欠陥工事写真集

  • 1285、大雨で擁壁が崩壊。人への被害は無かったものの、下の建物が一部損傷した。現場を調べたところ、自然災害ではなく、違法造成と手抜き工事が原因であることが判明した。

  • 1284、基礎レベラーの硬化不良。チョークで文字が書けないくらい柔らかい。

  • 1283、天井に大量の水滴が付着。外壁通気層内の湿気た空気が、エアコンスリーブから室内へ流入し、天井面で結露した。

  • 1282、集成材柱の割れ。変位が少ないはずの集成材にも関わらず、完成後に太いひび割れが生じた。壁の仕上げに影響する。

  • 1281、雨漏りによる躯体(柱、土台、筋交い)の腐朽。室内側に気密シートの施工があると発覚が遅れることがある。

  • 1280、これは何の写真かわかりますか?漆喰の外壁に発生したカビです。ひび割れも全般的に発生している。

  • 1279、2×4耐力壁部の石膏ボードビス間隔。@100mmで施工する必要があるところ、@150mmで施工されている。クロスの上から磁石でビス位置を確認。

  • 1278、エコキュートアンカーボルトの径が規定より小さい。(M12を使用すべきとところM10使用)座金も小さく、脚元の緊結が不十分。

  • 1277、外壁の塗り替え工事で、契約に入っているシーリング打ち替えを省略され、ここからの雨漏りが止まらない。

  • 1276、屋上防水改修工事後の写真。ALCの目地の見え方からも明らかに塗膜が薄く、雨漏りが止まらない。

  • 1275、木造住宅、乾式タイルの外壁。雨漏りが原因で下地ボードが反って、波打っている。

  • 1274、壁内に発生した大量のカビ。前回紹介した雨漏り現場の室内側の壁合板を開けた写真。

  • 1273、雨漏りによる土台の腐朽。ハウスメーカーの対応が悪く、弊社が壁を開けて確認したところ、全て腐朽していた。構造材の腐朽は安全性にも影響する。

  • 1272、夏場に多いエアコン吹き出し口付近の結露。天井裏が湿気て、石膏ボードが水分を含んだことが原因。

  • 1271、エコキュートの基礎。厚さ150mm以上必要なところ、100mmしかない。満水時の重さに耐えられない恐れあり。

  • 1270、2階階段ホールの傾斜が8/1000。歩くだけで傾斜を感じるレベル。不同沈下が原因。

  • 1269、分電盤下の黒い汚れ。気流止めの施工が不十分なため、外気が壁内を経由して室内に入っている。量が多く、築半年程度でここまで汚れた。

  • 1268、ユニットバスの床裏に断熱材がない。長期優良住宅等、省エネ仕様の場合において、床下を基礎断熱で密閉せず、通気を取る場合は、ユニットバス床に断熱材が必要。

  • 1267、外壁の結露。石膏ボードを留め付けているタッカー部で冬場、結露が発生、クロスを変色させる。(写真はクロスをめくり石膏ボードを露出した状態)

  • 1266、普通、床下断熱材は床合板に密着するように施工する。写真は断熱材を約20mm下げて施工。合板との間に空間があり、周囲の隙間から1階床側に空気がまわりこむ。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1265、マンションの床や壁が変色。雨漏りを疑い、赤外線サーモグラフィーカメラ撮影を実施。壁下と床の一部(青色部)が濡れていた。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1264、筋交いの大きな欠損。節が取れたことで空洞ができた。構造上の欠点となる。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1263、フロアタイルの浮き。施工不良により全体の約3割のタイルが浮いている(裏側に隙間がある)。タイルや目地が割れやすい。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1262、屋根改修工事を行ったが雨漏りが発生。改修工事で既存(カラーベスト)の上に新たな金属屋根材を施工した際、ルーフィング施工を忘れたことが原因。(写真は新設屋根材を一部めくった状態。ルーフィングがない)

    »関連するブログ記事を読む

  • 1261、新築してすぐに外壁シーリングが切れた。施工不良が原因。雨漏りしやすくなる。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1260、棟瓦をめくり、棟換気の有無を確認。換気開口が施工されていなかった。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1259、土台サイズが小さく、基礎との隙間を木片を入れておさめた。床鳴りの原因になりやすい。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1258、サッシ下枠のたれ。ガラスの重みで中央部が下がった(写真は5/1000の傾斜)。建付けが悪く、網戸が外れやすくなる。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1257、1階内部の壁、構造用合板未施工。本来、合板が梁まで達するため、天井裏で合板が見える。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1256、ベタ基礎の鉄筋を探査した電磁波レーダーの画像。鉄筋(赤丸)がスラブの底(表面から150mm)の位置にあり、下のかぶりがない。縦軸が深さ。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1255、平屋天井と2階建て部の境。赤丸印部の断熱材が未施工。ここを開放すると気密が大幅に下がると共に、小屋裏の空気が2階建て部の1階天井裏へ入る。(天井断熱のケース)

    »関連するブログ記事を読む

  • 1254、ウレタン施工(断熱材)の家で雨漏りが起きると、木の腐朽がひどいケースが多い。ウレタンが雨を吸水し、壁内が乾きにくいのが原因。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1253、ユニットバスのスイッチから勢いよく風が出ている。これは床下の空気流入で、1階天井裏へ達する。冬場、風呂や室内が寒い原因となる。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1252、構造用合板の釘(L=50mm)が裏側の受け材を突きつけている。受け材の向きを付け間違えたことが原因。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1251、鉄筋コンクリート造の壁。改修工事で断熱材を撤去したところ、多数のジャンカ、コールドジョイントが出てきた。新築時、断熱材でコンクリート表面が見えず、発見できなかった。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1250、コンクリート内に土の塊が混入。擁壁の水抜き穴をコア抜きして発覚。土の大きさによっては構造的な影響が大きい。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1249、クロス表面にカビが発生。壁内をあけると木下地に大量のカビが付着していた。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1248、土台が未施工のため、アンカーボルトが丸見え。図面どおりでない施工。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1247、周囲地盤からの基礎の高さが低い(300mmほど)。フラット35や長期優良住宅の仕様は劣化対策で400mm以上必要。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1246、最上階、天井断熱材未施工。オレンジ色の部分約2平米に断熱材が敷かれていない。これ以外の箇所も未施工多数。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1245、キッチン吊り戸、底板の反り。原因は湿気。新品に交換しても再度、反りが出た。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1244、火打ち梁ボルト締め未施工。大半の箇所で同様にナットが締まっていない。本締めを忘れたたまま完成。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1243、サイディングの変形。全ての継ぎ目に反りが出て、ひび割れも多数発生。美観を著しく損ねている。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1242、キッチン換気扇、アルミダクトのつぶれ。ダクトの断面積が減り、排気効率が悪くなる。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1241、木造住宅、乾式タイル壁の落下。下地のボードが重みで下がり、目地が切れた。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1240、床下断熱材の大きな隙間。定尺の材料だけを入れ、空いた部分はそのまま。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1239、外壁タイルが斜めに貼られている。軒天が水平。完成時の検査で指摘。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1238、床下に入り、基礎と土台の間から外部側を撮影。土台水切りの裏側に雨が入っている。本来、雨が入る箇所ではない。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1237、基礎立ち上がり、鉄筋のかぶり不足(写真内の線が鉄筋。数字が表面から鉄筋までの距離)。非破壊試験で鉄筋の位置を確認。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1236、最上階天井の外壁際、天井裏の熱が伝わっている。壁と天井との取り合い部、断熱材に隙間ができる納まりになっている。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1235、耐震補強工事をした家。新設した耐力壁下の基礎がブロック。これでは耐力壁が有効に働かない。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1234、柱の引抜きを防止するホールダウンボルト、基礎への埋込み不足。約50mm。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1233、室内のリフォーム。塗装工事全般において、仕上げが汚い。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1232、リフォームで屋根防水工事を依頼。排水ドレンまわりの亀裂を処理しなかったため、雨漏りが直らない。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1231、エコキュートの脚を固定するアンカーボルト。告示やメーカー仕様はM12のボルト使用。現場はワンサイズ小さいM10のボルトで施工されていた。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1230、床置き収納、天板の傾斜(16/1000)。傾斜している壁に取り付けたことが原因。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1229、床下断熱材の落下。床組施工時にすでに落ちていたと思われる。社内検査をしていれば発見できる。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1228、基礎パッキンが大きくずれている。本来、土台下に納まるように真っすぐ敷く。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1227、基礎の天端、鉄筋(主筋)が露出している。鉄筋の組み方が悪く、位置が高すぎたことが原因。

    »関連するブログ記事を読む

  • 1226、基礎の立ち上がりに入ったひび割れのほとんどは収縮が原因で起きたもの。写真は構造が原因。幅が太い。

    »関連するブログ記事を読む

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

  • 長井のブログ
2021/10/17
業者選びで失敗しないために
2021/10/14
機嫌が悪い大工
2021/10/09
解決までの期間

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影