ブログ

欠陥住宅事例94(ビスの不備)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 先週末から非常に蒸し暑いです。
 
 今日も検査行ってきましたが、
 ちょっと動いただけで汗かきます。
 
 事務所の中が涼しくていいですね~
 
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「石膏ボードビスピッチの不備」
  _______________________
 
 94

 写真解説:2×4、浴室周りの耐力壁石膏ボード
      のビスピッチが広い。
      写真は検査指摘後、ビス打増し是正中。 
 
 日本の住宅の壁下地のほとんどは
 石膏ボードです。
 
 
 高校生がイライラして壁を叩くと
 簡単に穴が開く、石膏ボードですが
 
 
 実は、耐力壁として地震や風の力を
 受ける役割を一部はたしているのです。
 
 
 耐力壁として基準を満たすには
 きちんとした釘又はビス留めが必要で
 
 意外に大工さんがこの事を理解してないのが
 現場での現状です。
 
 
 今回はたまたま、翌日にユニットバスを
 設置するという状況で検査に伺い
 ビスピッチの広さを指摘しました。
 
 
 写真のように簡単に是正ができるのも
 ユニットバスがないからで、
 
 もし、設置後であれば一度ユニットバスを解体
 しないといけないところです。
 
 
 私たちのような検査は業者側に嫌われるのが
 一般的ですが、業者側にメリットがある場合は
 
 感謝されます。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 今回の現場の例でも
 監督さんはチェックできていません。
 
 あとからユニットバスの天井裏などから
 ビスピッチをチェックできますが
 
 
 もし不備があれば
 
 補修はクロスをめくったり、設備を解体したり
 大変です。
 
 
 2×4や在来工法でも準耐力壁をみている場合は
 きちんとこの工程は検査すべきです。
 

欠陥住宅事例93(防水テープ切れ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日は明日締め切りの原稿に追われています。
 
 幸運なのか3時からの検査が1件急にキャンセルになり
 メルマガ書いて気分転換です。
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「防水テープの不備」
  _______________________
 
 93

 

 

 写真解説:外部防水シート、配管貫通部、
      防水気密テープの切れ。

 最近、梅雨ということもあって
 防水、雨漏り関係の事例を紹介しています。
 
 今回は、配管周りの防水テープ処理の不備。
 
 
 防水紙は窓周り、配管貫通部で開口ができる。
 
 その部分から雨が入る可能性は高く、
 防水の弱点となる部分です。
 
 これをカバーするのが、防水テープです。
 
 気密性もあり、気密テープとして併用する場合もある。
 
 
 ただ、写真のようにきちんと施工されていない
 場合や全く使われていない現場もあるので
 注意が必要です。
 

 
 ◆対策
 
 外装の仕事だけではないですが、
 未経験者が見習いとして入ってくる
 ケースが多く、施工のばらつきに注意が必要。
 
 あとで見えなくなる重要な部分だけに
 この工程でのチェックは必須です。
 
 
 
==========================
■(2)編集後記
 
 
 欠陥住宅・リフォーム110番
 
 被害で悩んで見える方へ建築訴訟に詳しい弁護士、
 建築士が相談に応じます。
 
 
 愛知県弁護士会の主催で
 7月5日(土)10時~16時まで行ないます。
 
   電話番号  052-953-1733
 
 http://www.aiben.jp/page/frombars/topics2/340kekkan.html
 
 
 ちなみに私は13時~15時まで担当予定です。
 
 
 一度に無料で弁護士、建築士に相談できる機会は
 まず、ありません。
 
 
 お友達、知り合いで困って見える方みえたら
 紹介してあげてください。

欠陥住宅事例92(シーリング目地幅なし)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 月曜、事務所に戻ったのは夜10時
 火曜は 夜9時30分
 
 もちろん仕事で遅くなりました。
 
 気分転換にメルマガ書きます。
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「シーリング目地幅 未確保」
  _______________________
 92

 

  
 写真解説: シーリングの目地幅がない。
        通常は1CM程度必要である。
 
 シーリング・・・あまり聞き慣れないのでは?
 
 コーキングという言葉でも呼ばれる事もある。
 
 
 ↓写真はないですが解説しているHP見つけました。
 http://www.amamori110.com/seal.htm 
 
 今回、サイディング職人が10mm程必要な目地幅を
 確保せずに施工してしまった。
 
 
 検査で指摘しなければ、
 そのまま表面のみ、見た目は同じように
 シーリングが施工されていたでしょう。
 
 私の経験上でも多い事例です。
 
 
 サイディング施工後の問題で
 比較的多いのはシーリング切れです。
 
 今回のように適切な施工ができていないと、
 15年、30年持つという
 メーカーの売りに反して
 
 1年以内に剥離などを起こし、
 目地が切れて雨漏りの原因になる事がある。
 
 

 
 ◆対策
 
 シーリングの施工は
 
 専門業者でなくても施工ができるが
 やはり、専門業者へ施工を任せることで
 安心できる。
 
 サイディングメーカーが施工マニュアルを
 出しているのでチェックする方法もある。
 
 
===========================
■(2)編集後記
 
 
 先回の編集後記に記載した内容
 
 最初直さないと言っていた業者は
 交渉の結果、直してくれる事になりました。
 

欠陥住宅事例91(防水紙切れ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 土曜の午前、
 昼間事務所に居るのは1週間以上ぶりです。
 ただ、午後からは3件検査予定が入って
 のんびりとはいきません。
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「防水紙の切れ」
  _______________________
 91

 
 

 写真解説:防水シートの切れ。上の木をカット
       した際に一緒に切れてしまった
 
 外壁材の裏側で防水の役割を果たす
 
  「防水紙」
  
 今回の事例は、胴縁(写真に写っている木)を
 取り付けたあと、のこ切りで長さをカットしたため
 防水紙が破れてしまった。
 
 
 防水紙=破れていては雨が入り、当然ダメ
 
 
 本来、胴縁はカットしてから付けるべきですが
 施工がたぶん楽なのでしょう。
 
 
 今回のような事例は
 ここ、数ヶ月で3件くらい見ました。
 
 同じ職人じゃないですよ。
 
 破れてしまったあと、何らかの措置をすれば
 まだ、良いのですが、
 全ての現場
 
 ・・・そのままでした。
 
 
 
 ◆対策
 
 今回の部分は、あとから見えなくなる
 壁の裏側で、外装では一番重要な部分でしょう。
 
 雨漏りの瑕疵保険を掛けてあっても
 今回のような瑕疵があれば保険は認められない
 可能性もあり、
 
 ここでの検査は比較的重要です。
 
 
 当社は断熱材の検査のとき、
 外部防水紙も検査してます。
 
 
 
=========================
■(2)編集後記
 
 
 建売や中古住宅購入前の検査
 
 契約前に検査をして、瑕疵があれば契約しない
 というのが理想ですが、
 ほとんどは契約後の依頼が多いです。
 
 良心的な業者から買う場合は
 それでも問題ないですが
 
 契約後、強気になる業者はタチが悪い。
 
 
 お金のかかる補修は拒否してくる。
 
 
 この前も、玄関のポーチへ上がる階段の蹴上げ(高さ)
 が一定でなく(5CMほど違う)
 うちのスタッフも検査中につまずいたりしたので
 危険だと指摘したところ
 
 「建築基準法に外部階段について
    そのような規定はなく瑕疵でない」
 
 という反論がきました。
 
 
 契約前であればきっとこんな事、
 言わないでしょう。
 これから長く住む家、あとあとの対応も
 良くはないでしょう。
 
 
 契約前に調査するか
 業者の誠意を見極めるしかありません。
 
 建物の良し悪しも大事ですが
 
 いい業者から買いましょう!

欠陥住宅事例90(ダクトの潰れ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
  換気ダクトの潰れ
 
  ~排気効率ダウン
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「換気ダクトの潰れ」
  _______________________
 90

 
 

 

 写真解説: 天井裏、配管ダクトの潰れ

 築1年の住宅、
 欠陥住宅調査に伺い、
 天井裏をのぞいて発見
 
 
 どうしたらこうなるのでしょう
 
 何か障害があるわけでもなく・・
 
 
 天井裏に設置する前から
 潰れていたとしか思えません。
 
 換気扇はダクトを介して排気すると
 距離が長くなればなるほど
 排気効率は落ちます。
 
 今回は一部分が完全に潰れているため
 距離に関係なくかなり不効率です。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 施工中にチェックできると良いですが
 最終の完成時に点検口内を見ましょう。
 
 
 今日、別の現場でダクトの接合部が
 外れている現場がありました。
 
 このような例は、よくあることです。
 

欠陥住宅事例89(土の沈下)

 こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
  基礎下の空洞
 
  ~土が流れた!
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・「基礎下、土の沈下」
  _______________________
 89

 写真解説:基礎下の土が下がった。
      杭があるため建物は沈下してない
  
 写真は一部分のためわかりにくいですが
 建っているのは造成地です。
 
 今回の原因は
 埋め戻しが十分でなく土が下がり、
 外側は雨で土が流れてしまった。
 
 目視で見えるため
 これを見たら、施主でなくても驚くでしょう。
 
 
 杭がなければ家の沈下は間違いなし。
 
 木造住宅の杭は基礎と緊結されてないですし
 空洞が大きくなると大地震時などに
 揺れの増幅など悪影響が出るでしょう。
 
 
 ◆対策
 
 基本的に土だけの盛り土は十分締まりません。
 
 
 建物が載る部分は地盤改良などで
 土を強制的に固めることが必要である。
 
 
 
=============================
■(2)編集後記
 
 
 検査をしていてよく
 業者から反論される事は
 
 「法律や基準」にないもの
 
 ~いわゆる「見た目」などの事。
 
 
 最近の例ですが
 
 完成時、内部のドアを閉めた時
 前後にガタガタと動く事を指摘しました。
 (あそびが大きい)
 
 風や振動でガタつかないための指摘で
 ほとんどの家はきちんと出来ています。
 
 ただ、ここの担当者は
 
 「当社はこれでも合格です」と言いました。
 
 
 調整が面倒なのか
 簡単にこの一言で片付ける・・・
 
 
 施主を言いくるめて
 事を簡単に早く処理したいという考えでしょう。
 
 家は長く使うものこんな態度では
 あとあとの対応もいいわけありません。
 
 
 品質判断基準はやはり
 消費者側が最終するものでは?
 
 
 ルイヴィトン
 シャネル
 メルセデス
 ロレックス・・・
 
 
 ブランドは消費者の支持が
 ブランドに押し上げるように
 業者が勝手に造るものではありません。
 
 
 こんなサイトもあったりして
 現在の社会は
 いい加減なことはできません。
  ↓
 http://www.nandemo-best10.com/

欠陥住宅事例88(小屋裏換気)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
  天井断熱材が
 
  ~小屋裏の換気を邪魔する
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・「小屋裏換気の不備」
  _______________________
 
 88

 

 写真解説:屋根裏換気のために外気が入る開口を
      天井の断熱材で塞いでしまっている例。
 
 小屋裏(屋根裏とも言う)に換気を取る主な目的は
 
 ・最上階が暑い、
 ・屋根を構成する木の変形を防ぐなど
 
 夏場の熱を逃がすためです。
 

 今回、軒先からの空気進入部を
 断熱材で完全に塞いでしまった。
 
 
 これは職人の故意ではなく
 普通に断熱材を施工すると塞ぐような
 おさまりで
 
 どちらかと言えば
 設計上の配慮不足です。
 
 
 
 ◆対策
 
 公庫仕様では換気量が定められている
 小屋裏換気(8.9)ですが
 通常は設計者が考慮しないと誰も気にしません。
 
 
 家の形状などによっては設置が難しいこともあり、
 施主側でも注意する事が必要です。
 
 あまりに施工が複雑な場合は
 屋根面で断熱し、小屋裏換気自体をなくす
 ことをお薦めします。
 
 
==========================
■(2)編集後記 (普段はメルマガ限定)
 
 
 久しぶりいい建築業者に会いました。
 
 何が良いか?
 
 
 物ごとを「損・得」ではなく
 
  「善・悪」で判断すると言い切れるポリシー!
  
 
 多くの会社・・大企業、中小企業含め
 営利を追求するため仕方がないでしょうけど
  前者ではないでしょうか?
 
 
 「善・悪」で考え仕事すれば「欠陥住宅」も
 
 いろいろな「偽装事件」もなくなるでしょう。
 
 
 別の業者ですが今日もまた同じ理念の工務店社長に
 会いました。
 
 
 瑕疵の処理で打ち合わせした際、話を聞き
 
 「この人、この業界では貴重で稀だ!」
   
   と思いました。 
   
 
 
 施主、職人、監督、営業、設計
 
 
 家に携わる全ての人が「損・得」だけで
 物事を考えているといい家はできません。
 
 
 
 「損・得」と言えば
 こんなことが最近読んだ本に書いてありました。
 
 
 簡単に紹介しますと
 
 代理人制度において
 代理人は本人の意思とイコールではない
 
 
 何が言いたいかですが、 例えば
 
 家を買おうと思い、不動産屋へ出向きいい物件が
 あったとして、心配だから購入する前に
 調べてから買おうとします。
 
 
 その時に業者から斡旋されて
 専門の代理人を依頼した場合、
 その代理人は果たして自分の意思どうりに
 働いてくれるか?
 
 代理人は1回だけのお客より
 何度も紹介してくれる不動産屋に寄るのが
 普通です。
 つまり、「損・得」感情だけが働けば
 自分の代理人であっても自分に反してしまうこと
 があるのです。
 
 
 これから業者など見分ける判断に使うと共に
 ご自身の仕事などに置き換えてみてください。
 

欠陥住宅事例87(あと施工アンカー)

 こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
  あと施工アンカーボルト
 
 ~強度、材料が不明な施工
 
 
■今回の事例________________
 
 ・「不明なあと施工アンカーボルト」
  ____________________
 87
 

   写真解説:ミスにより位置が悪く、
       後から施工したアンカーボルト。
       (右側はあらかじめ埋込まれたもの)
       施工手順、方法、引抜き力の確認を
       出来る物がなく信頼性がない。

 基礎と躯体をつなぐアンカーボルト
 その必要性は説明するまでもなく重要です。
 
 アンカーボルトについて
 良くわからない方は下記のサイト見て下さい。
 
 http://www.jfma.com/
 
 今回、よくある例ですが
 基礎が完了し、躯体を載せる際に
 
 アンカーボルトの位置が悪いことに気づく
 
 このような場合の対処法として
 あと施工のアンカーを施工するしかありません。
 
 
 この「あと施工アンカー」
 きちんとした、材料を使い、引抜き強度が出れば
 この施工自体は悪くありません。
 (これを認めないと基礎を壊す事になる)
 
 
 ただ、住宅の現場では
 専門業者を使い施工することは稀で
 材料、施工の品質の確認はまず出来ない。
 
 
 特にボルトの鋼材はJIS規格などの商品を
 使われる可能性は0に近い。
 
 
 重要な部分だけに不安です。
 
 
 新日鉄の子会社が所定の試験を省略して
 材料を出荷していたニュースもありましたが
 重要な強度に関わる部分は
 きちんとしないといけません。
 
 
 ちなみにあと施工アンカーの
 わかりやすいサイト見つけました。
 
 http://www.sanko-techno.co.jp/counsel/faq.html#q9 
 
 
 ◆対策
 
 アンカーボルトの位置間違い
 
 ほとんどが基礎図面と躯体図の整合ミスです。
 
 
 この部分は業者を信頼するしかないため
 
 
 もし、今回のようなあと施工アンカーの
 施工の必要性が出た場合
 
 監督や基礎職人の施工ではなく
 
 「専門業者」に施工させることです。
 

欠陥住宅事例86(立上りかぶり)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
  コンクリートのかぶり
 
 ~規定より1CM不足
 
 
■今回の事例__________________

 ・「かぶり・・造る側の解釈」
  ______________________
 86

 写真解説:基礎の立上り鉄筋のかぶり厚不足。
      規定では4CM以上、写真は3CMで
      1CM不足。

 (用語解説)
 「鉄筋のかぶり厚さ」・・・
 鉄筋廻りに付くコンクリートの厚さのこと
 
 以前何度か事例として登場しているので
 詳しい説明は省略し、いつもと少し違った感じで
 いきましょう。
 
 
 かぶりは建築基準法施行令第79条に記載がある。
 
 「・・・立上り部分にあつては
    四センチメートル以上・・・・・」と
    
 
 
 今回、写真のような箇所を合計10ヶ所程
 検査で指摘したところ
 
 現場に居た、基礎職人と建築会社の検査員が
 
 「5mm、10mm程度の不足、
  それも数ヶ所程度でダメなのか」
  
 「これくらい影響ないでしょう」
 
 「施工上、どうしても起きる。是正は無理」などと
 
 いろいろ意見を言われました。
 
 
 
 
 皆さんはこの意見どう思われますか?
 
 
 建築業界の人はきっと同じ意見ではないでしょうか?
 
 私も業界20年以上居ますので言いたい事は
 良くわかります
 
 
 ただ、よく考えてください
 
 これって例えば
 食品業界の賞味期限切れなどの問題と似ていませんか?
 
 
 ・冷凍したので賞味期限は伸びて問題なし
 ・1日期限が切れたが、食べても全然OK、表示改ざんした
 ・手を付けてないので使いまわしした
 
 
 など、提供側は品質には問題ないと思っても
 消費者、世間はNOでしたね。
 
 
 業界内の常識は世間からすれば非常識で
 多少なら大丈夫だろうという勝手な判断が
 いろいろな業界で信頼を失っている。
 
 まずは、
 
 ・基準、ルールをきちんと守ること
 ・業界のフィルターではなく、世間一般のフィルターで
  物事を判断してみる。
 
  以上2点が大切ではないでしょうか。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 ・家造りを本当に楽しんでやっている人、
 ・ただの金儲け、給料のためだけにやっている人
 
 多くの偽装事件もそうでしたが
 今回は後者の人たちから起きたことでしょう。
 
 
 この人たちに基準をしっかり守らせるには、
 かなり無理がありそうですね。
 
 
 しかし、本当にきちんと取り組んでいる
 会社も多くあり、購入前に見極めるか
 
 自分でうるさくチェックする、
 自分の代理(自分側の建築士)をたて
 現場をチェックする事です。
 

欠陥住宅事例85

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
  筋交い端部の金物
 
 ~ビス数の不足
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・「筋交い金物のビス数不足」
  _______________________
 
 85

 写真解説:筋交い端部の固定金物、ビス6本留めが
      メーカーの規定だが、1本不足の5本留め
      になっている。規定の強度は確保できない。
 
 昔は釘打ちだけで付けられていた筋交いですが、
 
 現在、筋交い端部を金物付けすることは
 法律、基準を詳しく知らない大工さんでも
 かなり知られるようになりました。
 
 
 阪神淡路大震災で筋交いが外れ、
 倒壊した木造住宅が多かったのを受けて
 
 平成7年5月に当時の建設省住宅局建築指導課長が
 公庫基準を参考にして金物を適切に使うように
 通知しました。
 
 その後、
 平成12年5月 告示第1460号で法律として義務付けられた。
 
 
 筋交い端部に金物を付けると
 他の金物(特にホールダウン)と干渉して
 当初はいろいろと施工に支障が出たため
 金物自体の改良を各メーカーが施し
 
 現在出ているものはかなり施工性も良いです。
 
 ただ、メーカーによって
 打つビスが5本だったり、6本だったり
 付け方に制限があったりと紛らわしい事もある。

 私でも毎回、よく見ないとわかりません。
 
 今回の例は単なるビスの打ち忘れであるが
 現場での勘違いやミスを防ぐ工夫も
 金物メーカー自身が施して欲しいです。
 
 
 ◆対策
 
 「たとえビス1本でも全てきちんと施工して欲しい」
 
 というのが現在、多くの施主さんが思っている事である。
 
 
 これに応じるには全数検査するしかありません。
 
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る