ブログ

事例1208 「サッシ下枠のたれ」

明けましておめでとうございます。
予想はしておりましたが、緊急事態宣言が発令される予定で、
不安な年明けとなりました。

私は今までどおり、できる限りの対策を講じ、業務を行う予定です。
今年は、リモートの比率が多くなると予想しています。

 

■(1)今回の事例_____________

「サッシ下枠のたれ」
_______________________

◆写真解説

サッシ下枠のたれ。
ガラスの重みで中央部が下がった(写真は5/1000の傾斜)。
建付けが悪く、網戸が外れやすくなる。

 

◆内容説明

トリプルガラスの採用などに伴い、サッシの重量が増している。

木造住宅のサッシは「半外付け」タイプが大半で、枠が外側に跳ね出すため
サッシ下枠中央部が垂れやすい。
アルミより樹脂枠の方が垂れやすく、垂れ防止の部品もあるが、
適切に取り付けができていない現場が多い。
下枠が水平でないと、閉めたときに隙間が空く、
網戸が外れるなどの支障が出る。

下枠は水平をよく確認して施工することが重要。

 

◆対策

サッシ枠の施工は、下枠、上枠の水平、縦枠の垂直、対角を確認する。

 

 

==============================

■(2)編集後記

昨年は、年初にいろいろ計画を立てたものの、新型コロナの影響などから、
積極的に動かない、大きな決断をしない年にすると決めました。

今年からは通常に戻す予定でしたが、愛知県も感染者数が多く、
しばらくは昨年同様、業務を淡々とこなすだけに努めます。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影