ブログ

事例127(金物ビス外れ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 パソコンが1台壊れ、
 それを気にしながらメルマガ書いています。
 
 
■(1)今回の事例________________
 
 ・「構造金物ビスの不備」
 ________________________
 
 177

 
 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 柱の端部を固定する金物。
 ビスが一本、柱のボルトが入る空洞部
 に打たれ効いていない。

 
 ◆内容説明
 
 細かなことは先回(126発)と同じです。
 
 構造金物は数社が発売していまして
 形はいろいろです。
 今回のように1種類の金物で取り付けに不備が
 出る場合、違う形のものを使えば問題回避できます。
 
 しかし、ほとんどの現場では
 「ないもの」を取り寄せてまでは付けません。
 
 ~あるもので済ますのが簡単だからです。
 
 
 ◆対策
 
 この例も確認申請の中間検査では
 指摘されないでしょう。
 
 「ビス1本くらい大丈夫」という
 考えがこの業界では当たり前かもしれません。
 
 施主側の気持ちになれば
 ビス1本でも重要です。
 
 検査することも大事ですが
 ミスの出にくい金物選定が大事です。
 
 
 経験からでしょうか
 数多く建てている業者ほど金物選定は上手です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影