ブログ

事例1184  「ホールダウンボルトの埋込み不足」

事務所前の名鉄高架工事を見て、最近思ったことは、
コンクリートの打っ放しがきれい。

住宅の現場では、床下面は見えなくなる。
外周部は仕上げるため、表面のきれいさに気を使わない現場がほとんど。

少しの手間できれいになりますが、
最近は最少人数でコンクリートを打設している現場が多いため、
仕上げに関することに、手間をかけられないようです。

 

■(1)今回の事例______________

「ホールダウンボルトの埋込み不足」
_______________________

◆写真解説

柱の引抜きを防止するホールダウンボルト、基礎への埋込み不足。
約50mm。

 

◆内容説明

柱に大きな引抜き力がかかるのは、大地震時。
または、かなり猛烈な強風時。

設計の段階で、柱の引抜き力を算定し、
必要な箇所にホールダウンボルトを入れている。

アンカーボルト類は、太さ、埋込み長さの数値が大きいほど
引き抜きに対する強度が高くなる。

埋込み長さが不足をすると、所定の耐力が確保できない。

法改正があった当初(今から20年前)に比べ、最近は、金物の種類が増え、
埋込み長さもいろいろ。
金物をよく理解していないと、間違っているかどうかの判断も付きにくい。

 

◆対策

使用材料をあらかじめ理解し、施工時に埋込み深さを確認する。

 

 

==============================

■(2)編集後記

大手ハウスメーカーの営業の方が、展示場にお客さんが来ないと
言われておりました。

家の計画がある方においても
第2波の懸念もありますし、経済状況も気になると思います。

こういった状況が続けば、新築着工棟数はかなり落ち込むと予想します。
今現在着手している現場は、新型コロナ流行前に契約した方がほとんど。

夏ころには目に見えて着工が減ってくるかもしれません。

 

不動産情報収集

最近では、家を買う前に相談に来られる方も増えているため、
情報収集の意味で、今月に入り、多くの不動産情報に目を通していました。

調べだすと面白く、アドバイスに役立ちそうな有益な情報を得たり、
時代の変化を知ることができました。

ネット上では、VRで室内が見れたり、
グーグルストリートビューで外観が見れるなど
物件によっては現場へ行かなくても状態を知ることができます。

ただし、グーグルストリートビューは、写真データが古かったりするので、
最終的に購入検討する方は、現地を見ないで買うことは危険です。

ここ数ケ月は、新型コロナの影響による不動産への影響を、
情報収集していきたいと思います。

 

 

 

 

 

ビデオ面談

昨日は久しぶりに新幹線を利用。
ホームにある売店まで閉まっているとは思っていませんでした。

緊急事態宣言が解除されましたが、
もうしばらく車移動をメインといたいます。

今まで電話相談は行っていましたが、リモートでのビデオ面談も開始いたします。
通信手段はたくさんあります。どれかに固定せずいくつか対応していく予定です。
(近くホームページの相談メニューを改訂します)

現場の検査も将来的にリモートできる部分は対応しようと思います。
欠陥検査や新築の一部は無理としても、内容によっては可能になると思います。

 

 

ユーチューブチャンネル登録

余裕時間があまりなく、ユーチューブはほとんど見ていません。
現在、登録しているチャンネルは4つだけ。

そのうちの一つは、松尾設計室 松尾和也さんのユーチューブ。
住宅業界の方や住宅に興味がある方は、すでにご存じの方も多いと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=wxE8c6zi8Mw

松尾さんの存在を知ったのは、何年か前の日経ホームビルダーでの連載。
非常に参考になるため、毎回楽しみにしてました。
その後、著書なども拝読させていただいております。

※拙著「ホントは防げる欠陥住宅」は、松尾さんの著書「ホントは安いエコハウス」
が非常に売れたことを受け、題名に「ホント」が入りました。(同じ出版社)

登録者数の増え方(約1ケ月で1.5万人)を見ますと、
現在、住宅業界において省エネが注目されていることが分かります。

このユーチューブの影響で多くの工務店、建て主が影響され、
今後、住宅の省エネ化がさらに加速すると予想します。

それに伴い、見よう見まねで設計施工し、説明を受けたほど省エネではない、
カビが出るなどの不具合が出る家も増えるでしょう。

最近でも、省エネ性能、カビ等に関する紛争は増加傾向にあります。

 

 

 

事例1183 「塗装仕上げ不備」

先月くらいから書く仕事が多く、
集中力の維持がやや落ちております。

パソコンに向かい、文字を打つより、
現場で検査をしていたほうが好きです。

 

■(1)今回の事例______________

「塗装仕上げ不備」
_______________________

◆写真解説

室内のリフォーム。塗装工事全般において、仕上げが汚い。

 

◆内容説明

下地処理をきちんと行わず、色を付けただけの施工。
養生も悪く、全体的に仕上がりが悪い。

塗装や左官工事は、腕の上手、下手が分かりやすい。
下手な職人が入れば、仕上げが台無しになる。

基礎、大工、クロスなども同様ですが、
特にこの2つの職種は、手先の動きが仕上げに直結するため、
腕の良し悪しが出やすい。

 

◆対策

施工している最中に、仕上げ状況を見る。

 

 

==============================

■(2)編集後記

今回紹介した塗装工事。
最近の住宅においては、塗装工事がほとんどありません。

あるとしても軒裏を塗るくらい。
外壁も内装材もほとんどが工場塗装です。

同じく、左官工事も玄関のタイルくらい。
最近多い外壁タイルは、接着張りのため、
タイル、左官屋さんでなく、専門の職人だったりします。

リフォームの場合は、塗装、左官屋さんの仕事が多くなります。
既存下地の状態が悪いまま、仕上げていくと
仕上げトラブルにつながります。

 

事例1182 「屋根防水リフォーム不備」

今日の名古屋の気温は30度くらいまで上がっていると思います。

お昼くらいに屋根裏へ入り、その時点で屋根裏は35度近くありました。

 

■(1)今回の事例______________

「屋根防水リフォーム不備」
_______________________

◆写真解説

リフォームで屋根防水工事を依頼。
排水ドレンまわりの亀裂を処理しなかったため、雨漏りが直らない。

 

◆内容説明

屋根防水が劣化していたため防水改修工事を依頼。
その工事は、防水塗料を全体に薄く塗っただけのもので
既存の雨漏りの原因である亀裂などの不具合は、修理されていない。

リフォーム業者は、既存の状態に適した改修方法を提案せず、
安価で済む塗装だけを職人に指示をしたようだ。

全般的に雨が漏っていて、全面的な改修が必要な状態。
リフォーム業者が行った塗装は、無駄になる。

 

◆対策

屋根防水工事は、工法、耐用年数、保障内容を確認し、
施工内容を決める。

 

 

==============================

■(2)編集後記

中国で子供がマスクをして運動をし、命を落としているニュースを見ました。

普通のマスクは、息が荒くなると酸欠になりやすい。
大人なら頭が痛くなった時点で外せば、問題ありませんが、
子どもが先生に言えなくて頑張ってしまうと危険です。

私が検査を始めたころ、普通のマスクを着用し、床下に入っていました。
毎回、頭が痛くなりましたが、酸欠だと気づいたのは、ずいぶんあと。

今では呼吸が楽な防塵マスクを使用しています。

 

書籍販売継続

書籍「ホントは防げる欠陥住宅」。
アマゾンでの在庫切れが続いております。
(現在、アマゾンは他の本でも在庫切れ状態が多いです)
書店では専門書コーナーに置かれていることが多く
一部の大きな書店にしか置いてません。

GW前限定で、郵送料弊社負担での発送を告知しましたが、
アマゾンでの在庫切れが解消するまで、
販売受付を継続させていただきます。

1冊だけの購入でも構いません。
購入依頼は、問い合わせフォームからお願いします。https://www.ie-kensa.com/inquiry

料金は郵送料弊社負担、本代のみ 2,860円(税込)
代金受領確認をした即日又は、翌日までに発送します。
お支払いは事前のカード決済又はお振込み(三菱UFJか郵貯)でお願いします。
(カード決済はメールで決済案内を送ります。5%還元対象店舗です)

経営への影響

欠陥住宅の裁判。
私がサポートする事件のほとんどは和解により解決しておりますが、
現在、今夏くらいまでに判決が出る事件が2つあります。

建築業界の新型コロナウイルスによる、経営への影響は
時期が遅れてくると予想しております。

判決が出る頃、相手業者が計画倒産しなければよいですが。

今月末以降、さらに外出規制が続けば、打合せ~引き渡しまでの
期間が短い会社ほど、早期に影響が出てくると予想しております。

見込みのお客さんを多く抱え、引き渡しまでの期間が長い会社は
影響が少ないと思います。

 

 

 

 

 

事例1181 「エコキュート固定不備」

今日は屋外での検査2件。

屋外での仕事がメインの基礎屋さんは、普段どおり仕事している方が多いです。
最近の基礎屋さんは、一人で工事している方が多く、
大工さんなどに比べれば、現場での感染リスクは低くそうです。

 

■(1)今回の事例______________

「エコキュート固定不備」
_______________________

◆写真解説

エコキュートの脚を固定するアンカーボルト。
告示やメーカー仕様はM12のボルト使用。
現場はワンサイズ小さいM10のボルトで施工されていた。

 

◆内容説明

東日本大震災でエコキュートの転倒が多かったのを受けて
給湯器類の固定に関する告示が改正された。

告示内容をわざわざ確認しなくても、マニュアルを見れば
固定方法が明記されているが、自己流で行う職人もいます。

大きな機械の脚元で、カバーをはめられると
見えにくくなるため、気にされないことが多い。

 

◆対策

社内検査などでチェックをする。

告示の施行は7年ほど前。それ以前に設置された方は買い替え時に
現行基準で留め直しをすることをお勧めする。

 

 

==============================

■(2)編集後記

休み期間中、書類作成や原稿書きの仕事以外は、動画や映画を結構見ました。
普段、10分くらいの動画は見る気になりますが、
30分を超えるようなものは、連休中くらいにしか視聴出来ません。

動画等に時間を取られ、本を読む時間が大幅に少なかったです。

 

耐震診断のミス

少し前にリフォームのトラブルが多いことを書きました。

耐震補強の計算結果を不審に思った方から依頼あり、
本日、私の方で計算をし直すと、安全だという結果から点数が半減、
倒壊する可能性が高いになった。

でたらめな入力箇所が多数。
経験も少なく、規定を理解せずに計算していると思われる。

入力ミス防止策として
役所の耐震診断では3重にチェックが行われています。

計算方法を忘れないように、私は今でも年に数件、
役所の耐震診断を引き受けております。

現在、構造関係の計算は、パソコンを使うため、
電卓をたたくことはなく、自動で計算されます。
計算類は、正確な入力が全て。
最低でもダブルチェックが必要です。

※過去に計算結果を切り貼りでごまかしていた例があり、
建物規模によっては、入力内容だけでなく、
同じソフトによる計算で間違いがないかを確かめるケースもあります。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る