ブログ

事例130(点検口まわり断熱材なし)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日は朝から3件検査をして
 3時半に事務所に戻ると
 「今から来てほしい」という依頼があり
 近くでもあり検査に行ってきました。
 
 久しぶりの当日依頼。
 暗くなる前ぎりぎりで業務終えました。
 
 そのあと夜、岡崎まで打ち合わせに行き
 戻ってきたのは9時。
 書類がたっぷりたまっています。
 
 
■(1)今回の事例________________
 
 ・「床下点検口まわりの断熱材がない」
 _______________________
 
 130

 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 床下点検口まわりの断熱材がない。

 
 ◆内容説明
 
 今回は確率的に高い事例です。
 
 床下点検口は後々のメンテナンスなどのために
 設けられます。
 
 
 今回のような事例は
 床を全て施工し、点検口をあとから
 開ける場合が多いです。
 
 開口を開けるときに周りの断熱材を含め
 取っていまい、あとで入れ忘れるようです。
 
 最近の床下点検口、
 「高気密、高断熱」仕様のものが多いです。
 点検口まわりに隙間があれば、この商品を入れる
 意味も半減します。
 
 
 ◆対策
 
 完成時、点検口を確認しましょう。
 
 断熱材以外に
 水漏れ、ごみの散乱など見つけることがあります。
 
 
 
============================

■(2)編集後記(普段はメルマガのみに記載)
 
 
 不況のニュースが最近目に付きます。
 特にトヨタ関連のニュースが多く
 当社の事務所は豊田市に近く、身近な話題です。
 
 
 住宅業界はどうなるんでしょうか?
 
 
 私の予想では
 ユニクロが好調なように
 住宅ではローコスト志向が強まるのではと思います。
 
 
 それを予想してかどうかわかりませんが
 タマホームが値段の安い新商品を出しました。
 
 名前は「賢者の邸宅」
   ・・・何か意味ありげなネーミングですね。
   
 
 タマホームの大工さんは
 休みが取れず、体が壊れるくらいに忙しい。
 
 雇用不安とは全く無縁の世界で
 それほど売れている証拠です。
 
 
 面積や設備、仕様など納得すれば
 値段は安いほうがいいです。
 
 
 ローコスト住宅は
 「安かろう悪かろう」という
 不安があります。
 現実、ネットの掲示板をにぎわしているのも
 確かです。
 
 
 ただ、私が最近検査で感じることが2つあります。
 一つは
 組織の大きいローコストメーカーは
 
   品質が上がっている。
 
 品質に問題なければ
 値段が倍近い 大手ハウスメーカーを選ぶ人は
 減るでしょう。
 
 
 もう一つは
 大手ハウスメーカーの現場より
 ローコストメーカーの現場の方が
 
  雰囲気がいい。
  
 職人さんが前向きに明るく仕事している。
 
   
 将来性を反映しているのかもしれません。

事例129(鋼製火打ち釘忘れ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 昨日は設計した住宅の上棟日でした。
 初めて家の形が出来る日・・何か特別な感じです。
 
 
■(1)今回の事例_________________
 
 ・「鋼製火打ち・釘の打ち忘れ」
 ________________________
 
 129

 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 床面などの水平剛性に必要な「火打ち」
 鋼製火打ち端部、緊結のための
 スクリュー釘打ち忘れ

 
 ◆内容説明
 
 鋼製火打ちの端部緊結方法は
 製造メーカーが決めています。
 
 今回釘が未施工だったのは
 
 ・単なる忘れ
 ・ボルトだけでよいと勝手に判断した
 
 どちらかでしょう。
 
 製造メーカーは強度試験をしているため
 メーカーの規定に従うことが必須です。
 
 最近、2階床面は24mmや28mmの合板で
 水平剛性を取るようになり
 火打ちは小屋梁面(2階天井上)だけの
 場合が多いです。
 
 
 水平剛性・・耐震性に重要ですが
 水平剛性の検討は2階建て木造住宅では
 強制されていません。
 
 耐震等級2以上の取得、または構造計算をすると
 きちんと検討できます。
 
 
 ◆対策
 
 構造上主要な部材でもあり
 釘1本まで全数チェックしましょう。

事例128(鋼製束ビス打ち忘れ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 12月は完成現場が多く
 毎日、完成検査に追われそうです。
 
 
■(1)今回の事例_________________
 
 ・「鋼製束固定ビス打ち忘れ」
 ________________________
 
 178

 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 1階床を支える鋼製束
 大引きにとめるビスの打ち忘れ

 
 ◆内容説明
 
 ビス固定が悪いと
 大地震時にこの部分が外れ
 鋼製束が倒れることによって
 床が落ちる可能性があります。
 
 阪神淡路大震災のとき
 よく起きた事例のようで
 市町村が行っている耐震診断のチェック項目
 に床組の固定が入っています。
 (昔は鋼製ではなく木ですが)
 
 
 固定するビスの数、種類は製造メーカーが
 決めていまして、
 4本固定が多いようです。
 
 今回の写真のビス打ちですが
 見えない部分の側面に2本とめてあっても
 下部は穴4つあるうちの
 最低2本は必要です。
 
 
 ◆対策
 
 故意の手抜きは別としまして
 4本ビスをとめるところ勝手に2本でいいと
 判断することがあるでしょう。
 
 工事中、もしくは完成後に確認するとよいです。
 

ミニコラム10 「契約後 後悔しないために」

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日の雨で現場の予定3件
 
 全て延期
 
 久しぶりの昼間の事務所
 たまった書類を集中して片付けています。
 
 
■ テーマ___________________
 
 ・契約後のトラブルをどう防ぐか
 _______________________
 
 
 検査のお客さん(現在新築工事中)からこんなメールを
 いただきました。
 
 
 「知人が、○○○○で家を建てましたが、
 契約したら少しも要望を聞かず、
 大嫌いな家に住んでいるとのこと。
 よくある話なんですかね。
 
 まもなく私の家は完成です。
 いえづくりから早く解放されたいです」
 

 知人のことを最初に書いていますが
 本人も解体工事から建築会社とトラブル続き
 
 そのたびに業者の不誠実な対応に悩まされています。
 
 
 この方だけではありません
 今、私が担当してるお客さんで同じような方
 あと、現在3名います。
 決して少ない確率ではありません。
 
 
 家は3回建てないと納得したものが建たない
 とあきらめるべきでしょうか?

 一般的に業者は
 売り込むときは一生懸命で対応も良いですが
 契約した途端に見放し
 工事はさっさと終わり手離れ!
 という感じが多いでしょう。
 
 はじめからわかっていたら頼まなかったと
 契約後に知っても手遅れです。
 
 良く業者選びは
 結婚相手を探すのに似ていると言われますが
 そうかも知れません。
 
 こんなはずじゃなかったと
 ならないためにどうしたらよいのでしょう。
 
 
 それは 家にこだわりのない方は別にして
 自分のこだわりをきちんと業者が
 叶えてくれるか見極めることです。
 
 
 世界的に有名な建築家「安藤忠雄」氏
 お金があれば是非頼みたい建築家です。
 
 安藤氏は自身の著書「建築家 安藤忠雄 新潮社」
 の中でこんなことを書いています。
 
 「住まうとは、ときに厳しいものだ。
 私に設計を頼んだ以上、あなたも闘って
 住みこなす覚悟をしてほしい。」
 家を建てたいという人が来たときに、
 私はこのような話をして、住吉の長屋(実質的なデビュー作)
 の計画などを説明すると。大半はしり込みして帰っていく。
 
 補足・・住吉の長屋は常識的な機能主義の観点
     からすると不便極まりない家です。
 
 安藤氏は黙っていればバンバン仕事が取れるのに
 詳細を説明し、納得してもらってからでないと
 設計しないようです。
 
 
 ほとんどの会社は
 門戸が広く、予算が合えば誰でもOKです。
 担当者によって当たり外れもあるので
 
 安藤忠雄氏のパターンで
 お客さん自らこだわりなどを
 契約前にはっきり言うべきです。
 
 「私は細かいです」
 「インテリアについてうるさいです」
 「断熱に非常にこだわりがあります」
 とかはっきり細かく言っておいて
 対応できるかどうか見極めるべきです。
 
 そうすれば出来ない業者はしり込みして
 去っていくでしょう。
 
 
 検査以外にいろいろな相談を受けますが
 品質面以外でも満足して完成を迎えたいです。
 
 
 
=========================
■(2)編集後記

 「現場の雰囲気」
 
 毎日、いろんな現場を廻っている私は
 現場に入ってすぐ感じる「雰囲気」で
 いい現場か悪い現場かわかります。
 
 これは経験ですから細かいことを
 文字にするのは難しいですが
 
 1つは「施工の丁寧さ」
 多くの現場を見て判断基準が付いたのでしょう
 見た瞬間にわかります。
 
 もう1つは「職人さんの良し悪し」
 これは挨拶した時に感じます。
 
 
 この2つでまず、
 検査後の結果に狂いはないです。
 いいと感じれば指摘は少ないです。
 
 
 これは誰でもわかるものではありませんが
 現場案内など行ったときに意識してみると
 わかるかもしれません。

事例127(金物ビス外れ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 パソコンが1台壊れ、
 それを気にしながらメルマガ書いています。
 
 
■(1)今回の事例________________
 
 ・「構造金物ビスの不備」
 ________________________
 
 177

 
 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 柱の端部を固定する金物。
 ビスが一本、柱のボルトが入る空洞部
 に打たれ効いていない。

 
 ◆内容説明
 
 細かなことは先回(126発)と同じです。
 
 構造金物は数社が発売していまして
 形はいろいろです。
 今回のように1種類の金物で取り付けに不備が
 出る場合、違う形のものを使えば問題回避できます。
 
 しかし、ほとんどの現場では
 「ないもの」を取り寄せてまでは付けません。
 
 ~あるもので済ますのが簡単だからです。
 
 
 ◆対策
 
 この例も確認申請の中間検査では
 指摘されないでしょう。
 
 「ビス1本くらい大丈夫」という
 考えがこの業界では当たり前かもしれません。
 
 施主側の気持ちになれば
 ビス1本でも重要です。
 
 検査することも大事ですが
 ミスの出にくい金物選定が大事です。
 
 
 経験からでしょうか
 数多く建てている業者ほど金物選定は上手です。

事例126(金物ビス忘れ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 午前中のとっても寒い現場から
 帰ってきました。
 体が冷え切る時期です。
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「構造金物ビス忘れ」
 ________________________
 126

 
  
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します。
 
 柱の端部を固定する金物。
 写真はビスが2本抜けているため、
 本来の役割を果たさない。
 
 ◆内容説明
 
 柱の端部は
 ・建築基準法施行令47条では全ての柱の緊結。
 
 ・H12建告1460号では地震時などの引き抜き力
  に応じた金物選定が決められています。
 
 
 正しい金物選定、取り付け(ビスなど)が
 重要で、現場ではこれらの数が多いため
 今回のような忘れはおきやすいです。
 
 
 ◆対策
 
 確認申請の中間検査では
 ビス1本づつまでは確認しません。
 
 誰かが「全数検査」しないと
 忘れがあってもそのままになります。
 
 面倒ですが慣れれば手間ではありません。
 
 
 
============================

■(2)編集後記
 
 
 先週、All Aboutのプロファイル専門家の
 登録オファーがあり承諾しました。
 
 「教えてGoo」や「ヤフー知恵袋」とも連携していまして
 いろいろな所で相談を受ける事になりそうです。
 
 ウエブ上で表示されるのはこれから取材を
 受けたりするので来年1月末からです。
 
 これとは別に現在、関西の住宅サイトで
 質問の回答をしていることもあり
 
 専門技術のさらなる向上を目指します。
 

事例125(床根太のダメな欠損)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日の仕事はまだまだ片付きません
 検査報告+難しい書類が1つ・・・
 
 このあと集中して片付けます。
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「一番弱い部分に電線を通す」
 ________________________
 
 125

  
 ◆写真解説
 2×4の床根太(梁のようなもの)
 基準で切欠き、穴あけができない一番力のかかる
 中央下部を欠損して電線を通している。
 
 
 ◆内容説明
 
 床からの荷重を受ける根太は
 端部より中央部が一番変形する事は
 想像付くでしょうか?
 (上部は押す力、下部は引張る力がかかる)
 
 変位の大きい中央部分を欠損すれば
 破壊する可能性が高くなります。
 
 
 電灯の付く箇所は部屋の真ん中=根太の中央
 電気屋さんに悪気はないでしょう。
 基準を知らないだけです。

 
 
 ◆対策
 
 2×4は構造躯体へ穴をあけて配線を通します。
 
 現場検査では、やってしまったあとになるため
 穴あけ、切欠き基準を事前に指示すべきです。
 
 基準がわからない場合は
 公庫仕様書など見ると書いてあります。
 

事例124(釘が打ち抜けた)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 昨日、今日と暖かいですね
 「小春日和」外は気持ちいいです。
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「釘が9mmの合板を打ち抜いた」
 ________________________
 
 124

 写真解説:↓ 下記
  
 2×4 耐力壁の釘が9mmの厚さの
 構造用合板を打ち抜いた例です。
 
 
 この私でもはじめて見た例です。
 
 
 建築現場ではほとんど釘は機械打ちします。
 
 エアーの強さの調整が難しく、
 釘頭が出ると手打ちしないとダメなので
 強めに打つ大工さんが多いです。
 
 厚さ9mmの合板では釘のめり込みは
 2mmが限度でこれ以上めり込むと
 釘付近で破損しやすくなり弱くなります。
 
 
 合板以外の構造用面材では
 釘のめり込みの許容が0や1mmと
 厳しいものもあります。
 
 釘打ちは
 丁寧さが構造的な強さにつながります。
 
 
 
 ◆対策
 
 大工さんは「たいしたことない」と
 思っている方が多いでしょう。
 
 事前に指示するか、
 施工当初のチェックが有効です。
 

事例123(屋根下地防水の切れ) 

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 昨日、初めて暖房付けました。
 午前中は寒い、西向き窓の事務所です。
 冬はやっぱり南向きの部屋にあこがれます。
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「屋根下地防水の切断」
 ________________________
 
 123

 写真解説:屋根下地防水のルーフィング。
      瓦を切断した時に一緒に
      切ってしまった。 
 
 仕上げ屋根材の下に必ず施工される
 防水紙 通称「ルーフィング」

 2次防水、最後の防水の砦として非常に
 重要な役割をしています。
 
 
 今回の例は
 屋根の上で瓦を切断した時に
 一緒にルーフィングまで
 切ってしまったようです。
 
 そのままにしておくと
 万が一、雨が瓦などの下に入った場合
 雨漏りしてしまいます。
 
 
 最近、このルーフィング
 防水機能だけでなくプラス「遮熱機能」が
 あるものが出てきました。
 
 夏場の暑さや屋根の木部の保護に有効です。
 
 
 
 ◆対策
 
 今回は検査で屋根の上を歩いたため
 発見できましたが
 
 特に屋根の上は他の人は用事がなく
 職人さんのモラルに期待するしかありません。

ミニコラム9 「建築士制度が変わる?」

 こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日から月曜日まで非常にハードスケジュールです。
 検査ぎっしり、セミナー、相談・・・
 前の晩に書いています。
 
 
■ テーマ__________________
 
 ・建築士法の改正 「重要事項説明」など
 ______________________
 
 
 「建築士法」が改正に基づき
 11月28日から建築士制度が大幅に見直されます。
 
 姉歯マンション偽装事件による法律など
 の見直しの1つです。
 
 
 建築士以外の方にも知っていただきたい
 項目を2つ紹介しましょう。
 
 ________________________________________

 ○一級建築士の免許証がICチップ入りの
  携帯可能なものになる。
  
 
 私も年に2回ほどは、
 建築士免許書見せてくれとお客さんに言われます。
 
 資格もないのに名刺に勝手に書く例があり。
 疑う人がいるからです。
 (リフォームなどでは多いようです)
 
 現在は賞状のようなA4サイズの紙。
 
 免許証のようなサイズになれば、
 現場でも気軽に見せることができますね。
 
 変更手続きはこれからで、変更するかは
 任意のため全員に適用するものではありません。
 
 
 _______________________________________
 
 ○設計、監理 契約時に施主に対し
    「重要事項説明」が必要になる。
 
 「重要事項説明」と聞くと
 不動産の売買契約を思い出します。
 契約前に物件情報、金銭についてなど
 宅地建物主任者が説明するものですね。
 
    
 設計の場合は
 ・契約金額、支払い時期
 ・作成する図面の種類
 ・現場監理の頻度や報告方法  など
 を説明し書面を交わさないといけません。
 
 
 曖昧な建築士の業務を明快にするという意味では
 良いことです。
 
 直接、設計事務所に設計を依頼する場合は
 全くこの制度は問題ありませんが
 多くの方は、ハウスメーカーや工務店へ依頼し
 工事請負契約だけで設計契約がないのが普通です。
 
 このように設計と施工が同じ会社で
 設計費が別れていない場合や
 設計士が自社にいなく、下請けで施主に対し
 建築士を直接会わせないケースは
 どうなるんでしょうか?
 
 ・家の代金から工事費と設計費をわける
 ・下請けの設計士へ施主が直接設計代金を払う
 
 などの改善が必要になるでしょう。
 
 
 今までは図面だけの報酬で現場を実際に
 監理していなかった建築士も今回は監理の約束をする以上、
 責任が明快になります。
 
 ただ、以前と変わらないという懸念もあります。
 
 他の建築士にインタビューしてみましたが
 書類が1つ増えただけでやる事は変わらないのでは?
 という意見が大半でした。
 
 監理が機能し、瑕疵が減る事は期待できそうもありません。
 建築士の責任追及がしやすくなっただけのようです。
 
 また、建築主が「建売住宅」の場合は
 なんら変わりません。
 
 消費者として家を建てるとき
 設計契約時に「重要事項説明」があること
 を是非覚えておきましょう。
 

 
=========================
■(2)編集後記

 
 事務所の貸駐車場を今月末で
 明け渡ししないといけません。
 
 約60台ほどの広い駐車場、
 何か建物が建つみたいです。
 
 住居などと違い、いきなり宣告されても
 それに従うしかありません。
 
 事務所のある場所は
 田舎ですけど一応駅前通り。
 
 今日、不動産屋に情報を求めましたが
 近くに空きはないそうです。
 
 
 期限まで時間があるので
 もう少し探すつもりです。
 
 駐車場がないと事務所自体の移転も考えないと
 いけなくなるかもしれません。
 
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る