ブログ

事例1161 「壁内のカビ」

今週は3日間、遠方への出張を組んでいるため、
名古屋にいるときは、スケジュールがぎっしり。

休みも余裕時間もありません。

 

■(1)今回の事例______________

「壁内のカビ」
_______________________

◆写真解説

壁内のカビ。スイッチが結露するという異常を感じ、検査を依頼。
壁を開けたところ、内部は柱までカビだらけだった。

 

◆内容説明

今年多かった依頼はカビ調査。
被害現場を数多く見させてもらい、たくさんのデータが取れています。
また、夏型結露に関する裁判所の判断が来年あたり出る事件もあり、
たくさんの事例に関わっています。

窓の結露はふき取りできますが、壁内に発生するカビは、処理できない。
問題になることが圧倒的に多いのは、夏場に起きる結露。

今回紹介した例の原因は、施工不良により湿った空気が壁内に滞留。
エアコンの冷えた空気で結露を起こし、その水分にカビが発生した。

ハウスメーカーは補修に応じるか、まだ回答は出ていません。

 

◆対策

海水温上昇の影響からか、夏場の湿度が高くなっている。
今年のような気候が続けば、結露、カビの被害は多発する。

壁にカビが生えたなどの症状があれば、早めに点検する。

 

==============================

■(2)編集後記

来年の民法改正に向け、施工業者は施工要領書(マニュアル)などを
整え始めています。

悪い事ではありませんが、内容が多すぎるため、職人が覚えきれず、
間違った施工が行われてしまうこともあります。

大手は古くから施工マニュアルがあります。
新築検査でおかしいな箇所について指摘をすると、監督はマニュアル通りですと答える。
マニュアルを見せてとお願いし、照合すると施工が間違っていたりします。

第三者の立ち場で検査に入ると、事前にマニュアルの開示はしてもらえないことが多い。
疑問に思ったことは、これからもどんどん質問していこうと思います。

 

 

初雪

一昨日は広島、本日は富山で検査。
移動は東海北陸道を利用。この道路は標高差1000M超あるため、
紅葉と吹雪舞う冬の景色の両方を見ることができました。

今日の北陸は寒かったです。昼間でも気温6℃くらい。
現場の防寒着を今シーズン初めて着ました。
厚着のまま名古屋へ戻り、弁護士事務所へ打ち合わせのため直行。
名古屋の街中の人たちは、まだ秋の服の人がほとんど。
真冬の服装に違和感を感じました。

 

キッチン修理

自宅キッチンのガス台下の引き出しの扉が故障。
故障の内容は、前板とレールの固定具が割れて外れた。

メーカーのHPから修理依頼。
製造番号と全体、故障状況の写真、計5枚
メールに添付して送った。

取り付け構造が分からないので、出張修理かと思っていたら、
分かりやすい部品交換の図を提供していただき、自分でできるなら
修理してくださいとの回答でした。
ちなみに出張修理をしてもらうと部品代以外に16,000円。

簡単そうなので、部品だけをメーカーのサイトで購入しました。

修理問い合わせは今回が初めて。メールでのやりとりも分かりやすく、
部品もリンクしていただいたので迷わず購入できました。

メーカーは、トーヨーキッチン。

 

 

「新築」という呪縛

雑誌Wedgeの『「新築」という呪縛』に目が留まりました。

マンションでは中古の人気が高まっていますが、
戸建ては、圧倒的に新築の人気が強い。

戸建て中古で割安感があるのは、築年数が古いものばかり。
耐震性や省エネ性は今より著しく劣る。
リノベーションという方法もあるけど、建て替えたほうが安くなることもある。
また現在、分譲住宅は供給過多。値打ちに買える可能性が高い。

今後、2000年代に建てられた家の流通が増えると、
戸建ても中古のシェアが上向くと予想します。

新築戸建ての仕事が減ってく中で、メーカーは売り上げを伸ばすため
営業範囲を広げている。
愛知県に進出するメーカーは増えてますし、
愛知県の大手が県外へ新たに出るケースもある。

今まで以上に新築戸建ては、競争が激化しそうです。

事例1160 「防水紙位置の不備」

今週から年末にかけて、出張が多くなります。

週末は、ほぼ予定を埋めていて、
分譲の完成検査で週末を希望されると、対応が難しいと思います。

欠陥住宅検査も今からの申し込みは、検査が来年になります。
新規対応可能は新築検査だけです。

 

■(1)今回の事例______________

「防水紙位置の不備」
_______________________

◆写真解説

サイディングのすぐ裏に防水紙がある。
本来は通気層の躯体側に施工するもの。雨漏りしやすくなる。

 

◆内容説明

施主さんが工事中に疑問に思うが、そのまま完成。
完成後の瑕疵検査で器具を外して、防水紙の位置を確認。

サイディング+通気工法が一般的になったのは20年ほど前。
今では、施工方法を知らない人はいないはず。
何らかの思い込みで間違って施工した。

本来は、柱又は構造用合板(面材)に防水紙を施工。
通気胴縁をその上から施工する。

 

◆対策

外壁を張る前に、下地防水をチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

寒くなったと思えば、昨日今日は暖かく、体調を崩しそうです。
この週末も現場予定を埋めていました。

1年を通じ、スケジュールがパンパンで、
年齢的にも仕事のペースを落とそうかと思うことが良くあります。

そんな時に、自分より年上の方たちが元気に動いているのを見てしまいます。
先週も移動先で出会った10歳以上年上の方たちの元気さに刺激を受けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運気を磨く

より完璧を目指し、行動する施主さんの現場と
大半をお任せして工事途中に興味がない施主さんの現場。
現場でミスや不運が起きる確率が高いのは、前者。

細かくカウントはしていませんが、この業界に入ってから
その考えは変わりません。

なぜそうなるか、深く考えたことはありませんが、
この本に答えがあるのではないと思い、買ってみました。

「運気を磨く 田坂広志著 光文社新書」
科学研究者としての立場から運気について書いた本。

参考になることがいろいろ書かれてる中で、現場に当てはめて例を作ると

・職人にミスを犯さないよう注意したのに、緊張から思わぬミスが発生。
・工事中、躯体が濡れなければよいと強く思っていたら、
台風が直撃してずぶ濡れになった。

失敗を避けようと強く念じていたら、成功ではなく失敗を引き寄せた。
家つくり以外でも、経験があると思います。

すでに家を買ってしまった方も、人生の運気を高めるヒントが
見つかるかもしれません。

 

同じ会社とは思えない

今現在、成長中で勢いのある住宅メーカー。
昨年は施工不良の問題、トラブルが多発。
私に検査依頼した方、3名のうち2名が契約解除した。

今年に入り、急激に品質が上がっている。
昨日検査した基礎の現場は、かなり品質のレベルが高かった。
良い職人をたくさん確保しているようです。

この傾向は、今まで何社か見ています。
会社が安定してくると、良い職人が集まる。
職人は、支払いが良い、仕事量が安定している会社を選びます。

この会社、株価も好調。
昨年まで、品質は、レオパレス以下だとみていましたが、
名古屋地区では、急激に品質が改善されています。

 

書類作成

昼間は2件の新築検査。

書類がかなり溜まっていまして、新たに始まる裁判の書類と
大手メーカーへの修理要求の書類を検査の前後で、集中してまとめました。

19時くらいから手の動きが鈍くなり、タイピングミスが多発。

音声入力も以前、試してみましたが、
精度を考えると、打ち込んだ方が早いです。

これ以上の書類作成はやめて、今日は、手を使わないことをやろうと思います。

 

 

事例1159 「気流止め未施工 1階壁下」

早朝から北陸へ車で移動。
良い天気でしたが、北陸道はそこらじゅうで工事。
秋は高速道路の工事が多いので、快適なドライブとはなりません。

夕方、名古屋に戻ってから用事が2件。

今の時間でようやく、落ち着くことができました。

 

■(1)今回の事例______________

「気流止め未施工 1階壁下」
_______________________

◆写真解説

1階壁下、気流止め未施工。
壁下が開放されていて、床下の空気が壁内へ入る。
省エネ性能低下の原因になる。

 

◆内容説明

10年ほど前から、土台に24mmなどの合板を直接敷く施工が一般的になり、
1階床の隙間は大幅に少なくなった。

写真は最近の現場ですが、根太を使う工法。
壁の下に空間ができやすい。

ここが解放されていると、床下の空気がコンセントやスイッチ、
1階天井を通じて、室内に入ってくる。

本来は、気流止めという部材を壁下へ施工し、床下の空気を遮断する。
(基礎断熱の場合は、床下に外気が入らないため、壁下の気流止めは不要)

 

◆対策

住宅の図面では、気流止めを指示しないことが多い。
施工の有無を確認しておくことが重要。

 

==============================

■(2)編集後記

昨日、役所を訴えている内容を記載しました。

確認申請の検査で見落としがあっても
役所へ責任を取ってもらうことは、かなり難しいというか、
無理だと言った方がよい。

紹介した事件は、細かく検査しないとしても、
瑕疵がひどく、数も多いので、現場内に入れば、気づかないはずがないレベル。

検査員が重大な瑕疵を認識したのに、指摘をしなかった可能性が高い。
検査費用は無料ではない。今後、費用が無駄だという理由で、
検査拒否する施主さんが増えてきても良いと思う。
(過去に行動を起こした方が見えます。検査済証が出ないのがデメリットです)

来年の民法改正の影響もあり、施工者が社内検査を強化する動きが強い。
国の制度で行う検査が、欠陥防止にならないことを
実際に造っている側はよく理解しています。

 

 

 

 

本日の仕事

今日も1日、外出。
午前中は裁判。昼からは現場2つ。
移動時間も長かったため、戻りが遅かったです。

裁判は、現場の確認。
杜撰な施工が数多くある現場で、今現在も危険な状態で住めていません。
追加で先週3ケ所、1階天井を開けたら、新たな瑕疵が4つも出てきた。
早く解決し、修理ができればよいと思っております。

中間検査を行った、確認検査機関、役所も訴えています。
裁判所が中間検査見落としの責任を取らせるか、注目しています。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る