ブログ

構造金物

「構造金物」・・今日行った現場でも間違った
取り付けをしてました。

阪神淡路大震災後の法改正(平成12年)で義務付け
られたもので、木造の在来工法に適用されます。

主にすじかいなど耐力壁(地震時などに突っ張る壁)
の柱の上下端部に付きます。金物を付ける目的は
柱が地震時に抜けないためです。

金物の選定方法は3種類ほどありますが、現状多くは
大工さんが適当につけている場合が多いです。
もちろん適当につけることは正しい選定方法では
ありません。

きちんと設計されていてもその図面を無視して施工
されるケースも珍しくありません。

大工さんに聞くと
「外周だけつければよい」
「1階の柱下だけに付ける」とか間違った認識をしています。

行政の中間検査があるから大丈夫という人もいますが
細かくは見られていません。現在有名な建築会社でも
最近見た3件中、きちんと付けれていた現場は0です。

完成後の検査でこれら金物の不備をよく発見します。
金物自体は安いものですが、完成した家に取り付けるのは
非常に困難です。

天井をめくる、壁を壊すなどしなければ付きません。

構造金物不備の家は50%以上はあると思います。
(99%そうだという他の建築士の意見もあります)
隠れ欠陥住宅(建築基準法違反)がたくさん出ている
ことが心配です。

この業界にリコールはありません。

住んでしまえば自分から気が付かないと違反は
わかりません。

当社の検査の重点ポイントの一つです。

欠陥住宅の見本?

3月は週末に完成検査が集中し
月、火曜日まで検査書類作成に追われるという
パターンになっています。

ですから今、ようやく書類が追いついた状況で
ほっとしています。

今日行った現場は「欠陥の見本」のような家でした
工事中の検査依頼のため直すのは容易で
完成後のように難しくありません。

morikawa ap

1つの例を紹介します。筋交いに穴を開けた写真です
節の下にあるのが穴で 節が抜けた訳ではありません
設備屋が間違えて開けました。

その他、構造金物が付いていない。釘が打たれていない。
梁は穴明けだらけなど

このまま建ってしまったら相当地震に弱い建物になります。

ホームページの欠陥写真は同じような例を載せないのに
結構追加しています。
本当に欠陥が多いのは確かです、そのあたり明後日の
メルマガで意見述べますのでお楽しみに。

事実のとらえ方

検査のジャッジは非常に事実のとらえ方が難しいです。

建築基準法であっても法律文の解釈はいろいろできる
ものもあります。ですからマニュアルだけに頼っては
プロの検査はできません。

今日、このことを書こうと思ったきっかけは
「床下木部の防蟻処理について」でした

bougi

防蟻処理は公庫仕様に記載がありますがあまり
明確ではありません。

写真のように木部の下が塗られてなくても
(オレンジ色が防蟻処理材、最近は透明が多い)

業者はOK・・職人には下は塗りにくいから塗らなくても
いいと指示しているそうです。顧客に対しては
5年保証しているから何かあれば保証するのでという
説明です。

これをお客様側が意見すると
シロアリは下から上がるし、湿気も下から上がるので
木部の下側が重要だと言うでしょう。

これを読んでいる方もきっと判断はすぐ付くと思います。
ただし、業者の言い分は違うのです。

事実は多面性があり見る立場が違えば見え方はかわります。
また、この件は事実というよりはそれぞれの「意見」であり
解決は容易ではなさそうです。

この件に限らずすべてほとんどこういう感じです。

中古住宅検査

昨日は中古住宅の検査にも行きました

昔は今より施工基準もうるさくなく施工が心配だ
と思います。特に分譲住宅は。

検査の結果いろいろ不備な箇所ありましたが
梁の切断も見つけました。

重要な梁ではないですがこんな写真を見たら不安に
なります。

fujita

他にも大工さんのずさんな施工が多々ありました。

仲介の不動産屋さんではこれらの事を見つけるのは難しく
やはり契約前に検査して買うことをお薦めします。

2×4の問題

今日の1つは検査は2×4の完成検査でした

良く問題となるのが石膏ボードの耐力壁の取り方。

今日の現場は1階の一方向の耐力壁が基準法ギリギリ
の設計でした。ギリギリの設計は何か不備があると
基準法を下回る可能性が高いため絶対にお薦めしません

ただ、壁量計算書も素人では見方がわからないため
プロに見てもらうことをお薦めします。

検査の結果ですが

石膏ボードのビスピッチをユニットバスの天井裏から
確認すると規定より広く打たれていました。
サーモグラフィーでクロス下のビスを写しても
ピッチは基準どうりではありませんでした。

また、使用しているビスが耐力の認定が取れているか
も疑問でした。

つまりかなりの耐力低下の恐れが発覚しました。

2×4の現場に限らず基準が複雑で職人に浸透してない
事がこのようなことが起きる原因です。
事例としましては珍しくありません。

明日は検査の予定がぎっしりです。
完璧な現場にあたりたいです。

2×4の問題

今日検査に行った現場の1つが2×4の現場

2×4は外壁の合板と内部の石膏ボードで
耐力を取っています。

ただ、2×4で問題なのは電気配線

最近はLANなどもあり多く電線などを配線し
このスペースが非常に躯体に影響します。

ボードきり欠き

写真は耐力壁の石膏ボード上部が電気配線で
切りかかれたものです

こうなると当然所定の耐力は期待できません。

耐力も大事、電気配線も大事どちらを優先するか

現実は耐力を十分余裕を持って設計し
電気配線を優先するのが一般的でしょうか

十分余裕があれば基準法を下回る事はまず
ありません。

ホールダウン金物

先週末から東京へ検査へ行ったり移動も忙しく疲れ
を抜くときがありません。そのためブログ、メルマガ
をどうしても書くことができません。

おととい検査に行った現場は、木造でホールダウン金物
の使い方がおかしかったです。

ホールダウンとは↓このような柱を引っ張る金物

ホールダウン

現在でもこのホールダウン金物が変な位置についている
現場が良くあります。

これが法律化されたのは平成12年、地震時に耐力壁が
突っ張ると柱が抜けたりするのでそれを防止する意味で
義務化されました。

どこに付けるかは計算又は表から算定します。

いい加減に勘で付けては意味がありません。
まず、7割くらいの監督、大工は理解していないと
思います。法改正されて7年目たちますが・・・

欠陥の相談が増えています

昨日、車で東京まで検査に行き、帰宅したのが夜中1時過ぎ
でした。意外に高速道路は夜でも車が多く疲れました。

今日は昨日の都会、東京とは反対に携帯の電波も届きにくい
三河の山の中へ行きました。途中雪がすごく積もったら帰れない
と思い焦りました。

いろんな所へ検査に出かけていますが、遠方が集中するとやはり
疲れます。

先週、今週と完成検査と欠陥調査が多いです。また、検査以外に
最近は非常に「欠陥住宅では」という相談、検査依頼が増えてい
ます。

メールでは24時間以内の返事を心がけておりますが
件数増加とこちらの仕事の都合でできない日が増えています。

欠陥住宅の相談内容で何ともならない内容のものが多いです
期待させてはいけないためはっきり言ってあげることが大事
だと思いますが言われたほうは「何で?」と思います。

断熱材の少々の隙間だとかの軽微なものは相手が拒否したら
何ともなりません。訴訟だと意気込んでも建築に詳しい弁護士
さんなら相手にされないケースもあります。

これらを思うと新築の工事途中のものは軽微なものでも
そのままという事はほとんどありません。業者は直します。

完成した現場の処理の難しさを改めて思います。

急な検査

今日は朝一番に1件完成検査に行きまして

午後は2件の合計3件のつもりでしたが昼、急に基礎の
配筋検査の依頼があり夕方5時30分に最終1件行きました

基礎の検査は日が落ちると写真が撮り難くギリギリでした。

急な依頼も出来るだけ受けるようにしています。

ご自身で現場を見に行き急に不安になる事はありますよね
ですからできるだけ対応します。

さすがに4件廻ると報告書の作成が大変です。やっと今終り
ました。

明日も3件検査が入っています。少し遠方の現場もありまた
大変です。

管理? 監理?

本日、大工完了検査に行った現場は先回の指摘が全く
直っていませんでした。

現場監督が怠慢なのか職人が言う事聞かないかわかり
ませんがあきれた現場管理状況です。

良く、監督が現場に来ない管理はどうなっているという
お話を聞きます。ここで管理を説明します。

現場管理と現場監理の2種類があるのをご存知ですか?

監理は図面どうり、基準どうりに施工がされているか
を確認する仕事です。これは主に設計者の仕事です。
ただ、普通の住宅現場では設計事務所に依頼しない
限り行なわれる事は少ないです。
欠陥住宅などの責任を問われるのは主に監理者です。

管理は現場監督の仕事で現場の工程、品質、安全、原価
などの管理をします。主に職人への指示などが仕事です
品質の管理はなかなか他ごとに忙しくおろそかになり
がちです。

ハウスメーカーさんなどは下請けの現場監督が現場を管理
するため下請けの管理が主な仕事の場合がります。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る