ブログ

欠陥住宅事例46

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『土台火打ちの未施工』を紹介します。
 
 
■今回の事例____________________
 
 ・土台水平方向の安全のための斜め材がない
  
  ________________________
 
 46

 
 
 建築基準法施行令46条の3 に
 「床組及び小屋ばり組の隅角には火打材を使用し・・・・」
 
 と記載があるのですが、
 別に法に記載がなくても水平方向の筋交いのようなもので
 耐力的に必要な事は判断できますね。
 
 
 本事例は、個人の大工さんが建てた家でよく見かけます。
 つまり、工場で木材を加工しないため躯体図面がなく
 間違いが起きるんです。
 
 
 ただ、検査で見てますと付いていても、
 「ここに付けても意味ないな~」
 というような一部、位置は適当な感じが多いです。
 
 
 最近は在来工法でも床合板で水平剛性を取る場合があり、
 この場合は土台火打ちは必要ありません。
 
 
 ◆対策
 
 メーカーや工務店に頼めば今回のような事例はまず
 大丈夫でしょう。
 
 大工さん個人に頼む場合、
 
 大工さんは建築基準、法律をわかっていない場合が多いです
 嫌がられても設計、監理で木造に詳しい設計事務所を
 入れましょう

欠陥住宅事例45

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『かすがい打ちの不備』を紹介します。
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・屋根を構成する小屋束端部の固定不良
  
  _______________________
 
 45

 
 
 今回の指摘は木造住宅の検査指摘の「定番」のような事項
 
 ・・・つまりよくある事例です。
 
 今までよくありすぎて写真をアップするのも
 忘れてたくらいでです。
 
 
 公庫仕様書から1ヶ所につき2つ「かすがい」を打つ
 ことが大工さんの間でもほぼ知れわたっていますが、
 時々、片面(1ヶ)打ちや部分的な打ち忘れを見かけます。
 
 地震や風で屋根部分が変形しないように
 端部を「緊結」する目的であり、
 先回のメールに記載しました
 
 
 「建築基準法施行令47条の1」
 
 構造耐力上主要な部分である継手又は仕口は、ボルト締、
 かすがい打、込み栓打その他の国土交通大臣が定める構造方法に
 よりその部分の存在応力を伝えるように緊結しなければならない
 
 に該当します。
 
 
 
 ◆対策
 
 これは上棟後に全数検査しかありません。
 
 ただ、上を向いて確認していると階段などの開口部から
 転落する恐れがあるのであまり施主さん自身の検査は
 お薦めしません。

欠陥住宅事例44

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『座金がない』を紹介します。
 
 
■今回の事例____________________
 
 ・ボルト接合部のナット部に座金が使われていない
  
  ________________________
 
 44

 写真を見て頂くと、ナットの下に座金がないことが
 わかるでしょうか?
 
 「座金とは?」と言うあなたのために
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%A7%E9%87%91
 
 
 座金がないと今回の例の場合、地震など大きな力が
 かかった際、木にナットがめり込むでしょう。
 めり込めば固定部が緩んでしまうのは確実です。
 
 
 今回の件は建築基準法施行令にも記載があります
 (下の法の2です)
 
 
 第四十七条  構造耐力上主要な部分である継手又は仕口は、
 ボルト締、かすがい打、込み栓打その他の国土交通大臣が
 定める構造方法によりその部分の存在応力を伝えるように
 緊結しなければならない。この場合において、横架材の
 丈が大きいこと、柱と鉄骨の横架材とが剛に接合している
 こと等により柱に構造耐力上支障のある局部応力が生ずる
 おそれがあるときは、当該柱を添木等によつて補強しなけ
 ればならない。
 2  前項の規定によるボルト締には、ボルトの径に応じ
 有効な大きさと厚さを有する座金を使用しなければならない。

 
 (上の方は専門用語が多くわかりにくいと思います、
 簡単に言うと構造上主要な部材(柱、梁など)の端や接合部は
 きちんと固定しなさいと言う事です。)
 
 
 
 ◆対策
 
 木造住宅の場合、金物類は躯体材と一緒に入ってくるため
 座金もセットになっているはずです。
 
 大工さんの手抜きによる部分が原因となりやすいため
 上棟後の確認が必要です。
 

欠陥住宅事例43

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『アンカーボルトの不備』を紹介します。
 
 
■今回の事例_____________________
 
 ・土台接合部にアンカーボルトがない
  
  _________________________
 
 43

 
 
 土台は基礎の上に連続して置く材料のことで、アンカーボルトで
 基礎と緊結します。
 
 断面は在来工法で105mmか120mm角がほとんどで
 長さは4mが通常最長のためどこかで継ぎ目が出来る。
 
 専門用語で想像が付かないと思いますがこのジョイント部は
 通常「腰掛けかま継ぎ」という形態で加工される事が多いです。
 
 
 写真を見てもらった方がわかりやすいですが
 はめ込み式で片方がもう片方を上から押さえる形です。
 
 この押さえる側にアンカーボルトを入れないと
 基礎と緊結できません。
 
 
 ちなみに2×4の場合はこのような「腰掛けかま継ぎ」では
 なく単なる付きつけのため、両側にアンカーボルトが必要です。
 
 
 
 ◆対策
 
 基本は図面をきちんとすることです。
 このジョイント部はズレ易いのでジョイント位置を正確に把握し
 現場でも寸法を確認する事が間違いを防ぎます。
 
 アンカーボルトはコンクリートを打つ前に設置した方が
 もちろん良いです。
 
 
 それでも今回のように間違ってしまった場合は
 専門職によるケミカルアンカー施工で対応します

欠陥住宅事例42

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『排水工事の不備』を紹介します。
 
 
■今回の事例_____________________

 ・洗濯排水の床下接続部で下水からの臭気を防ぐ措置
  をしていない。
  
  _________________________
 
 42

 
 
 今回の事例は構造的などと違い重大ではないですが
 良くある例でありまた、浄化槽でなく下水の場合
 虫も入ってくるので取り上げました。
 
 先週、この写真の現場ではありませんが、トイレ内
 の手洗いの接続部に隙間があり、そこから虫が入り
 虫だらけ(約50匹以上)の現場を見ました。
 
 これは気持ち悪かったです。
 あまりの気持ち悪さに写真を撮り忘れました。
 
 
 
 
 下水管の臭いははっきり言ってくさいです。
 トイレの排水、流しの排水が流れるので当然です。
 
 
 この臭いが部屋内に上がらないように設備機器には
 S字など「くにゃ」っと曲がった形状の「トラップ」
 が排水管の途中についています。
 
 あとは水道業者が接続口をきちんとすれば良いですが
 この部分のキャップが緩いとか、簡単なテープ巻き
 だけという事例がよくあります。
 
 
 部屋内でくさいと思ったらまず、今回の事例のような
 下水の臭気を疑ってください。
 
 
 
 ◆対策
 
 最近の設備機器は排水接続部にカバーがあり
 外すのが困難で検査時に見れないことが大半です。
 
 職人に任せるしかありませんが、入居後に臭いを確認
 することが良いでしょう。

☆メルマガ登録のお薦め
ブログではその日の話題を取り上げる編集後記を
通常載せません(話題が古くなるため)
編集後記も面白い情報があります。
是非、ホームページからメルマガ登録してください。
  https://www.ie-kensa.com
※まぐまぐを利用しているのでご本人の情報はこちらは
 把握できないため安心です。
 

欠陥住宅事例41

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『基礎の鉄筋を切断』を紹介します。
 
 
■今回の事例_______________________
 
 ・基礎に配管を通す穴をあけた時、鉄筋まで切断してしまった。
  
  ___________________________
 
 41

 
 
 基礎には配管を通す穴がいくつかあきます。
 
 普通、コンクリートを打設する前に「スリーブ」という
 管をあらかじめ入れておき、あとで穴をあけないで済む
 ように施工するのが基本です。
 
 これなら鉄筋を切る事はないです。
 
 
 基礎の鉄筋を切る事は、耐力上その部分は弱くなります。
 特に一番上の主筋という横の太い鉄筋が切られるケースが
 多いので影響は大きいです。
 また、写真の例のように穴の直径100mm程度になると
 あらかじめあける場合は補強の鉄筋を周りに入れます。
 
 もちろんあとからあけた場合は補強は無理です。
 
 
 
 コンクリートに穴をあける事自体、硬そうで大変だと思い
 ますが、職人は案外大変だと思っていません。
 コア抜きと言いましてダイヤモンドの刃で簡単にコンクリート
 鉄筋を切断できるんです。
 
 
 位置が最初に決まらない場合など
 
 「あとであければいいか」
 
 と思ってしまうようです。
 
 
 私の経験上、ガス屋さんのほうが後からあけて、鉄筋を切る
 確率は高いです。
 

 
 今回の写真の例は鉄筋位置も端すぎる、いわゆる「かぶり」も
 かなり不足しています。
 
 
 
 ◆対策
 
 これはお客様の立場からは対策がやりにくいです。
 
 監督さんが気を付けていても勝手に職人が穴をあける
 事もあります。
 
 
 当社では「鉄筋探査機」を持っています
 
 値段は最近下がってまして鉄筋の位置の特定だけでしたら
 10万円以下で買える様になりました。
 
 基礎に穴をあける時は「鉄筋探査で位置を確認する」事を
 必須にするしかないでしょう。また、あける穴の大きさも
 限度を決めるべきです。
 
 

号外4  いい現場の「簡易見分法」

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 今回はいつもの欠陥事例紹介とは違った内容を
 お伝えします。
 
 
 「問題のありそうな現場の簡単な見分け方」
 
 
 私は今まで検査を850件以上行ってきた経験上から
 検査をする前に現場を見た瞬間、現場の出来を想像する事が
 できます。
 
 
 これはほぼ 「はずれ」 ません。
 
 
 最後まで読むと当たり前のこととわかりますが
 あらためて言われると納得できる事です。
 
 
 
 
 まずは【基礎工事】ですが
 
 ○「鉄筋がぱっと見てきれいに組んである」
 
  斜めになっていたり、バラバラな感じがしない
  
  
 ○「地面と鉄筋のかぶり(地面からの離れ)が規定の6CM以上
  きちんと取れている。」
  
  地盤の水平を出すのは非常に手間です、手がおろそかな職人
  はかぶりの確保がまずできません。
  
  
 次に【大工工事】
 
 ○内部の材料の整理整頓、清掃状況がきれい
 
 ○釘やビスの打ち方がきれい
  
 
 これらは「几帳面さ」が出る箇所です。
 腕もありますが几帳面な性格が仕事全体に表れます。
 
 
 
 ここまで読んでいただいたらわかったと思いますが
 職人の几帳面さを見れば問題がありそうかどうかがわかるんです。
 
 一部だけ几帳面という事はまずありません。
 几帳面な職人は完璧主義の人が多いです。
 
 この反対の汚い現場でいい仕事はほとんど見ません。
 
 
 
 今後の参考にしてみてください。
 
 ただ、基準を知らないなどの無知な場合は問題があるので
 この点を注意すればよりいいです。
 (第三者検査などでカバーする事をお薦めします)
 

欠陥住宅事例40

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『アンカーボルト 入忘れの隠蔽』を紹介します。
 
 
■今回の事例____________________
 
 ・アンカーボルトを入忘れ、そのまま完成
  
  ________________________
 
 40

 
 
 アンカーボルトは基礎に埋込まれ、躯体をつなぐ重要
 な部材です。
 
 特に躯体の浮き上がりを押さえるため、
 入忘れや大きなズレは重大な欠陥です。
 
 
 2×4や在来工法で1階の床を先に施工する場合は
 すぐにこの部分が隠れてしまい不備の発見はあとから
 不可能です。
 
 多少のズレは仕方がないとして、全くの入忘れをそのまま
 にすることは建物の耐震性などに影響が出るでしょう。
 
 
 
 普段は床下に潜ってもアンカーボルトは基礎パッキンで
 隠れて見えないんです。
 
 今回、完成後の現場でありながら発見できたのは非常に偶然です。
 
 
 
 なぜ発見出来たのか?
 
 
 
 実は
 
 コンクリートの非破壊試験をこの部分の直下の基礎で行なった際
 土台が揺れたからです。
 
 
 コンクリート非破壊試験はコンクリート表面を叩き
 その反発で強度を推定するものです。
 たまたま私自身が打撃したため異音に気が付きました。
 
 
 これがなかったら見落としていたでしょう。

 
 
 ◆対策
 
 あとで確認ができなくなるアンカーボルトは数も多く、
 チェックは2重3重に行なうべきです。
 
 監督へ指示したり、図面をもらい自分でチェックする事も
 良いでしょう。
 
 もし、入忘れなどの不備が出てしまったら・・・
 
 ケミカルアンカー(接着系)を専門職の施工で打つことが
 適正な是正方法です。
 
 監督や基礎屋の施工は強度が十分でないことがありますので
 注意してください。
 
 

欠陥住宅事例39

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『防水テープ施工の不手際』を紹介します。
 
 
■今回の事例_____________________
 
 ・防水のためのテープを窓廻りに貼っても
   上から押さえないために密着せず機能を果たさない。
  
  _________________________
 
 39

 
 
 写真は少しわかりにくいかもしれませんが、
 建物の外装仕上げ材の下は防水紙という防水と透湿の機能を
 持った紙を貼ります。
 
 
 外装材はジョイント部や目地、コーキング部などから
 雨が入る可能性があり、防水紙は防水の最後の砦として
 非常に重要な役割です。
 
 
 ただ、防水紙も窓や配管部分は切れてしまうため
 その箇所の廻りには防水テープを貼らないとダメです。

 写真のようにテープ自体を抑えないと密着しないため
 隙間が出来て意味がありません。
 
 
 職人の手で防水紙とテープを押さえない限り、
 そのまま仕上がり一生密着しないままです。
 
 
 窓廻りは雨漏りしやすい箇所の1つです。
 ちょっとの事で被害が大きくなるため
 検査でも特に注意する箇所の1つです。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 外装職人のだけの確認でなく
 監督や第三者のチェックが必要。

欠陥住宅事例38

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『コンクリートの空洞・・ジャンカ』を紹介します。
 
 
■今回の事例_____________________
 
 ・コンクリートが行き渡らなかったために出来た
  大きな空洞があり鉄筋が見える
  
  _________________________
 
 38

 
 写真は鉄筋コンクリート造の梁下の部分です。
 
 
 このような「ジャンカ」はどうして起きるのか?
 
 
 コンクリートは型枠で組まれた内部にコンクリートを上から
 流し込みますが、この型枠内には複雑に鉄筋が入っていて
 コンクリートの流れを邪魔します。
 
 もちろん流し込む際は振動などかけますが、それが至らない
 箇所では今回のような「ジャンカ」が発生するんです。
 
 流れを良くするために現場で水を混ぜる「シャブコン」が
 問題になりますがコンクリートが柔らかくなればジャンカも
 当然減りますし、振動をかける手間も省けるため、職人が
 故意に行う行為です。
 
 
 最近は耐震性を重視し鉄筋量も増え、また、電気配線なども
 非常に多くなりコンクリートが通る隙間も少ないのが現状です。
 
 よりジャンカが起こりやすい状態がどこの現場でも増える
 傾向です。
 
 
 ジャンカが出てしまったら?
 
 
 結果として、表面に出たジャンカは注入などで補修できますが
 内部の見えない箇所に出たものは気づく事さえなく
 そのままになってしまうでしょう。
 
 
 表面にジャンカが多い場合は内部も疑った方が良いでしょう
 ただし、自分で証明するにはこの手の調査は非常に金額が
 かかりますし、相手が補修しか応じない場合は、解決は
 難しいでしょう。
 
 
 
 ◆対策
 
 型枠と鉄筋の離れ、いわゆる「かぶり」や鉄筋同士の空き
 を十分取ることは当然ですが、
 
 「コンクリートをきちんと打たせること」  です。
 職人の気使いによってジャンカの発生は変わるでしょう。
 
 ジャンカが出たら、壊してやり直しだと最初に約束しておけば
 ものすごく注意してコンクリートを打つでしょう。
 
 打設前の計画、打設時の注意が重要です。
 
 
 
===========================
■(2)編集後記 
    (時々掲載します、メルマガでは毎号読めます
     メルマガはHPのトップから登録できます)

 
 今日、現場で職人さんからいい意見を頂きました。
 
 
 
 数年前から業者が依頼する保証検査が急激に増え、また
 私のような施主側の検査会社も多くなったけど
 
 「欠陥住宅  いや・・それを生み出す職人は減ってないよ
  あんたらの仕事はなくならないよ」
 
 
 「業者から依頼する検査は、後戻りできない指摘は建築業者の
 顔色を伺いたいていは蓋をしてしまうし、
 
 大半の職人は検査で指摘を受けた時だけは是正し納得するけど
 すぐに楽を考えるから後戻りするよ。」
 
 「そのあたり、あんたら十分考えな」と言われてしまいました。
 
 
 厳しい意見ですが
 私で出来る事があるはずです、考えてみようと思いました。
 
 
 このような意見が聞けるのも現場へ出るからで
 毎日いろいろ勉強させられていると思いました。
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る