ブログ

完成検査での指摘率

今日は16時から名古屋地裁で裁判。
昨年の秋には無かった保安検査が導入されていました。
内容は、空港で受ける検査と同じものです。

今月は完成物件が多いです。
完成検査で仕上げ不良以外の指摘が出る確率は約8割。

指摘をさらに詳しく見ていくと9割が床下での指摘。
目につかない個所は、施工も甘くなり、チェックが行き届かないため
ミスが出やすいです。

裁判立ち合い

今日は遠方の裁判に参加。
3時間の長丁場で疲れました。

相手側は施工した職人に責任を被せるつもりでしょう。
職人も同席していました。

最終の飛行機に間に合わないため、明日の朝一番で戻ります。
普段、休みなしで働いていますが、いろいろな所へ行くことで
旅行気分を味わっています。

 

 

 

事例1124 「断熱材の不備」

今年の冬は暖かいです。
富士山や長野や岐阜県でも雪は少なめ。
名古屋でコンクリートの凍結を懸念した日は、1日だけです。

 

■(1)今回の事例______________

「断熱材の不備」
_______________________

◆写真解説

天井断熱材が散乱。よく調べると材料が足らなかったために端材で代用。

材料費やごみ処分費を浮かした。

 

◆内容説明

瑕疵検査で屋根裏に入ると、一部で断熱材が散乱していた。
軒先に近く、体が入りにくい箇所でしたが、
近づいて見てみると、断熱材をカットした際に出た端材だった。

天井断熱材の設計厚さは200mm。
材料が足らなかったため、ゴミ箱行きの端材をかき集め、
投げ捨てたと思われる施工。

すき間だらけのため、断熱効果はかなり軽減される。

見えない箇所でバレないと思ったのでしょう。
悪質な大工です。

 

◆対策

仕事が雑だと感じた時は、各所点検してみる。
見える箇所が雑なら、見えない箇所はもっと雑。

 

==============================

■(2)編集後記

今週は裁判の仕事が集中しています。
明日も5時台に家を出ないといけません。

建築の裁判は、できれば避けるべきです。
相手にもよりますが、裁判中は不快な思いをすることが多く、
いいことはほとんどありません。

最近は早い段階で弁護士を頼む業者が増えています。
話し合いより、金銭や時間が節約できると判断しているからでしょう。

裁判を避けるには、争わない業者に依頼をする。
私が知っているだけでも何社か争わない方針の会社があります。
経営者の考え次第です。
ただし、滅茶苦茶な要求をした場合は対応が違うかもしれません。

最近はインスタで依頼先を決めたという話も伺いますが、
契約までに相手の会社のことを知ることが重要です。

セミナーのご案内

今日は1日、瑕疵検査。
小屋裏で無理な姿勢を取り続け、疲れました。

「建築・建材展」https://messe.nikkei.co.jp/ac/ でセミナーを行います。
テーマ 「欠陥住宅トラブルはこれで防げる!」

日時 3月5日(火) 13時30分から15時
会場 東京ビックサイト 会議棟6F(607、608会議室)
受講料 無料(事前申し込み必要)

先回は有料セミナーでした。今回は無料で入場できます。

↓受け付けが始まりました。
https://messe.nikkei.co.jp/ac/seminar/#seminar_138760

大手ハウスメーカーの権力

今日は1日、打ち合わせだけの予定。
最後の用事を済ませ、新幹線の終電で帰るところです。
家に着くのは1時前になると思います。

大手メーカーは、大きなミスほど逃げに入ることが多いです。
理由は、修理費用が多額になれば、本社から叱られるためだと思います。

例えミスが明らかであっても、大きな会社が一個人に圧力をかけることは簡単。
力でねじ伏せれば、何とかなると思っている。

最近、「NEW POWER これからの世界の「新しい力」を手に入れろ」という本を読みました。
本の説明にはこう書いてあります。

「20世紀は、大手企業、大組織、政府などが権力を持つ「オールドパワー」の時代だった。
だがテクノロジーの発展の結果、いまや大組織がパワーを溜めこむことは不可能となった。
21世紀は、個人が権力や影響力を持てる「ニューパワー」の時代だ!」

大手ハウスメーカーはまさにオールドパワー。
大手がニューパワーによって負ける事例が昨年あたりから増えています。
今後は益々増えると予想しております。

 

現場監督による品質の差

職人以外に現場監督が誰かでも品質に影響する。

新築検査で複数回担当してもらう監督さんを見ていると、
品質が良い人は毎回良い、悪い人は毎回悪い。

原因の一つは、職人の扱いがあると思います。
強く指導できなかったり、舐められいると職人はいい加減になる。

若い監督ほど、舐められやすいですが、
しっかりしていれば、職人はきちんと従います。

私が新卒の頃、厳しく職人に接していたため、よく喧嘩を売られました。
現場の裏に連れていかれたり、人目につかない場所に
呼び出されることが何度もありました。

また、今の検査を始めた頃(15年前後)も、現場で職人に物を投げられたりすること
が年に数回ありました。

それを考えると今の時代は、喧嘩を売られることも少なく、
職人を指導しやすくなっていると思います。
施主が職人や監督を指名できないため、第三者検査は必要です。

 

 

 

 

 

 

3連休中の仕事

土日は、終日瑕疵検査。
久しぶりに長距離を運転しました。

今日、検査は午前中の1件だけ。事務所に戻り、裁判相手の嘘だらけの反論を読んで
再反論を書いたあとは、ドローンのテスト飛行。
天気も良く、動画撮影もできました。
電線が多く難しい場所の撮影も難なくこなし、本格稼働はもうすぐです。

検査による工事の遅れ

明日からの3連休。3日のうち2日は欠陥検査。
(欠陥検査:すでに完成していて不具合が生じている家)
年末に予定が入れられず、年明けまで待ってもらいました。
今月は計4件の欠陥検査に行く予定です。

施工者の中には第三者検査が入ることで工期が遅れることを懸念する会社がある。

一つは、検査員との日程が合わない心配。
工程管理がきちんと出来ている現場ほど、日程は前もって決まるため
そのような心配は不要です。
着手から完成まで1日も予定がずれない会社もあります。

今まで15年以上検査をしていますが、急な依頼でも、私の都合で現場を止めたことはありません。
(検査の部分以外を先に進めてもらったことはあります)

もう一つは、是正で工期が遅れる心配。
納期が厳しい賃貸マンションやクリニックなどでも検査に入っていますが、
施工に自信がある会社は、そんなことを心配しません。
指摘を心配するのは、品質に自信がない証拠です。

お客さんが工期を急いでいないのに、慌てて施工する理由は、
決算数字をよくするためか、早く資金回収したいからです。

現在、検査に入っている現場。この会社は標準で60日工期。
お客さんが契約時に、急いでやらないことを契約内容に加えたため、
3倍ほどの工期を取って、しっかり確認しながら工事を進めております。

業者側の言いなりにならず、自分の希望を伝えることも大事です。

 

 

 

 

事例1123 「壁の大きなジャンカ」

今年初の出張。
新幹線や駅は、行きも帰りもガラガラ。

年末年始の休み明けで、旅行する人が少ないかもしれません。

 

■(1)今回の事例______________

「壁の大きなジャンカ」
_______________________

◆写真解説

コンクリート壁の空洞。打設不良が原因。
放置せず適切な補修をすれば強度等の問題は無い。

 

◆内容説明

壁式鉄筋コンクリート造。壁の大きなジャンカ。

型枠をばらしてみるまで、ジャンカの有無は分からない。
しっかり締め固めたつもりでもジャンカが出てしまう事もある。

特に指示をしないと、現場にあるセメントと砂を混ぜて
簡単に補修されてしまう可能性が高い。

ジャンカが出てしまった場合、ジャンカの程度を判断し、補修方法を決め、
ポリマーセメント等、品質の確かなものを充填するように指示を出すことが重要。

 

◆対策

ジャンカが出ないように、打設時に注意をはらう。
ジャンカが出た場合の補修方法などの基準を確認しておく。

 

==============================

■(2)編集後記

年末年始はスキー場で過ごしました。

丸2日間、朝から夕方まで、昼ごはんも食べず滑り続けました。
(レストランが混んでいて座れなかったためです)

今回行ったスキー場、半数以上は外国人。
周囲にある分譲マンション、別荘の看板も外国人向けでした。

外国人が来なかったら、スキー場やホテルは成り立たないくらいの比率です。

SNSなどのおかげで、日本に来る外国人が増えています。
年末年始など、ますますホテルの予約が取りにくくなると思います。

 

 

プライムニュース イブニング

急な告知ですいません。

本日、フジテレビ 「プライムニュース イブニング」に出演します。
時間は18時20分過ぎから20分間くらい。
瑕疵がひどく、新築から一度も住めていない家を取り上げます。

関東圏だけの放送です。

再放送で後日、東海地方などでも放送されるかもしれません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る