ブログ

「号外」 家を建てたあとに考える事

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今回はいつもの欠陥事例紹介とは違った内容を
 お伝えします。
 
 
 「家を建てたあとに考える事」
 
 
 先日、築30年ほどの住宅の耐震診断に伺いました。
 
 そこで目にした光景は 「ショック」 でした。
 
 それは
 『築30年とは思えないほどの痛んだ家を見たんです』
 
 
 住んでいるのは86歳のおじいさんと
 その子供たちの合計3名
 
 
 この家はおじいさんが定年退職したときに
 購入したそうでそれ以来、手は全く入れてなく
 普段の掃除も出来ていない状況で
 
   ものすごく傷み放題。
 
 
 検査の結果、欠陥箇所はなく、健全に建てられているのに
 このありさまです。
 
 
 
 最近、国が200年持つ住宅に税制を優遇する措置を
 出しましたが、
 いくら長持ちする材料で建てても手を
 入れないとダメな事が今の日本の家を
 見渡せばわかるはずです。
 
 200年先は現在、生きている誰もが生きていないわけで
 もし100年しか持たなくても責任負うものはいないから
 安易に法案も作れたような気がします。

 
 このおじいさん隣の土地を最近買うなど
 家とは違う事にはお金を使うようです。
 
 土地は資産となり次の代へ残る
 家はお金掛けても価値はあまりあがらない。
 
 
 聞いた話ですが
 アメリカ人は車を磨くより家を磨くそうです。
 
 
 
 日本人の個人金融資産は1500兆円、
 私には想像できないくらい膨大にもかかわらず
 住宅の補修、補強に使われていないのが現状です。
 
 地震がきて家がつぶれ命が危ないとわかっていても
 家を直すことにはお金を使わない。
 その反面、保険に興味のある高齢者は多い。
 
 死んで子孫に残すことばかり考えるようです。
 
 これが現状の日本で、家の寿命が短い原因です。
 
 
 これを正すにはやはり年金をきちんとしなければ
 なりません。一部の諸外国のように年金制度が
 きちんと機能していればお金の使い方は変わります。
 
 ただ、今の状況、ニュースを見ている限りは
 年金は問題山積みで期待はできません。
 
 何だか政治批判のようになってしまいましたが
 家を買った後のお金の使い道をよく考えてください
 
 せっかく建てた家が子供、孫の代まで使える
 または、高く売れるように是非手をかけて欲しいです。
 
 
 でも・・
 
 家を建てた後は、子供の教育費などでとてもじゃないけど
 お金に余裕がない・・・
 
 株、外貨の変動も大きく投資も怖い
 
 確かにそんな状況ですが
 人に頼らず自分で勉強していくしかないでしょう
 何もしなければ状況は変わりません。
 

欠陥住宅事例51

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『筋交いの欠損』を紹介します。
 
 
■今回の事例_____________________
 
 ・筋交いを切り欠いてホールダウン金物を取り付けた
  _________________________
 
 51

 
 
 写真を良く見て頂くと金物(ホールダウン)が筋交いに
 めり込んでいるように見えませんか?
 
 
 これは筋交いを取り付ける際に金物が邪魔な状況でしたが
 どうしてもそこにしか付かないため金物の形に
 筋交いを削り取り付けた例です。
 
 これについての解説はあえてするまでもないですね
 
 違法であり、耐力低下は確実です。

建築基準法施行令45条 4にも
 「筋かいには、欠込みをしてはならない・・・」
 と記載されてます。

 地震力などの力がかればこの部分で破断するでしょう。
 
 
 今回の問題は
 ・大工が平気でこのような仕事を行なう
 ・監督が気が付かない
 ・中間検査(確認検査機関)でも気が付かない
 
 
 監督などが気が付かない原因は・・・?
 
 
 全部見ていない、気にしない  からです。
 
 
 
 ◆対策
 
 第三者検査等に頼らない場合は
 自分で現場を見るしかないでしょう。
 
 今回のような筋交いの位置がうまく付かない事例でも
 必ず別の方法はあります。
 完成すると見えなくなる部分だけにきちんとした検査が
 やはり必要です。
 

欠陥住宅事例50

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『1階天井裏で外の光が見える』を紹介します。
 
 
■今回の事例_____________________
 
 ・1階天井裏の断熱不備
  _________________________
 
 50

 
 写真は1階の天井裏からバルコニー側を撮った写真です。
 
 このバルコニーの裏側には穴がたくさん開いた板が
 使われて、その穴から光が差し込んでます。
 
 この穴は外壁材と躯体間などの通気のために開いていまして
 決して建物内部へ空気が入るためではありません。
 
 
 
 本来、断熱材は建物をぐるっと囲わないと効果がありません
 このように大きく断熱されてない箇所は論外・NGです。
 
 ただ、知恵として知っていただきたいのは
 囲うだけでは空気の動きに対応できません。
 
 
 空気の動きとは?
 地球上で風が吹いたり、上昇気流が起きるとか
 空気は温度や気圧差で動くものです。
 
 今のような冬場は暖房した暖かい空気は
 本例ような冷たい外気へ接する隙間が上方に
 あるとそこへ逃げるんです。
 
 つまり上昇気流(煙突のような現象)が起きる。
 (今時、煙突は珍しいためピンと来ない?)
 
 戸建て住宅で2階や下屋の天井に隙間があると
 屋根裏へ暖かい空気が煙突現象で逃げて、
 そこで屋根裏の板など冷たい物に接すれば
 「結露」が発生します。
 
 
 結露のメカニズムは複雑なのでまた、少しずつ
 説明していきます。
 
 
 
 ◆対策
 
 この断熱は大工さんでも理解していない人が多いです
 わからない人がやればきちんとできない可能性は高く
 
 監督や検査員のチェックに頼るしかないです。
 
 
 予算に余裕があれば
 専門職(大工さんの手によらない)
 による断熱工事をお薦めします
 間違いがやはり少ないです。
 
 ウレタン吹付け、セルロースファイバーなど
 

欠陥住宅事例49

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『ビス打ち忘れ』を紹介します。
 
 
■今回の事例____________________
 
 ・壁の下地「石膏ボード」のビス打ち忘れ
  ________________________
 
 49

 
 ついにHPの欠陥写真は100番になりました
 連載を始めて2年弱です。
 

 今回の事例は壁、天井の下地に使われる「石膏ボード」
 を留めるビスを打ち忘れる事例です。
 
 
 昔は釘で止めることが普通でしたが
 あとで釘が浮き上がるなどの理由で最近はビスが主流です。
 特に地震時のことを考えるとビス打ちを推奨します。
 
 
 ビス留めの基準は2×4以外は自社などで決めていることが
 多いでが、最低基準は@300mmです。
 だいたい@200mmで施工いている会社が多いようです。
 (注意 在来でも準耐力壁の場合は明確な基準があります)
 
 
 このビス留めですが、打つ数が多いため機械で慌てて
 やるためか忘れが出やすい
 
 あとに入るクロス屋さんが必ず気が付くでしょうが
 少しでしたら面倒なのでそのままクロスを貼るでしょう。
 
 
 ビス打ち忘れの支障として考えられる事は
 ・耐力壁などの場合は耐力低下
 ・忘れが多い場合は  ボードが動きクロスにすじが入るなど
 
 1本くらいなら支障ないでしょうが家全体で忘れ50本~
 と言う事例も検査してて珍しくありません。
 
 
 ◆対策
 
 クロスなど仕上前に確認するしかないです
 
 ただ、全部見るのは非常に大変
 
 「やっている私が言うので間違いないです。」
 
 
 2人くらいで重複してみると良いでしょう。
 

欠陥住宅事例48

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『鉄筋が離れている』を紹介します。
 
 
■今回の事例____________________
 
 ・一番上に入る鉄筋と縦の鉄筋が離れている
  
  ________________________
 
  48

 
 平成12年国土交通省告示第1347号に
 立上がり部の主筋として径12mm以上の異形鉄筋を、
 立上がり部分の上端および立上り部の下部の底盤に
 それぞれ1本以上配置し、かつ、補助筋(縦筋)と
 緊結したものとすること。
 
 と記載がある。
 
 
 ※「異形鉄筋」とは・・表面に凸凹した鉄筋の事で
   現在はほぼ100%これが使われています。
 
 
 現在ハウスメーカーは工場で鉄筋を加工して
 溶接による組み立てをするのでこのような例はないです。
 
 
 今回は長さを間違えたのでしょうか?
 
 
 実は・・・基礎の下の地盤ならしが悪く、縦の鉄筋が
      下がったためにおこりました。
 
 
 ◆対策
 
 基礎の配筋検査しか対策はないです。
 普段、あまりない例なので検査する人によっては
 見落とす可能性もありです。

☆メルマガはこの内容にプラスして編集後記がつきます
 日々、私の検査での出来事や建築のニュースを私の
 フィルターを通し解説してます。メルマガ登録もお薦めします。
 登録は弊社トップページよりできます。

 https://www.ie-kensa.com

欠陥住宅事例47

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『基礎の鉄筋が細い』を紹介します。
 
 
■今回の事例_____________________
 
 ・一番上の横に入る・・「主筋」が基準より細い
  
  _________________________
 
 。47 

 
 平成12年国土交通省告示第1347号に
 この部分は直径12mm以上の異形鉄筋を使えと
 書いてありますが、写真は10mmです。
 通常は13mmを使う設計が大半です。
 
 
 ※「異形鉄筋」とは・・表面に凸凹した鉄筋の事で
   現在はほぼ100%これが使われています。
 
 
 この部分は「主筋」と言われ
 字のごとく基礎の鉄筋の中でも主に力を受けます。
 
 
 2階建ての木造では構造計算しなくても
 このような基準を守って基礎の詳細を決めれば
 強度的には十分です。
 
 
 今回と同じ例が今春も1件ありました。
 
 めったにあることではないですが
 間違えると基礎であるため問題は大きいです。
 
 
 
 ◆対策
 
 きちんと基礎図を書かせるか、
 何らかの検査を受ければかなりの確率で防げます。
 
 ただ、常識的にこの部分に10mmを使うこと自体
 少ないので、検査員が意識しにくく、
 見落す可能性もあるでしょう

欠陥住宅事例46

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『土台火打ちの未施工』を紹介します。
 
 
■今回の事例____________________
 
 ・土台水平方向の安全のための斜め材がない
  
  ________________________
 
 46

 
 
 建築基準法施行令46条の3 に
 「床組及び小屋ばり組の隅角には火打材を使用し・・・・」
 
 と記載があるのですが、
 別に法に記載がなくても水平方向の筋交いのようなもので
 耐力的に必要な事は判断できますね。
 
 
 本事例は、個人の大工さんが建てた家でよく見かけます。
 つまり、工場で木材を加工しないため躯体図面がなく
 間違いが起きるんです。
 
 
 ただ、検査で見てますと付いていても、
 「ここに付けても意味ないな~」
 というような一部、位置は適当な感じが多いです。
 
 
 最近は在来工法でも床合板で水平剛性を取る場合があり、
 この場合は土台火打ちは必要ありません。
 
 
 ◆対策
 
 メーカーや工務店に頼めば今回のような事例はまず
 大丈夫でしょう。
 
 大工さん個人に頼む場合、
 
 大工さんは建築基準、法律をわかっていない場合が多いです
 嫌がられても設計、監理で木造に詳しい設計事務所を
 入れましょう

欠陥住宅事例45

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『かすがい打ちの不備』を紹介します。
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・屋根を構成する小屋束端部の固定不良
  
  _______________________
 
 45

 
 
 今回の指摘は木造住宅の検査指摘の「定番」のような事項
 
 ・・・つまりよくある事例です。
 
 今までよくありすぎて写真をアップするのも
 忘れてたくらいでです。
 
 
 公庫仕様書から1ヶ所につき2つ「かすがい」を打つ
 ことが大工さんの間でもほぼ知れわたっていますが、
 時々、片面(1ヶ)打ちや部分的な打ち忘れを見かけます。
 
 地震や風で屋根部分が変形しないように
 端部を「緊結」する目的であり、
 先回のメールに記載しました
 
 
 「建築基準法施行令47条の1」
 
 構造耐力上主要な部分である継手又は仕口は、ボルト締、
 かすがい打、込み栓打その他の国土交通大臣が定める構造方法に
 よりその部分の存在応力を伝えるように緊結しなければならない
 
 に該当します。
 
 
 
 ◆対策
 
 これは上棟後に全数検査しかありません。
 
 ただ、上を向いて確認していると階段などの開口部から
 転落する恐れがあるのであまり施主さん自身の検査は
 お薦めしません。

欠陥住宅事例44

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『座金がない』を紹介します。
 
 
■今回の事例____________________
 
 ・ボルト接合部のナット部に座金が使われていない
  
  ________________________
 
 44

 写真を見て頂くと、ナットの下に座金がないことが
 わかるでしょうか?
 
 「座金とは?」と言うあなたのために
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%A7%E9%87%91
 
 
 座金がないと今回の例の場合、地震など大きな力が
 かかった際、木にナットがめり込むでしょう。
 めり込めば固定部が緩んでしまうのは確実です。
 
 
 今回の件は建築基準法施行令にも記載があります
 (下の法の2です)
 
 
 第四十七条  構造耐力上主要な部分である継手又は仕口は、
 ボルト締、かすがい打、込み栓打その他の国土交通大臣が
 定める構造方法によりその部分の存在応力を伝えるように
 緊結しなければならない。この場合において、横架材の
 丈が大きいこと、柱と鉄骨の横架材とが剛に接合している
 こと等により柱に構造耐力上支障のある局部応力が生ずる
 おそれがあるときは、当該柱を添木等によつて補強しなけ
 ればならない。
 2  前項の規定によるボルト締には、ボルトの径に応じ
 有効な大きさと厚さを有する座金を使用しなければならない。

 
 (上の方は専門用語が多くわかりにくいと思います、
 簡単に言うと構造上主要な部材(柱、梁など)の端や接合部は
 きちんと固定しなさいと言う事です。)
 
 
 
 ◆対策
 
 木造住宅の場合、金物類は躯体材と一緒に入ってくるため
 座金もセットになっているはずです。
 
 大工さんの手抜きによる部分が原因となりやすいため
 上棟後の確認が必要です。
 

欠陥住宅事例43

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『アンカーボルトの不備』を紹介します。
 
 
■今回の事例_____________________
 
 ・土台接合部にアンカーボルトがない
  
  _________________________
 
 43

 
 
 土台は基礎の上に連続して置く材料のことで、アンカーボルトで
 基礎と緊結します。
 
 断面は在来工法で105mmか120mm角がほとんどで
 長さは4mが通常最長のためどこかで継ぎ目が出来る。
 
 専門用語で想像が付かないと思いますがこのジョイント部は
 通常「腰掛けかま継ぎ」という形態で加工される事が多いです。
 
 
 写真を見てもらった方がわかりやすいですが
 はめ込み式で片方がもう片方を上から押さえる形です。
 
 この押さえる側にアンカーボルトを入れないと
 基礎と緊結できません。
 
 
 ちなみに2×4の場合はこのような「腰掛けかま継ぎ」では
 なく単なる付きつけのため、両側にアンカーボルトが必要です。
 
 
 
 ◆対策
 
 基本は図面をきちんとすることです。
 このジョイント部はズレ易いのでジョイント位置を正確に把握し
 現場でも寸法を確認する事が間違いを防ぎます。
 
 アンカーボルトはコンクリートを打つ前に設置した方が
 もちろん良いです。
 
 
 それでも今回のように間違ってしまった場合は
 専門職によるケミカルアンカー施工で対応します

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る