ブログ

事例1168 「建物の動きが原因のひび割れ」

先週末、東京から帰ってきた翌日から風邪の症状が出始め、
木曜日の夕方、熱が38度以上まで上がりました。
病院で薬を処方してもらい、翌朝には平熱まで下がりましたが、
薬の影響なのか、眠く、頭が重たい状態が続いていました。

マスクなしで過ごしたことを反省しています。

 

■(1)今回の事例______________

「建物の動きが原因のひび割れ」
_______________________

◆写真解説

L字型形状の建物接続部分。
それぞれが異なる動きをするため、接続部にひび割れが入りやすい。

 

◆内容説明

建物の形状がL字型の場合、一般的には、
ビルやマンションなどでは、接続部分で躯体を分離し隙間をつくる。
低層の住宅では、分離せず一体化する。

構造検討で一体となって動くように設計すれば問題はないが、
住宅の場合は、不整形の建物においても、整形の建物同様の
構造検討で終わっている。

接続部が損傷するのが確実であっても、計算基準はクリアするため、
あまり重要視されていない。

 

◆対策

L型、凸型、コの字型などの家の場合、詳細な構造検討を行う。

 

 

==============================

■(2)編集後記

広告などで「設計士」という文字をよく見かけます。
何気なく聞いていると疑問に思いませんが、どういう意味なんでしょうか。

「士」がつきますが、国家資格であるのは「建築士」で、設計士という国家資格はありません。
設計のプロを強調するなら「建築家」と名乗った方が良いのではと思います。
「建築家」は国家資格ではありませんが、「日本建築家協会」という団体があります。

結論として「設計士」は設計をする人全般のことだと思います。

 

 

 

 

遠隔検査

第5世代移動通信システム「5G」。
これを使って遠隔検査が可能になるようです。

確認申請の検査など、検査員が事務所に居ながら検査をするようになる。
確認申請の検査員は、高齢な方も見えるので
車移動や現場内を歩くことがなくなる分、負担が減るでしょう。

人手不足で社内検査員が不足している会社においても
検査員の移動がなくなる分、1日に検査できる数が増えます。

弊社の場合でも、現場へ行かずに検査可能となれば
遠方の対応もしやすいですし、仕事のやり方が全く変わってきます。
ただ、1日同じ場所に座りながら、検査をするのは苦痛かもしれません。

 

 

 

気密測定

2年ほど前から気密測定を実施する現場が年々増えています。

注文住宅でダントツに売れている一条工務店などの影響や
高気密、高断熱住宅が増えていることで、
気密測定の認知度が上がっていると思います。

本日、測定した現場のハウスメーカー。
以前から図面に「高気密」と書かれていました。
実際はスカスカで、何度か「違うでしょ」と突っ込んでいました。

本日の現場は、着手前から気密測定を予告したため
非常に丁寧で腕の良い大工さんを入れていただいた。
その結果0.5㎠/㎡を切り、図面どおり高気密の家になりました。

省エネ性能の向上は、ローコスト系の分譲を除き、
ますます進むと予想しています。

 

アンカーボルトが切れる

木造住宅のアンカーボルトのナット。
現在では、土台上にボルトを出さない納まりのため、
座金兼用のものを使う現場がほとんど。(写真)

昨年、アンカーボルトを締め付け中、ボルトが2本切れてしまった
という連絡をお客さんからいただいた。

詳しく聞いてみると、電動工具での締め付けがストップした場合、
さらに締め付けるためには手で締める。手で無理やり締めると、
ねじ山の途中で切断しやすい。

複数の大工さんに聞き取りしたところ、皆さんが経験していた。

切断したまま工事を進めた場合、レントゲンを撮らない限り
発覚することはない。隠蔽されやすく、構造上重要な接合部なので、
位置や数によっては、影響は大きい。

大工さんに原因を聞いてみた。
このナットの場合、土台の穴あけは上端からあける。
(座金の厚み分、座彫りするため)
土台に穴をあける際、垂直にあけることが難しく、多少斜めになる。
アンカーボルトも完全に垂直にはならない。
これらの要因からアンカーボルトと土台穴が接する箇所が出る。
土台との接触により、スムーズにナットが入らないが、
固定しないといけないため、強く締め付けてしまう。

大工さんの努力だけでは、どうにもならない面があるように思います。
メーカーに対し商品改良を促す予定です。

 

 

事例1167 「屋根の勾配が反対」

今シーズン、名古屋の積雪は今のところなし。

生コンの凍結を心配するような気温にならないため
今年は、凍結の注意を1回も出していません。

 

■(1)今回の事例______________

「屋根の勾配が反対」
_______________________

◆写真解説

屋根の勾配が打ち合わせと反対。
最終図面を間違って作成したのが原因。

 

◆内容説明

実施設計に移る際、屋根の向きを設計者が誤って反転。
そのまま施工された。

最終図面に確認のサインをする際、
施主は1年近く、細かく打ち合わせをしてきたこともあり、
間違いがあるはずがないと思い、よく見ずにサインしてしまった。

ハウスメーカーは、明らかな設計ミスであるにもかかわらず、
責任は最終図面の確認を怠った施主にあると主張。修理に応じない。

本来、間違いがないことを確認するのは、設計者の仕事。
屋根の向きを間違えるのは、全くチェックしていないと思われる。

 

◆対策

図面にサインや捺印を求められた場合、
持ち帰るなどして、一通りチェックをする。

 

 

==============================

■(2)編集後記

現役の不動産業者が集い、忖度のないつぶやきで話題を集める
ツイッター集団「全宅ツイ」の本を複数買って読みました。

普段から不動産に関するニュースをチェックしているので
目新しいものはありませんでしたが、不動産業界を知らない
これから不動産を買おうとしている人は、読んだ方が良いかもしれません。

私自身、3回、不動産購入の経験があります。
1回目は20代後半。完全に素人扱いされ、相手のペースでした。
2回目は30代半ば、競売の入札に参加。土地の引き渡しまでに妨害などもあり
良い経験をさせていただきました。
3回目は40代後半。相手はこちらを警戒していただいて、どちらかといえば
私のペースで取引ができました。

4回目がある時は、さらに上手く取引できると思います。
自分自身の経験を活かし、皆様にアドバイスをしていけたらと思います。

 

 

業者の態度が豹変

完成時からカビで悩まされている家。

予想以上に床下への水蒸気の流入が多く、
大修繕を行わないと改善できない見解を出した。

昨年、業者との話し合いに同席。
役員から家を買い取るような話まで出て、進展すると思っていたら
施主のところに相手の代理人になった弁護士から手紙が届いた。

今後、詳細を送ってくるようであるが、おそらく、
最小限の対応で切る抜けるつもりであろう。

今回は予見できなかった内容だと思われるが、
不具合、それも健康被害に直結するカビ被害を出し、逃げる対応は良くない。

大手、中小、零細業者でも、すぐに弁護士が出てくる事例が増えています。
その中でも、責任をきちんと取る大手、地元業者も多くあります。
依頼先は、そのような業者に頼むのが良いです。

 

 

施工業者の見極め

新築検査に入る場合、お客様へお願いし
施工業者に検査に入る許可を取ってもらいます。

10年ほど前から第三者検査が珍しくなくなり、
あとで「許可してない」など言われることも無くなり
口頭で確認してもらっています。

今週、新築検査を依頼してきた方へ、施工者の了解を取ってもらうように
お願いしたところ、施工者の社長が私と1回、話をしてから
許可するかどうか決めるとの事。
この話を聞いて、まともな業者ではないと判断。

すでに着手済で、配筋検査は明後日。
時間がない中で、おかしな駆け引きをしてくる可能性が高く、
検査の依頼をこちらからお断りしました。

検査を拒否する会社の確率は2%ほど。
過去に難色を示した後、何とか検査に入った現場では、言うことを聞かない、
途中で逃げるなどのトラブルが起きています。

現場を見せられない業者へ家造りを依頼しないことは大事。
アフターメンテナンス含め、長い付き合いになります。

検査を入れるかどうか決めてなくても、
契約前に検査を入れてよいか、打診しておくことをお勧めします。

今現在も、多くの紛争を抱えています。
年明けからすでに4件、新たな紛争処理依頼が来ております。
弊社か私の名前を出して、検査NGを出す会社は、
欠陥住宅を造り、裁判などで私が相手している業者である可能性が高いです。

事例1166 「ナット締め未施工」

来週、検査機材のいくつかを点検に出す予定。
その間、代わりの機材を使えるものもあれば、ないものもあります。

機材をフルに使い1日かかる瑕疵検査は、
今日実施した現場を、今月最後とします。
瑕疵検査以外は通常通り行います。

 

■(1)今回の事例______________

「ナット締め未施工」
_______________________

◆写真解説

梁接合ボルト、ナット締め未施工。ナットは梁の上に置いたまま、
この状態で完成。同じような箇所が計3ケ所あり。
(梁の上部からの撮影)

 

◆内容説明

接合ボルト、ナットが未施工。
構造材の接合部は、大地震時に外れないよう、金物で緊結する必要がある。

ナットがない状態は、検査で目を凝らさなくても気づくはず。

計3ケ所も同様な状態があったということは、
誰も検査をしていない証拠。

今の住宅現場において検査しないまま、工事が進むことはよくあります。
この現場も上棟後に行う、瑕疵検査、中間検査も実施されている。
これらの検査は、ナットまで確認しないことがほとんど。

社内検査が機能しないのは、人手不足が原因であることが多い。

 

◆対策

品質管理が不十分な施工者に依頼をする場合、第三者検査を入れる。

 

==============================

■(2)編集後記

ここ近年、動画の勢いが増しています。
欠陥住宅の紹介のおいても動画は分かりやすい。

ただ、TVの場合、欠陥の重要度が高くても、画として分かりにくければ
取り上げてもらえない。
一昨日、昨日放送した家は、TVで見る以上にもっと深刻な瑕疵が多いです。

自分で動画を撮れば、思い通りになります。
ただし、きちんとした完成品にするには、ある程度の知識と時間が必要です。

プロに撮影、編集を頼むこともできます。
相場は50万円~。

それを考えますと、多少、自分の思い通りでなくても
TV局に入ってもらった方がメリットが大きいです。

 

 

ゴゴスマ 本日放送

昨日、告知しましたゴゴスマの放送。
本日、14時半ころから放送されました。

今日の放送が決定したことを、今朝、連絡があり、
朝から夜まで現場、打ち合わせ予定が一杯だったため、
事前の告知が間に合いませんでした。

次は、大手ハウスメーカー2社の現場を撮影する予定で動いています。

 

ゴゴスマ

本日CBCで放送された欠陥住宅のVTR。
「ゴゴスマ」で再放送することが決まりました。
https://hicbc.com/tv/gogosmile/

ゴゴスマが放送されている地域は上記リンクをご確認ください。
関東地方や静岡などでも見ることが可能です。

放送日が決まりましたら、告知いたします。

※一部の方へ本日の放送予定が18時台と伝えましたが、
最初の方での放送でした。申し訳ございません。
ゴゴスマの再放送をご覧いただければと思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る