ブログ

事例1114 「鋼製束施工忘れ」

昨日のTVロケの疲れが出たのか、
今朝は1時間ほど、寝過ごしました。

普段、朝早く事務所に行っているため、
現場の予定に遅れることはありません。

 

■(1)今回の事例______________

「鋼製束施工忘れ」
_______________________

◆写真解説

鋼製束の施工忘れ。
910mm間隔で設置する計画で、図面にも記載がある箇所。
床がたわむなどの影響がある。

 

◆内容説明

新築の完成検査で発見。原因は入れ忘れ。
取りつけした大工は、未施工に気づいていないと思う。

頻繁にある事例ではないですが、時々、見かけます。

一般的には900mm~1000mm間隔に束を設置し、1階床を受ける。
施工忘れは、大引きがたわみやすくなる。

 

◆対策

2重チェックなどで防げる事例。

 

==============================

■(2)編集後記

免震装置の不正がKYB以外に、川金HDでも発覚。

今後、さらに増えるのではないかと思っております。
免震装置だけにとどまらず、住宅の制震装置にまで飛び火していく
可能性があるかもしれません。

住宅の制震装置を交換しようとすると、壁をめくる必要があり、
工事が大変です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る