ブログ

事例1109 「打ち継ぎ部 シート被り」

今日、カード会社から不正使用の疑いがあると電話がありました。

どうやらカードの情報が洩れ、
アマゾン、アップル、メルカリなど、ネット上で複数回、
使用されてしまったようです。

不正使用は、カード会社が保証してくれるため、
金銭的な被害はありませんが、
いろいろ本人で確認することが多く時間を取られます。

 

■(1)今回の事例______________

「打ち継ぎ部 シート被り」
_______________________

◆写真解説

住宅の基礎。防湿シートが打ち継ぎ面(深基礎とスラブ間)に被り、コンクリートの一体化を妨げる。
構造的な影響あり。

 

◆内容説明

今回の例は、深基礎がある場合によく見かける。
シートがコンクリートを分断し、一体化を妨げる。

住宅の基礎屋さんは、打ち継ぎ面をあまり気にしていない人が多い。
ゴミや泥が落ちていても、それがダメだと思わないようです。

大手ハウスメーカーの布基礎や、
ベタ基礎でも一部の会社は基礎本体に打ち継ぎを設けません。

ベタ基礎では、スラブと立ち上がりの2回打ちが多いです。
打ち継ぎが出来ますが、きちんと施工できれば、問題はありません。

 

◆対策

コンクリートを打設する前に、打ち継ぎ面を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

弊社の事務所では書籍を一般販売しておりません。
それをやってしまうと本屋さんから叱られます。
自社サイトでのネット販売も禁止されています。

今日、書籍購入目的で来ていただいた方が見えたようです。
ご足労お掛けました。申し訳ございません。

例外として、面談やセミナー時には、販売可能です。
不特定多数の方へ売らなければ良いのでしょうか。
出版社に聞いてみます。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影