ブログ

欠陥住宅事例37

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『建物の傾き』を紹介します。
 
 
■今回の事例_________________
 
 ・建物が傾いた場合、どこまでが許容範囲?
  
  _____________________
 
 37

 
 最近、地盤に関する相談が多くありどうしても書きたくなり
 溜まっている事例の順番を押しのけました。
 
 
 写真の家は傾きが最大13/1000とひどく、サッシが締まらない、
 壁に亀裂が入るなどの症状が出ているのもかかわらず
 
 業者は「裁判やるならやれ」と言った感じです。
 
 現状補修費用は細かくは見積もってないですが予想で1.000万円
 はかかるでしょう。
 
 
 
 ところで皆さんは家が傾けば裁判で勝てると思いますか?
 
 
 
 
 実は難しいんです。
 
 
 事例はかなりあり
 傾斜の最大値5/1000、不同沈下によると思われる現象
 (配管のずれによる漏水、パネルの転落等)が多発しても
 非を認めずに裁判になるハウスメーカーがあるくらいです。
 
 
 5/1000と言っても10mの長さの家でしたら5CMの傾きです
 ビー玉は当然転がります。
 昔より基礎の剛性が上がり亀裂は起きにくいですが
 住んでいて平行感覚がおかしくなるでしょう。
 
 
 
 日本建築学会の「小規模建築物基礎設計の手引き」では
 傾斜が3/1000を超えれば不同沈下により建物本体に影響がでる
 と記載があります
 
 しかし、
 現状の地盤保証会社などは6/1000を超えないと保証が下りません
 
 よほどのことがない限り6/1000を超える事はありません
 事実、5/1000で裁判になるくらいですから保証の限度を下げる
 べきです。
 
 この前見た保証会社の書類ですが
 地盤調査した会社が軟弱地盤を指摘し杭が必要という考察なのに
 保証会社は杭は必要なしと書いてありました。
 良く基準がわかりません。
 
 
 現状は何のための保険だと言いたくなります。
 消費者は地盤保証で安心したらダメです。

 今後、法改正で瑕疵保証制度も義務付けされますが
 基準が低い、不利な約款条件では意味がないです。
 
 
 
 ◆対策
 
 地盤については造成地は注意が必要です
 特に傾斜地で擁壁を組んだ土地は良く地盤を検討しましょう。
 沈下する家のほとんどは傾斜地の造成地に建つ家です。
 
 
 住宅の地盤補強はいろいろあります
 納得いくまで業者の話を聞き、疑問があれば他の専門家の意見を
 聞くのも良いでしょう。
  

欠陥住宅事例36

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『外壁目地処理の不備』を紹介します。
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・コーキング材を付きやすくする「プライマー」の手抜き
  
  _______________________
 
 36

 
 写真は目地の施工直前、土まで付いている。

 サイディングはその材質が硬く変形などないと一見思えますが
 実はよく伸び縮みするんです。
 
 また、運搬の面から長さに限界がありどうしても目地を取る
 必要があります。
 
 
 建物にはこのように外壁以外にも目地が付き物で
 コーキング材はなくてはならないものです。
 
 
 今回、外壁面では防水の役割も受け持ち
 材料との接着性が施工上重要ポイントです。
 
 施工面の埃などを取り除く事はもちろんですが、施工前に
 接着性を高める「プライマー」という材料を塗る事は
 非常に重要です。
 
 
 最初に書きましたがサイディングが縮んだ際、
 接着が悪いと簡単に離れてしまい、雨漏りの原因になります。
 
 
 大手ハウスメーカーでも過去に大量にコーキング切れ
 を起こしました。それほど、切れやすいものです。
 
 
 
 ◆対策
 
 ・専門職を使うこと。
 
  ただし、専門職でも忘れはあるでしょう。
  色つきのプライマーで施工忘れを防ぐ事ができますが
  他へ付いた場合に落ちないため最近は透明のものしか
  見かけません。
  
  あくまで下地処理剤で仕上げしたらわかりにくいです。
  
  
  救いは雨漏りは10年の瑕疵担保期間があり
  手抜きがあれば早期に切れてわかるでしょう。ただ、
  良く外壁を見てないと気が付かない場合もあります。
  
 
 
===========================

■(2)編集後記
   (たまに記載します、毎回読みたい方は
    メルマガ登録(HPよりできます)してください)

 
 先週、ケミカルアンカーの引抜き試験に立ち会いました。
 
 施工後1時間で規定の倍の力をかけましたが全く異常なし。
 
 
 現在の接着材の技術にはびっくりです。
 
 
 ケミカルアンカーとは

 コンクリートに穴をあけ、エポキシ系の接着剤で
 アンカーボルトなどを接着する事です。
 
 鉄筋コンクリートの耐震補強などでよく使われています。
 住宅ではアンカーボルトを入れ忘れたなどの際に使います。
 
 
 専門職による施工でしたら、アンカーボルトやホールダウン
 を入れ忘れる大きな失敗があっても元の性能は十分出せます。
 
 
 よくありがちな監督さんの施工は要注意です。
 
 なぜ?
 
 
 今日のコーキングの話と同じで
 下地処理が完璧にできない場合が多いからです。
 
 

欠陥住宅事例35

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『違法ビスの使用』を紹介します。
 
 
■今回の事例____________________

 ・内部の耐力壁(地震や風の力に働く壁)に
  強度の認定を受けていないビスを使っていた。
  
  
  ________________________
 
 35

 
 写真はビスの梱包で、強度の認定を受けていると
 その表示が必ずありますし、ビス頭にも実は記しがあるんです。
 
 
 だた、私のように検査をする立場でないとわからないでしょう。
 
 
 たまたまですが2日連続、別の会社ですがこの事例が発覚!

 間違いやすい強度的に影響のある事例です。
 
 
 
 耐力壁、今回は内部の石膏ボード壁でしたが
 強度を出すためにはボードを留めるビスのピッチが
 定められているとともに、国の強度認定を通った
 ビス又は指定の釘しか使えません。
 
 今回の事例は違法で強度不足ということから2件とも
 是正を求めました。使ったビスは何千本という単位で
 かなり大変な作業です。ユニットバスもバラシます。
 
 
 
 
 最近、内部のボード類は釘ではなくほとんどビス留めの
 会社が多いです。
 (一部の大手メーカーで今だに釘打ちもありますが)
 
 
 理由は?
 
 
 たぶん、釘のように後から浮いてくる可能性が
 ほとんどないために仕上げのクレームになり
 にくいためでしょう。
 
 あとは、中越地震でも事例が発表されましたが
 釘留めは地震で釘が浮いてくるようです。
 
 
 いろいろな用途に使われるため、ビスの多くは
 この認定を受けたものではありません。
 大工さんが知らずに買うことが今回の原因です。
 
 
 
 ◆対策
 
 今回の事例は2×4住宅で気をつけてください。
 他の構造体はあまり関係ありません。
 
 
 大手メーカー以外で建てられる方は
 専門家にチェックを頼むかこの話を覚えていて自分でチェック
 するしかありません。
 
 誰かが気が付かないと知らずに完成し耐震強度が不足した家に
 住んでしまうでしょう。
 

欠陥住宅事例34

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『梁の穴あけ』を紹介します。
 
 
■今回の事例_________________
 
 ・木造在来工法の梁に排水管を通した例です。
  
  _____________________
 
 34

 
 
 なぜダメかという解説はいらないでしょう。
 
 
 在来工法(筋交いのある工法)の場合、
 基本的に梁部への穴開けはダメです。
 
 
 2×4工法の場合は、梁に穴をあけることが
 許されていますが
 このような下部の穴あけ、切り欠きはダメです。
 
 
 今回の原因は水道業者の勝手な判断によるものです。
 配管を通すスペースがないから梁を通したのでしょう。
 
 
 
 もし、皆さんが水道屋として
 
 梁に穴をあけるでしょうか?
 
 
 「自分の家じゃないから・・・」
 
 
 たぶんそんな気持ちでやっている職人だったでしょう。
 
 
 
 
 
 ◆対策
 
 今までに何度か言いましたが
 
 設備職人が欠陥をつくるケースが多いです。
 
 
 大工工事のはじめ頃に注意して見ると良いでしょう。
 
 

欠陥住宅事例33

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『アンカーボルトのズレ』を紹介します。
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・基礎と躯体をつなぐ重要な役割のアンカーボルトが
  横にズレた例です。
  
  ________________________
 
 33
 
 

 
 鉄骨造のアンカーボルトはほとんどズレが許されません
 
 それは工場で穴をあけてくるため、ズレていると
 部材が入りません。
 
 
 しかし、木造は現場でアンカーボルトに合わせて木に
 穴をあけるためズレていても納まります。
 
 基礎工事の際、鉄筋が中心にいるとアンカーボルトが
 鉄筋に当たり、中心に入らないことあるなど
 施工事情を考えると許容範囲は仕方ありません。
 
 
 この許容範囲なのですが
 公庫基準など公的なものには記載がありません。
 
 
 力のかかる具合がいろいろで一概に言えないからでしょう。
 
 
 しかし、写真のようなズレは力のかかる部分であれば
 明らかにダメです。
 
 
 
 ◆対策
 
 やはり、コンクリートを流す前にアンカーボルトを
 設置しておくことと、
 
 監督さんの確認につきます。
 
 
 

欠陥住宅事例32

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 ホームページにある欠陥工事写真集の過去の例を
 取り上げて欲しいという要望があり
 古いものから今回もピックアップし、
 
   『柱にエアコンの配管を通す』を紹介します。
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・エアコンの配管を壁内に隠そうとし、柱を貫通させた
  
  _______________________
 
 32

 
 家の外観を重視するとどうしても気になるのが
 
 ・エアコン配管
 ・電気の取り出し線
 ・換気扇フード
 
 などです。
 
 設計士やお客様の希望でエアコン配管を壁の中に入れて
 欲しいと監督に伝えた結果が写真の通りです。
 
 
 言われた事を優先し構造的な強度はすっかり頭から抜けた
 ようです。
 
 

 この写真では2本柱を貫通させていて
 特に奥の柱は「通柱」で隅柱でもあります。
 
 
 監督もダメですが、柱に穴をあけた
「エアコン取り付け職人」
 もなぜ柱に穴をあけたか理解できないです。
 
 
 
 この家はこのあとどうなったでしょうか?
 
 柱取替えしか是正方法はなくご想像の通りです。
 
 
 
 ◆対策
 
 木造の場合、安易にエアコン配管を躯体内へ入れない
 
 入れる場合は部屋を狭くしてもパイプスペースを作る。
 
 
 

欠陥住宅事例31

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今回は『断熱材の種類の間違い』を紹介します。
 
 
■今回の事例_______________________
 
 ・壁断熱材のグラスウール、密度16kg/m3を使うところ
  一部に天井用として現場にあった10kg/m3を入れてしまった。
  
  (注意・・・密度が高い方が高性能)
  ___________________________
 
 31

 (写真左が16K,右が10K)

 今回、大工さんはパッケージの色が違うが天井、壁とも
 厚さが同じだから同じ種類のものと勘違いしたそうです。
 
 壁用のグラスウールで厚さ以外に密度の種類があることを
 知らなかったようです。
 
 
 中には材料が不足し故意に厚さが違うものを
 施工する例もありますが
 今回は現場に正規の材料も余っていまして
 本当に間違えたようです。
 
 
 
 区別が付かないの?とお思いでしょう
 
 
 そうなんです。
 グラスウールは梱包にしか厚み、密度が記載されていません。
 中をあけてバラバラにするとこれらの表示はありません。
 
 今回は密度が違うため持てば何となく重さが違うという
 くらいです。
 
 
 
 グラスウール以外の断熱材では
 
 ロックウールは厚みの表示がとても見難く表示されています。
 
 ポリスチレン系などは1,2,3種という種類(これも見難い)
 を間違いやすいです。
 
 
 断熱材メーカーはこれらの表示をもっと見やすくして
 欲しいです。
 
 検査の際、一目ではわからずいつも苦労します。
 
 
 
 
 
 ◆対策
 
 大工さんは断熱のプロではありません
 気流、壁内結露・・何のこと?さっぱりわからんという人が
 ほとんどです。
 
 大工さんに限らず多くの設計者、監督もそうであると
 断熱の専門家からは批判されているのが現状です。
 
 
 断熱材をこだわった時、大工さんへ直接説明する事です。
 理解させれば良いです。
 
 
 専門業者の施工する「発砲ウレタン」、「セルロースファイバー」
 等にして全て大工ではなく専門業者へ任せる事も
 有効な策です

「号外3」 現場監督のこと理解できますか?

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 今回はいつもの欠陥事例紹介とは違った内容を
 お伝えします。
 
 
 テーマ「現場監督のこと理解できますか?」
 
 
 「監督」と言うとどんなイメージがありますか
 
 
 プロ野球の監督か
 
 映画監督をほとんどの方が想像するでしょう。
 
 しかし、現場監督は名ばかりで華麗な仕事では
 ありません。
 
 
 
 では現場監督の具体的な役割はわかりますか?
 
 
 常に現場にいて現場の指揮者というイメージを持つ方が
 多いのではないでしょうか。
 
 
 実際に住宅の現場では
 監督さんは掛け持ちで動いています。
 ハウスメーカーさんですと
 10件以上の現場を同時に持っている監督さんは普通です。
 私も大手メーカーにいた頃は15件くらい常に担当してました。
 
 もちろん、現場以外に事務所での仕事もあるので現場に常に
 いることは不可能です。そのため、
 コンクリート打ちなどの要所に現場に居ないことも
 日によりましては当然出てきます。
 
 
 多くの現場監督の仕事の優先順位ですが
 
 1、現場の段取り(材料、職人)・・工程管理
 2、予算どうりの進行・・予算管理
 3、品質のチェック・・品質管理
 4、現場の安全をチェック・・安全管理
 
 です、掛け持ちでいくつか現場があると
 1番の段取りで目一杯になり、あとがおろそかという
 か出来ません。
 
 
 良く、監督がいるのにどうして欠陥に気が付かないと
 いう事をお客様から聞きますが、現場の段取りで
 頭の中が一杯で、品質を見る気がどこかへ行っている
 ため不備な箇所が目に入らないのです。
 
 人間は意識したものや動くもの、目立つものなどしか
 見れていません。
 現場監督はこういうものだと最初から知っておくと
 良いでしょう。

 どうしても監督を専任で頼みたい方は
 監督の経費を負担すれば可能かも知れません。
 ただし、1ヶ月当たり100万円~は必要ではないでしょうか?
 
 
 
 私が思う良い監督(お客にとって)
 
 ・職人に物がはっきり言える
  
 ・お客より社長や上司が大事という会社人間でない

 
 この2つでしょう、あと楽しく工事中を過ごすために
 明るくて楽しい人なら言う事ないでしょう。
 
 
 私は現場を評価する仕事をしていますが
 監督の良い悪いも自分の中で勝手に評価しています。
 
 
 そこで自信をもって言える事は
 
 「良い監督が担当する現場は職人の仕事も良く
  検査指摘が少ない」
 

欠陥住宅事例30

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 ホームページにある欠陥工事写真集の過去の例を
 取り上げて欲しいという要望があり
 古いものから今回ピックアップし、
 
   『筋交いの切り欠き』を紹介します。
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・筋交いを切り欠いたり 穴をあけてしまった。
  
  _______________________
 
 30-130-2

 
 
 筋交いは断面が45mm×90mmのもので
 壁倍率2と基準法で定められています。
 
 ちなみに構造用合板は2.5倍、
 筋交いをダブルに入れると2×2倍=4倍です。
 
 
 壁量の算定は通常各階のX,Y方向それぞれの、
 壁倍率×数×壁の長さの合計を出し
 地震力、風圧力に耐えるか検討します。
 
 
 壁倍率とは?
 
 強度の単位で示すと
 壁倍率1=200kgf/m  です。
 
 
 平成12年の法改正で平均値相当に変更され
 木によってばらつきは当然ありますが一応、
 基準となっています。
 
 当然、切り欠きや穴あけがあれば耐力は落ちて
 規定の壁倍率をみなせません。今回の写真のような例は
 完全にダメです。
 
 
 これ以外によく問題になるのは
 
 『節のぬけ』と『乾燥による縮み』です。
 
 特に縮みは45×90mmのものが乾燥により
 43×87mmとかになるため
 これが原因の紛争も起きています。
 (判断は難しいです)
 

 
 ◆対策
 
 1、余裕をもった設計をする。
   出来れば基準法の1.5倍の壁量設計、間違いが起きても
   余裕があれば対処は簡単!
   
 2、設備業者、大工への教育
 
 3、節や縮み対策で集製材の筋交いを使う
 
 
 

欠陥住宅事例29

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今回は『棟換気下地穴 開口不足』を紹介します。
 
 
■今回の事例_______________________
 
 ・屋根裏の熱気を抜く、屋根の頂部(棟)につける空気抜き換気穴
  合板下地の段階での穴あけが小さくかついい加減。
  
  ____________________________
 
 29

 
 

 最上階の天井裏は屋根からの熱で夏場暑くなり、
 その熱気を抜くために屋根裏部分に換気を設ける。
 
 基準としては公庫仕様書8.9小屋裏換気を参考にすると
 良いです。
 
 一部抜粋
 1.小屋裏換気孔は、独立した小屋裏ごとに2カ所以上、
  換気に有効な位置に設ける。
  
 2.換気孔の有効換気面積等は、次のいずれかによる。
   
  以下省略 各パターンの有効面積などの記載あり。
  
 
 
 熱は高い箇所に上がるので屋根の頂部で抜く「棟換気」は
 効果が高いとして多くの設計者や建築会社が採用していますが、
 今回のようにせっかく仕上げ屋根材部分で換気巾を設けても
 下地の穴が小さければ性能が十分出ません。
 
 
 この小屋裏換気は最上階天井面ではなく屋根面で断熱すると施工
 の必要はありませんが、屋根断熱でも屋根材と下地合板の間に
 通気を設けて棟換気を付けて抜く施工方法も多いです。
 
 
 
 ◆対策
 
 棟換気材は外部からは良く見るとわかります。
 ただし、瓦の場合は換気部材自体がないものもあります。
 
 今回問題となった下地合板の開口は内部から見ると
 確認は容易です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る