ブログ

事例1026 「ファイヤーストップの不備」

明日は丸1日「一級建築士定期講習」

マンション偽装事件以降に建築士法が改正され、
自動車免許更新と同じで3年に一度、受けないといけません。

受けないと罰則があるため、早めに申し込みしました。

 

■(1)今回の事例______________

「ファイヤーストップの不備」
_______________________

◆写真解説

木造住宅、間仕切り壁上のファイヤーストップ。
石膏ボードが梁まで届いてなく、隙間があいている。
省令準耐火構造の規定に違反。

 

◆内容説明

壁の上が開放されていると、災が天井裏へまわり、延焼を早める。
石膏ボードを短くカットしすぎたのが、原因ではないかと推測する。

外部に加え、内部からの防耐火の規定を細かく定めているのが省令準耐火構造。
部屋で出火した場合、他へ延焼しないように
石膏ボードの種類、ビス間隔、隙間等の処理が規定されている。

 

◆対策

省令準耐火構造は規定が多いため、納まり図を大工に渡し、
さらに、施工中に図面どおりかチェックをする。

 

==============================

■(2)編集後記

「家を買うと離婚する」という芸人のジンクス話が
先日、ヤフーニュースに書かれていました。

大きな買い物である家を買い、引っ越しをすることは、
夫婦間にとって、大きな変化です。
それがきっかけになってしまうこともないとは言えません。

家を買ったあとの生活、仕事などの変化について、
話し合っておくと良いかもしれません。

また、家を買うときに、相手の反対を押し切り、物件や業者を決めてしまうと
あとあと、何か問題が出たときに、けんかの原因になることもあります。

今、紛争をサポートしている家の例を紹介しますと
母親が紹介した業者で、息子が家を建て、
入居後、家が重大な欠陥住宅であることが発覚。業者は逃げている。
現在、親子間の関係が、ぎくしゃくしています。

瑕疵の問題も、家庭を壊す原因になります。
建てる時にしっかり瑕疵対策を講じましょう。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影