ブログ

不思議体験

この週末にお会いした方が、私の顔を見ただけで
先月、今月の私しか知らないことを言い当てました。

お会いしたのは2度目。
先回は約1年前で、当然、私のことなど気に留めておりません。

その他に家の図面を見ただけで
その家に住む夫婦のことも言い当てました。

スピリチュアルな事を信じる方ではありませんが、
この週末は、このことが頭から離れませんでした。

1週間ほど前も、別の人からこんな話を聞きました。
スピリチュアルな能力のある友人が、図面上に家の不具合箇所を記した。

疑いたくなる話ですが、複数の方が見ています。
本当の話なら、一緒に組みたいですね。

 

 

 

 

 

事例1188 「土台水切り裏に雨がまわる」

昨日、3階建ての現場で3時間ほど検査。

マスクを着用して、階段を何度か上り下りしていたら、
酸欠気味になり、事務所に戻ってからも頭が痛かったです。

夏用のマスクでも、動く時は着用しない方が良いですね。

 

■(1)今回の事例______________

「土台水切り裏に雨がまわる」
_______________________

◆写真解説

床下に入り、基礎と土台の間から外部側を撮影。
土台水切りの裏側に雨が入っている。
本来、雨が入る箇所ではない。

 

◆内容説明

土台水切りが機能を果たしていない事例が多くあります。
メーカーに事例を突きつけても、不備を認めないため、
証拠を集めている最中。

検査で床下に入っている時、雨が強く降ってきた。
注意して床下から土台水切り裏を観察したところ、
本来、雨が入る箇所ではない裏側が、かなり濡れてきた。

この水が基礎天端へ移動し、室内に入る例が多発している。
基礎パッキンがない現場では、土台が濡れ、腐朽する。

 

◆対策

不具合の出やすい材料を選ばない。

 

 

==============================

■(2)編集後記

新型コロナウイルスの影響で、検査依頼の数は昨年より減っていますが
毎日、予定が埋まります。

自粛が解除され、裁判や話し合いが再開し、
打ち合わせや、反論意見書の作成依頼が増えているためです。

来月に入ると、夏型結露と雨漏り調査依頼が増えてくると思います。

 

SNSとの関わり

最近はフェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどへの投稿を
行っておりません。閲覧は移動中等の隙間時間に見るくらいで、
閲覧の目的は主に情報取集です。業界のニュースなどを拾ってます。

理由は、業務などで時間的な余裕がないためですが、
ある本の記述を読んで、今の状態で良いと思いました。

↓↓
被験者(二〇〇〇人以上を対象)になにがしかの報酬を払って
フェイスブックへのアクセスを1カ月間遮断してもらう実験を実施。
結果は、幅広い幸福度・生活満足度に関する項目で、本人が申告する評価
が上昇した。(中略)実験後にフェイスブックを再開した人たちの多くは、
閲覧の頻度が実験前より大幅に下がり、数週間後になってもフェイスブック
で費やす時間は以前の23%減にとどまった。『絶望を希望に変える経済学』

SNSから貴重な情報を拾うこともあります。
また、情報拡散手段としては有効であるため、完全遮断するつもりもありません。
今後も自分のペースで利用していこうと思います。

 

事例1187 「かぶり不足」

先週後半は、スケジュールを詰め込み過ぎて
ブログ更新ができませんでした。

サポートしている裁判が一気に動き
打ち合わせなどに時間を割きました。

 

■(1)今回の事例______________

「かぶり不足」
_______________________

◆写真解説

基礎立ち上がり、鉄筋のかぶり不足
(写真内の線が鉄筋。数字が表面から鉄筋までの距離)。
非破壊試験で鉄筋の位置を確認。

 

◆内容説明

布基礎立ち上がり部の鉄筋かぶり。
あばら筋(縦筋)の位置と表面からの距離(かぶり)を
非破壊試験械で計測。

布基礎の土に接する箇所は、施行令の規定で40mm以上、
接しない箇所においても30mm以上のかぶりが必要。
土に接していない上部を計測しているが、
通常、鉄筋は真っすぐ。地中部もかぶりが不足している可能性が高い。

非破壊の誤差を言ってくる業者が多いが、
機械の特性としてプラス側の誤差が出るケースがほとんど。
実際は、測定結果より不足している可能性が高い。

 

◆対策

生コン打設前にかぶりを確認する。

 

 

==============================

■(2)編集後記

ある名古屋の建築業者。
おしゃれできちんとした感じを広告などで出していますが、
社員はだらしのない人が多い。

欠陥検査に私が入った際、支払いがその業者からだったため、
遠回しに検査を甘くして欲しいと言ってきた。

もちろん聞く耳持たずで、全力で指摘を出したら、
それまで下手に出てた態度が急変した。
あとで調べると、数年前に関連会社相手の裁判サポートをしていた。

多くの業者を見てきて、だらしのない業者はトラブルも多く、
同じトラブルを繰り返す。
だらしなさは、数回のやり取りで分かります。

だらしない業者に対しては、お客さんから評判を聞かれれば、
その業者はやめた方がいいと教えます。

 

 

 

 

品質低下

欠陥住宅の書類をまとめて印刷しようとしていたところ
レーザープリンターの調子が急に悪くなりました。

プリンターは故障に備え、昔から2台体制。もう1台で印刷しました。

 

マンションの欠陥検査の下見に行きました。
そこで感じたことは、現場監督の質の低下。

現場監督がしっかりしていれば、紛争にならなかった。
(職人の腕も悪いが、現場監督がダメ出ししない)

現場監督は人手不足。新たにやりたい人もいない。
出来の良い人が残ればよいが、現場で話を聞くと、そうではないようです。

現場監督という仕事もAIに仕事を奪われる職種と言われております。
AIがどのように現場を仕切るのか、興味があります。

 

長持ちの秘訣

鉄骨系のあるメーカーは、木造住宅は30年で建て替えが必要。
また、途中のメンテナンス費もかなりかかるため、トータルで見ると、
購入価格は高くても、当社は得だという説明をしているようです。

「木造住宅は30年で建て替え」

これを聞くと、木造住宅を造っている会社は怒るでしょう。
ただ、嘘でもなく、今までは、大半がそのとおりでしたし、
軽量鉄骨でも同じでした。

今後、全体的に家の寿命は延びていくと予想します。
ただし、メンテンナンスを怠る家は、短寿命のままであり、
2極化していくでしょう。

いくらメンテナンスフリーと言えども、30年も経てば
設備機器などもかなり傷みますし、その他、調子が悪い箇所、
劣化する箇所もできています。

家を長持ちさせたければ、何もしないのではなく、
早めの手入れをしていくことが、重要です。

 

 

打合せ時のコロナ対策

今年春からリモート相談がメインでしたが、
従来どおり、対面も再開しております。

感染症対策として
・大型のアクリル板設置

・マスク着用
・エアコンを入れていても窓を開ける
・消毒の徹底など

面談のご予約は、メールでお問い合わせください。
昼間は現場へ出ていることが多いため、夕方以降、予約が取りやすいです。
土日も出張などがなければ、対応可能です。

事例1186 「天井断熱欠損」

毎年、梅雨の前半は雨が少ない印象ですが、
今年は雨量が多い予報です。今日もかなり降りました。

昨日くらいから、猛烈に蒸し暑さを感じてます。
その中でマスク着用はつらいです。

 

■(1)今回の事例______________

「天井周囲の熱」
_______________________

◆写真解説

最上階天井の外壁際、天井裏の熱が伝わっている。
壁と天井との取り合い部、断熱材に隙間ができる納まりになっている。

 

◆内容説明

天井際の温度差、5月で4度。真夏、真冬はさらに温度差が出る。
全体の天井面積からすれば、欠損部分は約3%ほど。
40坪総2階の家であれば、畳1枚分くらいで、
大きな天窓が付いているようなもの。

これを許容範囲とするかどうかは、家に求める省エネ性能によって違います。

少し、施工の納まりを改善するすれば、無くすことができる内容。

 

◆対策

家の省エネ化が進む中、各社で省エネ性能に関する考え方はいろいろ。
どのレベルの性能を求め、実際にその性能であるのか判断する。

 

 

==============================

■(2)編集後記

今年の住宅着工数の予想が出てました。
前年度約20%減。元の数字に戻るのは2年後。

一律平均して20%減が2年間であれば、多くの会社は持ちこたえられます。
だが、このような状況の中で、業績を伸ばすところもあるので、
20%以上減らす会社も出てくると思います。

第2波が来ないことを願います。

仕上げ不良多発

最近、プレハブメーカーの仕上げ不良現場が多いです。

プレハブと言えども、価格的には住宅では高級ランク。
高いお金を払って品質が悪ければ、トラブルが多くなるはずです。

なぜ、仕上げが下手で雑なのか。
一部の腕が悪く、意識が低い職人を、厳しく指導していないからだと
思います。協力業者として抱え込み、持ちつ持たれつの関係になって
いるのかも知れません。

ローコストメーカーなどは、職人との関係がドライな会社が比較的多い。
条件の良い会社で働くには、腕が良くないと駄目なことを理解しているため、
現場で話をすると、向上心のある職人が多いです。

それと反対にプレハブメーカーの職人に、現場で理由なく威嚇される確率が高い。
第三者として検査に入る性能評価機関も、ハウスメーカーが出資し、検査員はOB
だったりするため、私のような「よそ者」に何か言われることを恐れているようです。

大手メーカーは現場の失敗をきちんとフィードバックする体制ができているはず。
今年後半くらいから、仕上げ不良の揉め事が、減ってくるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

約定性能違反

民法改正で「瑕疵」を「契約不適合」と呼ぶようになった。

文字だけ見ると大きく変わりましたが、
基本的な中身が変わったわけではありません。

最近よくあるのは、契約内容の食い違い。
まさに「契約不適合」。
中でも耐震や省エネに関する事が多い。

営業担当者が専門家ではないため、建て主の要望を誤って理解。
設計に伝わった時、要望と食い違っている。

家の性能に関することは、具体的に伝えることが重要です。
数字で表せることができるものは数字を伝えましょう。
例) 耐震等級3、C値(相当隙間面積)1以下など。

また耐震等級は、よく確認をしないと、
「耐震等級3相当」と表示し計算していないケースもあります。

構造や省エネなど、家の仕様に関することは、
あとあと修正が難しいため、計画の段階で要望が間違いなく
伝わっているか確認することが重要です。

住宅の性能を解説しているユーチューブチャンネルが増えてます。
建て主が簡単に知識を得られるため、商品が古いハウスメーカーや
性能の低い家を提供している工務店にとっては脅威になると思います。

 

 

 

 

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る