加費 1人 500円(資料、飲み物代)
     詳細は主催者の案内ができましたらご案内します。
 
 主催者は横浜の住宅検査セイソク
 代表の 進藤氏の講演も1時間あります。
 知っているようで知らない基本的な住宅購入時の知識などの
 話が聞けます。
 
 
 セミナーに参加しても売り込みなどは一切ありません。
 私のブログ(このメルマガのバックナンバー)
 も毎日多くの方に見ていただき関東方面の方と
 直接交流できる機会になるかなと思っています。
  
 セミナー終了後フリーディスカッションできる時間(15時30分~16時)
 も設けています。
  
 定員28名
 
 現在予約は当社まで→ info@ie-kensa.com

事例141(基礎一体化不良)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 昨日は暖かく
 
 中央自動車道 岐阜と愛知の県境「内津峠PA」で
 昼食を取った際、外で食べることができました。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「基礎一体化不良」
 ________________________
 
 141

  
 ◆写真解説  ↑クリックすると拡大します
 
 ベタ基礎立ち上がり下部全般に発生している
 ジャンカ(空隙)
 
 打ち継ぎ部の一体化ができていない現象です。

 ◆内容説明
 
 ベタ基礎は通常ベース部と立ち上がり部
 2回に分けてコンクリートを打設します。
 
 1回打ちに比べ寸法精度の確保などが
 しやすいですが打ち継ぎ部が出るため
 その部分の一体化が重要です。
 
 
 立ち上がり下部の下かどは
 
  ・締め固めがやりにくい
  ・型枠の隙間からセメントペーストが漏れる
  
 など今回のようなジャンカが起こりやすい。
 
 
 先回の事例同様、打ち継ぎ不良で
 耐力、耐久性低下の影響が懸念される。
 
 
 ◆対策
 
 この部分の十分な締め固め
 
 型枠の隙間ができないように
 ベースコンクリートの凸凹をなくすことなど。
 
 あとは、しっかりコンクリートが一体化するように
 打ち継ぎ部の清掃、打設前の散水も重要。
 

事例140(コールドジョイント)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 書類に追われています。
 
 予定よりかなり遅れていて
 がんばって明日中には追いつく予定です。
 
 
■(1)今回の事例__________________

 ・「コールドジョイント」
 _________________________
 
 140

 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 赤矢印の先に沿ってラインが見えますか?
 これはコールドジョイントという
 コンクリートの不良継ぎ目です。
 

 ◆内容説明
 
 基礎の立ち上がり部
 先に打設したコンクリートが乾燥し
 あとから打設したコンクリートと
 一体化されていない。
 
 原因は次の生コン車が来なく打設がストップした等
 考えられます。
 
 基礎の耐力、耐久性、水密性を低下させるため
 発生してしまったら補修が必要です。
 
 
 ◆対策
 
 コンクリートの搬入、打設計画が大事ですが
 打ち継ぎ部を乾燥させないことも必要。
 
 
============================

■(2)編集後記
 
 
 国民生活センターのような公的機関へ
 住宅トラブルの相談に行った方からの話。
 
 相談していて業者が大手ハウスメーカー
 だとわかると嘘を言っていると決め付けられ
 反対に怒られたそうです。
 
 
 私が先週、書類、現場を確認したところ
 嘘ではないことは明確。
 
 そんなに大手ハウスメーカーって信頼あるのでしょうか?
 
 
 
 今回のトラブルの発端は
 
  営業担当者がノルマ達成のために
  滅茶苦茶な契約をしたことから始まっています。
  
 滅茶苦茶な契約がまかり通ったのは
 
   この方が身体障害者だからです。
   
 弱者相手に詐欺まがいの契約をして
 あとから支店長も関与して書類を改ざんし
 無理やり印鑑を付かせる。
 
 改ざんで作られた書類は弁護士も関与し
 法的には完璧かもしれませんが
 人としての良心がこのメーカーの支店長はじめ
 社員になかったことが本当に信じられません。
 
 
 ここではこれ以上詳しく書けませんが、
 びっくりするような非常にひどい話がもっとありました。

事例139(ホールダウン埋め込み不足)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日も一日 現場
 
 今日の最高気温15度と聞いて
 昼間の暖かさに期待して出かけます。
 
 
■(1)今回の事例_________________
 
 ・「ホールダウンの埋め込み不足」
 ________________________
 
 139

  
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 ホールダウン金物、基礎への埋め込み不足。
 赤矢印の刻印部までコンクリートに埋め込む必要があるが、
 青印がコンクリート上端レベルで約4CM埋め込み不足。

 
 ◆内容説明
 
 ホールダウン金物は木造住宅で
 基礎と柱、上下階の柱などを緊結する金物で
 引張耐力を受け持ちます。
 
 基礎部では15kN以上が付く場合基礎に埋め込みます。
 
 
 一般的なホールダウン金物の埋め込み深さは
 
   36CM
 
 写真のようにわざわざ刻印がされていても
 職人さんが気にしていないケースが多い。
 
 埋め込み深さが足らないと
 当然、所定の耐力は期待できません。
 
 
 
 ◆対策
 
 検査もしくは職人さんへの徹底。
 
 ベタ基礎の場合は基礎立ち上がり高さも注意
 基礎高さGL+400mmで
 スラブ天端がGL+40mm以上あると
 360mmをきりやすい。

事例138(スプリングワッシャーの変形)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今週は毎日突然の予定変更などに
 振り回されています。
 
 「今日の検査・・明日に延ばして欲しい」とか
 
 しかし、このようにマメな連絡をいただく場合は
 しっかり現場を把握している証拠で
 出来るだけ合わせるようにしています。
 
 
■(1)今回の事例________________
 
 ・「スプリングワッシャーの変形」
 _______________________
 
 138

  
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 木造住宅 火打ち梁端部を固定する
 ボルトのスプリングワッシャーが
 変形して締められている。

 
 ◆内容説明
 
 躯体組み立て時に
 ナットを電動工具などで強く締め付けたため
 接合金物のスプリングワッシャーが変形し
 そのまま固定されてしまった例です。
 
 ナットの緩み防止のためのスプリングワッシャー
 
 これでは付けた意味が無くなりますし
 ナットの締め付けも中途半端になります。
 
 
 スプリングワッシャーは必要なのでしょうか?
 
 座金だけの現場も良く見ます。
 一度、自動車業界の人に
 「スプリングワッシャーがないのはおかしい」
 と言われたこともあります。
 
 建築基準法施行令47条2に
 (前略)ボルト締には、ボルトの径に応じ有効な大きさと
 厚さを有する座金を使用しなければならない。
 
 とあり座金だけあれば法的にはOK。
 
 これら金物は設計者、施工者が細かく指示する場合と
 躯体納入業者にお任せの場合があります。
 
 
 ◆対策
 
 今回の例はナットの締め付けチェックを行っていれば
 発見できる事項です。
 

事例137(ボルトの緩み)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今朝の事務所に来たときの室温
 
    6℃
    
 鉄骨造 ALCだけの断熱で
  とっても寒いです。
 
 
■(1)今回の事例________________
 
 ・「梁接合部 ボルトの緩み」
 _______________________
 
 137

  
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します。
 
 梁の接合部を緊結する金物
 
 ナットの緩み。

 
 ◆内容説明
 
 1、2ヶ所の緩みでしたら
 締め忘れ。
 
 全般に緩んでいると
 木が痩せて緩んだ可能性が高いです。
 
 
 構造材端部を緊結するいう
 構造的な意味からすると緩んでいてはダメです。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 人が入れる場所でしたら
 緩んだ金物をあとから締めることができますが
 1階天井裏など無理な場所があります。
 
 木痩せ対策は
 ・乾燥材を使用する。
 
  軽微な緩みも防ぐなら
 ・木痩せ対応の金物を使う
 ・無垢ではなく集成材を選ぶ
 ・金物接合の工法を選ぶ  など
 
 前もっての計画が大事です。
 
 
 グリーン材(未乾燥木材)が
 過去は多く使われていましたが
 近年、KD材(乾燥材)を使うのが
 一般的になりました。
 ただ、価格の安いグリーン材を使うケースも
 たまに見かけます。
 
 建てる前、建築士に木のこと聞いてみましょう。
 それが一番のトラブル防止になるかもしれません。

事例136(接合金物の不備)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 雪が舞う寒い日が続きます。
 
 今週は出張ウィーク。地元にあまり居ません。
 メールの反応も遅くなりそうです。
 
 
■(1)今回の事例__________________
 
 ・「梁接合部 金物不備」
 _________________________
 
 136

 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 梁の接合部を緊結する金物
 ナットの施工忘れ。

 
 ◆内容説明
 
 比較的理解しやすい事例だと思います。
 
 
 木造住宅の躯体組み上げ時は
 多いときで10名弱の大工さんが集まって
 組み上げます。
 
 ・急ぐ
 ・あとからやろう
 ・誰かがやってくれる
 
 などの行動、思考が要因し、
 金物不備は起きます。
 
 
 
 ◆対策
 
 行政の中間検査では全数チェックはしてもらえません。
 
 施工者又は設計者で検査することが必要です。
 
 
 
=============================

■(2)編集後記
 
 業者から
 
 「その発言取り消してくれませんか
         名誉毀損ですよ」
       
 と最近言われました。
       
       
 何のことかと言いますと
 「欠陥」かどうかの発言です。
 
 
 実は施主、業者双方多くの人が
 欠陥の定義を勘違いしています。
 
 弁護士などの法律家でない限りやはり言葉の定義は
 建築士でも理解していないようです。
 
 欠陥とは 
  「家が傾くなど重大なもののことを言う」
  
 と思いがちです。
 
 
 欠陥住宅特集のTVで放映されるのは
 画像でわかりやすい事例を取材するため
 重大なものしか取り上げません。
 
 その影響も大きいのでしょう。
 
 
 「欠陥」という言葉の定義
 メルマガの最初にも書いてありますが
 
     1、契約違反、
     2、基準法等建築関係法令に抵触、
     3、一般に使用している技術基準に抵触  
      の3点です。
 
 「欠陥」を辞書でひくと
 
 「必要なものが欠けていること。不備・不足のあるもの。欠点」
 
 
 わずかでも法に違反していること
 軽微でも契約図面どうりでないことも
 
    「欠陥」です。
 
 
 覚えておくと何か役に立つかもしれません。
 

事例135(合板等級違い)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 昨日、今年初の検査に行きました。
 
 また、いつもどうりの毎日が始まります。
 
 
■(1)今回の事例__________________
 
 ・「構造用合板の強度等級の違い」
 _________________________
 
 135

 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 2×4 外壁構造用合板
 
 設計では強度性能1級を指示しているが
 現場は2級が使用されていた。

 
 ◆内容説明
 
 まずは1級と2級の違い (Wikipediaより引用)
 
 
 「等級は強度により、1級と2級がある。
 1級のものは曲げ性能、面内せん断性能等について
 試験を実施し、特定の基準値を満たしたものを示す。
 
 2級のものは、そうでないものを示す。
 一般的に構造用合板は2級でもこれらの特性に優れて
 いるため、特別な用途でない限り、壁下地・床下地・
 屋根下地においては2級が主に用いられる。」

 
 これに補足し「壁倍率」は0.5倍の違いがあります。
 
 1級の設計に対し2級を使うと
 耐震、耐風の構造的に図面どうりでない。
 
 
 単に確認ミス、勘違いで起きうる事例です。
 
 
 
 ◆対策
 
 「壁量計算書」で構造用合板の等級を確認。
   9mm 1級 3.5倍
        2級 3.0倍
 
 (注意 外周壁は石膏ボードの倍率がプラスされて
      表示している場合がある。
             石膏ボードは1.0倍)
    
 
 あとは現場で合板の刻印の確認。
 
 
===========================

■(2)編集後記
 
 
 新年早々、サッシの耐火偽装のニュースが出ました。
 
 問題になったのは枠が樹脂製のサッシ。
 
 
 北海道、東北で多く使われたのは
 アルミに比べ断熱性が良いためです。
 
 
 建築する地域によっては延焼防止のために
 窓の防火性能が求められます。
 
 その性能を偽装した事件です。
 
 
 昨年、ニチアスが外装材で同様の指摘を受けたり
 これからも出てくるかもしれません。
 
 
 防火認定を受けたサッシは
 形が同じでも価格は当然割高です。
 また、長く使うものであるし、万が一の火災時を考えますと
 
 中国産を日本産として売った食品偽装より
 
   悪質だと思います。
 
 
 近年、設計でこのサッシを使ったことがあり
 気になりカタログを見ますと
 
 「国内初の防火認定樹脂サッシ」と
 
 書かれています。
 
     ・・・・・・・。

今日から仕事開始です。

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

今日から仕事開始。
休み中のメール処理などで
一日バタバタしてしまいました。

今年は「トヨタショック」の影響で
住宅購入者も減るでしょう。

そのような状況下

私は仕事が暇になっても
他へ手を出すということはせず
質を高める事に時間を使いたいと思います。

住宅検査会社や組織が増える中
重大な見落としなどが巷では問題になっています。

ビス1本とかの話ではなく

・家の傾斜
・筋交い とか

プロが床を普通に歩いていてわかるもの
図面照合すれば見落とすことのないものを

見落とす事例が耳に入りますし、実際に後処理を
しています。

今秋から始まる欠陥住宅の保険制度
「住宅瑕疵担保履行法」

・末端の検査員へ払われる料金
・検査員自体の数不足

これらから想像すると
その検査の質も疑問視されています。

消費者を勘違いさせない
    期待を裏切らない

制度になって欲しいです。

今までの内容のブログは
9日(金)からスタートします。

事例134(断熱材隙間)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 大掃除兼ねて事務所のタイルカーペットを
 新しく張りました。
 
 床の色が変わるだけで
 雰囲気変わりますね。
 
 ちなみに色は「濃いグリーン」
   人工芝みたいです。
 
 
■(1)今回の事例________________
 
 ・「断熱材 隙間」
 _______________________
 
 134

  
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 ロックウールの断熱材
 
 写真上部の赤丸部分に断熱材本体がない。

 
 ◆内容説明
 
 グラスウールやロックウールの断熱材は
 一般的にポリエチレンフィルムで覆われ
 パック式になっています。
 
 自重による沈下で
 ある程度上部に隙間が
 出ることがあっても
 この写真は明らかなカット不足。
 
 ポリエチレンフィルム・・・
  断熱性は
  もちろんありません。
  
 
 ◆対策
 
 断熱材の確認は
 全ての断熱材を施工した時点で
 行うのが一番良い
 
 部分的に施工しながら
 その上にボードを張られてしまうと
 確認できないからです。
 
 
 
=============================

■(2)編集後記
 
 
 何かとトラブルの相談が多いです。
 
 一番困るのは
 
 証拠が明快で事実であることが
 はっきりしているのに
 それを認めたくない相談類
 
 自分側に有利な記憶や意見だけ主張しても
 相手は反対の意見を持ったりするため
 いつまでも平行線をたどります。
 
 こうなると金額が軽微でも
 弁護士さん紹介しましょうか?となります。
 
 
 
 私は現在、ブログページからの質問、
 住宅情報ウェブサイトでの質問
 来月末からオールアバウト、ヤフー知恵袋など
 回答する場が増えます。
 
 ただ、なんでも回答はせず、
 自分の専門範囲を明快にし
 範囲外は答えないようにしています。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る