ブログ

事例1097 「漏水によるカビ、錆」

久しぶりに天気になりました。
今日は暑くなるのを予想し、小屋裏は午前中に入りました。

それでも、ズボンが汗で濡れ、変色。
この時期、すぐ乾くズボン、シャツを着用しています。

 

■(1)今回の事例______________

「漏水によるカビ、錆」
_______________________

◆写真解説

床下の漏水が原因の建材のカビ、錆。
写真は床と壁をめくり、壁の内部を確認した写真。
鉄筋コンクリート造。

 

◆内容説明

入居後すぐ、床や壁が変色。
湿気も大量に感じ、床下を確認すると水が溜まっていた。

本来、乾いている箇所に水がまわれば、確実にカビ、錆が発生する。
カビが発生すれば、カビの胞子が室内へ発散。
カビ臭くて、家の中に居られない。

漏水は浴室から。
防水の施工不備が原因。よくある事例。

 

◆対策

漏水事故が起きると、責任のなすりあいになることが多い。
施工が悪い、設計の指示が悪いなど。

今裁判になっている事例では、まわりまわって、施主が悪いと相手側が言っている。

漏水が起きないように、設計者、現場監督、職人が
それぞれ重点事項をチェックする。

 

 

==============================

■(2)編集後記

明日からの1週間は、移動が多いです。
7日中4日が出張です。(東海地方以外の県での検査)
残り3日は、愛知、岐阜など。休みはないです。

今週は雨で交通機関が乱れていたため、遠方の予定が無くて良かったです。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る