ブログ

責任転嫁

先週は名神、今週は東名阪、名二環が集中工事を行っているため
電車での移動が多いです。
今日は午後から近鉄特急で三重県まで行ってきました。

急いで紛争解決をして、修理をしたい建物がある。
しかし相手(代理人)は、無責任な主張をしている。
一例として簡単にまとめました。

・設計者に責任がある。設計図どおりの施工で、施工側に非はない(設計は別会社)
・ローグレードの建物だから仕方がない。(安ければ悪くて当たり前)
・建築主、設計者の指示でやった。
・カノムが検査の時に手を加えて欠陥現象を造った。

特に最後はひどい。いつも巻き込まれます。

スタッフの小学校3年生の息子が、ミスをするたび、他人や物のせいにするので
よく叱りつけるという話を聞いたばかり。

ミスを潔く認めてはいけない場合、他人のせいにする。
それは大人の社会でも同じです。

他にサポートしている紛争でも、くだらない反論ばかり来る。
いちいち付き合っているほど暇ではありませんが、
何も反応しなければ、認めたと思われるので、付き合うしかありません。

SNSに公開したくなるくらい、ひどいものが多いです。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影