ブログ

事例1223 「土台芯まで腐朽」

本日検査に伺った家。工事中に相当床を濡らしたようでしたが
床下でカビの発生などはありませんでした。

本日、湿度は高くなく、床下結露や夏型結露が出てくるのは
来週くらいからだと予想をしております。

 

■(1)今回の事例_____________

「土台の芯まで腐朽」

_______________________

◆写真解説

雨漏りによる土台の腐朽。
ハウスメーカーの対応が悪く、弊社が壁を開けて確認したところ、
全て腐朽していた。構造材の腐朽は安全性にも影響する。

 

◆内容説明

室内の壁に黒ずみが出て、壁との取り合い部の床も濡れるようになった。
ハウスメーカーに伝えるものの、特に原因を調べようとせず数年が経過。

写真は、外壁の下を開けたもの。
土台以外に耐力壁のパネルなども木材も腐朽。
壁内は大量のカビが発生していた。

雨漏りの発見が遅れた要因は、
室内側の防湿シートと合板の施工。

屋内外に施工されている合板が水や湿気を吸い、
防湿シートが室内側への湿気の移動を阻止。
異変に気付いたときには、躯体の腐朽がかなり進んでいた。

 

◆対策

工法、使用材料によっては、雨漏りの発見が遅い。
少しの異変に対しても、不具合を疑ってみる。

 

==============================

■(2)編集後記

今月から来月にかけて、新築検査の基礎配筋検査が多くなります。

着工が集中するのは、たまたまなのか
業界全体の傾向か分かりませんが、
例年より、新築検査の着手や完成のタイミングが
偏っている印象があります。

 

 

 

 

ウッドショックによる着工数減

今月初めにブログに記載しましたTVの件。
内容がほぼ決まりました。

悪徳業者を相手にするため、十分な準備が必要で、
今月末から来月初めにかけて撮影、放送になる見込みです。
詳細は放送日が決まりしたら告知します。フジテレビの報道番組です。

ウッドショックなどの影響もあり、住宅業界は
今年、仕事が減ると予想されています。
仕事が減れば、余裕ができ、品質は上がると思われがちですが、
売り上げを確保するために、無理なことを行うケースもあり
トラブルは増えます。

例えば、競合相手がいない場合に、契約金額を目一杯上げる。
過度な値引きをして、儲けを出すため、手を抜くなど。

大手ハウスメーカーでも上記の例があり、安心はできません。

重大欠陥の放置

重大な施工不備、商品不良、アフターサービスの対応の悪さが重なり
危険な状態になっている家がある。

危険な状態を放置しているハウスメーカーに対し、私が作成した書類を
施主が社長宛てに送りつけたが、数週間、何の連絡もなし。

施主から催促し、ようやく話ができたものの、
担当者は、除斥期間を確認するためか、時系列の聞き取りに徹していた。
つまり、時効を盾に逃げ切れるか考えているようだ。

この会社、昔ほどの知名度はなく、何年か前から業績は振るわない。
修繕で大きなお金を使うことも難しくなっていると思われる。

同時期に建てられた同商品は、他所でも同様の問題が起きている可能性が高い。
騒ぎが大きくならないよう、必死で隠し通しているのかもしれない。

時効で逃げ切ったとしても、最近ではSNSで情報拡散という手段があります。
そのあたりのリスクも考えた上で、最終結論を出してくると思います。

多くの紛争を見てきた経験から、成長している企業の方が、
不具合があった際にきちんと対応してくれるケースが多い。
今後も成長を続けるために、評判を落としたくないと考えるからだと思います。

住宅着工数は右肩下がりの傾向が続くため、
大半は規模縮小、廃業が多くなる傾向にあります。
現在、アフターの対応が良いのは、有名な会社では10社くらいです。

基礎配筋仕様

ベタ基礎の鉄筋量が、昔に比べると増えて、複雑になっております。
仕様規定での計画だけでなく、計算や構造検討の実施が
増えていることが要因です。

鉄筋量が増え、複雑化することは、言葉だけ聞けば、頑丈なイメージで
良いですが、トレードオフで施工性の問題などが出てきます。

具体例として、配管スリーブの納まり、鉄筋のあき不足、
多重結束等の問題が増えます。
また、基礎梁が多くなることで、床下換気の効率が悪くなり
中間部で夏場に結露の発生も増えています。

大手ハウスメーカーは、施工を容易にする改善を積極的に行っています。
職人の技量にばらつきがあるため、誰が施工しても
問題のないレベルになるよう、設計仕様を改善していくことが重要です。

事例1222 「エアコンまわりの結露」

先週はかなりスケジュールを詰めこみ、
休みなく、また、早出などしても、仕事が遅れ気味でした。

常に多少でも余裕を持たせることは重要だと考えています。
その対策としては、請ける仕事を減らさないといけません。

取り急ぎ、毎月2日間分くらいに相当する
新たな定期の仕事を請けないことにしました。

 

■(1)今回の事例_____________

「エアコンまわりの結露」

_______________________

◆写真解説

夏場に多いエアコン吹き出し口付近の結露。
天井裏が湿気て、石膏ボードが水分を含んだことが原因。

 

◆内容説明

夏場になると結露が発生、施工者が毎年対策を実施したが
3シーズン経過しても結露が止まらず、検査依頼を受けました。

室内側にカビが出ると、石膏ボード裏はその何倍ものカビが
発生している。

程度がひどくなると、カビ臭くなり、健康被害につながる。

 

◆対策

天井裏が湿気るのは、湿気た外気を取り込むため。
気密性を高め、漏気を少なくする。

 

==============================

■(2)編集後記

今年は特に高速道路の工事が多い気がします。

今週から普段より渋滞する一宮IC付近で集中工事が始まりました。
今日、早めに出たものの、渋滞は予想以上。
工事箇所を見ると本当に必要な工事なのか疑問を抱きました。

高速道路の工事における、お金の流れについて
関係者から話を聞いたことがあります。

その内容を知ると、誰かの金儲けのために
工事を推進している印象を持ってしまいます。

 

そろそろ、TVの仕事再開・・

ここ1年ほど、新型コロナの影響により、TVの仕事は自粛していました。
今年3月にそろそろ再開しましょうかと、定期で出演している番組の
ディレクターさんから連絡を頂きましたが、検査業務に追われ、
先延ばしにしていました。

今週初め、別のTV局から声がかかりました。
少しだけ電話で打ち合わせして、承認待ちでしたが、
本日、OKが出たと連絡を頂きました。

撮影対象現場は、豊富にありますが、今回は4件を候補に出しました。

大手が2社、地元で被害者続出の悪徳地元工務店、
杜撰なリフォーム会社の計4件。

どれもひどい内容なだけに、
放送が実現するよう、進めていきたいと思います。

謎が解けた

設計や施工者の方で不具合の原因を解明できないケースの依頼が多いです。
この週末に行った現場は、事前の簡易的な下見、図面チェックをしても
はっきりした原因が分からず、現場調査をすることになりました。

比較的大規模の現場で、見る箇所が多く、ヘトヘトになりましたが、
何とか不具合の原因をつかみました。
あとは机上で検証、計算をして因果関係を結んでいきます。

その前も別の現場で、検査会社を何回か入れるなど、いろいろ手を
尽くしても原因が分からないという内容の依頼を受け、現場へ行きました。
検査で使用する機材の種類は同じでしたが、30分で原因を解明しました。

特別な方法、ノウハウがあるわけではありません。
目を付けるポイントが的確なだけだと思います。
ほぼ休みなくスケジュールを埋め、それを20年近く
やっていれば、自然に身に付くものだと思います。

普段から難しい内容の依頼が多いため、分からなかったらどうしようという
緊張や不安はないです。不具合がある以上、必ず原因はある。
絶対に原因を見つけてやるという思いで毎回現場へ行きます。


事例1221 「エコキュートの基礎の厚さ不足」

私が建築関係者であるためか、
ある大手企業が運営する「業者選び方講座」の広告が
数日前から良く表示されます。

素人の方には、参考になる話も多いと思いますが、
なぜ無料なのか、開催の目的は何かを考えれば、
丸投げは危険であり、利用の仕方も変わってくると思います。

 

■(1)今回の事例_____________

「エコキュートの基礎の厚さ不足」
_______________________

◆写真解説

エコキュートの基礎。
厚さ150mm以上必要なところ、100mmしかない。
満水時の重さに耐えられない恐れあり。

 

◆内容説明

メーカーの施工マニュアルでは最低厚さ150mm。
施工マニュアルを見ずに施工したことが原因だと思われる。

建物本体でないため、軽視されやすい部分。
ただし、満水時は相当な重さがあり、転倒すれば危険。

重量物を支え、アンカーを打ちこむ基礎は重要な部分。
アンカーボルトの種類などは、告示に記載がある。

 

◆対策

完成してから指摘をすると、修理が大掛かりになる。
図面に基礎の厚さを記載する。施工前に指示を出す。

 

==============================

■(2)編集後記

先週、雨漏り検査に行った現場。
雨漏りが発覚したのは、築5年経過してから。

壁を開けると、柱脚が全て腐朽していました。

発見を遅らせた原因が「ウレタン吹付の断熱材」
雨水を溜め込み、内装などへ不具合が出るのを遅らせる。
また、木部へ水分を供給し続けるため、腐朽を促進させる。

ウレタン吹付以外に、別張り気密シート施工も
雨漏りの発見を遅らせるケースがあります。

省エネ化が進む中で、いかに雨漏りさせない、
早期に雨漏りを発見するかが重要になってきます。

 

 

 

無料相談所と勘違いされている

5月は例年、やや忙しさが落ち着く月のはずですが
今年はほぼ毎日、スケジュールが一杯でした。
紛争がらみの仕事が増えているためだと分析しています。


「建築の基準について、教えて欲しいことがあるので電話をください」
という電話がたまに事務所にかかってきます。
その他、紛争のアドバイスを無料で求める電話も時々あります。

これらに対応していると、他の業務に支障をきたしますし、
普段から多すぎる労働時間がさらに長くなります。

見ず知らずの人にわざわざ時間を割き、
無料で教えるようなことはしておりません。
無料で聞きたい場合は、役所などに問い合わせて下さい。

事例1220 「不同沈下」

普段、新幹線での移動中は、建築雑誌や本を読む時間にあてます。

今日は3時間と長時間移動、未読の雑誌はなく、
書類を作成してました。

 

■(1)今回の事例_____________

「不同沈下」
_______________________

◆写真解説

2階階段ホールの傾斜が8/1000。
歩くだけで傾斜を感じるレベル。不同沈下が原因。

 

◆内容説明

昨年末あたりから計3件の不同沈下した家を見ております。
原因は、どれも地盤調査のミスによる。

スクリューウエイト貫入試験(旧スウェーデン式サウンディング試験)
において、自動測定したデータだけで判断し、敷地の特殊な状態を
見逃しているケースが多い。

この家も地盤調査の結果は、かなり固い地盤という判断。にも関わらず、
基礎のコンクリートを打設した時から、その重みで不同沈下し始めた。
大きな荷重がかかるごとに傾斜の度合いが進行したと思われ、
おそらく現場監督は気づいていたが、沈下の事実を隠し、引き渡しをした。

施工者の過失は明らかであるが、保証基準よりわずかに傾斜角が少ないとして
修理を拒否している。

 

◆対策

施主完成検査の時、スリッパを履かずに歩く。
靴下だけで注意して歩けば、6/1000を超えるような傾斜は違和感を感じる。
(ビー玉を転がすのも有効。ただし、問題ない傾斜のレベルでも転がるケースがある)

 

==============================

■(2)編集後記

今週、ある大手分譲住宅メーカーの構造検査を行った。
感心したのは、細部までよく考えて、商品開発をしている。

量産している分、職人も数多く入るため
ミスが起きにくいような工夫が多い。

誰が施工してもミスが起きにくいものにすれば
施工不良の確率は大幅に下げられます。

それに加え、職人教育、検査を充実させれば完璧です。

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る